イタリアのW杯プレーオフ敗退に落胆のバロテッリ「本当に酷い気分」もマンチーニ監督続投には喜び「俺はまだ彼を愛している」

2022.03.31 12:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アダナ・デミルスポルのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、母国のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ敗退を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

イタリアは24日に行われたカタールW杯欧州予選プレーオフ準決勝で、北マケドニア代表相手に多くのチャンスを作りながら得点を奪えずにいると、後半アディショナルタイムに失点を許し0-1で敗戦。この結果、2018年に行われたロシアW杯に続き2大会連続でW杯本大会出場を逃すことになった。

W杯プレーオフでは代表招集の噂もありながら結局選外となったバロテッリは、インタビューでイタリアのプレーオフ敗退に落胆。ロベルト・マンチーニ監督に恨みはないとしつつ、自分を選んでくれていればゴールを奪える可能性はあったと語った。
「イタリアの敗戦は皆を傷つけたと思う。俺も本当に酷い気分だった。それは、北マケドニア戦で招集されなかったことだけが原因じゃない。12月にW杯があり、そこで代表に復帰する可能性も俺にはあったんだ。扉が閉ざされていたわけではなかったから、重要な機会を逃したと思っている。もちろん、イタリアがW杯に出られないのが本当に辛い」

「チームが負けると、俺がいないのが寂しいと言われるようになる。試合前は誰もそう思っていなかったし、終わってからそれを言うのは簡単なことさ。北マケドニア戦では多くのチャンスがあり、俺はゴール前でとても良い選手だ。だが、ああいう試合ではあれこれ選手を投入しても勝てなかっただろう。マリオがいたら勝てたというわけでもないさ。ゴールを決める良いチャンスはあっただろうがね…」

「マンチーニから連絡はないが、俺はまだ彼を愛している。彼が残ってくれるのはとても嬉しいね。彼はユーロを制覇した監督だ。素晴らしい仕事をしており、俺は彼がアズーリのベンチに残り続けることを嬉しく思っている」

関連ニュース
thumb

「おろそかにした訳では」チュニジアにまさかの敗戦、フランス代表監督が言及「我々は臆病だった」

フランス代表のディディエ・デシャン監督がチュニジア代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループD最終節でフランスはチュニジアと対戦した。 すでにグループステージ突破を決めているフランスは、GKウーゴ・ロリスやFWキリアン・ムバッペ、DFウィリアム・サリバなど主軸選手を温存していた。 対するチュニジアは勝利が最低条件。試合はこう着状態で進みながらもチュニジアがチャンスを伺うと、58分にワフビ・ハズリのゴールで先制。フランスは失点後に主軸選手を入れて活性化させるが、チュニジアの堅い守りの前にゴールを奪えず、1-0で敗れた。 グループ首位通過は変わらないものの、敗れたフランス。デシャン監督は、多くの選手を入れ替えたことは有益だったとした一方で、大会に25名しか連れてきていないことが影響したとコメントした。 「彼らにとって有益だった。目的は異なっており、特定の選手を温存すること、他の選手は小さなケガをしているということ、ジュール(・クンデ)はイエローカードをもらっていることなどだ」 「プレー予定の選手(マルクス・テュラム)にトラブルがあり、代える必要が生まれてしまった。ベンチ入りのメンバーが少なかったことが、グループに不利になることは承知の上だ」 また、チュニジアのサッカーも称え「その場にいた全ての人にとって、チュニジア代表を相手にとても高いレベルの要求を感じられたと思う。我々は臆病で、デュエルが遅く、技術的なミスもあった」と、良いパフォーマンスが出せなかったとコメントした。 後半アディショナルタイムにアントワーヌ・グリーズマンがゴールを決めたと思われたが、VARのチェックにより取り消されることに。その点には「試合終了間際には追い付いたが…ゴールを決めることはできなかった」とコメント。また、消化試合と考えてはいないとも語り、「この試合をおろそかにした訳ではないが、4日後には次の試合がある」と、ラウンド16を見据えた。 グループ首位通過のフランスは、ラウンド16でポーランド代表と対戦する。 2022.12.01 15:33 Thu
twitterfacebook
thumb

「身をもって経験している」ラウンド16に進むメッシ、サウジ戦敗戦の経験を糧にオーストラリアを警戒「簡単なチームなどはない」

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが、ラウンド16進出についてコメントした。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループC最終節でアルゼンチンはポーランドと対戦した。 アルゼンチンは負ければ敗退の可能性もある状況。初戦でサウジアラビア代表に敗れたことが重くのしかかっていた。 ポーランドは引き分けでも突破が可能という状況だったが、試合は46分にアレクシス・マク・アリスターのゴールでアルゼンチンが先制。68分にはフリアン・アルバレスが追加点を奪い、0-2でアルゼンチンが勝利した。 試合後、メッシが『TyC Sports』のインタビューに応じ、自身のPK失敗でチームが団結したとコメントした。 「PKを失敗したことで、よりチームは強固になった。チームは僕たちが勝つと信じていたので、先制することだけだった。ゴールを決めたら、あとは自分たちの思い通りの試合展開になるはずだった」 また、若手2人が結果を残してチームを勝利に導いたことに言及。誰もが最善の準備をしているとした。 「僕たちは最初から言っていた。誰が出ていても、自分が何をしなければいけないのかを理解し、常に万全の準備をすると。それがこのグループの強さであり、団結力であり、自分の出番がくればそれに応えるということだ」 そのメッシは初戦のサウジアラビア戦で打ちのめされたものの、しっかりと自信を持つことが大事だとした。 「自信、そして僕たちの試合を再び信頼すること。最初の試合では苦戦してしまった。この調子で行けることを願うよ」 「僕たちが最初から言っていたことと同じだ。僕たちは敗戦からスタートし、悪いスタートを切ったことで誰もが落ち込んで、心配していた」 「でも、気楽に行こうとしたし、グループステージは続いていくといった。今日見せたようなプレーを、これからも見せていけると良いね」 無事にラウンド16に進んだアルゼンチン。次の相手はオーストラリア代表に決定した。 メッシは、勝てばオーストラリアになることが分かっていたとし、決して過小評価はしてはいけないと意気込みを語った。 「結果は分かっていたけど、それ以上に、いつも通り試合に向けて準備しなければいけなかった。とても厳しい状況になると思っている。また1歩前進できたね」 「誰でも勝てるということが明確になった。そして、僕たちは身をもって経験している」 「とても互角なW杯だ。簡単なチームなどはない。どんなに組織化されたチームでも、難しくなっている。結局、自分たち次第だと思ったよ」 2022.12.01 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】運命のスペイン戦、可変可能な3バック採用で全てを出し切りベスト16へ/vsスペイン代表【カタールW杯】

1日、日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第3戦、スペイン代表戦が行われる。 初戦のドイツ代表戦で逆転勝利を収め、新しい景色として掲げたベスト8以上に向けてこれ以上ないスタートを切った日本。しかし、第2戦のコスタリカ代表戦ではミスから失点。押し込んだ試合展開ながらも、0-1で敗れてしまった。 この結果、2位につけながらも最終戦のスペイン戦で勝利が必要な状況に。苦しい状況となった中でも、やることはシンプル。どうスペインに勝つかということを遂行するだけだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆相手のポゼッションをプレスで封じられるか</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221201_japan_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 悔やんでも悔やみきれない敗戦から中3日、最大の敵と最も難しい状況での対戦となってしまった。しかし、「決勝トーナメントが1試合増えたような感覚。ベスト32からベスト16になる気持ちで臨みたい」と権田修一が記者会見で語ったように、一発勝負のトーナメントがここから始まるという考えを持つしかない。 ベスト8という目標を掲げている以上、優勝候補に挙げられる強豪国との対戦はどうしても避けられない。ベスト16に進んでいたとしても、これまでのようにそこで敗れれば目標は達成できず、1試合増えたという考え方は大事だろう。 しかし、そんな簡単なことでもないのは事実。日本が何とか勝利したドイツ相手にも、結果こそ引き分けだったが圧倒的なポゼッションを見せていた。 加えて、日本には不安材料が。中盤で守備をコントロールした遠藤航がヒザの痛みがある状況。さらに右サイドバックの酒井宏樹も別メニューが続き、2人ともスペイン戦での起用は難しいと考えられる。特に遠藤不在となれば日本にとっては大きな痛手。チーム一丸となって乗り切れるかが課題だ。 森保一監督は「選手たちが普段やっている力を100%、チームとして個として発揮してくれれば結果はついてくる」と意気込んだ。選手たちがスペインに臆することなく、いかにして力を出し切るのか。勝利への道筋を見つけ、遂行することのみが求められる。 <span class="paragraph-subtitle">◆負ければ敗退の可能性もある本気のスペイン</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221201_japan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するスペインは、コスタリカに7ゴールの圧勝を収めた中、第2戦ではドイツとドロー。結果、勝ち点4で首位には立っているが、日本戦は非常に重要な一戦となる。 日本にとっては全く望ましくない形となってしまったが、スペインは負ければ敗退の可能性もある状況。2位狙いなどはなく、しっかりと勝ちに来ることは間違いない。 システムや戦い方はこれまで通り。ポゼッションを高め、サイドを起点とした攻撃を仕掛けてくるだろう。特にダイレクトパス、ダイナミズムを持ったプレーが特徴。スピードに翻弄され、日本の守備を混乱させることを目指すだろう。 問題はアンカーに入るMFセルヒオ・ブスケッツが累積警告にリーチとなっており、起用を迷うというところ。そして、ドイツ戦で打撲があったMFガビも起用するかどうかというところだ。代わりのタレントは十分いるが、万全のスペインではない可能性もある。 システムは[4-3-3]。アンカーがゲームをコントロールし、選手のポジション取りが生命線のスペイン。東京オリンピックの準決勝で対戦した選手も多数いるだけに、お互いの戦い方、選手を熟知したぶつかり合いになるだろう。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[3-4-2-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/get20221201_japan_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:権田修一 DF:冨安健洋、吉田麻也、板倉滉 MF:伊東純也、守田英正、柴崎岳、長友佑都 MF:鎌田大地、久保建英 FW:前田大然 監督:森保一 この試合に負ければ即敗退が決定する状況の日本。スペインが戦い方を変えることは考えにくく、日本としては準備をしやすいはずだ。森保監督がどういう判断をするのかは読めないが、相手の[4-3-3]をハメに行ける形を準備してもらいたいものだ。 そこで[3-4-2-1]をベースに、[4-2-3-1]としてもプレーできるメンバーを予想した。 GKはこれまで2試合でゴールを守った権田修一(清水エスパルス)と予想。ドイツ戦でのPK献上、スーパーセーブ連発、コスタリカ戦での判断ミスと、2試合でも多くのことを経験した。しかし、それを積み上げて生かせるのが権田の強み。ドイツ戦同様、スペインにゴールを許さないパフォーマンスに期待したい。 そして3バックとして吉田麻也(シャルケ)、板倉滉(ボルシアMG)は3試合連続の起用と予想。コスタリカ戦の吉田のミスはあったが、それ以外では2試合を通じて2人のパフォーマンスは高い。そしてもう1人が冨安健洋(アーセナル)だ。今大会で守備を支える1人と計算していたが、直前の負傷でドイツ戦の45分しかプレーしていない。日々状態が変わる状況だが、冨安無くしてスペイン戦の勝利は難しいと考える。3バックの右、そして右サイドバックとして計算できるだけに、可変システムを採用する以上は欠かせないピースだ。 ボランチには遠藤航(シュツットガルト)が起用できないと考え、守田英正(スポルティングCP)と柴崎岳(レガネス)と予想する。コスタリカ戦で最も苦しんだゲームメイクという点では、柴崎のパスセンスと試合を読む力が生きるはず。スペイン2部だが、サッカーはよく理解しているはずだ。試合展開にもよるが、田中碧(デュッセルドルフ)も控えているだけに、守りに重心が行きすぎないプレーを見せてほしい。 そしてウイングバックとして右に伊東純也(スタッド・ランス)、左に長友佑都(FC東京)と予想する。伊東はコスタリカ戦は途中出場であり、コンディションは問題ない。スピードを生かしきれてはいないだけに、大事なスペイン戦で右サイドを切り裂くことが期待される。左は3戦連続先発の長友。これまでの経験を全て出し、右サイドを封じ込めたい。東京五輪でやられたマルコ・アセンシオとの対峙も注目だ。 そして2列目には鎌田大地(フランクフルト)と久保建英(レアル・ソシエダ)と予想する。2戦目に出番がなかった久保は、「人生で最も重要な試合」とスペイン戦について語った。幼い頃からスペインでサッカーをし、現在もスペインでプレー。スペインを良く知る久保が、しっかりと違いを見せてくれるはずだろう。そしてその隣には鎌田を置きたい。スペースを使う動き、ポジショニングはしっかりと取れているが、コスタリカ戦ではパスが入らなかった。攻めのパスを鎌田に入れられるか。後ろからの縦パスを受ける準備はできている。 1トップの人選に関しては前田大然(セルティック)と予想。ドイツ戦でも鋭いプレスをかけていたが、45分で交代した。準備は十分できている。後ろから繋ぐスペイン、ポゼッションを寸断するプレスに期待し、鋭いスピードでゴールにも期待したい。 いずれにしても勝たなくてはいけない日本。[3-4-2-1]、[4-2-3-1]、[4-1-4-1]を使い分けて相手に対応できるか。負けられない試合、運命のスペイン戦は、1日の28時(2日4時)にキックオフを迎える。 2022.12.01 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン代表が“日の丸ハチマキ”で日本戦勝利を誓うも意味が分からずチグハグなことに?「これ日本が優勝するってことじゃん」

カタール・ワールドカップ(W杯)もグループステージの最終節を迎え、日本代表は12月1日にスペイン代表と対戦する。 現在2位につける日本は首位のスペインとの決戦に。勝てばラウンド16進出が決定。引き分けるともう1試合のコスタリカ代表vsドイツ代表の結果次第となる状況だ。 スペインとしても日本に敗れれば敗退の可能性があるという一戦を前に、現地も盛り上がってきているようだ。 スペイン『マルカ』は主力の一人であるFWダニ・オルモにインタビューを実施。オルモは日本の印象やドイツ人のチームメイトから日本に勝つように頼まれたこと、そして日本戦を勝ちに行くと明かしているが、目を引くのは同紙の一面だ。 一面にはオルモが日の丸を描いたハチマキを両手で持った写真が掲載されており、ハチマキには「一番」と漢字で記されている。 「日本に勝ってグループ首位通過を決める」という意気込みなのか、「一番」の意味は気にせず日の丸ハチマキをアピールしたかっただけなのかは分からないが、「日本が一番」とも見えてしまう1枚には日本のファンも反応。「これ日本が優勝するってことじゃん」、「おしゃれええええええ。最高の一面」とコメントしている。 スペイン戦に勝利すれば、得失点差の関係でグループ首位通過が濃厚な日本。この大一番を制し、一番での突破はなるか。 <span class="paragraph-title">【写真】日本が一番?“日の丸ハチマキ”を持ったオルモ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/LaPortada?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaPortada</a> &quot;Jugar contra España no le gusta a ninguna selección&quot; <br><br> Otra entrevista <a href="https://twitter.com/marca?ref_src=twsrc%5Etfw">@marca</a> en el Mundial. Ahora, a <a href="https://twitter.com/daniolmo7?ref_src=twsrc%5Etfw">@daniolmo7</a> <a href="https://t.co/DnvleGxF72">pic.twitter.com/DnvleGxF72</a></p>&mdash; MARCA (@marca) <a href="https://twitter.com/marca/status/1597724230258683905?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「アウェイユニも可愛い!」「なんて美しいんだ」メッシの妻もアルゼンチン勝利にキュートな笑顔「存在してくれてありがとう」

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの家族も勝利を喜んでいる。 11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯) グループC最終節でポーランド代表と対戦したアルゼンチン。勝利すれば自力での決勝トーナメント突破となる。 試合は相手を押し込む展開で推移するが、ポーランドのGKヴォイチェフ・シュチェスニーの牙城を崩せず、頼みのメッシのPKも止められた。それでも攻撃の手を緩めなかったアルゼンチンは後半に2ゴール。グループ首位のポーランドを破り、逆転での首位通過を決めた。 試合後、メッシの妻であるアントネラ・ロクソさんもインスタグラムを更新。試合会場となったスタジアム974で戦いを見守ったようで、長男のチアゴくん、次男のマテオくん、三男のシロくんと3人の息子たちとともに笑顔の写真を投稿している。 メッシ一家はポーランド戦で夫たちが着用したアルゼンチンのアウェイユニフォームを着用。背番号はもちろん「10」番だ。 ファンはロクソさんたちと一緒に決勝トーナメント進出を大喜び。「バモス!アルゼンチン」、「みんな笑顔」、「最高の選手の家族たち」、「この家族を愛してる」、「存在してくれてありがとう」、「なんて美しいんだ」といったコメントが多く寄せられている。 なお、グループCを首位で通過したアルゼンチンは3日にオーストラリア代表と対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】ロクソさんと子供たちがアウェイユニ姿で満面の笑み!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClmembaqDmz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClmembaqDmz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClmembaqDmz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Antonela Roccuzzo(@antonelaroccuzzo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.01 12:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly