コウチーニョ、自腹を切ってバルサ移籍…13億円超を自ら支払う

2018.01.07 17:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールからバルセロナへと移籍を果たしたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)だが、移籍に際して自腹を切っていたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。

▽コウチーニョは6日、移籍金総額1億6000万ユーロ(約217億8000万円)でバルセロナへと移籍。2023年6月までの5年半契約を結んだ。移籍金は、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したブラジル代表FWネイマール、モナコからPSGに移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペの買取額に次ぐ史上3位の金額になるとされている。

▽移籍金の内訳は、1億1000万ユーロ(約149億7000万円)がバルセロナからの固定額として支払われ、4000万ユーロ(約54億4400万円)が変動費として払われる予定だった。しかし、ナイキ社が誤ってコウチーニョのバルセロナ移籍を漏らしてしまったため、リバプールは増額を要求していた。

▽その問題を解消するため、コウチーニョが自ら動いたとのこと。1000万ユーロ(約13億6000万円)をポケットマネーから支払い、バルセロナもリバプールに対して2000万ユーロ(約27億2200万円)を支払うことに決定。これにより、1億3000万ユーロ(約176億9000万円)が固定費として支払われることになり、変動費は3000万ユーロ(約40億8300万円)となったようだ。


関連ニュース
thumb

C大阪のGK真木晃平が交通事故、右折待ちの車と接触も双方ケガなし

セレッソ大阪は24日、GK真木晃平が交通事故を起こしたことを発表した。 クラブの発表によると、事故は24日の8時40分頃、大阪府大阪市住之江区で発生した。 真木が運転する乗用車が、右折するために一時停止していた相手の車両左後方部分と接触。運転されていた方、及び真木にケガはなく、発生直後に警察へ届け出、関係各所に連絡して対応を行っているという。 今回の件を受けクラブは「同選手に対してはより一層の安全運転にあたるよう注意喚起するとともに、全選手・スタッフに安全運転の指導を徹底してまいります」としている。 真木は大分トリニータの下部組織出身で、福岡大学から2021年にSC相模原へと入団。1年んで契約満了となると、今シーズンからC大阪に加入していた。 2022.05.24 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「中途半端に関わることが正直マイナスなのかな…」低迷する神戸の三木谷会長がクラブハウス訪問…選手たちに言葉『次の一戦に全てを賭ける』

ヴィッセル神戸の会長であり楽天グループ株式会社代表取締役会長兼社長でもある三木谷浩史氏が、低迷するクラブを訪問した。 今シーズンは元日本代表DF槙野智章らを補強し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)での戦いも控え、明治安田生命J1リーグでもタイトル獲得が期待された。 しかし、今シーズンは開幕から結果が出ず、リーグ戦は14試合を終えてわずか1勝で最下位に低迷。ACLはグループステージを突破したが、苦しい状況に立たされている。 クラブとしても三浦淳寛監督が退任し、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へいした中、リーグ戦では調子が上向かない状況。その中で、三木谷会長が23日にクラブハウスを訪問。その様子をSNSにアップした。 三木谷氏はトレーニング前に選手たちを集めて、講話を行った。 「練習前に集まっていただいてありがとうございます。クラブが厳しい状況で話をさせてもらった方が良いかなと思って、集まっていただきました」 「ここまで厳しい状況になっていますが、そもそもどういう風なことを考えてやったら良いのかなと、このクラブを19年間やってきました」 「そもそもこのクラブはみんなサッカーを一生懸命やってくれていて、色々な思いを持ってやってくれています」 「みんなが1人でやっているのではなく、このクラブはゼロからの出発で色々な人の色々な思いを持ってやっていて、その1つが僕が最初から作ってきた楽天グループというゼロから作ってきた会社です」 三木谷会長は、ゆずの北川悠仁さんと作った「楽天の歴史」というビデオを選手たちに見せたほか、1分間サッカーを始めた時のことを思い出させるなどをした。 三木谷氏は「中途半端に僕がこのクラブに関わっていることが正直マイナスなのかなと思っていた」とコメント。ただ、ファンの言葉を受けて「もう1回一生懸命やろうと思った」と、もう1度クラブのために立ち上がろうと思ったと明かした。 また選手たちには「『次の試合がある』ということではなく、『次の一戦に全てを賭ける』という思いでやってほしい」と発破をかけ、「このままやり続けるのも格好悪いのだけれど、格好悪くてもいいと思い、戻ってくることにしました」と、改めて一緒に戦いたいとした。 神戸の次のゲームは25日、明治安田J1第15節でジュビロ磐田とホームで対戦。連敗をストップできるかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】三木谷会長が選手へ熱い思いを伝える</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sP8Op1iwkbE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

飼い猫虐待容疑で起訴中のウェストハムDF、4000万円の罰金…明日が公聴会

ウェストハムのフランス代表DFクル・ズマが、猫への虐待容疑に関して起訴された。イギリス『BBC』が報じた。 事件は、2022年2月上旬にズマの飼い猫に対する虐待が発覚し、世間からは非難の嵐に。さらに、虐待を受けた2匹の猫を保護している英国動物虐待防止協会(RSPCA)が、ズマならびに現場でカメラを回していた兄弟のヨアンを起訴する旨の声明を発表し、2件の容疑で起訴されていた。 一方の妻は、動物福祉法に基づいて3件の容疑で起訴されている。 ズマ兄弟は、24日にテムズ行政裁判所に出頭し、最初の公聴会を開く予定となっている。 ズマは、動画内で猫の腹部を蹴りつける行為や、頭を叩くなどし、「不要な苦痛」を与えたとして2件の罪で告発。また、「痛み、ケガ、病気」から守れなかったとした罪でも起訴されている。 またヨアンに関しては、クル・ズマが虐待していることについて「幇助、教唆、助言または調達」という2つの罪で起訴されている。 ズマは25万ポンド(約4000万円)の罰金が科され、多くのスポンサーが撤退する羽目になったが、デイビッド・モイーズ監督は起用し続け、今シーズンはプレミアリーグで24試合に出場していた。 2022.05.23 22:28 Mon
twitterfacebook
thumb

シティDFメンディ、7件のレイプ容疑含む9件の告発に対し無罪を主張

レイプ容疑で勾留中のマンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディ(27)が無罪を主張した。イギリス『BBC』が報じた。 メンディは現在、6人の被害者がいるとされるレイプ容疑7件を含む、9件の告発を受けている。 メンディは2021年8月に、7件のレイプと1件の性的暴行の容疑をかけられ、共犯のルイ・サハ・マトゥリー(40)と共にチェシャー警察から起訴されていたが、7件のレイプを含む全ての容疑を否定した。 全ての犯罪は2018年10月から2021年8月までの間にメンディの自宅で起こったとされている。 また、共犯のマトゥリーも12の告発があったものの、全ての容疑に関して否認したという。 マトゥリーは、2012年7月から2021年8月までの間に、8人の女性に対して8件のレイプと4件の性的暴行で訴えられていた。 両者は現在も保釈されたままとのこと。メンディは7月25日に法廷で裁判にかけられる。 メンディは2017年夏にモナコからシティへと完全移籍。これまでシティでは公式戦75試合で2ゴール12アシストに終わっており、主軸と離れていない状況。それでも、今シーズンはレスター・シティとのコミュニティシールドやプレミアリーグ開幕戦のトッテナム戦で先発起用されていたが、逮捕を受けてチームから除外されていた。 2022.05.23 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンが真っ先にリバプールを煽る「ライバルはこういうもの」「自分のチームの状況を見るべき」と賛否集まる

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが最後まで宿敵を煽った。 22日、プレアミリーグの最終節が一斉に開催。マンチェスター・シティとリバプールによる熾烈な優勝争いはシティの2連覇という結末を迎えたが、これをほくそ笑んだのが他でもないリシャルリソンだ。 ブラジル代表FWはアーセナルとの最終節を欠場したものの、試合直後に自身のツイッターを更新。元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がニヤリと笑みを浮かべる動画を投稿した。 これは、エバートンにとっての永遠のライバルであるリバプールが優勝を逃したことを揶揄するもので、その意図を理解しているファンからは大きな反響が生まれ、14万を超える「いいね」など反応が殺到した。 「ライバルはこういうもの」、「最高のリアクション」、「こうじゃなきゃね」といったコメントがある一方、「ダサすぎる」、「どこまで最低なやつなんだ」、「恥ずかしいツイートだな」、「自分のチームの状況を見るべき」とリバプールファンからの怒りの声も寄せられている。 リシャルリソンはその後、今シーズンを振り返る内容の投稿もしているが、それより先にこの煽り投稿をしているのだから、よほど嬉しかったと見てとれる。 また、リバプールが優勝できなかったことを喜んだのはリシャルリソンだけでなく、アーセナル戦のスタンドに赴いたエバートンのファンたちは、チームが5-1と大量ビハインドの展開ながら、シティの優勝を知ると歓喜していた。 今シーズンは苦しみながらも何とか残留を決めたエバートン。リシャルリソンの去就は不透明だが、来シーズンもバチバチのやり合いが見られそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】これは腹立つ…!リシャルリソンが投稿したアンリのニヤケ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/qsTyioLRJR">pic.twitter.com/qsTyioLRJR</a></p>&mdash; Richarlison Andrade (@richarlison97) <a href="https://twitter.com/richarlison97/status/1528425342008020993?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.23 20:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly