代表でも株上げる板倉滉、ボルシアMGが獲得レースをリードか

2022.06.15 13:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF板倉滉(25)の獲得レースをボルシアMGがリードしているようだ。

今季、マンチェスター・シティからのローンプレーヤーとしてシャルケで過ごした板倉。2.ブンデスリーガからの出直しを強いられたチームのなかで、センターバックやボランチで公式戦32試合に先発と主力の座を射止めると、1年でのブンデスリーガ返り咲きに貢献した。

だが、シャルケは先月末、財政的な問題で買取オプションの行使を断念する旨を発表。それからというもの、新たなプレー先としてヨーロッパリーグ王者のフランクフルトやスコットランド覇者のセルティック、フルアムとボーンマスのプレミアリーグ勢などが噂されている。



この6月の日本代表活動も14日に終わり、ここから去就を巡る動きの活発化が見込まれるなか、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、今季のブンデスリーガで10位フィニッシュのボルシアMGが現在、他クラブを抑えて争奪戦のトップを走っているという。

また、4日にダニエル・ファルケ監督の就任を発表したチームはこの代表ウィーク中も全4試合に出場するなど、株を上げる板倉に対して魅力的なオファーを出す用意があるとのことで、獲得に向けて話し合うべく、シティにアプローチする見込みともいわれる。

今夏、シャルケ残留が叶わず、ひとまず保有元のシティに戻ることになる板倉。移籍成立にはシャルケが支払いを断念した600万ユーロ(約8億4000万円)が目安となってきそうだが、果たして。


関連ニュース
thumb

ボルシアMG、ドイツ代表MFホフマンと契約延長

ボルシアMGは8日、ドイツ代表MFヨナス・ホフマン(30)と2025年まで契約を延長したことを発表した。新契約には1年の延長オプションも追加されている。 ホフマンは2016年1月にドルトムントから加入し、通算で公式戦182試合に出場。加入当時から主力としてプレーしていたが、ここ数シーズン特に存在感を放っており、2020-21シーズンはブンデスリーガで24試合6ゴール11アシスト、昨季は同じくブンデスリーガで26試合12ゴール5アシストを記録している。 今季も初戦となったDFBポカール1回戦のオーバーアーハーン戦で2ゴール1アシストと早速活躍。ブンデスリーガ開幕戦のホッフェンハイム戦でも、古巣相手にセットプレーキッカーとしてゴールに絡んだ。 また、ドイツ代表としても14キャップを数え、ユーロ2020のメンバーにも選ばれた。6月のネーションズリーグの4試合でも2ゴール1アシストを記録しており、クラブと代表で活躍している。 2022.08.08 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGが10人のホッフェンハイムに逆転勝利!開幕先発の板倉は1Aを記録《ブンデスリーガ》

板倉滉に所属するボルシアMGは6日、ブンデスリーガ第1節でホッフェンハイムと対戦し3-1で勝利した。板倉はフル出場している。 昨季10位のボルシアMGがホームに昨季9位のホッフェンハイムを迎えた一戦。7月31日に行われたDFBポカール1回戦のオーバーアハーン(ドイツ4部)戦を9-1で圧勝したボルシアMGは、今夏にマンチェスター・シティから加入した日本代表DF板倉滉がセンターバックで先発出場している。 立ち上がりから丁寧にボールを繋ぎながら攻撃を組み立てるボルシアMG対し、ホッフェンハイムは積極的なプレッシャーからカウンターを狙う展開で推移する。 膠着状態が続く中、ホッフェンハイムは19分にベンセバイニに対してアフターチャージを見舞ったポッシュが2枚目の警告を受け、退場処分となった。 数的優位を得たボルシアMGだったが、25分に先制点を許す。右サイド高い位置でパスを受けたラターが縦への突破からボックス内へ侵入。折り返しは相手DFに弾かれるも、これを拾ったクラマリッチのラストパスから最後はスコフがゴールネットを揺らした。 先制を許したボルシアMGは32分、バイタルエリア中央右でボールを受けたプレアが反転から中に切り込み、コントロールショットを狙ったがシュートはわずかにゴール右に逸れた。 ハーフタイムにかけて攻勢を強めるボルシアMGは、42分にセットプレーから試合を振り出しに戻す。ホフマンの右CKをファーサイドの板倉が頭で折り返すと、ベンセバイニがオーバーヘッドシュートをゴール右に突き刺した。 迎えた後半、ボルシアMGは開始早々の49分にカウンターから決定機。持ち上がったホフマンのラストパスを受けたスカリーがボックス右からシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃。 後半の主導権を握るボルシアMGは71分、ボックス左手前でボールを受けたプレアのラストパスでゴール前に抜け出したテュラムが冷静にゴールネットを揺らした。 勝ち越したボルシアMGは、78分にもショートコーナからバイタルエリア中央のプレアへボールを繋ぐと、プレアのループパスをゴールエリア右横で受けたエルベディが難なくシュートをゴールに沈めた。 攻撃の手を緩めないボルシアMGは89分、プレアのパスからDFの裏に抜け出したたテュラムが飛び出したGKをかわすも、守備に戻ったオザン・カバクにボールを突っつかれシュートは打てず。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。10人のホッフェンハイムに逆転勝利したボルシアMGが開幕白星スタートを飾った。 2022.08.07 00:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、主砲プレアが契約延長! 1年の延長OP含む2025年までの契約にサイン

ボルシアMGは5日、元フランス代表FWアラサン・プレア(29)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。また、この契約には1年の延長オプションが付随している。 リヨンの下部組織出身のプレアは、オセール、ニースを経て2018年にボルシアMGへ完全移籍で加入。加入以降は4シーズン中、3シーズンでリーグ戦2桁ゴールを達成するなど、公式戦143試合47ゴール30アシストという見事な数字を残してきた。 センターフォワードを主戦場に、左右のウイングでもプレー可能な万能型アタッカーは、個での打開力やストライカーらしい動き出しの良さ、シュート精度を武器にここ数シーズンのボルシアMGの攻撃をけん引している。 ここ数年、国内外のクラブから獲得オファーが舞い込み、今夏も古巣ニースやエバートン行きの可能性も伝えられたが、2023年に満了する現行契約を2年延長し、今後もドイツ屈指の名門でのキャリア継続を選択した。 2022.08.05 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがヴァイグル獲得に動く? クラブ間での希望額に大きな溝…

ボルシアMGがベンフィカのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(26)の獲得に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ボルシアMGでは、MFクリストフ・クラマー、MFフロリアン・ノイハウス、MFクアディオ・コネが中盤の主力を担い、新加入のDF板倉滉もセンターバックに加え、中盤でのプレーが可能だ。 しかし、ダニエル・ファルケ監督は中盤の戦力拡充を希望し、今年3月に約5年ぶりのドイツ代表復帰を果たしたヴァイグルの獲得を希望しているようだ。 ただ、ヴァイグル獲得オペレーションは、両者の間に移籍金の希望額に大きな溝があり、一筋縄ではいかないものだという。 ベンフィカは2020年1月に2000万ユーロ(約27億1000万円)で獲得した26歳MFの売却額を、最低1500万ユーロ(約20億3000万円)に設定しているという。 一方、ボルシアMGは数百万ユーロでの獲得を希望しており、1000万ユーロ以上を支払わなければ獲得できない場合は、交渉から手を引く構えだ。 ドルトムントで控えに甘んじ、ベンフィカで再起を図ったヴァイグルは、2年半の在籍期間で公式戦111試合に出場。待望の代表復帰も果たしたが、今夏のタイミングでの移籍を希望しているようで、数カ月前には代理人がミランに売り込みを行ったとの報道も出ていた。 ただ、現状では関心が伝えられたフランクフルトもすでに交渉から撤退している模様で、ベンフィカ残留の可能性が高いようだ。 2022.08.03 17:51 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安が芸術FK弾で決勝点!延長戦を制したフライブルクが2回戦へ《DFBポカール》

DFBポカール1回戦の11試合が、7月31日にドイツ各地で行われた。 堂安律の所属するフライブルクは2部所属のカイザースラウテルンと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。1点のビハインドで後半を迎えたフライブルクは、82分にR・サライのゴールで試合を振り出しに戻した。 試合はそのまま延長戦に突入。フライブルクは111分、バイタルエリア中央右寄りの位置で獲得したFKを堂安が直接狙うと、これがゴール右隅に突吸い込まれ勝ち越しに成功。これが決勝点となりフライブルクが2回戦へ駒を進めた。 その他の日本人選手在籍クラブでは、DF吉田麻也の所属するシャルケは4部のブレーマーSVに5-0で、DF室屋成の所属するハノーファーは4部のショット・マインツに3-0で、DF板倉滉に所属するボルシアMGは4部のオーバーアハーンに9-1で、MF奥川雅也の所属するビーレフェルトは4部のエンガースに7-1でそれぞれ勝利している。 また、MF遠藤渓太の所属する3部のブラウンシュヴァイクはヘルタ・ベルリンと対戦し、4-4で120分が終了。その後行われたPK戦を6-5で勝利し2回戦へ駒を進めている。 なお、31日に開催された結果および1回戦の日程一覧は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 日程&結果 ▽7/31(日) SWレーデン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザントハウゼン(2部)</span> ブレーマーSV(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 シャルケ</span> ショット・マインツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハノーファー(2部)</span> レーディングハウゼン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ホッフェンハイム</span> オーバーアハーン(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">9 ボルシアMG</span> ローネ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アウクスブルク</span> カイザースラウテルン(2部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 フライブルク</span> エンガース(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">7 ビーレフェルト(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マンハイム(4部) 0</span>-0(PK:5-3) ホルシュタイン・キール(2部) エルツゲビルゲ(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 マインツ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ブラウンシュヴァイク(3部) 4</span>-4(PK:6-5) ヘルタ・ベルリン ▽8/1(月) コットブス(4部) vs ブレーメン(2部) ケムニッツ(4部) vs ウニオン・ベルリン マクデブルク(3部) vs フランクフルト インゴルシュタット(2部) vs ダルムシュタット(2部) ▽8/30(火) オッテンセン1905(4部) vs ライプツィヒ ▽8/31(水) ヴィクトリア・ケルン(4部) vs バイエルン ▽7/29(金) ディナモ・ドレスデン(2部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 シュツットガルト</span> ノイシュトレーリッツ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">8 カールスルーエ(2部)</span> カーン=マリエンボルン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ニュルンベルク(2部)</span> 1860ミュンヘン(3部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ドルトムント</span> ▽7/30(土) 1889ベルリン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ボーフム</span> 19シュトラーレン(4部) 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ザンクトパウリ(2部)</span> バイロイト(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ハンブルガーSV</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レーゲンスブルク</span>(2部) 0-0(PK:4-3) ケルン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リューベック(4部) 1</span>-0 ハンザ・ロストック(2部) イラーティッセン(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ハイデンハイム(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エルフェアスベルク(4部) 4</span>-3 レーバークーゼン ヴェルニゲローデ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">10 パーダーボルン(2部)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シュツットガルト・キッカーズ(4部) 2</span>-0 グロイター・フェルト(2部) オッフェンバッハ(4部) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 デュッセルドルフ(2部)</span> イェーナ(4部) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴォルフスブルク</span> 2022.08.01 05:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly