横浜FM水沼がDeNAとのコラボでマウンドへ!三浦監督の「18」を背負っての投球は…

2022.06.29 21:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスのMF水沼宏太がマウンドでも大役を果たした。リーグ戦の折り返し初戦となった25日の明治安田生命J1リーグ第18節柏レイソル戦でも得点を奪い、4-0の勝利に貢献した水沼。横浜DeNAベイスターズとコラボした「I☆YOKOHAMA SERIES」の記念ユニフォームを着用して結果を残した水沼は、日産スタジアムではなく、横浜スタジアムでも観客を沸かせた。

28日、セレモニアルピッチと称する始球式では、ドリブルでマウンドへ上がった水沼。華麗な足技からスタンバイとなり、現役時代の三浦大輔監督と同じエースナンバー「18」を背負っての投球となった。

同じ横浜を本拠地とする両チームのコラボや登場シーンには、ファンからも「マウンドまでドリブルで行った人、過去にいた!?」、「マリノスケの小刻みジャンプが可愛い」、「競技の垣根を越えてのコラボも相互に良い刺激になるよね」などの声が寄せられている。

なお、投球については「あ、ヤベって顔が好き」とのファンの声が物語っているだろう。

水沼自身はツイッターで「貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました!!もっともっと横浜を盛り上げていきましょう」と報告。地元チームによる地域活性化を楽しんだようだ。

「I☆YOKOHAMA SERIES」は28日から30日までの阪神タイガースとの3連戦で開催。29日には元日本代表FW仲川輝人が、30日にはFWマルコス・ジュニオールがマウンドに登場する予定となっている。

1 2

関連ニュース
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

7月5戦6発の横浜FMストライカー、レオ・セアラが月間MVP! 「チーム全員で勝ち取った賞」

Jリーグは16日、7月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのFWレオ・セアラ。今季のここまで21試合出場で10得点を決め、7月はハットトリックで飾った同月2日の清水エスパルス戦を皮切りに計5試合で6ゴールをマークした。 首位をひた走るチームで得点源として引っ張る27歳のブラジル人ストライカーは喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「昨年に引き続きKONAMI月間MVPを受賞できたことを、とてもうれしく思います。この賞をいただけたのは、チームメイトみんなのおかげです。チームが好調なのはチーム全員が頑張っているからこそと同じように、今回僕が選ばれた理由は、みんなにあると思います。チーム全員で勝ち取った賞だと感じています」 また、J2リーグからはV・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオで、J3リーグは藤枝MYFCのMF久保藤次郎に。それぞれ喜びを語った。 ◆エジガル・ジュニオ 「質の多い選手がそろっている中で、KONAMI月間MVPに選出いただきとてもうれしく思います!選出してくださった皆さんとチームメイト、家族、ファン・サポーターの皆さんに感謝しています。FWとしてゴールの近くでプレーできていることがこの結果につながったと思います。これからもチームの勝利のために、そしてJ1昇格のために100%でプレーします!」 ◆久保藤次郎 「月間MVPに選んでいただき大変嬉しく思います。監督をはじめ、選手、サポーター、クラブ関係者の方々と一緒に掴み取ったクラブ初6連勝があったからこそ受賞することが出来ました。とても感謝しています。残りのシーズンもサッカーはエンターテイメントだという監督の考えのもと、日々の努力を怠らず戦い抜きます。今シーズン、藤枝MYFCのサッカーを観たことがない方には是非一度観ていただきたいと思います。そしてサポーターの皆様、引き続き応援よろしくお願いします!」 2022.08.16 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性、発熱やノドの痛みなど症状

横浜F・マリノスは15日、トップチームスタッフの1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは13日にノドの違和感があり、クラブ独自の抗原定性検査で陽性に。14日には39℃の発熱があり、咳やノドの痛み、倦怠感があったという。 15日には熱は37℃となっていたが、咳やノドの痛み、倦怠感は継続。PCR検査で陽性判定となった。 なお15日に当該スタッフ以外の選手とスタッフが抗原定性検査を実施し、全員が陰性に。また、濃厚接触疑い者もいないという。 2022.08.15 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表候補に川崎F U-18の高井幸大、柏の升掛友護が追加招集‥土屋巧、内野航太郎が不参加

日本サッカー協会(JFA)は15日、U-19日本代表候補の選手変更を発表した。 15日から千葉県内で活動するU-19日本代表候補。柏レイソルのDF土屋巧、横浜F・マリノスユースのFW内野航太郎が不参加となった。 なお、土屋はクラブ事情、内野はケガが理由となっている。 また、U-19日本代表候補は、川崎フロンターレU-18のDF高井幸大、柏レイソルのFW升掛友護を追加招集した。 高井はジャパンツアーのパリ・サンジェルマン(PSG)との試合に出場も公式戦の出場はなし。升掛は、明治安田生命J1リーグで10試合、YBCルヴァンカップで6試合4得点を記録している。 2022.08.15 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.111】ルヴァン8強敗退で残るはJ1タイトルのみ。パリ世代の主軸ボランチの最終アピールの行方はいかに?/藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス/MF)

「カタール・ワールドカップ(W杯)に行けたらいいですけど、そんなに簡単な壁ではない。この大会がよかったから呼ばれるというのはないと思うので。今回をきっかけに自信がついたので、Jリーグでもしっかり活躍していって、そういった日常が評価されていくことが大事だと思います」 先月27日のEAFA E-1選手権のラストマッチ韓国戦(豊田)。宿敵を撃破し、タイトルをつかむと同時に評価を大きく上げたパリ五輪世代の主軸ボランチ・藤田譲瑠チマ(横浜FM)は、いち早く先を見据えていた。 E-1では香港(鹿島)・韓国の2試合に出場。A代表初招集とは思えない堂々たるパフォーマンスを披露した。視野の広さやワイドな展開力、緩急をつけたパス回し、鋭い戦術眼はかつての小野伸二(札幌)を彷彿させるものがあった。フランス代表のエンゴロ・カンテ(チェルシー)や元フランス代表のクロード・マケレレになぞらえるメディアもあったほど、弱冠20歳の若武者はポジティブな印象を残した。だからこそ、その先が重要だったのだ。 本人も言うように、現段階でのA代表定着は藤田にとって険しい道だ。ご存じの通り、森保ジャパンのボランチ陣には、遠藤航(シュツットガルト)、守田英正(スポルティングCP)、田中碧(デュッセルドルフ)ら欧州組がひしめいており、鎌田大地(フランクフルト)や原口元気(ウニオン・ベルリン)もインサイドハーフの一角を占めつつある。そこに割って入ろうと思うなら、相当なインパクトが必要。Jリーグレベルを超越した一挙手一投足を示さない限り、3カ月後のカタール行きは叶わない。 そういう意味で、E-1後の横浜F・マリノスでの一挙手一投足が注目されていたが、残念ながら、チーム自体が芳しくない。7月30日の鹿島アントラーズとの上位対決に2-0で勝利し、J1制覇へ大きなアドバンテージを得たと思われたが、8月に入ってから停滞。YBCルヴァンカップのサンフレッチェ広島戦(ホーム&アウェー)とJ1・川崎フロンターレ戦で公式戦3連敗という予期せぬ苦境に直面しているのだ。 藤田自身も鹿島戦は後半途中から出場。白星に貢献することができたが、その後の3試合はスタメンに名を連ねながら、悪循環を断ち切ることができていない。もちろん直近の8月10日の広島戦は角田涼太朗の退場、畠中槙之輔のミスなどが重なり、広島にいいようにやられてしまったが、そういう時に流れをガラリと変えられるような存在にならなければいけないのも確かだ。 E-1の時にも「自分自身の改善点はボールを奪いきるところ。奪うべきところで奪いきれなかったり、攻撃で前を向ける時にバックパスしてしまうところは直さないといけない。森保(一)監督から何か言われたわけではないですけど、遠藤航さんとかと比較した時に自分はそういうところが足りないと思っています」と課題を口にしていた藤田。そこに積極的に取り組もうという姿勢は色濃く感じられる。が、現状では物足りなさも拭えない。もっともっと高い領域に到達すべく、努力を続けていくしかないのだ。 ただ、若い選手というのは、小さなきっかけで劇的に変化する可能性がある。ここ数試合は苦しんでいるかもしれないが、13日には湘南ベルマーレ戦(※台風の影響で当日中止)があるし、その直後にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の大舞台が控えている。 今回のACLの決勝トーナメントは日本開催。横浜は18日にヴィッセル神戸との一発勝負に挑み、勝ち上がれば、22日の準々決勝、25日の準決勝と進んでいくことになる。1週間で重要なゲームが3つ続くという点はE-1とほぼ同じ流れ。7月につかんだ飛躍のきっかけを再度、得られるのは朗報と言っていい。 「年上の人にも気負いなくやるっていうのが自分のいいところ。今までやってきたことを今まで通りにやれればいい」とも彼は語っていたが、どんな大舞台でも平常心で戦える強心臓は魅力。試合の重みが大きければ大きいほど力を発揮できる強みを今こそ、存分に示すべき時なのだ。 それをACLで実証できれば、9月の欧州遠征帯同への道も開けてくる。11〜12月の本大会前に直前合宿がないカタールW杯は、9月のインターナショナル・マッチデー(IMD)が最終調整の場と位置づけられている。そこでメンバー絞り込みも行われるだけに、本気でカタールに行きたいと願うなら、何としても遠征に滑り込まなければならない。 パリ世代のメインターゲットは2026年アメリカ・カナダ・メキシコ共催W杯になるが、早いうちに大舞台を経験できれば、それに越したことはない。藤田には目の前に転がっているチャンスを貪欲につかみにいってもらいたいのだ。 8月の公式戦は自身のキャリアの分岐点になるかもしれない。そのくらいの覚悟と決意を持ってピッチに立ってほしい。藤田の持てる全ての力を見せつけることで、新たな未来が開けるはずだ。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.08.13 18:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly