シティDFラポルテが同僚の“タトゥー” を品定め、エデルソンは「多いけど、かっこよくはない」

2022.04.22 07:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのスペイン代表DFアイメリク・ラポルテがチームメイトたちを語った。クラブの日本語版公式ツイッターが伝えている。2018年1月にビルバオから推定6500万ユーロ(現在のレートで約90億円)の移籍金でシティに加入したラポルテ。一時序列を落とすこともあったが、今シーズンは再びセンターバックの定位置を奪取。2日に行われたバーンリー戦では、プレミアリーグ通算100試合出場も達成した。

ラポルテは、「賢さ」、「足の速さ」、「面白さ」、「リーダーシップ」など、ピッチ内外の各部門でのチームナンバーワンの選手を決めるという企画に参加。その中で、「タトゥー」についても選出した。

「誰にしようかな」と悩んだラポルテに対し、「ここではよく(ブラジル代表GK)エデルソンが選ばれるよ」とカメラマンが一言。しかし、ラポルテは「多くのタトゥーがあるけど、かっこよくはないね」とやんわりと否定した。

そんなラポルテは、一度ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスを選ぶも、「やっぱりラッシュだ」とイングランド代表FWラヒーム・スターリングを「タトゥー」部門のナンバーワンに選出している。

ちなみに、エデルソンは四肢だけでなく、背中にもタトゥーがびっしり。左耳の後ろにはニコちゃんマークのタトゥーも入っている。一方のスターリングは、エデルソンほどではないものの腕や足、胸にタトゥーが入っており、右足のふくらはぎには「銃」がデザインされているが、これを銃撃で父を亡くした経験から、銃ではなく右足で「(シュートを)撃つ」という意味が込められている。

なお、最後に「右足」部門のナンバーワンを選んだラポルテは、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとの二択で、左利きであるはずの自分を選んでいる。

1 2

関連ニュース
thumb

シティの若手FWデラップがストークにレンタル! “人間発射台”の愛称で知られた父は現コーチングスタッフ

マンチェスター・シティは18日、U-19イングランド代表FWリアム・デラップ(19)が今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティへレンタル移籍することを発表した。 その異次元のロングスローから“人間発射台”の愛称で知られた元アイルランド代表MFのロリー・デラップ氏を父親に持つデラップは、2019年にダービー・カウンティのアカデミーからシティのユースチームに加入。 翌年のEFLカップのボーンマス戦でトップチームデビューと初ゴールを記録した186cmのストライカーは、ここまでシティのトップチームで6試合に出場している。 爆発的なスピードは持ち合わせていないものの、フィジカル能力の高さに加え、足元の技術、戦術理解度、多彩なフィニッシュを併せ持つ万能型ストライカーは、昨夏にドルトムントや今夏にブライトン、サウサンプトンへの完全移籍のオファーが届いているとの報道もあった。しかし、シティからの完全移籍を望まぬ選手サイドの意向もあり、自身初の移籍は父親が活躍したポッターズへのレンタル移籍となった。 なお、ストークではロリー氏がコーチングスタッフを務めており、この1年間は親子での共闘となる。 2022.08.18 23:22 Thu
twitterfacebook
thumb

シチズンズの新顔フリアン・アルバレスが生い立ち語る、あだ名は“エル・アラニータ”

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスが、イギリス『スカイ・スポーツ』の取材でその生い立ちを語った。 今年1月末にリーベル・プレートからの加入が内定したアルバレスは、リーベルでの半年間の研鑽を終え、今夏に正式にシチズンズの一員に。リバプールとのコミュティ・シールドでは途中出場からゴールを決め、鮮烈なデビューを果たした。 国籍や170cmという小柄な体型から、巷ではアルゼンチンとシティのレジェンドであるセルヒオ・アグエロを彷彿させるとの評判を集めているが、本人も子供の頃からアグエロのファンだったという。アグエロがシティに加入して1年目のシーズン、リーグ戦の最終節で後半アディショナルタイムに決めた44年ぶりの優勝に導くゴールは、テレビの前で家族と見ながらとても興奮していたという。 「あのゴールはよく覚えているよ。当時はまだ幼くてプレミアリーグのダイナミズムをあまり理解してなかったけど、あのゴールの重要さは感じていた」 そんなアルバレスだが、ルーツはコルドバ州にあるカルチンという村。人口2000人にも満たない小さな村で、兄弟や友達と集まってはサッカーを楽しんでいたようだ。そして、その頃についたニックネームが今でも浸透していることを明かした。 「とても小さな村だったから、小さい頃からいつも友達も一緒に遊んでたんだ。村にあった小さなピッチに集まって、何時間も何時間も一緒にサッカーをしていたよ」 「4歳にも満たない頃、兄たちと一緒にサッカーをしていたときに思いついたんだ。ある日、兄が『見てみろ、エル・アラニータ(小さなクモ)だ』と言って、そのままニックネームに定着したんだよ。この名前は今でも気に入っているんだ」 小柄な体で素早く動き回る姿が重なったのだろうか。だが、そのスタイルで当時から多くのゴールを決めてきたようで、国内の名門をはじめ、レアル・マドリーからも声がかかっていたという。 「子供の頃はたくさんゴールを決めていたから、それなりに注目されたよ。いろんなクラブから声がかかった。リーベルやボカも興味を持ってくれたし、いつかはオファーを受ける時が来ると思っていた。でも外国に出ることはしなかった。家にいたかったからね。マドリーには家族で行ったよ。あれは良い経験だった」 11歳の頃にマドリーのトライアルに合格したアルバレスだったが、ルール改定のため、スペインでプレーする機会には恵まれなかった。だが、当時からアルバレスはバルセロナファンだったようだ。 「バルセロナは家族の想像力をかき立てるものだった。あそこではリオネル・メッシがプレーしていたからね。代表で彼のそばでプレーできたことは夢のようだったし、フットボール史上最高の選手と同じピッチに立てたことは大きな誇りだよ」 2022.08.18 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユがマンチェスター・シティから右SBイサ・カボレをレンタル! 買取OPおよび買戻しOP付き

マルセイユは17日、マンチェスター・シティのブルキナファソ代表DFイサ・カボレ(21)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 報道によれば、契約には2000万ユーロの買い取りオプションがついているが、一方で将来的にシティが買い戻せる条項も盛り込まれているようだ。 母国クラブでキャリアをスタートさせた右サイドバックのイサ・カボレは、ベルギーのメヘレンを経て2020年夏にシティに移籍。2020-21シーズンはレンタルでメヘレンに残り、公式戦29試合で6アシストを記録した。 昨シーズンはトロワにレンタル移籍し、リーグ・アン31試合に出場。ブルキナファソ代表で今年のアフリカ・ネーションズカップの4強入りに貢献した21歳にはバルセロナも関心を示していたが、カボレ本人が望んだマルセイユ移籍で決着することになった。<span class="paragraph-title”>【映像】カボレ加入の公式PV</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fi" dir="ltr"><br> <br>«» <a href="https://twitter.com/hashtag/BienvenueSurMars?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BienvenueSurMars</a> <a href="https://t.co/MuSQ7PZICy">pic.twitter.com/MuSQ7PZICy</a></p>&mdash; Olympique de Marseille (@OM_Officiel) <a href="https://twitter.com/OM_Officiel/status/1559872673559171074?ref_src=twsrc%5Etfw">August 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のベルナルド・シウバ、一転してシティ残留へ

バルセロナ移籍が取り沙汰されていたマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)だが、残留の線が濃くなっているようだ。 2017年5月にモナコから加わって以来、豊富な運動量と確かな攻撃センスで存在感を放つベルナルド・シウバ。昨季も公式戦50試合に出場するなど、ジョゼップ・グアルディオラ監督からの信頼は厚い。 だが、今夏はバルセロナとの関連が報じられると、本人も移籍を望んで逆オファーを出したとも。グアルディオラ監督も「クラブとしてのゴールは彼が我々と一緒にいることだが、私はいたくない選手はいらないとずっと言ってきた」 と、残留を無理強いしないという姿勢を示していた。 しかし『アスレティック』によると、ここに来て状況は変わってきており、ポルトガル代表MFはシティでのプレーに集中していると言われている。『デイリー・メール』もまた、28歳の残留の可能性が高くなっていると主張。バルセロナが資金を工面できなかったことも理由だとしている。 2022.08.17 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

シティが元バルサカンテラーノの左SBセルヒオ・ゴメスを獲得!

マンチェスター・シティは16日、アンデルレヒトからU-21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメス(21)を獲得したことを発表した。契約は2026年までの4年間となる。 バルセロナのカンテラーノという肩書を持つセルヒオ・ゴメスは、2018年1月にドルトムントに移籍するも、トップチームでの出場機会をなかなか得られず、2019年夏からはレンタルで2年間ウエスカで過ごした。 ウエスカは当時2部リーグに所属。そのなかでセルヒオ・ゴメスは左サイドバックを主戦場にリーグ戦36試合に出場し、優勝に貢献した。しかし、1部に上がるとポジションを奪われ控えに回ることに。リーグ戦では29試合に出場も、先発出場は3試合のみだった。 不本意なシーズンを終え、2021年夏にドルトムントにレンタルバックしたが、その足でアンデルレヒトに完全移籍することに。すると昨シーズン、ジュピラー・プロ・リーグで34試合5ゴール12アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。バルセロナ仕込みのテクニック、戦術眼を生かした正確なパス、ドリブル突破、プレースキックで多くのチャンスを創出した。 今夏、ブライトンに所属していたスペイン代表DFマルク・ククレジャの獲得に動くなど左サイドバックの補強を目指していたシティ。移籍金が障害となり、同選手の獲得は断念せざるを得なかったが、将来有望な21歳の獲得には成功した。 「マンチェスター・シティに移籍できるなんて信じられないぐらい誇り高く嬉しいよ」 「シティはイングランドで最高のチームだ。僕は世界で最も優れた監督であるペップ・グアルディオラの下で学び、成長するチャンスを得たんだ」 「シティがここ数年で獲得したトロフィーの数は驚くべきもので、ペップが築いたチームスタイルはヨーロッパで最もエキサイティングだ」 「また、シティファンがどれほど情熱的かを聞いて、もう待ちきれないよ。クラブが目標を達成するサポートができるといいね」 なお、移籍金は推定1500万ユーロ。シティグループが所有するジローナへレンタル移籍する可能性も残されているようだ。 2022.08.16 20:28 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly