4大会連続のW杯に臨むハリルホジッチ監督、ベルギー、クロアチアとの同居に「驚きを生み出す」

2022.04.02 14:22 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モロッコ代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。

1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。

日本と同じポット3に入ったモロッコは、ベルギー代表、カナダ代表、クロアチア代表とグループFで同居することが決定した。

FIFAランキング2位のベルギーや前回大会準優勝のクロアチア、36年ぶりにW杯に出場するカナダと曲者揃いのグループとなった。

自身は4大会連続のW杯出場という世界初の偉業を達成したハリルホジッチ監督は、W杯の抽選結果についてコメント。難しいグループとしながらも、サプライズを与えたいとした。

「我々は観光客としてここ(カタール)に来ることはない。とても難しいグループに入ったが、驚きを生み出すためにあらゆることをしようと思う」

また、自身の僕であるボスニア・ヘルツェゴビナと隣接しているクロアチアとの同居にもん言及。指揮官のズラトコ・ダリッチ監督をよく知っているとし、特別な思いがあると語った。

「クロアチアと同じグループになったことは、私にとっては特別なことだ」

「彼らは隣人だ。休暇でよくそこに行くし、私は代表チームを知っている。同じクラブでプレーしたこともあり、ズラトコ・ダリッチ(クロアチア代表監督)のことはよく知っている」

「私の兄弟を訓練してくれた。リブノ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身であり、モスタルからはそう遠くはない」

関連ニュース
thumb

ハリルホジッチ監督は日本に続いて2大会連続で解任か? 現地では後任にビラス=ボアス氏が浮上

解任報道が出ていた中で、否定する声明も発表されたモロッコ代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督だが、まだ火種は燻っているようだ。 かつては日本代表も指揮したハリルホジッチ監督。2010年のコートジボワール代表、2014年のアルジェリア代表、2018年の日本代表に続き、2022年はモロッコ代表とワールドカップ(W杯)出場に導いていた。 指導者として、4つの別の国を率いて4大会連続でW杯の出場権を獲得した初めての監督となったハリルホジッチ監督だが、2018年は大会前に解任の憂き目に遭い、日本代表は西野朗監督に率いられて大会を戦っていた。 前回大会の悲劇が記憶にある中、今大会に向けても懸念が。モロッコ代表ではチェルシーのMFハキム・ツィエクやアヤックスのDFヌサイル・マズラウィなど、チームの主力となりうる実力者をピッチ外の問題で排除するなど、メンバー選考に関して批判の声が集まった一方で、予選では無敗と結果を残している状況に。モロッコサッカー協会(FRMF)も解任はしていないと声明を発表していた。 休暇中であり、連絡をとっていないとされていたハリルホジッチ監督だったが、4日にファウジ・レキジェア会長と会談を行ったとのこと。来週月曜日に再び話し合いがされるという。 しかし、モロッコ『Lions de l'Atlas』によれば、ハリルホジッチ監督の解任は時間の問題だという。 ハリルホジッチ監督の後任には、ポルトやチェルシー、トッテナム、マルセイユなどを率いたポルトガル人指揮官のアンドレ・ビラス=ボアス氏(44)が招へいされる可能性が高いとのことだ。 『Lions de l'Atlas』によれば、ビラス=ボアス氏は、ハリルホジッチ監督によって高層街となっているツィえくやマズラウィらをチームに復帰させることを考えているとのことだ。 この報道通りとなれば、ハリルホジッチ監督は2大会連続でW杯出場に導きながらも大会前に解任されることとなるが、どうなるのか注目が集まる。 2022.05.07 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

モロッコがハリルホジッチ解任説を否定! 加熱する報道に声明を発表

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(69)の解任報道が流れたモロッコ代表だが、同国サッカー協会(FRMF)が公式に否定した。 かつて日本代表も率いたハリルホジッチ監督は、2019年8月にモロッコ代表監督に就任。今年3月にカタール・ワールドカップ出場に導き、指導者として4大会連続で指揮したチームをW杯に導く史上初の偉業を果たした。 一方で、モロッコ代表ではチェルシーのMFハキム・ツィエクやアヤックスのDFヌサイル・マズラウィなど、チームの主力となりうる実力者をピッチ外の問題で排除するなど、メンバー選考に関して少なからず批判の声も。FRMFのファウジ・レキジェア会長も「替えの利かない存在ではない」と、ここに来て解任の可能性を示唆する発言を残していた。 しかし、同協会は5月2日、加熱する解任論にたまらず声明を発表。報じられている情報は事実無根であるとし、ハリルホジッチ監督への信頼を強調した。 「2022年5月2日、一部の電子サイトにおいて『ヴァイッド・ハリルホジッチ監督をモロッコサッカー連盟が解任した』という情報が流れたことを受け、FRMFは、現在は海外で休暇中の監督と会長の間で会談が行われていないことを明らかにします」 「ハリルホジッチ監督は、今週中にモハメド6世フットボールコンプレックスに戻る予定です」 ハリルホジッチ監督は、日本代表監督在任中の2018年4月、ロシアW杯を目前にして解任された過去がある。今回も似たような状況となったが、ひとまず噂は落ち着きそうだ。 2022.05.03 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表指揮官、後半4グループの競争の激しさに言及「決勝戦が一番競争力が落ちるかも」

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 FIFAランキング2位のベルギーはポット1位に入り、グループFでカナダ代表、モロッコ代表、クロアチア代表と同居した。 マルティネス監督は、難しいグループに入ったとし、グループFも含まれるEからHに強豪国が揃っていると分析した。 「とても厳しさを求められるグループであり、様々なスタイル、様々な素材がある。このW杯の準備には必要なものとなるだろう」 「最初の4つのグループ(A〜D)は、互いに対戦するトップ10のチームが少なく、次の4つは決勝に次ぐ決勝となり、決勝戦が一番競争力が落ちるかもしれない」 「しかし、それが抽選の仕組みであり、グループを勝ち上がることに集中しなければいけないことを示している」 「試合は3つしかないが、3つのとても異なるチームに挑戦することとなり、答えを早急に見つけなければいけない」 2022.04.02 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

史上初の偉業!元日本代表指揮官のハリルホジッチ監督が4大会連続W杯出場、国王から祝福の電話も

4年前は日本代表の指揮を執っていたヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、偉業を成し遂げた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)を目指す日本代表を率いていたハリルホジッチ監督。今から7年前の2015年3月に日本代表の監督に就任すると、アジア最終予選を1位で通過して6大会連続6度目のW杯出場に導いていた。 しかし、W杯直前の4月に突如解任され、その後、名誉毀損と謝罪広告を求める訴訟を起こしていた。 そのハリルホジッチ監督は、日本を離れた後、リーグ・アンのナントで指揮。2019年8月からはモロッコ代表監督に就任すると、29日に行われたアフリカ予選プレーオフでDRコンゴを下し、カタールW杯の出場権を獲得していた。 ハリルホジッチ監督は、これにより4大会連続で指揮したチームをW杯に導いたこととなり、これは指導者として史上初の偉業達成となった。 ハリルホジッチ監督は、リールやレンヌ、パリ・サンジェルマンなどクラブチームを指揮した後、2008年5月にコートジボワール代表を率いると、南アフリカW杯にチームを導き初のW杯出場を果たす。 その後ディナモ・ザグレブでの指揮をはさみ、2011年6月にアルジェリア代表監督に就任。2014年のブラジルW杯出場を決めると、大会を制したドイツ代表相手にラウンド16で善戦したことで評価が急上昇した。 その後は、日本をロシアW杯へ、そしてモロッコをカタールW杯へと4カ国をW杯へと導く功績を残した。 <span class="paragraph-title">【動画】W杯決定を受け、モロッコ国王からの電話に出るハリルホジッチ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe title="vimeo-player" src="https://player.vimeo.com/video/693778065?h=b1259d3991" width="640" height="288" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> 2022.03.30 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

本戦出場5カ国が決定! リバプールエース対決は再びマネのセネガルに軍配《カタールW杯アフリカ予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選最終ラウンドの2ndレグが29日に行われ、W杯本大会出場5チームが決定した。 グループステージを勝ち抜いた10カ国が、5つの対戦カードに分かれ、ホーム&アウェイで争う運命の最終ラウンド。 アフリカ・ネーションズカップ決勝と同じ対戦カードとなったセネガル代表vsエジプト代表は、2戦合計1-1のイーブンもPK戦を3-1で制したセネガルが2大会連続3度目の本戦出場を決めた。 ホームでの初戦をオウンゴールによって先勝したエジプトは、前回対戦とほぼ同じスタメンを継続。サラーやエルネニー、トレゼゲといった主力が起用され、最前線にはマーモウシュが入った。 一方、敵地で逆転を狙うセネガルも守護神メンディを始め、クリバリ、ブナ・サール、イスマイラ・サール、マネら主力を起用。最前線をディエディウからディアに入れ替えた。 試合は前回対戦同様に早い時間帯に動く。4分、セネガルの左CKの流れからゴール前で混戦が生まれると、ディアが放ったシュートのこぼれがエジプトMFハムディ・ファティに当たってゴールネットに吸い込まれた。 相手のオウンゴールで2戦合計スコアをタイに戻したセネガルは、ホームサポーターの熱狂的な後押しを受けて以降も優勢に試合を進めていく。だが、前回対戦同様に最後のところで粘るエジプトの堅守を前に前半の内に逆転まで持ち込むことはできなかった。 後半もホームチームペースで試合が進むも、決定機まであと一歩という均衡状態が保たれる。後半半ばを過ぎてセネガルはクヤテやディエングを投入。対するエジプトも70分の3枚替えでジーゾ、モハメドといった攻撃的なタレントをピッチへ送り出す。 82分にはセネガルに2点目のチャンスが訪れるが、オフサイドぎりぎりで背後へ抜け出したイスマイラ・サールはGKとの一対一でシュートを枠の右に外してしまう。 結局、90分間で均衡は破れずに試合は延長戦に突入。この延長戦でもセネガルが押し込む状況が続くが、GKエル・シェナウィの守るゴールをこじ開けることができず。アフリカ・ネーションズカップ決勝に続き、試合の決着はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦ではクリバリ、サラーと経験豊富な1人目のキッカーが共に失敗する波乱の幕開けに。その後、1-1のイーブンで迎えた4人目では先攻のセネガルのディエングが成功した一方、後攻のエジプトはモハメドがGKメンディに止められて明暗分かれると、セネガル5人目のキッカーとなったマネがチームを本大会に導くPKを成功させ、アフリカ・ネーションズカップに続きセネガルがPK戦を制した。 同じくW杯本大会の常連であるナイジェリア代表とガーナ代表の一戦は、1-1のドローに終わった。この結果、2戦合計1-1もアウェイゴール数で上回ったガーナの本大会行きが決定した。 初戦をゴールレスドローで終えた両チームの一戦だが、今回の2ndレグでは早い時間帯にゴールが生まれる。まずは10分、相手陣内左サイドでの繋ぎからメンサーのパスを受けたトーマスがボックス手前左角から右足の鋭いシュートを放つ。味方がブラインドになったか、わずかにディフレクトがあったか、GKウゾホは自身の守備範囲に飛んだボールをはじき切れず、アウェイチームに先制点が生まれた。 ホームで先にゴールを奪われ、2戦合計スコアでもビハインドとなったナイジェリアだが、オシムヘンを中心に幾度か際どいシーンを作り出すと、20分過ぎに追いつく。ルックマンがボックス内で倒されてPKを獲得。これをキッカーのトールスト=エコングがGKの飛んだ逆のコースに突き刺した。 早い時間帯にスコアをタイに戻したナイジェリアは勢いづいて相手を攻めたてると、30分過ぎにはオシムヘンがゴールネットを揺らすが、VARのレビューの結果、オフサイドでの取り消しとなった。 後半は互いに早いタイミングで交代カードを切り、選手交代で流れを引き寄せにかかる。このままでは敗退となるナイジェリアはサイモン、イガロ、ムサと経験豊富なアタッカー陣を投入し、試合終盤には長身FWサディク・ウマルをピッチに送り出す。 しかし、初戦同様に流れの中では集中した守備を見せるガーナの守備を最後までこじ開けることはできず。この結果、敵地でナイジェリアを退けたガーナが2大会ぶり4度目の本大会行きを決めた。 アルジェリア代表とカメルーン代表の強豪対決は、延長戦までもつれ込む激闘を制したカメルーン代表が2大会ぶり8度目の本大会出場を決めた。 敵地での初戦を0-1で落としたカメルーンは、今回の2ndレグでも相手に主導権を握られる。それでも、22分には左CKの場面でGKのファンブルに反応したチュポ=モティングがすかさずシュートを流し込み、2戦合計スコアでタイに戻した。 以降はアルジェリアペースで進むも、幾度かの際どいシーンがVARの介入によってノーゴールとなるなど、均衡が保たれたまま試合は後半に突入。 引き続きホームチームが主導権を握り、立ち上がりから決定機に持ち込むが、時間の経過と共に試合は膠着。やや焦りが見えるアルジェリアに対して、カメルーンがカウンターで引っくり返す場面も増えていく。その後、後半終盤にかけてはマフレズの2度のミドルシュートなどで、アルジェリアがよりゴールに迫ったが、守護神オナナを中心とするカメルーンのゴールを最後までこじ開けられず。試合は延長戦へ突入した。 その延長戦ではアルジェリアが98分にトゥーバの左クロスをゴール前で競り勝ったスリマニが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、オンフィールドレビューの結果、シュートの際にボールが腕に当たったとの判定でゴールは取り消しとなる。 以降もゴールが遠いアルジェリアだったが、PK戦突入濃厚と思われた延長後半の118分にゴールをこじ開ける。左CKの場面でキッカーのゲザルが左足アウトスウィングで入れたクロスを、ファーサイドでフリーのトゥーバがドンピシャのヘディングシュート。これがゴール右隅に決まった。 そして、土壇場で勝ち越したアルジェリアの突破決定的と思われたが、カメルーンが最後の最後に試合を引っくり返す。ラストプレーとなった124分のFK、サインプレーからファイが入れたクロスを、エンガドゥ=エンガジュイが頭でゴール前に流すと、これをトコ・エカンビが右足ダイレクトで流し込んだ。この直後に試合はタイムアップを迎え、2戦合計2-2もアウェイゴールの差で上回ったカメルーンが劇的過ぎる逆転突破を決めた。 元日本代表指揮官のハリルホジッチ監督が率いるモロッコ代表は、DRコンゴ代表を2戦合計5-2で破り、2大会連続6度目の本戦出場を決めた。 敵地での初戦を1-1のドローで終えていたモロッコだが、ホームで戦った今回の2ndレグでは序盤から相手を圧倒する。21分にウナイがペナルティアーク付近から見事なミドルシュートを突き刺して先制に成功すると、前半アディショナルタイムには相手DFのクリアミスに反応したティソウダリが難なくGKとの一対一を制し、守護神ブヌを含め2人の負傷者を出したものの、2点リードで試合を折り返した。 後半も攻撃の勢いが止まらないホームチームは、立ち上がりにウナイ、後半半ば過ぎにアクラフ・ハキミが得点を重ねて突破を大きく近づける。その後、マランゴに一矢報いる圧巻の右足ボレーシュートを叩き込まれたが、4-1のまま試合をクローズした。 また、チュニジア代表vsマリ代表は、チュニジアが2戦合計1-0で勝利し、2大会連続6度目の本大会出場を決めた。 2試合を通して拮抗した攻防を繰り広げた両者だったが、1stレグで痛恨のオウンゴール献上に、一発退場となったマリDFムサ・シサコの個人の出来が大きく影響を与える結果となった。 ◆アフリカ予選最終ラウンド 2ndレグ結果 ▽3/29(火) セネガル代表 1-1(AGG:1-1[PK:3-1]) エジプト代表 ナイジェリア代表 1-1(AGG:1-1) ガーナ代表※ モロッコ代表 4-1(AGG:5-2) DRコンゴ代表 アルジェリア代表 1-2(AGG:2-2) カメルーン代表※ チュニジア代表 0-0(AGG:1-0) マリ代表 ※アウェイゴールで上回り突破 2022.03.30 07:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly