3戦未勝利でわずか1ゴール…得点力不足嘆くサウスゲイト「頼りすぎている」

2022.06.12 11:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が決定力不足を悔いた。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

2日に幕を開けたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-2023でハンガリー代表、ドイツ代表、イタリア代表からなるリーグA・グループ3に属するイングランド。開幕以降の2試合で勝利はなく、1分け1敗で1ゴールのみと難しい状況のなか、11日のイタリア戦に臨んだ。

ユーロ2020決勝の再現カードとなった試合は強力な攻撃陣を擁するイングランドが決定機を活かしきれなかったものの、GKアーロン・ラムズデールの活躍で失点することなく、ゴールレスドローでホイッスル。3戦未勝利でわずか1ゴールと課題の残る結果となった。

高い支配率でコントロールしつつも、白星を挙げられなかったサウスゲイト監督は試合後、善戦した選手たちを称賛し、チームに残された課題を語った。

「よくやったと思う。ボール保持率は59%ほどで終わったはずだ。チャンスは多くあったし、そのような決定機を演出したのなら、それをものにしなくてはならない。だが、残念なことに今夜はそれができなかった」

「アーロンは今夜、とても素晴らしい活躍をした。彼はチームのために2つのビッグセーブを披露してくれた。中盤のジェームズ・ウォード=プラウズもチームに貢献してくれたと思う。チームは良いパフォーマンスを発揮していたが、勝利には値しなかった」

「もちろん、もっと多くのゴールが求められる。我々はまだハリー・ケインラヒーム・スターリングに頼りすぎているし、我々が生み出したゴールの大半は彼らが決めたものだ。この点は我々が改善に取り組みたいことのひとつだと言える」

「ここまでの3試合は少しキレの無い場面が目立ったが、良く組織されたイタリアのチームに善戦した。相手の最初のプレスを切り抜けた場面はとても良かった。多くの時間ボールを保持していたが、ポゼッション率が高いからと言って試合に勝てるとは限らない」

関連ニュース
thumb

UNL準決勝進出チームが決定! ファイナルズは来年6月にオランダ開催

27日、UFFAネーションズリーグ(UNL)・グループAの全日程が終了し、準決勝に進出する4チームが出揃った。 グループ1は前大会王者のフランス代表、デンマーク代表を退けたクロアチア代表が初の4強入りを果たした。 グループ2では最終節でポルトガル代表との直接対決を制したスペイン代表が、2大会連続で準決勝へ駒を進めた。 グループ3はイングランド代表、ドイツ代表の不振、伏兵ハンガリー代表が大躍進を果たした中、最終節でそのハンガリーを破ったイタリア代表が逆転で2大会連続のベスト4進出を決めた。 グループ4はベルギー代表が本命に挙げられていた中、その本命に2連勝を飾るなど、5勝1分けの見事な戦績を残したオランダ代表が2大会ぶりの4強入りを決めている。 なお、スペインとオランダは準優勝を経験しているが、いずれのチームが勝利した場合でも初優勝となる。 また、一斉開催の形式で行われる今回のファイナルズは、グループ4のオランダ、ベルギー、ポーランド、ウェールズが開催地に立候補しており、同グループを勝ち抜いたオランダで全試合が開催される。今後、実施予定の組み合わせ抽選会に関しても、ホスト国のオランダは2023年6月14日の準決勝初戦を戦うことがすでに決定している。 ◆UNL準決勝 ▽2023/6/14(水) オランダ vs グループA1/2/3の勝者 [ヨハン・クライフ・アレーナ] ▽2023/6/15(木) グループA1/2/3の勝者 vs グループA1/2/3の勝者 [デ・カイプ] ◆UNL決勝 ▽2023/6/18(日) 準決勝の勝者 vs 準決勝の勝者 [ヨハン・クライフ・アレーナ] ◆UNL3位決定戦 ▽2023/6/18(日) 準決勝の敗者 vs 準決勝の敗者 [デ・カイプ] 2022.09.28 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

スペインがモラタの土壇場弾で逆転4強入り! ポルトガルはC・ロナウドらがウナイ・シモンの鉄壁崩せず…《UNL》

UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2最終節、ポルトガル代表vsスペイン代表が27日に行われ、0-1で勝利したスペインが準決勝進出を決めた。 24日に行われた前節のチェコ代表戦を4-0の快勝で飾り、勝ち点10の首位で最終節を迎えたポルトガル。引き分け以上で準決勝進出となる今回の大一番では先発3人を変更。両サイドバックをダロト、マリオ・ルイからカンセロ、ヌーノ・メンデスに入れ替えたほか、レオンに代えてジョタを起用した。 一方、スイスにホームで1-2の敗戦を喫し、2位に転落したスペイン。敵地での勝利による逆転での4強進出を目指すラ・ロハは、パウ・トーレス、フェラン・トーレス、サラビアを除くフィールドプレーヤー7人を変更。バックラインではカルバハル、ガヤの両サイドバックにギジャモンがセンターバックに入り、中盤はロドリ、コケ、ソレールとバルセロナの3選手から総入れ替えとなり、モラタが最前線に入った。 立ち上がりからアウェイのスペインがボールを握って攻め手を窺うが、なかなか効果的にボールを前進できず。これに対してポルトガルはジョタやクリスティアーノ・ロナウドを狙った背後へのフィード、要所で相手の繋ぎのミスを突き、チャンスに繋げていく。 互いになかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続くが、前半半ばを過ぎた辺りからホームチームに決定機が増えていく。 まずは23分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前左のネヴェスが得意のミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKウナイ・シモンの好守に遭う。続く33分にはブルーノ・フェルナンデスからのフィードに抜け出したジョタがボックス内で見事なトラップから強引に切り込んで右足を振るが、これもスペイン守護神のビッグセーブに遭う。 以降はフィニッシュはおろか、なかなか相手陣内の深い位置に運べないスペインに対して、ポルトガルはB・フェルナンデスの際どいミドルシュートでゴールに迫ったが、結局ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。 迎えた後半、スペインはギジャモンを下げてブスケッツを投入し、ロドリをセンターバックに配置する攻撃的な布陣にシフト。一方、前半と同じメンバーで臨んだポルトガルだが、開始直後にはジョタの鋭い突破からボックス内でラストパスを受けたロナウドにいきなり決定機。だが、ここはGKウナイ・シモンの勇敢な飛び出しに阻まれる。 後半もなかなかリズムを掴めないスペインは60分過ぎに3枚替えを敢行。サラビアとコケ、ソレールを下げてガビとペドリ、ピノと若手タレントに攻撃の活性化を託す。一連の交代で徐々に相手陣内深くでのプレータイムを増やすが、71分にボックス内で仕掛けたモラタのシュートはGK正面を突く。 その後、試合は互いに疲労の影響もあってオープンな展開となるが、相手の集中した守備を前に決定機まであと一歩という睨み合いが続く。 そういった中、ホームチームがうまく時計を進めていくが、代表2キャップ目となったラ・ロハの新星が土壇場で決定的な仕事を果たした。88分、ボックス手前右でボールを持ったカルバハルがファーサイドに抜け出したニコに絶妙なクロスを供給。ここでニコ・ウィリアムズが冷静に頭で折り返すと、抜け目なく反応していたモラタが左足でゴールネットへ蹴り込み、ニコの見事なアシストから劇的なゴールが生まれた。 この失点で一気に窮地に追い込まれたポルトガルは中盤を削ってフェリックスを投入。リスクを冒して前に出た中、90分にはロナウドにビッグチャンス。右サイドのカンセロからの斜めのパスに抜け出したポルトガルのエースはボックス右でGKと一対一となるが、ニア下を狙ったシュートはGKウナイ・シモンのビッグセーブに再び阻まれた。 そして、試合はこのままアウェイチームが逃げ切り、守護神ウナイ・シモンの再三に渡るビッグセーブに最後は攻撃陣が応えたスペインが逆転でのベスト4進出を決めた。 また、同日行われたスイス代表vsチェコ代表は、ホームのスイスが2-1で勝利した。この結果、最下位となったチェコのグループB降格が決定している。 試合はホームのスイスが前半半ば過ぎにフロイラー、エンボロの連続ゴールでホームチームがリードを手にするが、チェコも前半終了間際にエースのシックのゴールで食い下がる。 さらに、後半序盤にはPKを獲得するが、キッカーのソウチェクが左を狙ったシュートはGKゾマーに完璧に読まれて痛恨の失敗に。以降はアウェイチームが攻勢を仕掛けるが、最後までスイスの牙城を破れなかった。 2022.09.28 05:54 Wed
twitterfacebook
thumb

試合を観ても気が付けない!ケインの背番号が逆さまの「6」に

イングランド代表FWハリー・ケインの背番号にある異変が起こっていた。 26日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3最終節で、ドイツ代表と対戦したイングランド。後半に2点を先取されながら逆転に成功する激しい点の取り合いとなり、最終的には3-3のドローに終わった。 ドイツ戦では、21日に正式発表されたばかりの新しいアウェイユニフォームを初めて着用していたイングランドだが、その影響もあるのか、ケインの背番号がささやかな関心を集めた。 これまで通り背番号「9」を背負って先発したケイン。シャツの背中部分と、ショーツにプリントされたものは間違いなく「9」だった。 しかし、『Footy Headlines』によるとシャツ前面の右胸部分にプリントされた背番号が「9」ではなく「6」を180度反対に回転させたものだったという。 実際、正しい「9」は最後に上に上がるフォントが用いられているが、ケインのシャツ右胸のものだけは左斜め下に下がっていたのだ。 この試合で83分にPKでゴールを決めていたケインだったが、思わぬところでも注目を集めることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】よくよく見ると気が付く!右胸にプリントされた逆さまの「6」とショーツにプリントされた正しい「9」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <span class="paragraph-title">【写真】ホームユニでは正しい背番号「9」がプリントされていた</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane2.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.09.27 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「もはや芸術」パス20本で9人関与、オランダ代表の鮮やかゴールシーンに世界中が注目「これが本物のサッカー」

カタール・ワールドカップ(W杯)でもこのようなシーンが見られるだろうか。オランダ代表のゴールシーンに注目が集まっている。 オランダはUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグAのグループ4で、22日にポーランド代表と、25日にベルギー代表と対戦。それぞれ、2-0,1-0で勝利を収め、グループステージ無敗で2大会ぶりの2度目の準決勝進出を決めた。 UNLの公式ツイッターはポーランド戦での先制点となった14分のゴールに着目。「これぞトータル・フットボール」と紹介している。 敵陣右サイドでのスローインを始点にピッチ全体を使ってボールを回し続け、時にくさびを打ち込みながら機を伺うと、DFヴィルヒル・ファン・ダイクの対角パスからテンポを上げ、右サイド深い位置でのトライアングルを経てボックス右に侵入したMFデンゼル・ダンフリースがクロス。最後はFWコーディ・ガクポが押し込んだ。 およそ1分間ボールを保持し続け、通したパスは20本以上。FWステーフェン・ベルフワイン以外のフィールドプレーヤー全員がボールに関与して生まれたゴールには「ヴィルヒルがWC(のトロフィー)を持ち上げるのが待ち切れない」、「これが本物のサッカー」、「efootballでよくやるやつ」、「全盛期のバルサみたい」、「もはや芸術」などの賛辞が多数寄せられ、再生回数は500万に迫る勢いだ。 W杯ではグループAに入り、セネガル代表、エクアドル代表、カタール代表と戦うオランダ。「11月が楽しみだ」とのファンの声があるように、悲願のW杯初優勝へ向けて大きな手ごたえをつかむ2戦となった。 <span class="paragraph-title">【動画】9人関与、パス20本以上!UNL、オランダ代表の芸術的ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yCScR_rPI14";var video_start = 45;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「我々には4人の超有能な右SBがいる」 アレクサンダー=アーノルドのドイツ戦ベンチ外をイングランド代表監督が説明

26日にホームで行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のドイツ代表戦をもって今活動を打ち上げたイングランド代表だが、リバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの姿はなかった。 開幕まであと2カ月を切ったカタール・ワールドカップ(W杯)。そのW杯前最後の代表ウィークだが、ヨーロッパからの出場国は今月の代表ウィークでUNLの戦いに身を置き、テストを重ねる。 それはイングランドも例外ではなく、攻撃センスこそピカイチながら、守備面の脆さが課題のアレクサンダー=アーノルドをはじめとする選手個々にとっても、最後のアピールチャンスだった。 ところが、ドイツ戦ではFWジャロッド・ボーウェン、MFジェームズ・ウォード=プラウズ、DFフィカヨ・トモリ、そしてアレクサンダー=アーノルドがメンバー外に。W杯招集も低くなったといわれる。 なかでも、以前から代表での立ち位置を巡って議論を呼ぶアレクサンダー=アーノルドのメンバー外は話題になったが、ガレス・サウスゲイト監督はW杯出場の扉を閉ざしたわけではないようだ。 イギリス『メトロ』によると、サウスゲイト監督はドイツ戦後、W杯メンバーとの因果関係を否定し、こうコメントしたという。 「強調したい。我々には大きなスカッドがあって、右サイドバックに至ってはスーパーなクオリティを持つ者が4人もいるんだ」 「現時点でキーラン・トリッピアーが非常に良いプレーをしているし、リース・ジェームズは今季もプレミアリーグ開幕から傑出した選手の1人だ」 「しかし、トレントだって非常に、非常に優秀なフットボーラーであり、それこそが(今回の代表活動に向けた招集)メンバーに選んだ理由だ」 2022.09.27 16:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly