ウェストハム、名将ペジェグリーニの招へいに成功!!2018.05.22 16:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムは22日、マヌエル・ペジェグリーニ監督(64)を招へいしたことを発表した。契約は2021年までの3年契約となる。▽ペジェグリーニ監督はこれまでビジャレアルやレアル・マドリー、マンチェスター・シティを率いてきた経験豊富なチリ人指揮官だ。2013年から3シーズン率いたシティでは、就任1年目の2013-14シーズンにリーグ優勝とリーグカップの2冠を獲得。2016年からは中国の河北華夏を指揮していた。

▽ウェストハムは今シーズン、シーズン途中にスラヴェン・ビリッチ監督を解任し、後任にデイビッド・モイーズ監督を指名。見事に13位フィニッシュに導いたが、今季限りでの契約満了を以ってクラブを退任していた。

▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、年俸は指揮官としてはクラブ史上最高額の700万ポンド(約10億4000万円)を受け取る見込み。河北華夏では1600万ポンド(約23億8000万円)だったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

エバートン、バルセロナからアンドレ・ゴメスを30億円で獲得!

エバートンは25日、バルセロナからレンタル移籍中のポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(25)を完全移籍で買い取ったことを発表した。移籍金は2200万ポンド(約30億円)。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 エバートンへの完全移籍を決めたアンドレ・ゴメスは、クラブ公式サイトで自身の選択に満足感を示している。 「エバートンとの契約を心から嬉しく思っているよ。今回の決断は決して難しいものではなかったよ。ここで自分がやってきたことに満足していたからね」 「そして、クラブが自分との契約のために多大な努力を払ってくれたこともよく知っている。そのことを嬉しく思うし、感謝したいよ。ここに加入してから自分がエバートンというファミリーの一員であると感じていたし、それは僕にとって重要なことだったんだ」 2016年夏にバレンシアからバルセロナへ加入したアンドレ・ゴメスだが、世界屈指のスカッドを誇るチームで思うような活躍をできず。さらに、要求が高いサポーターからの厳しい批判に晒されて、一時うつ状態に陥るなど苦難の日々を過ごした。 それでも、昨夏1年間のレンタル移籍で加入したエバートンではケガの影響で出遅れたものの、プレミアリーグ第9節のクリスタル・パレス戦から第34節のフルアム戦で一発退場となるまで、リーグ戦26試合に連続で出場。最終的に公式戦29試合に出場し1ゴール1アシストを記録するなど、バレンシア時代を彷彿とさせる躍動感溢れるプレーで主力に定着していた。 2019.06.26 05:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、レアル・マドリーBから若手FWをレンタル! 3選手と契約更新

バジャドリーは25日、レアル・マドリー・カスティージャからスペイン人FWホルヘ・デ・フルートス(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2018年にラージョ・マハダオンダからカスティージャに加入したデ・フルートスは、スピードと両足のキック精度に長けたアタッカー。今シーズンは右ウイングを主戦場に左ウイング、センターフォワードでもプレーし、セグンダB(スペイン3部)で35試合に出場し7ゴール5アシストの数字を残していた。 また、バジャドリーは同日、スペイン人DFキコ・オリバス(30)とスペイン人MFミチェル(30)、スペイン人DFロベルト・コラル(21)の3選手との契約更新を発表した。 レギュラーセンターバックとしてリーグ戦35試合に出場したキコは2022年、同じく主力MFとしてリーグ戦35試合に出場したミチェルは2020年、リザーブチームの主力を担う若手左サイドバックのコラルは2022年までの契約にサインしている。 2019.06.26 03:31 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ボカから天才MFマローニを獲得! U-20W杯でアルヘンの10番

サンプドリアは25日、ボカ・ジュニアーズからU-20アルゼンチン代表MFゴンサロ・マローニ(20)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、マローニはサンプドリアと2024年6月30日までの5年契約にサインしており、前述のオプションは買い取り義務に近いものであるようだ。 2015年に生まれ故郷コルドバのクラブ、インスティトゥートで16歳でのプロデビューを果たしたマローニは、MFパブロ・アイマールやMFハビエル・パストーレらを髣髴とさせる創造性とパスセンスに長けた生粋のエンガンチェ。 2016年にアルゼンチン屈指の名門ボカ・ジュニアーズに引き抜かれると、2016年5月には17歳でトップチームデビューを飾った。しかし、その後は思うように出場機会を得られず、昨夏にタジェレスにレンタル移籍すると、ここまで公式戦19試合に出場し2ゴール1アシストの数字を残していた。 また、FIFA U-20ワールドカップではU-20アルゼンチン代表の背番号10を背負い2試合に出場していた。 2019.06.26 01:44 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪出場逃したアッズリーニ、ディ・ビアージョ監督が退任…

イタリアサッカー連盟(FIGC)は25日、U-21イタリア代表を率いるルイジ・ディ・ビアージョ監督(48)の退任を発表した。 現役時代にローマやインテル、ブレシアで活躍した元イタリア代表MFのディ・ビアージョ監督は2007年にアスコリで現役を引退。その後、指導者に転身を図ると、2011年からU-20イタリア代表監督に就任。2013年からはU-21イタリア代表を6年間に渡って指揮してきた。 しかし、現在開催中のU-21欧州選手権ではスペイン、ポーランド、ベルギーと同居したグループAを2勝1敗の2位で終えると、3グループの2位チーム最上位に与えられる東京オリンピック出場権にわずかに届かず、アッズリーニを東京五輪出場に導くことはできなかった。 そして、25日に行われた公式会見に出席した同監督は、今大会限りでU-21イタリア代表監督を退任することを明かした。 2019.06.25 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨンがエンドンベレ後釜を確保! フラメンゴの逸材MFが加入

リヨンは25日、フラメンゴからブラジル人MFジャン・ルーカス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は総額800万ユーロ(約9億7000万円)となる。 フラメンゴの下部組織出身のジャン・ルーカスは、高い身体能力と豊富な運動量を生かしたボール奪取能力に加え、攻撃面では縦への推進力、パワフルなミドルシュートを兼備するボックス・トゥ・ボックス型の181cmのセントラルMF。 2018年にトップチームデビューを飾ると、昨シーズンは公式戦23試合に出場。今シーズンはレンタル先のサントスにおいてホルヘ・サンパオリ監督の信頼を掴み、ここまでリーグ戦9試合に出場していた。 フランス代表MFポール・ポグバを自身のアイドルと語るジャン・ルーカスは、ブラジルの世代別代表歴はないもののブラジル国内の事情に精通するシウヴィーニョ新監督と、ジュニーニョ・ペルナンブカーノSD(スポーツ・ディレクター)が獲得した選手ということもあり、リヨンでの飛躍が期待される。 なお、ジャン・ルーカスはフランス代表MFタンギ・エンドンベレの後釜候補と見られており、同選手の加入によってエンドンベレのトッテナム移籍にも急速な動きがあるかもしれない。 2019.06.25 22:58 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース