トッテナムがEL制覇の鎌田大地に本気か? 加入となれば冨安健洋とのノースロンドン・ダービーも

2022.05.19 18:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトの一員としてヨーロッパリーグ(EL)の優勝に貢献した日本代表MF鎌田大地(25)だが、トッテナムが今夏の補強候補にあげているようだ。

今シーズンはアントニオ・コンテ監督に率いられて戦っているトッテナム。プレミアリーグは残り1試合となった中、難しいと見られていたトップ4フィニッシュが現実のものとなりそうだ。

崖っぷちの状態で臨んだ4位アーセナルとのノースロンドン・ダービーを3-0で完勝すると、アーセナルがニューカッスルに敗れて自滅。この2試合で4位に浮上し、最終節は自力での4位フィニッシュが見えている状況だ。

ELを制したフランクフルトは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得。しかし、トッテナムもCL出場権を獲得できれば、その点で不利になることはなくなる。

コンテ監督と、マネージング・ディレクター(MD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、現金を支払れば鎌田を獲得候補に入れていると、ドイツ『Sport Bild』が報道。セビージャも獲得を目指しているといい、牽制しているようだ。

2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと加入した鎌田は、当初は出番をもらえず苦戦。2018年8月にシント=トロイデンへとレンタル移籍すると、公式戦36試合で16ゴール9アシストの活躍を見せて復帰した。

それ以降は攻撃の軸としてプレー。今シーズンもブンデスリーガで32試合4ゴール3アシスト、ELでも全13試合に出場し5ゴール1アシストと結果を残して優勝に貢献。フランクフルト通算では132試合で24ゴール27アシストを記録している。

フランクフルトとの契約は2023年夏までとなっているが、契約延長の可能性がある一方で、今夏の退団も考えられる1人となっている。

イギリス『HITC』によれば、昨夏もトッテナムは興味を示したものの具体的な動きはなし。ただ、コンテ監督が採用している[4-3-3]のシステムにおいて、攻撃的なクリエイティブさを発揮できると見られており、[3-4-3]でも問題なくプレーできると見られている。

また、今季のELではバルセロナやウェストハムといった強豪クラブ相手にも存在感を示し、特にウェストハム戦のパフォーマンスに感銘を受けたのではないかと予想されている。

加えて、ライバルであったアーセナルが昨夏獲得したDF冨安健洋が高いパフォーマンスを示し、獲得を考慮していたトッテナムとしても、日本人選手の能力に疑いはないはず。得点王に近い韓国代表FWソン・フンミンとともに、アジア人コンビでトッテナムの攻撃を牽引するのだろうか。加入となれば、日本人同士の“ノースロンドン・ダービー”にも注目が集まる。

関連ニュース
thumb

スパーズ移籍のリシャルリソンがエバートンにエモーショナルな別れ…

トッテナム移籍が決定したブラジル代表FWリシャルリソンがエバートンファンに向け、別れのメッセージを綴った。 トッテナムは1日、エバートンからリシャルリソンを完全移籍で獲得。トフィーズの主砲はイギリスの労働許可証を取得次第、2027年までの5年契約にサインする予定だ。 2018年に加入したエバートンで、公式戦152試合53ゴール14アシストという見事な数字を残したエースは、近年稀に見る苦境に見舞われた2021-22シーズンはプレミア残留に大きく貢献。さらに、クラブがファイナンシャル・フェアプレーの問題を抱える中、総額6000万ポンド(約98億2000万円)と言われる移籍金を残してチームを離れることになる。 そして、以前からマージーサイドのクラブへの愛情を口にしてきた25歳は、自身の公式SNSを通じて愛するファンへ別れのメッセージを綴った。 「自分の家になった場所に別れを告げるのはとても難しいよ。僕を単なるプレーヤーとしてではなく、まるで自分たちの一員であるかのようにスタンドで迎えてくれたファンの方々、そしていつでも親切に扱い、共通性や共感を養ってくれたクラブ」 「どんな言葉も、このクラブへの愛情や、感謝を伝えるのに十分ではないよ。これからの道中でまた会おう! エバトニアンのみんな、愛しているよ」 2022.07.01 23:22 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズがリシャルリソン獲得を発表! 今夏4人目の新戦力はエバートン主砲に

トッテナムは1日、エバートンからブラジル代表FWリシャルリソン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 イギリス『フットボール・ロンドン』などが伝えるところによれば、移籍金は5000万ポンド+アドオン1000万ポンドの総額6000万ポンド(約98億2000万円)となる見込みだ。 一部報道ではチェルシーが直前に強奪を画策していたとされるが、エバートンとの交渉を素早くまとめると共に、1週間ほど今後のキャリア熟考を求めた選手サイドの要求を突っぱねて、休暇先のブラジルにメディカルチェックのためのスタッフを派遣したことで、今回のタフなオペレーションを見事に完了させたようだ。 母国のアトレチコ・ミネイロ、フルミネンセを経て、2017年に加入したワトフォードでプレミアリーグでのキャリアをスタートしたリシャルリソン。その後、2018年に加入したエバートンでは、ここまで公式戦152試合に出場し、53ゴール14アシストを記録。また、在籍4シーズン中3シーズンでリーグ戦2桁ゴールを達成している。 2018年9月にデビューしたブラジル代表では、ここまで36試合に出場し、14ゴールを記録。コパ・アメリカ優勝に貢献している。さらに、昨年行われた東京オリンピックでは大会得点王となる5ゴールを挙げ、U-24ブラジル代表の金メダル獲得の立役者となっていた。 左右のウイングに加え、センターフォワードでもプレー可能な万能型ストライカーは、長年クラブの課題となっていたイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーに加え、カウンターを主軸とするアントニオ・コンテ率いるチームに新たなオプションをもたらす存在となるはずだ。 MFイバン・ペリシッチ、GKフレイザー・フォースター、MFイヴ・ビスマに続き、今夏4人目の戦力としてブラジル代表FWの獲得を発表したトッテナム。だが、今月の韓国へのプレシーズンツアーに向け、少なくともU-21イングランド代表DFジェド・スペンス、フランス代表DFクレマン・ラングレの2選手を獲得することが決定的となっている。 2022.07.01 17:29 Fri
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンのトッテナム行きが決定的に! 最大98億円でクラブ間合意か

トッテナムがエバートンのブラジル代表FWリシャルリソン(25)獲得を決定的なものにしたようだ。 イギリス『スカイ』によると、トッテナムは29日にリシャルリソン獲得へ向けて4000万ポンド(約66億円)のオファーを提示したものの、エバートン側が了承しなかった模様。だが、エバートンはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の抵触を避けるため、どうしても6月中にリシャルリソンを売却したい思惑があり、そのまま交渉を継続していたようだ。 そして、一夜明けた30日、両者は5000万ポンド(約82億円)の移籍金に1000万ポンド(約16億円)のアドオンを加えた金額でクラブ間合意に達したとみられている。エバートン側はこの金額に必ずしも満足していないようだが、FFPの観点から、今夏の移籍市場で新たな選手を獲得するために妥協やむなしと判断した模様だ。 リシャルリソン本人は現在、母国ブラジルで休暇中とのことだが、ロンドン行きに先立ってブラジル国内で近日中にメディカルチェック受診となる見通し。なお、トッテナムはエバートンのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)についても獲得を打診していたものの、こちらについては頑なに売却を拒否され、徐々に関心が薄れてきているとみられている。 2022.06.30 21:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレントフォードがクラブ史上最高額で英2部のFWポッター獲得を目指す

ブレントフォードが、ハル・シティのU-21イングランド代表FWキーン・ルイス=ポッター(21)の獲得を目指しているようだ。 ハル・シティの下部組織出身のポッターは170cmと小柄ながら、切れ味鋭いドリブルやストライカーさながらのDFライン背後を狙うプレーなどを持ち味とする左ウインガーで、21歳にしてクラブの公式戦通算出場数はすでに121試合。今シーズンもリーグ戦で45試合12得点4アシストを記録するなど、攻撃の核としてチームを牽引している。 一方、ポッター獲得を目指すブレントフォードはプレミアリーグ昇格1年目を13位でフィニッシュ。中盤戦で連敗が続いて残留が危ぶまれたが最終的には立て直しに成功。クラブとして大きく飛躍した1年になった。その一方で、リーグ戦で2ケタ得点を記録したのはエースのイングランド人FWイヴァン・トニー(26)のみ。引き続きプレミア残留が最低限のノルマとなる新シーズンへ向けては、得点力のアップが重要と考えているようだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、すでにブレントフォードはポッター獲得へ向け、ハル・シティ側に移籍金1600万ポンド(約26億円)を提示しているとのこと。アドオンなどを含めると最大2000万ポンド(約33億円)まで支払う構えのようで、この金額は昨年7月にセルティックからノルウェー代表DFクリストフェル・アイエル(24)を獲得した際に費やした1300万ポンド(約21億円)を上回り、クラブ史上最高額となる模様だ。 以前にはトッテナムやサウサンプトンなども関心を寄せていると報じられたポッター。新シーズンは自身初のプレミア挑戦となるか。その去就に注目が集まっているようだ。 2022.06.30 17:26 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ラングレ移籍でバルサと合意か 買取OP付きのレンタル

フランス代表DFクレマン・ラングレ(27)の移籍に関して、バルセロナとトッテナムが合意に至ったようだ。イギリス『90min』が報じている。 今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるトッテナム。ここまでクロアチア代表MFイバン・ペリシッチとイングランド代表GKフレイザー・フォースターをフリートランスファーで、マリ代表MFイヴ・ビスマをおよそ3000万ポンド(約49億7000万円)の移籍金で獲得している。 各ポジションに満遍なく戦力を加えているが、現在注力しているのはセンターバックの補強だ。元々、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスや、ライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル、アントニオ・コンテ監督の古巣であるインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニらもターゲットとしていたが、交渉が難航し、ラングレにシフト。ここ数週間で話し合いが行われていた。 そして、『90min』によると、両クラブは買い取りオプションが付いた1年のレンタルで合意。バルセロナで放出候補となっていたフランス代表DFには、マルセイユやローマも獲得に乗り出していたようだ。 2022.06.30 13:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly