イタリア代表の18歳ニョントは恩師とともにホッフェンハイムへ? 数多のクラブが熱視線を送る新星

2022.06.15 17:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チューリッヒ所属のイタリア代表FWウィルフレッド・ニョント(18)は恩師とともにホッフェンハイム行きが迫っているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。

2003年生まれのニョントは先日5日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のドイツ代表戦で途中出場し、待望のイタリア代表デビュー。すると、出場から5分後にMFロレンツォ・ペッレグリーニの先制点をいきなりアシストするなど華々しいデビューを果たした。また、14日に行われたドイツとのリターンマッチではアッズーリでの初ゴールも記録。試合こそ2-5の大敗を喫したが、今後のさらなる飛躍にも期待がかかっている。

2大会連続でワールドカップ(W杯)行きを逃した失意のイタリア代表に現れた18歳の新星。ここ最近の目覚ましい活躍からローマやサッスオーロ、フライブルク、リヨン、アヤックス、PSVなどといった数多くのクラブが熱視線を送っており、その去就に注目が集まっている。そんな中、『スカイ』によると、ニョントのステップアップ先として確実視されるのがホッフェンハイムのようだ。
ホッフェンハイムは新シーズンからチューリッヒのドイツ人指揮官アンドレ・ブライテンライター氏を招へいすることが決定。今シーズンのチューリッヒで公式戦通算36試合10得点5アシストを記録したニョントをドイツの地に呼び寄せたい思惑とされる。

その他大勢のクラブもニョント獲得を模索し続けているとみられているが、ホッフェンハイムとチューリッヒの交渉は現在進行形で進んでおり、両者は現時点で合意には至っていないものの、獲得に限りなく近づいているのはホッフェンハイムで間違いないとのことだ。


関連ニュース
thumb

ホッフェンハイムFWダブールが肩の負傷で長期離脱へ

ホッフェンハイムは26日、イスラエル代表FWモアネス・ダブールが左肩の負傷により年内復帰絶望となったことを発表した。 ダブールは22日に行われたブンデスリーガ第11節バイエルン戦に先発。75分にピッチに足を取られてスリップした際、左腕で身体を支えたところ、全体重が乗って肩を痛めていた。 ドイツ『キッカー』によればダブールは17日のトレーニング中に左肩を痛めていたが、バイエルン戦に出場していたとのことだ。 現状、手術をするかは未定なようだが、いずれにしろワールドカップ前の復帰は絶望で年明けに向けてリハビリを進めていく模様だ。 ホッフェンハイムの得点源であるダブールは今季のブンデスリーガで10試合に出場して4ゴール、DFBポカールで2試合に出場して2ゴールを記録していた。 2022.10.26 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

好調チュポ=モティング弾などでバイエルンがホッフェンハイムとの上位対決を快勝《ブンデスリーガ》

バイエルンは22日、ブンデスリーガ第11節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 前節フライブルクとの上位対決を完勝として2位に浮上したバイエルン(勝ち点19)は、最前線にチュポ=モティング、2列目に右からニャブリ、ミュージアラ、コマンと並べる[4-2-3-1]で臨んだ。 4位ホッフェンハイム(勝ち点17)に対し、立ち上がりから攻勢をかけたバイエルンは18分、右CKからゴレツカがヘッドで合わせたボールがファーサイドへ。これを拾ったミュージアラがシュートを流し込んで先制した。 さらに20分、ボックス右のスペースを突いたチュポ=モティングが丁寧にクロス。ゴレツカが合わせるもGKの正面を突いてしまった。 リードを広げ損なったバイエルンは24分のピンチをGKウルライヒが好守で凌ぐと、38分に追加点。ショートカウンターに転じた流れからチュポ=モティングが右サイドへ展開。ニャブリのリターンクロスを蹴り込んだ。 チュポ=モティングの公式戦3戦連発弾でバイエルンが2点をリードして迎えた後半、危なげなく試合を運び、時間を進めていく。 61分にはコマンが負傷交代となった中、後半半ば以降はゴレツカやミュージアラをお役御免としていった。 結局、後半はホッフェンハイムに何もさせなかったバイエルンが2-0で快勝。首位ウニオン・ベルリンに暫定1ポイント差とし、プレッシャーをかけている。 2022.10.23 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム選手がカップ戦ボーナス放棄…気になる使い道はパデル?

ホッフェンハイムの選手たちがDFBポカールのボーナスを放棄し、クラブのトレーニング施設にパデルコート2面を建設する資金を援助する決断を下した。『Get German Football News』が伝えている。 ホッフェンハイムは18日に行われたDFBポカール2回戦のシャルケ戦に5-1で圧勝。3回戦進出を決定した。 これにより、選手たちは勝ち抜けによるボーナスをクラブから受け取ることになるが、選手サイドはこのボーナスを放棄し、選手やスタッフだけでなく全従業員が余暇を楽しむためのパデルコート2面を建設する費用を援助する決断を下した。 ちなみに、パデルはテニスとスカッシュを合わせたようなラケット競技。2対2のダブルスのみでプレーし、コートのサイズは20×10メートルの大きさとなっている。 同クラブでキャプテンを務めるドイツ人DFベンヤミン・ヒュブナーは、今回の決断について以下のように説明している。 「コロナの影響でボーナス制度に問題が生じて、僕らは以前にお金を諦めた。だけど、今年に入ってクラブは再びボーナスの可能性を示唆していたんだ」 「それで僕らは少しクレイジーになって、この優れたアイデアを思いついたんだ。プレーヤーやスタッフにもパデルを好きな人がたくさんいるんだ」 また、クラブを率いるアンドレ・ブライテンライター監督は、「自分たちだけでなく、全従業員が自由な時間にパデルをする機会を提供するために、カップ戦ボーナスを完全に放棄するというのは、チームの信じられないような振る舞いだよ」と、選手たちの行動を称賛している。 2022.10.20 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「再び先発が許された」吉田麻也、再びの守備崩壊で地元紙は厳しい評価「最近のパフォーマンスの低さにも関わらず…」

シャルケの日本代表DF吉田麻也は、再び厳しい意見に晒されることとなった。 シャルケは14日、ブンデスリーガ第10節でホームにホッフェンハイムを迎えた。 今季から昇格したシャルケだったが、残留争いに巻き込まれており、リーグ戦3連敗中。さらに、前節は同じく低迷していたレバークーゼン相手に0-4で大敗を喫していた。 攻撃陣が奮起できていないということもある一方で、守備の崩壊が著しく、レバークーゼン戦後には、状況を変えるためのミーティングが行われていた。 その中で特に厳しい目を向けられているのが吉田。経験豊富なベテラン選手として、守備の要という期待を寄せられている中、まずい対応もここまで目立っており、シャルケの守備崩壊の責任を負わされている。 ただ、シャルケは開幕からセンターバックに負傷者が続出。またシーズン開幕後に移籍もあり、吉田はすでに4人目の相棒とコンビを組んでいた。 ホッフェンハイム戦もDFレオ・グライムルとコンビを組んだ吉田だったが、チームはPKを2つ与えるなど0-3で完敗。2試合連続で不甲斐ない試合を見せていた。 ドイツ『WAZ』は選手採点を行い、吉田には「4.5」(最高点は「1」)と、厳しい評価を下した。 「最近のパフォーマンスの低さにも関わらず、CBはホッフェンハイムに対して再び先発が許された」 「彼のタックルはうまくいったが、中央に空いた穴を塞ぐことはできなかった」 著しく評価が下がり続けている吉田。ドイツ『ビルト』には「ブンデスリーガでプレーするには遅すぎる」とスピードの欠如も指摘されている。日本代表を支えるキャプテンの厳しい道のりはまだ続きそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】吉田麻也フル出場もシャルケの守備は再び崩壊…3失点惨敗</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wILcrZovG7Y";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.15 16:13 Sat
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場シャルケ、PK2つ献上でホッフェンハイムに3失点敗戦…4連敗《ブンデスリーガ》

シャルケは14日、ブンデスリーガ第10節でホッフェンハイムをホームに迎え、0-3で完敗した。シャルケのDF吉田麻也はフル出場している。 前節、シャビ・アロンソ監督の初陣となったレバークーゼンの前に完敗となった16位シャルケ(勝ち点6)は、吉田が開幕から10試合連続スタメンとなった。 7位ホッフェンハイム(勝ち点14)に対し、シャルケは7分にPKを献上する。分厚い攻めを受けた流れでシュートブロックにかかった自陣ボックス内のグライムルが、バウムガルトナーの足首にスパイクの裏を入れてしまった。 このPKをスコフに決められて先制されたシャルケが前がかる中、21分にクラウスのミドルシュートで応戦。23分にはカウンターから追加点を与えかけるも、ラターのボックス内からのシュートは枠を外れて助かった。 すると30分には同点のチャンス。モレのボックス手前からミドルシュートが右ポストに直撃すると、ルーズボールをボックス左のウーワイアンがシュート。しかしGKバウマンの好セーブに阻まれた。 さらに前半追加タイム、立て続けにグライムル、テローデとヘディングシュートでゴールに迫ったシャルケだったが、直後にカウンターを受けてダブールに追加点を献上し、2点のビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、56分にCKからバルターのヘディングシュートがポストに直撃したツキのないシャルケは、57分にこの試合2つ目のPKを献上する。スコフの突破を止めにかかったウーワイアンが自陣ボックス内でハンドを犯し、VARの末にPKとなった。 これをスコフに決められたシャルケは、その後もホッフェンハイムにゴールに迫られた中、0-3で完敗。4連敗となった。 2022.10.15 05:26 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly