トッテナムがEL制覇の鎌田大地に本気か? 加入となれば冨安健洋とのノースロンドン・ダービーも

2022.05.19 18:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトの一員としてヨーロッパリーグ(EL)の優勝に貢献した日本代表MF鎌田大地(25)だが、トッテナムが今夏の補強候補にあげているようだ。

今シーズンはアントニオ・コンテ監督に率いられて戦っているトッテナム。プレミアリーグは残り1試合となった中、難しいと見られていたトップ4フィニッシュが現実のものとなりそうだ。

崖っぷちの状態で臨んだ4位アーセナルとのノースロンドン・ダービーを3-0で完勝すると、アーセナルがニューカッスルに敗れて自滅。この2試合で4位に浮上し、最終節は自力での4位フィニッシュが見えている状況だ。

ELを制したフランクフルトは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得。しかし、トッテナムもCL出場権を獲得できれば、その点で不利になることはなくなる。

コンテ監督と、マネージング・ディレクター(MD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、現金を支払れば鎌田を獲得候補に入れていると、ドイツ『Sport Bild』が報道。セビージャも獲得を目指しているといい、牽制しているようだ。

2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと加入した鎌田は、当初は出番をもらえず苦戦。2018年8月にシント=トロイデンへとレンタル移籍すると、公式戦36試合で16ゴール9アシストの活躍を見せて復帰した。

それ以降は攻撃の軸としてプレー。今シーズンもブンデスリーガで32試合4ゴール3アシスト、ELでも全13試合に出場し5ゴール1アシストと結果を残して優勝に貢献。フランクフルト通算では132試合で24ゴール27アシストを記録している。

フランクフルトとの契約は2023年夏までとなっているが、契約延長の可能性がある一方で、今夏の退団も考えられる1人となっている。

イギリス『HITC』によれば、昨夏もトッテナムは興味を示したものの具体的な動きはなし。ただ、コンテ監督が採用している[4-3-3]のシステムにおいて、攻撃的なクリエイティブさを発揮できると見られており、[3-4-3]でも問題なくプレーできると見られている。

また、今季のELではバルセロナやウェストハムといった強豪クラブ相手にも存在感を示し、特にウェストハム戦のパフォーマンスに感銘を受けたのではないかと予想されている。

加えて、ライバルであったアーセナルが昨夏獲得したDF冨安健洋が高いパフォーマンスを示し、獲得を考慮していたトッテナムとしても、日本人選手の能力に疑いはないはず。得点王に近い韓国代表FWソン・フンミンとともに、アジア人コンビでトッテナムの攻撃を牽引するのだろうか。加入となれば、日本人同士の“ノースロンドン・ダービー”にも注目が集まる。

関連ニュース
thumb

エメルソン、コンテのしごき語る 「死んだようにトレーニングを終える…」

トッテナムのブラジル代表DFエメルソン・ロイヤルがアントニオ・コンテ監督の下での厳しいトレーニング事情について語った。ブラジル『ESPN』が伝えている。 昨夏、バルセロナからトッテナムに加入したエメルソンは、加入初年度にプレミアリーグ31試合に出場し、1ゴール1アシストを記録。当初のターゲットがアーセナルで印象的なパフォーマンスを見せた日本代表DF冨安健洋だったこともあり、シーズンを通じて攻撃の精度や、守備時の軽率な判断が批判されたものの、終盤戦では徐々にポテンシャルを発揮。チームのトップ4フィニッシュに貢献した。 今夏の移籍市場ではアトレティコ・マドリーらからの関心が伝えられる一方、イタリア人指揮官がさらなる成長を期待して来季も構想に入れているとも言われる。 そのブラジル代表DFは『ESPN』でコンテ監督の下での厳しいトレーニング事情に言及。「死んだようにトレーニングを終える」とその過酷さを明かしつつ、同監督のしごきから愛情や期待を感じ取っているという。 「フィジカルトレーニングがあり、ときには高強度のトレーニングもあるんだ。それが終わるとき、僕は死んだようにトレーニングを終えるんだ」 「次の日にトレーニングに到着すると、彼(コンテ)が『エメルソン、昨日のトレーニングは気に入らなかったよ』って言うんだ。ありえないだろ、そうなると僕も怒りがわいてくるんだ。昨日のトレーニングが気に入らなかったって、マジかよ? 僕は命を懸けて、死んだようにトレーニングを終えたんだってね」 「だけど、GPSで確認すると、多くの人よりも良い数字を出していて、ベストの中にさえいるんだ」 「だから、彼に『僕のGPSの結果を見てほしい』って言うんだ。だけど、彼は『いや、もっとできるはずだ』って言い返してくるんだ」 「それから僕はイライラしながらトレーニングを終える。その後に彼は、『ほら、そうやってトレーニングするんだ』って言うんだ」 「フィジカルトレーニングをやるとき、彼はいつでも僕の名前を叫び続ける。だけど、実際のところは自分にとって良いことだと捉えているよ。僕を助けたいという彼の気持ちが伝わってくるんだ」 コンテ監督がエースFWハリー・ケインやその他の主力選手に対して、どういった対応を見せているかは不明だが、少なくとも少々気分屋で反骨精神も持っているエメルソンのパフォーマンスを引き出す上では、このやり方がベストなのかもしれない。 2022.06.27 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズがグヴァルディオル獲得へ問い合わせ? だが、移籍成立には障害多し

トッテナムがRBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)の獲得に向け、公式な問い合わせを行ったようだ。 今夏の移籍市場で左利きのセンターバックを優先事項の一つとするトッテナム。ここまではインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニの獲得に動いたものの、クラブと選手双方が残留を希望しており、交渉はほぼ絶望的な状況だ。 さらに、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレス、利き足は右足も左のセンターバックでもプレー可能なトリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメルと、その他のターゲットとの交渉も難航している。 そういった中、『フランス・フットボール』などで働く著名なジャーナリストであるナビル・ジェリット氏によると、トッテナムは以前から関心を示すグヴァルディオル獲得への動きを進めているという。 チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも関心を示す逸材に対して、ライプツィヒサイドに公式な問い合わせを行ったようだ。 ただ、ライプツィヒは2026年まで契約を残す同選手の売却を望んでおらず、選手自身も今夏のタイミングでの移籍に積極的ではないという。さらに、バストーニやパウ・トーレス以上の高額と言われる移籍金がネックとなる。 バルカン半島出身らしい185cmの恵まれた体躯を生かした対人プレーの激しさ、テクニシャン揃いのディナモ・ザグレブで育った足元の技術を兼備する左利きのセンターバックは、ステップアップしたブンデスリーガでもシーズンを通して安定したパフォーマンスを披露。公式戦45試合2ゴール3アシストの数字を残していた。 2022.06.27 13:41 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズは今夏もイタリアから補強か、パラティチが大手代理会社オーナーと会談

トッテナムのマネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏が、イタリアからの補強を画策する動きを見せているようだ。 昨夏に同職に就任したパラティチ氏は、アントニオ・コンテ監督の招へいをはじめ、スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキやウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールなど、多くのコネクションを持つイタリア方面から補強を行ってきた。 今夏もその動きを見せており、先日からイタリア入りしているパラティチ氏は、複数のクラブと交渉を行うと報じられている。また、イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、イタリアで多くの顧客を持つ代理会社『Gr Sports』のオーナーであるジュゼッペ・リソ氏とも会談の場を持ったという。 『Gr Sports』は、ミランMFサンドロ・トナーリやローマDFジャンルカ・マンチーニをはじめ、ナポリFWアンドレア・ペターニャやアタランタMFマッテオ・ペッシーナなどの多数のイタリア人選手の代理を担当している。 現時点でどの選手に関する話し合いがあったかは不明だが、パラティチ氏が再びイタリアから補強を画策していることは確かなようだ。ただ、その中でもトナーリやマンチーニ獲得の可能性は除外されている。 2022.06.26 14:48 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズがバルサDF獲得に本腰? 構想外のラングレをレンタルか

トッテナムがバルセロナからCBの補強に熱心なようだ。 『ESPN』によると、バルセロナのフランス代表DFクレマン・ラングレ(27)に関して、トッテナムが獲得に動いているとのこと。以前にも噂に浮上したが、その動きはより具体的になっているという。 アントニオ・コンテ監督が率いるトッテナムだが、来季に向けてCBを補強したいなか、インテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)の獲得に動いていた。 古巣からの補強を目指したコンテ監督だったが、交渉は難航。獲得が非常に難しくなったと見られている。 そこで、関心を示していたラングレにシフト。今シーズンは公式戦で27試合に出場したが、チャビ・エルナンデス監督の中では構想外となっている選手の1人であり、獲得の難易度はかなり下がる状況だ。 財政的な問題を抱えているバルセロナとしては、計画外の選手はできるだけ売却していきたい動きを見せ、ラングレの他にも、サミュエル・ユムティティ、オスカル・ミンゲサのセンターバック勢は不要とされている。 ただ、トッテナムはラングレに関してレンタル移籍を希望。できるだけ支出を減らしたいと考えているようだ。 ラングレ自身がプレミアリーグに挑戦することを望んでいるかは不明だが、クラブ間では数週間話し合われているとされ、バルセロナに残留しても出番はかなり限られることになる。果たして、トッテナムは獲得なるだろうか。 2022.06.26 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、今夏移籍市場に増資分の1億ポンド投入へ! レヴィ会長承認で大型補強可能に

トッテナムは、先日に増資が発表された1億5000万ポンド(約249億円)の内、1億ポンド(約166億円)を今夏の移籍市場に投入することになったようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じている。 今シーンのプレミアリーグでトップ4フィニッシュを果たしたトッテナム。昨年11月に就任したアントニオ・コンテ監督に導かれ、3シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。 そうした中、先月にクラブは株式の85.6%を所有していた『ENICグループ』による増資が合意に至ったと発表。最大1億5000万ポンドの資本金が新たに追加され、所有率も87.5%まで増加する可能性がある。 今回の増資に関しては、そのほとんどがコンテ監督の求めるスカッドを実現させるため補強資金として投下されると言われていた中、『フットボール・ロンドン』によると、ダニエル・レヴィ会長は今夏の移籍市場のため1億ポンドを引き出すことを承認したという。 なお、残りの5000万ポンドも後に引き出しが可能になるという。 これにより、リクルート部門を取り仕切るファビオ・パラティチ氏は、当初の予算、余剰人員の売却益に加え、1億ポンドという破格の補強資金を確保し、来月の韓国へのプレシーズンツアーまでに指揮官が求める新戦力補強を進めることになる。 トッテナムはここまで、クロアチア代表MFイバン・ペリシッチとイングランド代表GKフレイザー・フォースターをフリートランスファーで、マリ代表MFイヴ・ビスマをおよそ3000万ポンド(約49億7000万円)の移籍金で獲得している。 今後は右ウイングバック、ストライカー、攻撃的MFに加え、現有のセンターバックが退団した場合、予てより狙う左利きのセンターバックを含め2人のセンターバックの獲得に動く可能性がある。 ビスマの獲得以降はやや停滞していたトッテナムだが、今回の1億ポンド投下の知らせによって再びその動きが活性化されるはずだ。 2022.06.25 21:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly