清水が平岡宏章監督と契約解除! 今季折り返し迫るも16位…「志半ばでこのチームを離れることに」

2022.05.30 16:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは30日、平岡宏章監督(52)との契約を双方合意の上で解除と発表した。後任は新体制が決まるまでヘッドコーチの篠田善之氏(50)が暫定的に指揮を執る。

かつてアルビレックス新潟シンガポールも指揮した平岡氏は清水のユースコーチ、監督を経て、2020年からトップチームのコーチに就任。同年11月に退任した現モンテディオ山形のピーター・クラモフスキー監督に代わり、チームを率いた。

翌2021年からは再びコーチに戻ったが、同11月に現ヴィッセル神戸のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が契約解除となり、チームを指揮。今季も監督としてスタートしたが、明治安田生命J1リーグ2勝7分け7敗の16位に低迷している。
直近のリーグ戦5試合においても1分け4敗と苦しみ、29日に敵地で行われた第16節の柏レイソル戦も1-3の敗北。自動降格圏内も肉薄となるなか、チームは監督交代を決断した。

目下3連敗中と復調の兆しも見えないなか、事実上の解任となる平岡氏はクラブを通じてコメントした。

「ファン・サポーター、そしてパートナーの皆様、いつも温かいご声援・ご支援をいただき、誠にありがとうございます。 就任時に清水エスパルスをもう一度、強く・誇り高きチームに変革したいと、選手・スタッフとともに日々精進して参りましたが、今シーズンここまで、皆さまのご期待にお応えできるような結果を出せていないことに大変申し訳なく思っています」

「しかし、選手・スタッフは、ここまでシーズン当初に掲げた5つのマニフェスト、『無条件で全力を尽くす』『闘う集団となる』『競争しながら協調し合い、共創する』「献身性と一体感を持つ』『責任感を持ち、自立する』、この5つを常に実行してくれたことに感謝しています」

「残念ながら私は、志半ばでこのチームを離れることになりますが、清水エスパルス創設30周年を迎える今年、ここから更に一丸となり、巻き返してくれることを期待しています。そして、清水エスパルスの今後の更なる飛躍を願っています。エスパルスファミリーの皆さま、本当にありがとうございました。そして、最後にいつ何時も笑顔で毎朝、見送ってくれた妻に心から感謝を伝えたいです」

関連ニュース
thumb

清水がコーチ陣を発表、日韓W杯にも出場した市川大祐氏、元日本代表GKの古川昌明氏が入閣

清水エスパルスは2日、ジュニアユース三島U-13の市川大祐監督(42)がコーチに、いわきFCのGKコーチだった古川昌明氏(54)がGKコーチに就任することを発表した。 市川氏は、清水の下部組織出身で、清水やヴァンフォーレ甲府、水戸ホーリーホック、藤枝MYFC、FC今治、ヴァンラーレ八戸でプレー。引退後は清水のサッカースクールコーチの他、U-13、U-14、U-15の監督を歴任。今シーズンはジュニアユース三島U-13で監督を務めた。 現役時代は日本代表にも選ばれ、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)にも出場し、右サイドバックでプレーしていた。 古川氏は、鹿島アントラーズやアビスパ福岡でプレー。日本代表としてもプレーした。引退後は、ブラジルのコリンチャンスでGKアシスタントコーチを務めた他、川崎フロンターレ、鹿島でもGKコーチを担当。今シーズンはいわきFCでGKコーチを務めたいた。 両コーチはクラブを通じてコメントしている。 ◆市川大祐 コーチ 「2023シーズンよりトップチームのコーチに就任する市川大祐です。Jr.ユースの一期生として清水エスパルスに入団し、ユース、トップチームと18年間過ごした特別なクラブです。2023シーズンが清水エスパルスにとってかけがえのないシーズンとなるよう全力で努めてまいります。よろしくお願いいたします」 ◆古川昌明 GKコーチ 「清水エスパルスを愛し応援してくださる全ての皆様、この度GKコーチに就任する事になりました古川昌明です。伝統ある清水エスパルスで仕事をさせていただける事を大変光栄に思います。また、その責任の重さも十分理解しています。与えられた責務を必ず全うし、目標達成に向けて全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」 2022.12.02 15:05 Fri
twitterfacebook
thumb

清水がFW後藤優介との契約満了を発表「家族全員が静岡を大好きになりました」

清水エスパルスは1日、FW後藤優介(29)との契約満了を発表した。 鹿児島出身の後藤は大分トリニータの下部組織で育ち、2012年にトップチーム昇格。主力の一人としてチームのJ2昇格、J1昇格に貢献し、2020年に清水へ完全移籍で加入した。 加入初年度はポジションを掴み明治安田生命J1リーグで32試合に出場したが、昨シーズンはリーグ戦出場が18試合と出番が減少。今シーズンもJ2降格が決まったチームにあってリーグ戦15試合の出場にとどまり、得点はなかった。 3シーズンを過ごした清水から去ることになった後藤は、クラブを通じてサポートへの感謝を述べている。 「今シーズン限りで清水エスパルスを離れることになりました。エスパルスに関わる全ての皆様、3年間お世話になりました。長く在籍した大分から初めての移籍ということもあり、不安なことも多かったですが、選手、スタッフ、サポーターの皆様のおかげで、3年間僕なりに真剣にサッカーに取り組むことができました。どんな時も変わらず応援してくれてありがとうございました」 「苦しい結果となってしまいましたが、今後のエスパルスの発展を祈り、自分もここでの経験を糧に新天地で頑張ります。最後に、静岡で出会った方達は皆さん温かく、家族全員が静岡を大好きになりました。3年間ありがとうございました」 2022.12.01 15:39 Thu
twitterfacebook
thumb

清水、柏のDF北爪健吾を完全移籍で獲得!「自分の持っている全てを懸けたい」

清水エスパルスは1日、柏レイソルからDF北爪健吾(30)の完全移籍加入を発表した。 群馬県出身の北爪は、専修大学から2015年に加入したジェフユナイテッド千葉でプロデビュー。その後、横浜FCを経て2020年に柏へ加入すると、初年度から主力の一人として定着し、明治安田生命J1リーグで23試合に出場した。 しかし、昨シーズンは公式戦13試合の出場にとどまるなど序列が低下。巻き返しを図り臨んだ今シーズンもリーグ戦わずか8試合の出場に終わった。 3年間を過ごした柏を離れ、清水で新たなチャレンジに挑む決断を下した北爪。両クラブを通じてファンへの感謝や新シーズンへの意気込みを述べている。 ◆清水エスパルス 「はじめまして北爪健吾です。学生の時に続き、2回目のオファーをいただいたことは選手としてこれ以上ない喜びです。同時にこのチームのために自分の持っている全てを懸けたいと思い決断しました。チームのJ2優勝、J1昇格をエスパルスに関わる皆様と達成することがとても楽しみです。これからよろしくお願いいたします」 ◆柏レイソル 「3年間ありがとうございました。レイソルサポーターのみなさんにはコロナ禍の中でも改めてサッカー選手である喜びを感じさせてもらい、たくさん後押しをしていただき感謝しています」 「日立台で決めたJ1初ゴールは一生忘れません。もう一緒に戦うことができないと思うととても寂しいですが、結果がすべての世界です。清水エスパルスで更に成長し、対戦相手として日立台に戻ってきます。忘れられない3年間を本当にありがとうございました」 2022.12.01 13:48 Thu
twitterfacebook
thumb

柏がJ2降格の清水からDF立田悠悟、DF片山瑛一を獲得!「覚悟を持ってレイソルのために戦います」

柏レイソルは30日、清水エスパルスからDF立田悠悟(24)とDF片山瑛一(31)が完全移籍加入することを発表した。 ジュニアユース時代から清水の下部組織に所属する立田は、2017年にトップチーム昇格を果たすとセンターバックの主力に定着。今シーズンも明治安田生命J1リーグで26試合に出場した。 埼玉県出身の片山は、2014年に早稲田大学からファジアーノ岡山入りを果たしてプロデビュー。その後、セレッソ大阪を経て昨シーズンから清水に加入。今シーズンは主に右サイドバックとしてリーグ戦31試合に出場して2ゴールの成績を収めた。 J2降格の清水から移籍する決断を下した両選手は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆立田悠悟 【柏レイソル】 「柏レイソルに移籍することになりました立田悠悟です。いち早く、顔と名前を覚えてもらって、皆さんから応援してもらえるように、覚悟を持ってレイソルのために戦います。応援よろしくお願いします」 【清水エスパルス】 「清水エスパルスに関わる皆様、いつも応援いただきありがとうございます。今回移籍という決断をしました。まず、この移籍に関して賛否両論あると思いますが、自分の目標や夢を叶えるためにチャレンジしたい気持ちが強く、自分なりの答えを出しました。長い間、清水エスパルスに様々な部分で成長させてもらいましたし、エスパルスに関わる全ての皆様に感謝の気持ちを伝えたいと思います」 「間違いなく、清水エスパルスは自分の全てだったし、かけがえのないクラブです。だからこそ、エスパルスで培ったものをさらに伸ばし、自分なりの道を切り開いていきます。最後にファン、サポーターの皆様、これからも清水エスパルスの応援をよろしくお願いします」 ◆片山瑛一 【柏レイソル】 「柏レイソルに加入することになりました、片山瑛一です。自分の持っている力のすべてを柏レイソルのために尽くします。そして、選手としても人としてもさらに成長していけるように日々精進していきます」 【清水エスパルス】 「この度、柏レイソルに移籍することになりました。この2年間は本当に思い描いていたようにはいかず、エスパルスの関係者の皆様やサポーターの方々には辛い想いばかりをさせてしまいました。しかし、そんな中、どんな時でも沢山の愛情をクラブや選手に注いでいただき本当に感謝しています。期待に応えることはできませんでしたが、どんな時も自分らしく最後まで走り続けられたのは応援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました」 「この2年間、辛く苦しいことが多かったですが、同時に沢山の気づきや学びを得ることができました。そして、このエスパルスのエンブレムを背負い戦って得た自信や誇りを胸に、また新しい場所で覚悟を持ってチャレンジしていきたいと思います。クラブは変わりますが、1人のサッカー選手として、戦う姿で勇気や感動を感じていただけるように、一生懸命全力で走り続けていきます。2年間、本当にありがとうございました」 2022.11.30 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

清水、中央学院大学からGK阿部諒弥の来季加入内定を発表「決して驕る事なくチームの為に努力します」

清水エスパルスは29日、中央学院大学のGK阿部諒弥(21)の来季加入内定を発表した。 北海道出身の阿部は、帯北アンビシャス、帯広北高校サッカー部への所属を経て、中央学院大学に進学。193cmの高さを武器とするGKとして、高校時代にはU-18日本代表の候補にも選出された。 新シーズンからプロキャリアをスタートさせる阿部。クラブを通じてこれまでお世話になった人への感謝やプロへの意気込みを述べている。 「2023シーズンより清水エスパルスへ加入する事になりました、中央学院大学の阿部諒弥です。清水エスパルスという歴史あるチームの一員になれる事を大変嬉しく思います。これまでお世話になった指導者の方々や練習を共にしたチームメイト、そしてどんな時もサポートしてくれた家族には感謝の気持ちでいっぱいです」 「大学4年の春に怪我をし、清水エスパルスには本当に沢山のサポートをしていただきました。スカウトのお二人は何度も様子を見に来て下さり、様々な言葉をかけていただきました。その一つ一つが自分にとっての支えとなり怪我を完治する事が出来ました。この感謝の気持ちを次はプレーで返す番だと思っていますので、清水エスパルスの勝利の為に貪欲にプレーします。プロサッカー選手になった事がゴールではありません。これから沢山の事を吸収し、決して驕る事なくチームの為に努力しますので、応援よろしくお願いします」 2022.11.29 15:37 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly