フランクフルト移籍のゲッツェ、去就巡る注目度に「ちょっとびっくりした」

2022.06.29 17:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェがフランクフルト入団会見後、ドイツ『スカイ』のインタビューに応じた。

2013年夏のバイエルン入りからキャリアが落ち込み、古巣ドルトムントでもかつての輝きを取り戻せず、2020年10月にPSV入りしたゲッツェ。代表からもすっかり遠ざかってしまったが、オランダで復活を印象づけ、今夏にフランクフルト入りが決定した。

ヨーロッパリーグ(EL)王者の仲間入りを果たす可能性の以外にも、メジャーリーグサッカーのインテル・マイアミや、PSV時代の恩師であるロジャー・シュミット監督のベンフィカからも興味が噂されたが、決め手は旧知の戦友たちの言葉だったようだ。

「セップル(セバスチャン・ローデ)や、ケビン(・トラップ)とは話をしたよ。前から知る仲だからね。それに代表チームや、バイエルン、ドルトムントで一緒だったし」

「連絡して尋ねてみたんだ。選手たちとの接点も大事な要素だし、2人とも全体的に前向きだった。ポジティブな経験をして、楽しむのは今後を見据えても大切だ」

そうした舞台裏もあって、フランクフルト入りで決着した去就だが、注目度に「ちょっとびっくりしたよ」と驚きも口にして、フランクフルトのサポーターに対する印象を続けた。

「彼らはすごくエモーショナル。特に、アウェイ戦や、(EL)決勝でチームを後押しする姿を見ると、特別だと感じたよ。しっかりとした土台の上に色々なものが積み重なっている」

「だからこそ、昨季の彼らが示したようなプラスアルファを成し遂げられたんだと思う。それは僕にとっても大事。もちろん、いちアスリートとしての自分をワクワクさせるものだ」

熱いサポーターの心を掴むのにも活躍が求められ、オリバー・グラスナー監督の戦術に適応する必要があるが、「大した問題じゃない」ときっぱり。PSV時代のロジャー・シュミット監督が志向する縦を意識した戦い方に「すごく似ている」と自信を示した。

フランクフルトでもオランダ時代のような輝きを放てれば、2017年を最後に遠ざかるドイツ代表復帰も期待できるが、ゲッツェ自身は所属先での活躍しか意識していないようだ。

「僕はブンデスリーガとチャンピオンズリーグ(CL)の戦いに集中している。それ以外に影響を与えるのは無理だしね。そこにエネルギーを注いでも意味がない」

関連ニュース
thumb

「簡単そうに見えて結構難しい」今季リーグ戦初出場の鎌田大地のゴールが技ありと話題「こういうのふかしがち」

日本代表MF鎌田大地が好調を維持している。 今シーズンはチームの戦力が変わったこともあり、ボランチでの起用が見込まれる鎌田。シーズン初戦となったDFBポカール1回戦のマグテブルク戦では2ゴールの活躍を見せていた。 しかし、5日に行われたブンデスリーガ開幕節のバイエルン戦はベンチスタートとなると出番なし。チームも1-6で惨敗するという事態に。それでも、10日に行われたレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップにはフル出場していた。 そんな中迎えた13日の第2節ヘルタ・ベルリン戦ではボランチで先発出場。リーグ戦でも出番を得た鎌田だったが、開始3分でミス。ハーフウェイライン付近でダイレクトでバックパスを試みたところ、これがミスキックとなり相手にボールを奪われ、そのまま先制ゴールにつなげられてしまった。 痛恨のミスで失点に関与した鎌田だったが、迎えた48分に帳消しにするゴールを見せる。 前線からのプレスで相手からボールを奪ったランダル・コロ・ムアニがドリブルで持ち込むことに。ボックスに差し掛かったところでスペースに横パスを出すと、猛然と走り込んだ鎌田が落ち着いてダイレクトシュート。ゴール右に決めてみせた。 これにはファンも「よく決めた」、「簡単そうに見えて結構難しい」、「カッコ良い」、「こういうのふかしがち」と称賛のコメント。ここから出番を重ねて、結果を残していけるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】ボランチでリーグ戦初出場、鎌田大地がランニングから技ありゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DAsxIDpBFJk";var video_start = 146;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 22:52 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田&遠藤が今季初ゴール! 日本代表DF対決は劇的ドロー決着【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第2節が13、14日にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 開幕節から多くの選手が出場機会を得る中、フライブルク新加入の堂安が今季リーグ戦初ゴールを記録。そして今回の第2節では、フランクフルトの鎌田とシュツットガルトの遠藤に初ゴールが生まれた。 3日前のUEFAスーパーカップから連続でスタメンとなった鎌田は、開始3分に自身のボールロストからヘルタ・ベルリンにショートカウンターを受け、失点を招く。 それでも迎えた後半開始3分、敵陣高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じると、コロ・ムアニのラストパスを鎌田が難なくゴールに蹴り込んだ。その後はオープンな展開となったが、互いに追加点は生まれず。試合は1-1の引き分けに終わった。 一方、遠藤と伊藤が先発したシュツットガルトは、アウェイでブレーメンと対戦。開始4分に失点したシュツットガルトだったが、37分にカライジッチのパスを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 シュツットガルトは77分にムヴァンパにゴールで逆転に成功したが、試合終了間際の追加タイム5分にパワープレーを受けた流れからバークに決められ、2-2でタイムアップを迎えた。 また、吉田vs板倉の日本代表対決となったシャルケvsボルシアMGは、試合終了間際にPKを獲得したシャルケがバルターのゴールで追いつき2-2のドロー決着となっている。 その他、ホッフェンハイムとアウェイで対戦した浅野所属のボーフムは、13分までに2点をリードしたが、前半の内に追いつかれると試合終了間際の88分にダブールに逆転弾を許し、そのまま2-3で敗戦。2戦連続のスタメンとなった浅野は見せ場を作ることができず77分に交代した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽8/13 シャルケ 2-2 ボルシアMG ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424556">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽8/13 ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト ◆86分までプレー、48分に今季初ゴールを記録 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽8/13 ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト ◆74分からプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424550">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽8/12 フライブルク 1-3 ドルトムント ◆85分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424504">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽8/13 シャルケ 2-2 ボルシアMG ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424556">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽8/14 マインツ 0-0 ウニオン・ベルリン ◆70分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424603">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽8/13 ブレーメン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽8/13 ブレーメン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、38分に今季初ゴールを記録 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424549">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽8/13 ホッフェンハイム 3-2 ボーフム ◆77分までプレー 2022.08.15 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田がミスを帳消しにする同点弾もフランクフルト、試合終了間際のPK取り消しでヘルタにドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは13日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は86分までプレー、DF長谷部誠は73分からプレーしている。 開幕戦で王者バイエルンに大敗したフランクフルトは、3日前に行われたレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップでは0-2と敗戦。公式戦2連敗となった中、レアル・マドリー戦では2シャドーの一角として先発した鎌田が[3-5-2]の右インサイドMFでスタメンとなった。 開幕節でウニオン・ベルリンとのダービーに敗れたヘルタ・ベルリンに対し、フランクフルトは開始3分に先制される。鎌田のボールロストからショートカウンターを受け、セルダーにヘディングシュートを決められた。 早々に失点したフランクフルトがボールを持つ流れとなった中、7分に同点のチャンス。スルーパスを引き出したボックス内の鎌田がラストパスを送ったが、アラリオはシュートを枠に飛ばせず。 前半半ば以降もフランクフルトが敵陣でボールを保持する流れが続いたが、好機を生み出すには至らず1点ビハインドのまま前半を終えた。 それでも迎えた後半開始3分、鎌田のゴールで追いつく。敵陣高い位置でアラリオがボールを奪った流れからショートカウンターに転じると、コロ・ムアニのラストパスを鎌田が難なくゴールに蹴り込んだ。 1-1となって以降はオープンな展開となり、53分にはピンチ。ルケバキオにドリブルシュートでGKを強襲された。 対するフランクフルトは56分、コロ・ムアニがボックス右から際どいシュートを浴びせて逆転に迫った中66分には、ボレとリンドストロームを投入。 勝負に出ると終盤の89分にPKを獲得。コロ・ムアニのスルーパスでボックス内に侵入したボレがGKに倒されたが、VARの末にノーファウル判定に覆った。 このまま1-1で引き分け。フランクフルトは勝利を掴むには至らなかった。 2022.08.14 00:56 Sun
twitterfacebook
thumb

コスティッチ獲得のユベントス、フランクフルトへペッレグリーニをレンタル

ユベントスは12日、イタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)がフランクフルトへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 ユベントスでは同日、フランクフルトからセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得。同じく左サイドを主戦場とするペッレグリーニがフランクフルトへ移籍する形となった。 ルカ・ペッレグリーニはローマの下部組織出身で、2019年夏にユベントスに加入。カリアリやジェノアにレンタルで移籍して武者修行を積み、昨季はユベントスでセリエA18試合(うち先発は15試合)に出場していた。 2022.08.13 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがフランクフルトMFコスティッチの獲得を正式発表、4年契約で移籍金は16.5億円

ユベントスは12日、フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2026年6月30日までの4年間となる。 なお、移籍金は1200万ユーロ(約16億5000万円)で、3年後に支払われるとのこと。また、FIFA(国際サッカー連盟)の規則によって規定されている連帯ボーナスは最大150万ユーロ(約2億円)。さらに、スポーツの特定条件を満たした場合は、300万ユーロ(約4億円)のボーナスが追加される。 コスティッチは母国のラドニチュキから2012年7月にフローニンヘンへと完全移籍。2014年8月にシュツットガルトへ完全移籍し、ドイツでのキャリアを始める。 その後は、ハンブルガーSVへと移籍し、2018年8月にフランクフルトへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入した。 フランクフルトでは、公式戦171試合に出場し33ゴール64アシストを記録。左利きのプレーメーカーとしてチームを支え、昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場し4ゴール9アシスト、優勝したヨーロッパリーグ(EL)では11試合で3ゴール6アシストを記録していた。 2021-22シーズンはブンデスリーガで87回と最も多くのチャンスを作り出し、218回と最も多くのクロスを上げていた。 2022.08.12 22:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly