17年ぶりにカップ制覇のベティス、ペジェグリーニ監督も歓喜「観客を見て負けられないと…」

2022.04.24 10:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎RFEF
レアル・ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、コパ・デル・レイの優勝を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。23日、コパ・デル・レイ決勝のベティスvsバレンシアが行われた。2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスと、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアの対戦。慎重な入りを見せた中、先にスコアを動かしたのはベティスだった。

11分、ボルハ・イグレシアスがゴールをこじ開けて先制。しかし、バレンシアも30分にウーゴ・ドゥロがゴールを奪い同点に追いつく。
互いに譲らないまま試合は進み、延長戦へ。延長戦では互いに崩せず、PK戦にもつれ込んだ。

運命のPK戦では互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。ベティスはミスなく、5-4で勝利。17年ぶりの優勝を遂げた。

試合後、ペジェグリーニ監督はコパ・デル・レイ制覇に喜びを露わにし、ファンのおかげだとした。

「みなさんのサポートとチームのクオリティを両立させることが重要だった。観客を見た時、この試合に負けることはとても難しいだろうと思った」

「チームは常に冷静で、我々が決して失うことのなかったプレーを続けた。我々は優勝に値する」

過去にはマンチェスター・シティでプレミアリーグとリーグカップを制するなど、タイトルを獲得してきたペジェグリーニ監督だが、この日も特別な1日であると語った。

「比較するのは好きではない。とても幸せな日だ。他のチームでも良いシーズンを過ごしたことはある。ただ、今日は確かに、私にとってとても特別な日になる」

ラ・リーガでは現在5位。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を掴める可能性もあるなか、残りのシーズンに向けても意気込みを語った。

「チャンピオンズリーグを戦いたい。すでに、実績として1つのタイトルがあるが、チームはリーグの残りの戦いに集中している。トップに追いつけるように努める」

また、17年ぶりの優勝については改めてコメント。喜びを噛み締めた。

「勝てないまま17年が経ったんだから、さらにその喜びを味わうべきだ。久々に二重の喜びだ。これだけの人気クラブが、こんなに長く勝てないはずはないんだ」

1 2

関連ニュース
thumb

ロサンゼルスFCを退団した元スペイン代表FWテージョの新天地がサウジアラビアに決定

サウジアラビアのアル・ファトフは25日、元スペイン代表FWクリスティアン・テージョ(31)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 バルセロナのカンテラ出身ながら、エスパニョールを経由して2010年に再びバルセロナBに加入したテージョは、2017年の夏にバルセロナからベティスへ完全移籍。ベティスでは加入初年度から主力として活躍すると、在籍5年間で公式戦171試合で24ゴール20アシストを記録。 2021-22シーズンを最後にベティスを退団したテージョは、2022年8月にMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルスFC(LAFC)に半年契約で加入。公式戦5試合に出場したがノーゴールに終わり、2022年シーズン終了後に退団していた。 [写真はベティス時代のテージョ] 2023.01.26 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

7日間で2回目… ベティス、2試合連続PK戦敗退も69歳老将は選手を擁護「批判できない」

レアル・ベティスが公式戦2試合続けてPK戦敗退を喫し、マヌエル・ペジェグリーニ監督もやるせない心境を吐露した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 ベティスは18日、コパ・デル・レイ(国王杯)ラウンド16でオサスナと対戦。90分間で両軍ともに1点ずつ取り合い、1-1で延長戦に。103分にDFユスフ・サバリのゴールで勝ち越すも、直後の106分に同点とされ、勝敗はPK戦に委ねられることとなった。 PK戦では先攻のオサスナのキッカー4人が全員成功したのに対し、後攻のベティスは3人目のMFセルヒオ・カナーレスが失敗。最後は4人目のMFギド・ロドリゲスが足を滑らせてしまい万事休す。PK戦を2-4で落とし、前回王者はここで敗退となった。 ベティスは12日にもスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でPK戦敗退を経験。この時はバルセロナ相手に延長120分間含めて2-2の死闘を演じ、最後はPK戦を2-4で落とすという、今回と全く同じスコアで敗れていた。 ペジェグリーニ監督も試合後のインタビューでショックを隠せず。だが、69歳の老将は選手たちを擁護した上で、「切り替えるしかない」と前を向いた。 「オサスナ相手に90分で決着をつける必要があった。だが、選手たちは最初の1分から最後の瞬間まで激しく戦っていた。だから矛先を彼らに向けるべきではない。批判的にはなれない」 「この敗退は肉体的にも、精神的にも、大きな打撃と言える。何が起こったのか理解する必要がある。だが、次の試合までにはフレッシュになるだろう。次の相手はエスパニョールか。とにかく勝つ準備に努めるよ」 2023.01.19 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティスに痛手…エースのフェキルがふくらはぎ負傷で離脱へ

ベティスの元フランス代表FWナビル・フェキルが、ふくらはぎのケガで戦線離脱を強いられた。 フェキルは、今シーズンここまで公式戦15試合に出場し、5ゴール3アシストを記録。ラ・リーガで6位、ヨーロッパリーグでベスト16進出の好調なチームを牽引。 しかし、先日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャの準決勝バルセロナ戦では1ゴールを記録したものの、延長戦前に負傷交代を強いられていた。 18日にコパ・デル・レイのオサスナ戦を控える中、前日会見に出席したマヌエル・ペジェグリーニ監督は、エースのコンディションに言及。明確な離脱期間の言及は避けたが、フェキルの離脱を認めている。 「彼はふくらはぎに小さなケガを負っており、(明日の)チームにはいない。彼のケガがどのように進行するかを見守るつもりだ。現時点で、それが何週間続くかを実際に話すことはできないが、明日に関して彼は除外されている」 なお、オサスナ戦に向けてはフェキルに加え、GKルイ・シウバ、、MFホアキン・サンチェス、FWフアンミ、FWフアン・クルスがケガで、MFアンドレス・グアルダードがサスペンションで欠場する。 2023.01.18 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスで存在感増すL・エンヒキ、アーセナルとユナイテッドが関心か

ベティスのブラジル人FWルイス・エンヒキ(22)はプレミアリーグの強豪クラブから注目を集めているようだ。 昨夏にフルミネンセからスペインの地にやってきたルイス・エンヒキ。加入から間もなく右ウィングのポジションでレギュラーを掴むと、今季ここまでで公式戦22試合に出場している。 そのブラジル人らしいトリッキーなドリブルが評価される一方、得点関与の少なさが課題となっていたが、8日に行われたラ・リーガ第16節のラージョ・バジェカーノ戦でリーグ初ゴールを記録。13日に行われたスーペル・コパ準決勝のバルセロナ戦では2アシストの活躍を残し、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)にも選出された。 ベティスで徐々に存在感を増す中、ルイス・エンヒキに対してはビッグクラブからの関心の噂も。スペイン『AlFinalDeLaPalmera』はアーセナルが数人のスカウトを視察のために派遣したと伝えた。 また、スペイン『Fichajes』はマンチェスター・ユナイテッドもその活躍を注意深く見守っていると報道。成長著しい22歳のブラジル人アタッカーは、プレミアリーグの舞台へとステップアップを果たすのだろうか。 2023.01.16 15:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティス、アトレチコ・パラナエンセからDFアブネルを獲得! アレックス・モレノの後釜に

ベティスは15日、アトレチコ・パラナエンセに所属するブラジル人DFアブネル・ヴィニシウス(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2029年6月30日までとなる。 ポンチ・プレッタ出身で2019年にパラナエンセに移籍したアブネルは、対人守備力を備え、攻撃面での判断力も長けている逸材サイドバック。 主力として活躍していたパラナエンセでは、3シーズンで公式戦143試合に出場し4ゴール16アシストを記録し、2021年に行われた東京オリンピックで優勝したブラジル代表のメンバーにも選出されていた。 なお、ベティスは左サイドバックの主力を務めていたスペイン人DFアレックス・モレノ(29)がアストン・ビラへ移籍しており、アブネルがその後釜を担うことになる。 2023.01.16 07:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly