2014年W杯覇者、ボルシアMGのクラマーが151匹コンプリートされたポケモンカードを公開!高値の初版も多数

2021.01.10 18:54 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGのドイツ代表MFクリストフ・クラマーがインスタグラムで公開した秘密のコレクションが話題となっている。

クラマーはレバークーゼンやボーフムなど母国クラブで活躍してきた30歳のMF。2013年夏からはボルシアMGでプレーしており、今季も主力としてリーグ戦14試合に出場している。また、2014年にブラジルで行われたワールドカップでは、それまで2試合しか出場がなかったドイツ代表に大抜擢され、アルゼンチン代表との決勝戦で先発出場。ケガで30分過ぎに交代してしまったものの、世界制覇を成し遂げた同年のマンシャフトの一員として名を連ねた。


そんなクラマーが先日、自身の公式インスタグラムにてあるコレクションを公開。それは1996年に日本で発売が開始されたポケモンカードだ。クラマーが集めていたのは、いわゆる“旧裏”と言われる、今年で25周年を迎えたポケモンカードの歴史においても初期に発売されていたもので、現在は絶版となっているもの。

その括りの中でドイツ代表MFは初代ポケモンの151匹をコンプリート。中には現在では高値となっている初版モデルもあり、カードによっては70万円もの値がつくという。

イギリス『SPORTbible』のインタビューで「90年代に生まれたすべての子供はポケモンの大ファンだったと思う」と語ったクラマーは、ポケモンカード集めに対する思い入れを話すとともに、収集に苦労したことを告白。また、チームメイトたちからはポジティブな反応があったようだ。

「小学校でカードを集めるのは本当に楽しかったし、全種類を集めるのはいつだって子供たちの夢だった」

「何枚か購入したものもあると言わざるを得ないが、高値で買ったことはない。どれほどの価値があるかわからないけど、決して売ったりはしないよ」

「チームメイトの多くが子供の頃は同じことをしていたと思う。彼らはカードを手放し、もう集めなくなってしまったけど、みんな僕のことをリスペクトし祝福してくれているよ」

現在でも巷では絶大な人気を誇る旧裏ポケモンカード。クラマーが集めたのはもちろんドイツ語版のものだが、日本のコレクターにも欲しがるファンはたくさんいるのではないだろうか。

関連ニュース
thumb

【CLプレビュー】最激戦区突破の古豪が公式戦18連勝中の優勝候補に挑戦!《ボルシアMGvsマンチェスター・シティ》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ボルシアMGvsマンチェスター・シティが日本時間24日29:00に中立地ブダペストのプスカシュ・アレーナでキックオフされる。グループステージ最激戦区を突破したブンデスリーガの古豪が、現時点で優勝最有力のプレミア首位チームをホームで迎え撃つ一戦だ。 ボルシアMGは2016-17シーズン以来の参戦となったCLでレアル・マドリー、インテル、シャフタールと格上3チームと同居したグループBに入った。下馬評ではグループ4番手の評価も、序盤から堂々たる戦いぶりを見せると、最終節を残して全チームに突破の可能性があった大混戦をマドリーに次ぐ2位で通過し、前身UEFAチャンピオンズカップ時代の1977-78シーズン以来となる決勝トーナメントに駒を進めた。 ただ、ブンデスリーガの戦いにおいてはCL出場圏内のフランクフルトと9ポイント差の8位に甘んじるなど、苦しい戦いが続く。とりわけ、直近はケルンとのライン・ダービー、格下マインツに敗れるなど、2敗2分けの4戦未勝利と不振にあえぐ。さらに、先週にはマルコ・ローゼ監督の今季限りでの退団および来季のドルトムント行きが発表されており、その影響も気がかりなところだ。 一方のシティはポルト、マルセイユ、オリンピアコスと同居したグループCに入った。同期間には国内リーグで苦戦していたが、CLの舞台においては5勝1分けの無敗で余裕の首位通過を決めた。 さらに、昨年12月半ば以降ではプレミアリーグ13連勝、公式戦18連勝と攻守両面で全く隙のない圧巻の戦いぶりをみせ、プレミアリーグでは2位以下に10ポイント差を付ける独走状態を築き上げている。ここ数試合ではリバプール、トッテナム、エバートン、アーセナルと厳しい相手との連戦が続いたが、いずれも説得力のある内容で危なげなく勝ち切っている。 なお、両者の対戦成績はシティの3勝1敗2分け。2016-17シーズンのグループステージで実現した直近の対戦ではシティホームの初戦がFWアグエロのハットトリックの活躍でホームチームが4-0の圧勝。ただ、ボルシアMGホームの2戦目は1-1のドローに終わっている。 ちなみに、今回の一戦はドイツとイギリスの新型コロナウイルス感染防止措置の渡航制限によって中立地ハンガリーでの開催となる。 ◆ボルシアMG◆ 【4-2-3-1】 ▽ボルシアMG予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210223_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ゾンマー DF:ライナー、ギンター、エルベディ、ベンセバイニ MF:クラマー、ノイハウス MF:ホフマン、シュティンドル、テュラム FW:プレア 負傷者:DFドゥクレ、FWテュラム 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはマッチフィットネスに問題を抱えるドゥクレが起用できない。軽傷を抱えるテュラムに関しては間に合うものの、先発か途中投入か微妙な状況だ。 システムに関しては[4-4-2(4-3-1-2)]や、[3-5-2]などのオプションもあるが、より攻守のバランス、前線からのプレスに向いている[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。スタメンに関してはテュラムの状態次第でヴォルフやヘアマンが代役を担うことになる。 ◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】 ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210223_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、ストーンズ、ルベン・ジアス、カンセロ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:フォーデン、ガブリエウ・ジェズス、スターリング 負傷者:DFアケ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してもマッチフィットネスに問題があるアケ以外、全選手が起用可能な状況だ。 スタメンに関してはほぼ全員が好調を維持しており、グアルディオラ監督にとっては悩ましい選考となるが、アーセナル戦で温存されたウォーカー、ロドリ、フォーデンの3選手と、30分ほどのプレータイムとなったガブリエウ・ジェズスのスタメン起用を予想する。アーセナル戦で負傷明け後初スタメンを飾ったものの、ブランクを感じさせるパフォーマンスとなったデ・ブライネに関しては継続起用とみる。 ★注目選手 ◆ボルシアMG:MFフロリアン・ノイハウス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210223_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ボルシアMGの注目プレーヤーは若き司令塔のノイハウスだ。2018-19シーズンからセントラルMFの絶対的な主力に君臨する23歳は、高精度の右足とパスセンスに加え、ローゼ監督の下で運動量、プレー強度にも磨きをかけており、MFトニ・クロースの後継者としてドイツ国内でも高い評価を受ける大器だ。さらに、今季は得意のミドルシュートや2列目、3列目からの飛び出しでより決定的な仕事を見せている。 劣勢必至の中で戦う今回のシティ戦ではチーム全体で前から圧力をかける勇敢な戦い方を選択することが想定される。その中でノイハウスにはクラマーと共に最も運動量とインテンシティが求められるところ。さらに、攻撃の局面では相手のハイラインの裏を狙う味方に持ち味のミドルレンジの正確なパスを通し、決定機を演出する仕事が期待される。 今季のリーグ戦ではいずれも勝利したバイエルン戦で1ゴール、ドルトムント戦で2アシストとビッグマッチで決定的な仕事を果たしており、その勝負強さで優勝候補筆頭を相手に好結果を残せるか。 ◆マンチェスター・シティ:DFルベン・ジアス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210223_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> シティの注目プレーヤーは若きディフェンスリーダーのルベン・ジアス。昨夏、6800万ユーロの移籍金でベンフィカから鳴り物入りで加入した23歳は、加入直後から世界で最も難解とされるスペイン人戦術家の戦術に適応。以降、センターバックの絶対的な主力に君臨。そして、覚醒したストーンズと本格的にコンビを組み始めた昨年11月下旬以降、攻守両面で異次元のパフォーマンスを継続中だ。 ベンフィカ時代からライン統率、対人守備に定評があったが、シティ加入後はベンフィカやポルトガル代表で共にプレーしてきた守護神GKエデルソン、カンセロらと共に高い戦術眼、攻撃センスを発揮。立ち位置の妙、優れた判断力を武器に、最後尾からまるで司令塔のようなゲームメイクまで披露している。 終始押し込む展開が予想される敵地での一戦ではカウンターから一発を狙う相手に対して、ストーンズと共にリスク管理がまず求められるところだ。また、前から相手が嵌めに来るビルドアップの場面では直近のアーセナル戦で見せたような局面を変える判断、プレーを期待したい。 2021.02.24 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

シティと激突のボルシアMG、指揮官は決意固める「失うものはない」

ボルシアMGのマルコ・ローゼ監督が、マンチェスター・シティとの大一番に向けて、失うものはないと前向きな姿勢を見せた。クラブ公式サイトが伝えている。 ボルシアMGは24日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでシティと対戦する。ボルシアMGとしては、現在公式戦18連勝中とかつてない強さを誇るシティを相手に、食らいついていきたいところだ。 そんな一戦だが、今回は新型コロナウイルス(COVID-19)における移動制限によって、会場はホームスタジアムから中立地であるブカレストへ変更となった。「外国のスタジアムでホームの雰囲気を出すのは難しい」とコメントしたローゼ監督だが、チームには失うものは何もないとし、全力を出し切りたいと意気込んだ。 「我々がCLのラウンド16でマンチェスター・シティと対戦するとなれば、失うものは何もない。この舞台でプレーできるのはクラブにとって大きなことだ」 「我々は常に自分たちの力を証明し、何ができるかを示したいと言ってきた。これまでのところ、それは本当によくできている」 「選手たちはこの試合を楽しむべきだ。しかし、彼らは自分たちが何ができるかを示す準備もしておかなければならない。何よりも、しっかりと守り、勇気を持ってプレーすること。シティが本当に嫌がることが一つあるとすれば、それはボールを持てないことだ」 最後にローゼ監督は、対戦相手のジョゼップ・グアルディオラ監督について言及。素晴らしい実績を持っていると絶賛した。 「フットボール界には偉大なコーチが数多くいるが、ペップ・グアルディオラは監督として長年に渡って、フットボールに影響を与えてきた」 「彼はワールドクラスであり、これまでに信じられないようなキャリアを歩んできた監督だ。多くのタイトルを獲得しているし、彼のチームのプレーを見るのは本当に楽しい」 2021.02.24 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGのシティ撃破を期待するクラブOB「彼らはマドリー相手にも実力を示した」

かつてボルシアMGとマンチェスター・シティでプレーした経験を持つ元ドイツ代表DFミヒャエル・フロンツェック氏が、チャンピオンズリーグ(CL)で2つの古巣クラブが対戦することに見解を語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 ボルシアMGとシティは、24日に行われるCLラウンド16・1stレグで対戦。マルコ・ローゼ監督が来季よりドルトムントの指揮官に就任すると発表され、チームに激震が走ったボルシアMGに対して、シティは現在公式戦18連勝中と勢いがとどまるところを知らない。 こうした2チームの状況もありシティが圧倒的有利と見られているが、ボルシアMGで286試合に出場した経歴を持つフロンツェック氏は、ドイツのチームにも勝利する可能性は十分にあると語った。 「シティは私のお気に入りであり、大会優勝候補だ。だが、ボルシアMGがサプライズを引き起こす可能性は非常に高いと思うよ。ジョゼップ・グアルディオラ監督はボルシアMGをよく知っており、強さも理解しているだろう」 「ボルシアMGはシティを苦戦させることが可能だ。グループステージではレアル・マドリー相手に実力を示せていた。もちろん、すべての選手は限界までプレーする必要があり、どんな遅れも許されない。守備的にも攻撃的にも、まとまりのあるチームパフォーマンスを見せなければならないんだ」 「私はローゼの去就がパフォーマンスに影響を与えないと固く信じている。クラブ全体にとって大きな試合であり、選手は全力を尽くすはずだ。もちろん、ファンの失望は理解できる。しかし、こうしたこともビジネスの一部だ。決定的な局面では、誰もが力を合わせることが重要になる」 ボルシアMGへの期待を語る一方で、フロンツェック氏は現役時代ケガに苦しみ活躍できなかったものの、シティには愛着があるとコメント。また、同胞であるMFイルカイ・ギュンドアンの活躍も喜んでいる。 「シティで過ごした1年間は非常に大変だった。キャリアは終わりに差し掛かり、ずっとケガをしていたこともありパフォーマンスは冴えなかったのだ。それでも、私にとっては最高の経験だった。シティには素敵なファンがいて、無条件にサポートしてくれたんだ。だから私は毎日、ここは偉大な伝統あるクラブだと実感していたよ」 「ギュンドアンの成長にはとても満足だ。彼は攻撃的なポジションに移ったことで、ボックス内に飛び出してくる場面も多く、最近では信じられないほど正確なプレーを見せている。以前から常に素晴らしいフットボーラーだったが、今ではゴールスコアラーとしても活躍しており、抜群のフォームだね」 2021.02.24 16:28 Wed
twitterfacebook
thumb

ティエリ・アンリがイングランド帰還? 昇格目指すボーンマスが監督候補に

プレミアリーグへの復帰を目指すボーンマスが、新監督にプレミアリーグのレジェンド招へいを考えているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 エディ・ハウ監督の下、プレミアリーグに初昇格を果たしたボーンマスは、2015-16シーズンから2019-20シーズンまでプレミアリーグに所属。しかし、5シーズンでその挑戦は終わり、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格していた。 降格とともにハウ監督は退任すると、今シーズンからジェイソン・ティンダル監督が就任。しかし、3日に解任され、現在は元イングランド代表DFのジョナサン・ウッドゲート氏が暫定監督を務めている。 後任の候補には、今シーズン途中までシャルケで指揮をした、デイビッド・ワグナー氏が候補になるなか、1人のレジェンドの招へいを目論んでいるとのこと。それは、アーセナルのエースとして活躍したティエリ・アンリ氏(43)とのことだ。 アンリ氏は、現役引退後に指導者の道を歩み、ベルギー代表でロベルト・マルティネス監督のアシスタントコーチを務めた後、古巣のモナコで監督に就任。しかし3カ月でその職を終えると、2019年11月からはメジャーリーグ・サッカーのCFモントリオールで監督を務めている。 ボーンマスがアンリ氏を招へいするには、モントリオールとの交渉があるものの、プレミアリーグ昇格の切り札として呼びたい意向があるようだ。 ボーンマスは、30試合を終えた時点で勝ち点49の6位に位置。首位のノリッジとは勝ち点差12となっているが、プレーオフ圏ギリギリにいるため、さらなる結果が求められている状況だ。 2021.02.18 08:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、今季限りで退団のローゼ監督後任に4人をリストアップか

ボルシアMGは今シーズン限りで退団するマルコ・ローゼ監督(44)の後任として4人の候補をリストアップしているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ボルシアMGは2019年にレッドブル・ザルツブルクの指揮官を務めていたローゼ監督を新指揮官に招へい。昨シーズンのブンデスリーガで4位フィニッシュを果たすと、今シーズンはリーグ戦ではトップ4圏内と6ポイント差の7位も、チャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメントに進出している。 だが、ここまで見事な手腕を発揮してきたドイツ人指揮官は15日、今シーズン限りでの退団および、来シーズンのドルトムント新指揮官就任が内定した。 そのため、ボルシアMGは来シーズンに向けて新指揮官の招へいに向けた動きを見せ始めている。 ドイツ『ビルト』が報じるところによれば、スポーツ・ディレクターを務めるマックス・エベール氏は現時点で4人の後任候補をリストアップしているという。 まず1人目はブンデスリーガで実績を積むブレーメン指揮官のフロリアン・コーフェルト監督(38)。2017年からブレーメンのトップチームを率いる青年指揮官は、近年チームは残留争いに巻き込まれているものの、2018年にはドイツサッカー連盟選出の年間最優秀監督賞を受賞するなど、伸びしろ十分の指揮官だ。 2人目はローゼ監督の後任としてザルツブルクを率い、昨シーズンの国内2冠に導いたジェシー・マーシュ監督(47)。同監督はローゼ監督と同門ということもあり、スタイル継続という利点に加えて、RBライプツィヒでアシスタントコーチを務めてブンデスリーガを経験している点も優位に働くことが予想される。 3人目はアヤックスを率いるエリック・テン・ハグ監督(51)。2018-19シーズンにアヤックスで国内3冠に加え、CLベスト4進出に導いた戦術家は4人の候補で最も実績があり、過去にバイエルンⅡで2年間指揮を執ったことがある。 4人目はスイスの名門ヤング・ボーイズを率いるジェラルド・セオアネ監督(42)。スイス・スーパーリーグ2連覇中のスイス人指揮官は候補4名の中で知名度は劣るが、現在率いているチームの格を考えれば、コーフェルト監督と同様に最も引き抜きやすいはずだ。 なお、マーシュ監督とテン・ハグ監督は2022年、コーフェルト監督とセオアネ監督は2023年までクラブとの契約が残っており、引き抜きには違約金の支払いが生じる。ただ、ドルトムントから支払われるローゼ監督の高額な違約金を充てれば、その支払い自体に大きな問題はないようだ。 2021.02.17 22:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly