ビラとバルサ、コウチーニョを巡る交渉が完全合意か

2022.05.12 09:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(29)を巡る交渉が決着したようだ。

コウチーニョはバイエルンでのローン生活を挟んでもバルセロナでの状況が好転せず、今年1月にアストン・ビラに入り。リバプール時代の戦友であり、今や指揮官として接するスティーブン・ジェラード監督の下、ここまで16試合出場で4得点3アシストを記録している。

だが、ビラとの契約内容は半年ローン。ジェラード監督から来季もチームにとどめたい思いが明らかにされるなか、4000万ユーロ(約54億5000万円)の買取オプションを持つビラは引き下げ交渉に動き、その行く末が注目されている状況だったが、話がまとまった模様だ。

移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、コウチーニョがすでにビラと個人条件で折り合いがついたとされるなか、クラブ間の交渉も完全合意。完全移籍でのビラ残留見通しが立つコウチーニョにとって、やはりジェラードの存在が大きかったという。

なお、財政難もあって早く交渉をまとめたいバルセロナは2000万ユーロ(約27億2000万円)程度で取引成立に至ったとみられる。

関連ニュース
thumb

罰金+3年間のサッカー活動禁止、劇的なシティの優勝試合で発煙筒投げ込んだファンに重い処分

自らの愚行によりマンチェスター・シティのファンが重い処分を受けることとなった。イギリス『BBC』が報じた。 2021-22シーズンのプレミアリーグを制したシティ。リバプールとの優勝争いを最終節まで繰り広げた中、リーグ連覇を果たした。 最終節はホームで行われた中、プレッシャーがあったのか相手のアストン・ビラが2点を先行する展開に。リバプールの逆転優勝もよぎった中、試合終盤に3連続ゴールを決めて一気に逆転。3-2で勝利して見事に優勝を果たしていた。 その劇的展開の中で、1人のシティファンが暴走。マージーサイドに住むフィリップ・マクスウェル氏(29)が発煙筒をピッチに投げ込んでいた。 マンチェスター治安判事裁判所は、警察がマクスウェル氏が2-2となった際に発煙筒を投げ込んだことを確認。本人んも罪を認めているという。 マクスウェル氏は罰金1440ポンド(約24万円)の処分が科され、裁判費用の229ポンド(約3万8000円)も追加。さらに3年間のサッカー活動の禁止も言い渡されることとなった。 劇的な展開に興奮したのだろうが、そもそも発煙筒を持ち込むこと自体が禁じられており、投げ込むのはもってのほか。大きな代償を払うこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】シティが2点差をひっくり返す劇的逆転劇で連覇達成!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="A73vTnMLENM";var video_start = 320;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.24 11:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラード監督がビバリーヒルズで思わぬ出会い!お相手はチェルシー好きの“米人気俳優”

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督に思わぬ出会いがあったようだ。 リバプール、そしてロサンゼルス・ギャラクシーを経て、現役生活に終止符を打ったジェラード監督。リバプールのアカデミーコーチを務めた後、レンジャーズを率いて昨季のスコティッシュ・プレミアシップを優勝。今シーズン途中からはアストン・ビラで指揮を執っている。 オフシーズンに入って現役時代にも過ごしたロサンゼルスを訪れていたジェラード監督だが、ハリウッドセレブなど多くスターが集まるビバリーヒルズで、アメリカの俳優兼コメディアンのウィル・フェレルと偶然出会ったようだ。 『オースティン・パワーズ』シリーズや『奥さまは魔女』にも出演しているフェレルだが。イギリス『デイリー・スター』によると、サッカーにも精通しており、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCの共同オーナーの1人であるとともにチェルシーのサポーターであるという、 現役時代にはリバプールからチェルシー移籍寸前になりながらも残留を決めたジェラード氏。2人は当時のことも話したのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】見たことあるはず!ウィル・フェレルとジェラードら</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ce0N0_irwUH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ce0N0_irwUH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ce0N0_irwUH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Steven Gerrard(@stevengerrard)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.18 07:35 Sat
twitterfacebook
thumb

財政難で主力売却迫られるインテル、ユナイテッドら関心のデ・フライが放出候補に?

インテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(30)に対して、マンチェスターユナイテッドら複数クラブが関心を示しているようだ。 2018年夏にラツィオから加入したデ・フライ。守備の柱として昨季はチームの11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。今季はセリエA連覇こそ逃したものの、ラツィオ時代の恩師であるシモーネ・インザーギ監督の下で公式戦41試合に出場しており、国内カップ二冠を成し遂げた。 一方で、クラブ全体としてはオーナーである蘇寧グループが財政難に苦しんでおり、FWロメル・ルカクらを放出した昨夏に引き続き今夏も主力を売却しなければならない可能性に直面している。そのため、インテルで充実の時を過ごすデ・フライだが、残留は確定要素ではないというのが大方の見方だ。 『Sportitalia』によると、インテルは人気銘柄であるDFアレッサンドロ・バストーニ(23)やDFミラン・シュクリニアル(27)の売却は避けたいと考えている一方で、契約が2023年夏までとなっているデ・フライへのオファーについては耳を傾ける姿勢のようだ。 そんなデ・フライには、ユナイテッドが高い関心を示している。昨夏加入したDFラファエル・ヴァランは度重なる負傷で真価を発揮し切れず、DFハリー・マグワイアは不安定なパフォーマンスに終始していることから、エリク・テン・ハグ監督は新たなセンターバック獲得を目論んでおり、同胞であるデ・フライ獲得を希望しているようだ。 そのほか、デ・フライには今夏積極的な動きを見せているアストン・ビラや莫大な資金力を持つニューカッスルも関心を示しており、争奪戦に発展する可能性があると見られている。 2022.06.16 17:57 Thu
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラFWベイリーの家族が車両大破の事故に遭うも奇跡的にケガはなし

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーの家族が深刻な自動車事故に巻き込まれていたことが判明した。イギリス『バーミンガム・ライブ』が伝えている。 現在、ジャマイカ代表に招集中のベイリーは、7日にホームでCONCACAFネーションズリーグのスリナム戦(3-1で勝利)に出場。だが、試合が始まる直前に母親とパートナー、息子が乗っていた自動車が激しく横転する事故に見舞われていたことが分かった。 ベイリーは11日、自身の公式インスタグラムを通じて試合直前に家族の事故の一報を知らされたこと。安否が不明な状況でのスリナム戦でのプレー、最終的に大きなケガがなく生還したことを明かした。 「忘れられないゲームデー。試合のほんの少し前、僕は最も悲惨な電話を受けた。家族が恐ろしい自動車事故に遭ったと知らされた」 「僕の頭の中をよぎったことは、言葉では言い表せない。その瞬間は、家族が生きているという希望を持ち続けること以外、何も重要ではなかった。すぐにキャンプから病院へ向かったが、それは今までで一番長い車の旅だったように思う。神の恩寵により、家族はケガもなく、今日もここにいる。そんな状況にもかかわらず、家族は僕に試合でプレーするように祝福してくれた」 「ベストゲームではなかったかもしれないけど、家族のためにプレーした。国のためにプレーしたことが、自分の世界が混乱しているときに励みにもなった。今日、家族が自分と一緒にここにいることに感謝するばかりだ」 「心配してくれた人たちには、感謝を伝えたい。僕らのプライバシーを尊重していただけるようお願いしたい」 なお、ベイリーはスリナム戦でプレーした自身の写真と共に家族が乗っていた事故車両を写した画像を投稿。その激しく損傷した車体を見る限り、家族が大きなケガなく生還できたことは、まさに奇跡的と言える。 <span class="paragraph-title">【画像】車体は激しく損傷も家族は無傷</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leon Bailey (@leonbailey)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.06.13 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン守護神がシティ加入の同胞アルバレスを称賛! 「スーパースターになる」

アストン・ビラのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、マンチェスター・シティに加入するアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスの将来性に太鼓判を押している。イギリス『ミラー』が伝えている。 今冬の移籍市場最終日にシティ移籍が決まったアルバレス。現在はレンタルという形でリーベルでプレーしており、2022シーズンもここまで公式戦18試合14ゴール4アシストと、安定したパフォーマンスを披露。 ただ、シティでの新シーズンに向けてはドルトムントから加入が決定したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドとの熾烈なポジション争いが待っている。 それでも、アルゼンチンの守護神であり、プレミアリーグの先輩であるマルティネスは、現在アルゼンチン代表で共に活動する同胞FWが必ずや新天地で大きなインパクトを残すと考えているようだ。 「僕らは皆、フリアンの才能を知っている。しかし、彼はとても謙虚な若者で、自分を犠牲にして、今の地位を得るために懸命に働いてきた」 「彼はシティでうまくやるはずさ。実際、彼はスーパースターになると思っているよ。個人的には彼にアストン・ビラに来てほしかった。昨年のコパ・アメリカの前に、彼に自分のクラブに加わるように話したけど、シティがすでにその位置にいることは明らかだった」 「フリアンはそこでうまくやるはずだ。世界最高の監督の一人と一緒に仕事をするのだからね。彼は多くのクオリティをもたらすだけでなく、多くのコミットメントをチームにもたらすはずだ」 同胞という贔屓目はもちろんあるが、これまでプレミアリーグで多くの優れたアタッカーと対峙してきたマルティネスの称賛を受けたアルバレスの新天地でのプレーには大きな期待が集まるところだ。 2022.06.13 07:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly