ムバッペの“破格条件”での契約延長、バルサ会長も「市場を歪める」と非難

2022.05.25 22:43 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、フランス代表FWキリアン・ムバッペの新たな契約内容に批判の声を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。

今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約切れが迫まったことで、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。マドリーとは相思相愛と言われ、移籍の線が強かったが、21日にPSGと2025年までの新契約を結び、急転直下の残留が決定した。

マドリーからのオファーを固辞したムバッペは、正確な数字は発表されていないものの、年俸5000万ユーロ(約67億5000万円)、ボーナス1億3000万ユーロ(約175億円)、肖像権100%という条件での契約延長となった模様。これはチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドをはるかに上回り、サッカー史上最高額となることは間違いないと見られている。

そうした破格の契約内容について、スペイン『L'Esportiu』のインタビューで言及したのが、ムバッペに裏切られた形となったマドリーのライバルである、バルセロナのラポルタ会長。健全な取引の重要性を強調しつつ、カタール資本のPSGのような“国家クラブ”を非難した。

「この取引は市場を歪める。選手たちが金で支配されてしまったら終わりだ。これは国家を後ろ盾にしているクラブによる影響であり、EUのあらゆる原則に反している。ヨーロッパにおけるサッカーの将来を考えなければならない」

「PSGやマンチェスター・シティ、そしてこれから生まれるであろう国家クラブによって市場は混乱する。彼らが何者であるかは明らかだ。これでは、我々のような会員制のクラブの経営は難しくなる」


関連ニュース
thumb

楽観視という報道も…バルサ、今夏加入のケシエとクリステンセンが即退団の可能性…選手登録は未だ認められず

クラブの財政難、そしてサラリーキャップ抵触による選手の登録問題で揺れるバルセロナだが、最悪の事態が待っている可能性がある。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 今夏はFWロベルト・レヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFジュール・クンデ、MFフランク・ケシエ、DFアンドレアス・クリステンセンと各国の代表選手を大量にチームに加え、さらにチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソ、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバの獲得も目指すとされている。 ラ・リーガのサラリーキャップに抵触していることから、獲得した5名に加え、再契約を結んだDFセルジ・ロベルト、FWウスマーヌ・デンベレの合計7名が選手登録できていない状況だ。 バルセロナは選手の登録に関して楽観的な姿勢を見せており、子会社の株式を売却する「第4の手」を発動させ準備を進めているという。 バルセロナは10日、ラ・リーガに書類を提出。選手の登録手続きを進めている状況。開幕前のサプライズを回避できるように動いているという。 開幕戦に向けてのリミットは13日まで。リーグへの登録は、9月1日までとなる。しかし、『ESPN』によると、フリーで獲得したケシエとクリステンセンに関しては、開幕戦の選手登録ができなかった場合は、他クラブへの移籍が認められるという条項が契約に盛り込まれていたとのこと。契約が失効することになるようだ。 クラブは動いているものの正式に選手登録はまだ認められていない状況。どちらに転ぶかはわからないが、移籍市場に精通しているジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は「クラブからポジティブなメッセージを受け取り、落ち着きリラックスしている」との情報を手にしたとのこと。バルサの選手で無くなることは避けられそうだ。 ただ、楽観視できない状況は変わらず。「第4の手」に加えて、選手の売却が必要になるとみられ、オランダ代表FWメンフィス・デパイ、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、デンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイトの3名が対象となりそうだ。デ・ヨングとブラースヴァイトに関しては代理人がバルセロナ入りし、クラブと話をすると見られているが、果たしてどうなるだろうか。 2022.08.11 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏も去就揺れるB・シウバ、シティと関係良好も「何が起こるかわからない」

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)がバルセロナ行きの憶測取り巻く将来に「何が起こるかはまったくわからない」と発言した。 2017年5月にモナコから加わって以来、豊富な運動量と確かな攻撃センスで存在感を放つB・シウバ。今季も信頼変わらずの技巧派MFだが、昨夏にはプライベートな事情から移籍が取り沙汰され、今夏はバルセロナの関心が浮上している。 そうしてリバプールとのコミュニティ・シールドから今季の戦いがスタートしたなか、大手スポーツブランド『アディダス』のスパイク発表会にて、アメリカ『ESPN』のインタビューで注目を集める去就に口を開いた。 「僕はここで満足していると言い続けているけど、何が起こるかはまったくわからない。正直なところ、これからだ。僕とクラブの関係は誠実そのもの。僕の望みをクラブは把握している」 「残留となっても、すごく幸せで、このクラブのことを常にリスペクトしているから、全力を尽くす。そうじゃなくても、フットボールはそういうものだし、何が起こるのか見守るだけだよ」 2022.08.11 16:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ニコ・ゴンサレス、出場機会を求めてバレンシアにレンタルへ

バルセロナのスペイン人MFニコ・ゴンサレス(20)がバレンシア移籍に迫っているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨季のラ・リーガ開幕戦のソシエダ戦でトップチームデビューを果たしたニコ。プロ1年目にして公式戦39試合に出場し、上々のデビューシーズンを過ごした。 ところが、新シーズンに向けては中盤にコートジボワール代表MFフランク・ケシエが加入したことから、20歳の出場機会は大幅に減少すると予想されている。そして、それに伴い移籍の噂も挙がっている状況だ。 国内複数のクラブが獲得に興味を持っていた中、新天地はバレンシアになる模様。新監督に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾたっての希望で、出場機会を保証することを条件に獲得に漕ぎつけたようだ。 なお、別の情報では、ニコはバルセロナと契約を1年延長したうえで、バレンシアに1年間レンタルするようだ。 2022.08.10 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

問題未解決のバルサ、それでもベルナルド・シウバ獲得目指す…移籍金は70〜80億円程度

財政難に苦しみ、サラリーキャップに抵触して今夏獲得した選手を登録できていない状態のバルセロナだが、さらに選手を補強するつもりのようだ。 今夏はFWロベルト・レヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFジュール・クンデ、MFフランク・ケシエ、DFアンドレアス・クリステンセンと各国の代表選手を大量にチームに加え、さらにチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソの獲得も間近に迫っている状況だ。 そんなバルセロナは、獲得した5選手に加え、再契約を結んだDFセルジ・ロベルト、FWウスマーヌ・デンベレも選手登録できておらず、さまざまな手を尽くして資金繰りに奔走している。 株式の売却や選手へのサラリーカットの要請を出したりしている一方で、選手の売却はしたくないスタンスのバルセロナ。その状況でありながら、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を実現させようとしているようだ。 スペイン『Fichajes』によれば、マルコス・アロンソの獲得についても迫っている中、ベルナルド・シウバ獲得に対して5000〜6000万ユーロ(約69億〜82億7000万円)を支払う予定でいるという。 シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ベルナルド・シウバに対しての愛情を公言しており、チームに残って欲しいという希望を語っているものの、選手がチームを去りたいと考えるなら止められないともコメント。移籍を止めることはしないというスタンスだ。 ただ、前述の通り、バルセロナには資金がない状況。何も解決していない中で、新たな選手の確保は難しいとされており、少なくともオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは売却しなければいけないという見方が強い。 クラブは禁断の「第4の手」を発動させ、さらに1億ユーロ(約138億円)を手にする予定のようだが、それでもサラリーキャップを遵守できることになるかは不明。まだまだこの問題は解決しなそうだ。 2022.08.10 13:18 Wed
twitterfacebook
thumb

快足デンベレよりも速かったのは?バルセロナイレブンのダッシュ動画が反響!「足の回転が速い」

バルセロナの選手たちが自慢の快足を見せている。 9日、『ESPN』の公式SNSがバルセロナのウォーミングアップの動画を公開。バルセロナはプレシーズンマッチの試合前、選手たちにピッチの半分を走るダッシュを課しており、その様子を撮影したものだ。 足上げをしていた選手たちは合図と同時に加速開始。すると、1番手で駆け抜けたのはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングだった。隣には快足で知られるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが並走しており、かなりのスピードを誇ることが分かる。 また、反対側では抜群の身体能力を誇るウルグアイ代表DFロナルド・アラウホも2人に劣らない圧巻のスピードを見せている。 この様子には、ファンも「デ・ヨング速い!」、「デンベレは分かるがデ・ヨングもここまで速いのか」と驚き。「100m走ならアラウホが速そうだ」、「デンベレは本気を出してない」、「デ・ヨングは足の回転が速いな」など様々な声が寄せられている。 すでにすべてのプレシーズンマッチを終えているバルセロナ。いよいよ13日にはラージョとのラ・リーガ開幕節を迎える。 <span class="paragraph-title">【動画】デンベレはまだ本気じゃない?バルセロナイレブンの全力ダッシュ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 12:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly