スウェーデンとのPOに臨むチェコ代表DFブラベツがチームメイトへの期待語る「力を発揮してくれる」

2022.03.24 18:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェコ代表のDFヤクブ・ブラベツが同胞のプレーに期待を寄せている。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

24日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ(PO)の準決勝でスウェーデン代表と対戦するチェコ。グループEではウェールズ代表にあと一歩及ばず3位に終わったものの、UEFAネーションズリーグ2020-21の戦績上位2チームに入ったため、POへの出場権を獲得した。

しかし、POという重要な試合を前にチーム内では負傷者が相次ぎ、FWパトリック・シックに加え、GKイリ・パブレンカの代表不参加が決定。難しい状況にはなるものの、ブラベツはこれが他の選手にとってチャンスだとし、チームの選手たちに期待していると語った。
「重要な試合を前に多くの負傷者が出たことは残念だけど、他の選手にとっては自分の力を発揮するチャンスだ。ダビド・ジマやトマシュ・ホレシュとはまだ一緒にプレーいたことがないけど、よく知っている選手だよ」

「トマシュ・ヴァツリークが自分の力を発揮してくれると信じているよ。例え僕らが攻撃していても、守備に切り替わった瞬間からスウェーデンにシュートを撃たれないように最善を尽くさないといけない。代表チームに合流することやクラブではなく代表という環境に変わること、そしてこの試合そのものをみんなで楽しんでいきたいと思うよ」

関連ニュース
thumb

スペインがモラタの土壇場弾で逆転4強入り! ポルトガルはC・ロナウドらがウナイ・シモンの鉄壁崩せず…《UNL》

UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2最終節、ポルトガル代表vsスペイン代表が27日に行われ、0-1で勝利したスペインが準決勝進出を決めた。 24日に行われた前節のチェコ代表戦を4-0の快勝で飾り、勝ち点10の首位で最終節を迎えたポルトガル。引き分け以上で準決勝進出となる今回の大一番では先発3人を変更。両サイドバックをダロト、マリオ・ルイからカンセロ、ヌーノ・メンデスに入れ替えたほか、レオンに代えてジョタを起用した。 一方、スイスにホームで1-2の敗戦を喫し、2位に転落したスペイン。敵地での勝利による逆転での4強進出を目指すラ・ロハは、パウ・トーレス、フェラン・トーレス、サラビアを除くフィールドプレーヤー7人を変更。バックラインではカルバハル、ガヤの両サイドバックにギジャモンがセンターバックに入り、中盤はロドリ、コケ、ソレールとバルセロナの3選手から総入れ替えとなり、モラタが最前線に入った。 立ち上がりからアウェイのスペインがボールを握って攻め手を窺うが、なかなか効果的にボールを前進できず。これに対してポルトガルはジョタやクリスティアーノ・ロナウドを狙った背後へのフィード、要所で相手の繋ぎのミスを突き、チャンスに繋げていく。 互いになかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続くが、前半半ばを過ぎた辺りからホームチームに決定機が増えていく。 まずは23分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前左のネヴェスが得意のミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKウナイ・シモンの好守に遭う。続く33分にはブルーノ・フェルナンデスからのフィードに抜け出したジョタがボックス内で見事なトラップから強引に切り込んで右足を振るが、これもスペイン守護神のビッグセーブに遭う。 以降はフィニッシュはおろか、なかなか相手陣内の深い位置に運べないスペインに対して、ポルトガルはB・フェルナンデスの際どいミドルシュートでゴールに迫ったが、結局ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。 迎えた後半、スペインはギジャモンを下げてブスケッツを投入し、ロドリをセンターバックに配置する攻撃的な布陣にシフト。一方、前半と同じメンバーで臨んだポルトガルだが、開始直後にはジョタの鋭い突破からボックス内でラストパスを受けたロナウドにいきなり決定機。だが、ここはGKウナイ・シモンの勇敢な飛び出しに阻まれる。 後半もなかなかリズムを掴めないスペインは60分過ぎに3枚替えを敢行。サラビアとコケ、ソレールを下げてガビとペドリ、ピノと若手タレントに攻撃の活性化を託す。一連の交代で徐々に相手陣内深くでのプレータイムを増やすが、71分にボックス内で仕掛けたモラタのシュートはGK正面を突く。 その後、試合は互いに疲労の影響もあってオープンな展開となるが、相手の集中した守備を前に決定機まであと一歩という睨み合いが続く。 そういった中、ホームチームがうまく時計を進めていくが、代表2キャップ目となったラ・ロハの新星が土壇場で決定的な仕事を果たした。88分、ボックス手前右でボールを持ったカルバハルがファーサイドに抜け出したニコに絶妙なクロスを供給。ここでニコ・ウィリアムズが冷静に頭で折り返すと、抜け目なく反応していたモラタが左足でゴールネットへ蹴り込み、ニコの見事なアシストから劇的なゴールが生まれた。 この失点で一気に窮地に追い込まれたポルトガルは中盤を削ってフェリックスを投入。リスクを冒して前に出た中、90分にはロナウドにビッグチャンス。右サイドのカンセロからの斜めのパスに抜け出したポルトガルのエースはボックス右でGKと一対一となるが、ニア下を狙ったシュートはGKウナイ・シモンのビッグセーブに再び阻まれた。 そして、試合はこのままアウェイチームが逃げ切り、守護神ウナイ・シモンの再三に渡るビッグセーブに最後は攻撃陣が応えたスペインが逆転でのベスト4進出を決めた。 また、同日行われたスイス代表vsチェコ代表は、ホームのスイスが2-1で勝利した。この結果、最下位となったチェコのグループB降格が決定している。 試合はホームのスイスが前半半ば過ぎにフロイラー、エンボロの連続ゴールでホームチームがリードを手にするが、チェコも前半終了間際にエースのシックのゴールで食い下がる。 さらに、後半序盤にはPKを獲得するが、キッカーのソウチェクが左を狙ったシュートはGKゾマーに完璧に読まれて痛恨の失敗に。以降はアウェイチームが攻勢を仕掛けるが、最後までスイスの牙城を破れなかった。 2022.09.28 05:54 Wed
twitterfacebook
thumb

チェコに4発快勝のポルトガルがグループ首位で最終節へ!《UNL》

ポルトガル代表は24日、UEFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2第5節でチェコ代表とアウェイで対戦し4-0と快勝した。 ここまで2勝1分け1敗で2位につけるポルトガルは、クリスティアーノ・ロナウドやブルーノ・フェルナンデス、ベルナルド・シウバ、ダニーロらが順当にスタメンとなった。 一方、1勝1分け2敗で3位のチェコはシックやフロジェク、ソウチェクらがスタメンとなった。 最前線にC・ロナウドを据えた[4-2-3-1]で試合に臨んだポルトガルは、11分に左CKの二次攻撃からチャンス。ベルナルド・シウバのパスをボックス右で受けたW・カルバーリョが中に折り返すと、相手DFがブロックしたこぼれ球をディアスが右足で狙ったが、シュートは右サイドネットに外れた。 しかし、直後の14分にポルトガルにアクシデント。バイタルエリアのW・カルバーリョが供給したループパスにC・ロナウドが反応すると、飛び出したGKヴァツリークと接触。C・ロナウドは鼻筋から出血し、止血のために試合が一時中断した。 再開後もポルトガルがボールを保持する展開で推移したものの、集中した守りを見せるチェコを崩しきれない膠着状態が続く。それでも33分、ドリブルで持ち上がったダロトのスルーパスからで右サイドを抜け出したブルーノ・フェルナンデスがクロスを供給。ボックス左深くに流れたボールをレオンがダイレクトで折り返すと、最後はゴール前まで駆け上がったダロトがゴールに押し込んだ。 先制したポルトガルは、前半アディショナルタイム2分にもW・カルバーリョのパスをボックス左横で受けたマリオ・ルイのクロスをゴール前に走りこんだブルーノ・フェルナンデスが流し込んだ。 リードを広げられたチェコは、前半終了間際にPKのチャンスを獲得したがシックのPKはクロスバーをかすめ、枠の上に外れた。 迎えた後半もポルトガルが主導権を握ると52分、バイタルエリア中央右でボールを受けたダロトがカットインから左足一閃。コントロールショットがゴール左隅に吸い込まれた。 立ち上がり以降はチェコが徐々に盛り返して試合は拮抗した展開に。その後、ポルトガルはジョタやR・オルタ、パリーニャらを投入。すると82分、R・オルタの右CKをニアでC・ロナウドがヘディングで合わせると、ゴール左に逸れたボールをゴール左手前のジョタが頭で押し込んだ。 結局、試合はそのまま4-0でポルトガルが勝利。同時刻開催の試合でグループ首位のスペイン代表がスイス代表に敗れたため、ポルトガルが首位に浮上し最終節を迎えることとなった。 2022.09.25 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

主砲シックが復帰! チェコ代表が発表《UEFAネーションズリーグ》

チェコサッカー協会(FACR)は13日、今月に行われるUEFAネーションズリーグ2022-23に向けたチェコ代表メンバー20名を発表した。 今回の招集メンバーでは、負傷明けのエースFWパトリック・シックが復帰を果たしたほか、DFヴラディミール・ツォウファルとMFトマシュ・ソウチェクのウェストハムコンビやMFアントニン・バラク、GKトマシュ・ヴァツリークら主力が選出されている。 今大会でリーグA・グループ2に属するチェコは、ポルトガル代表とのホーム戦(24日)、スイス代表とのアウェイ戦(27日)の2試合を戦う予定だ。今回発表された招集メンバー20名は以下の通り。 ◆チェコ代表メンバー20名 GK イリ・パヴレンカ(ブレーメン/ドイツ) トマシュ・ヴァツリーク(オリンピアコス/ギリシャ) インジフ・スタネク(ビクトリア・プルゼニ) DF ミラン・ハヴェル(ビクトリア・プルゼニ) ヴァツラフ・イェメルカ(ビクトリア・プルゼニ) ヤロスラフ・ゼレニー(スパルタ・プラハ) オンドジェイ・クデラ(ペルシジャ・ジャカルタ/インドネシア) ヤクブ・ブラベツ(アリス・テッサロニキ/ギリシャ) ダビド・ジマ(トリノ/イタリア) ヴラディミール・ツォウファル(ウェストハム/イングランド) MF ウカシュ・カルヴァフ(ビクトリア・プルゼニ) ヤクブ・ヤンクト(スパルタ・プラハ) ペトル・セフチク(スパルタ・プラハ) ウカシュ・マソプスト(スパルタ・プラハ) ヴァツラフ・チェルニー(トゥベンテ/オランダ) アントニン・バラク(フィオレンティーナ/イタリア) トマシュ・ソウチェク(ウェストハム/イングランド) FW パトリック・シック(レバークーゼン/ドイツ) アダム・フロジェク(レバークーゼン/ドイツ) ヤン・クフタ(スパルタ・プラハ) 2022.09.14 00:55 Wed
twitterfacebook
thumb

チェコ撃破でUNL首位浮上のスペイン、エンリケ監督は躍動のガビを絶賛「火山のよう」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、チェコ代表戦で活躍を見せたバルセロナのMFガビを絶賛した。『UEFA.com』が伝えている。 スペインは12日、UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグA・グループ2第4節でチェコをホームに迎えた。 序盤は相手に攻め込まれる時間が続くも、24分にMFカルロス・ソレールが先制点を挙げると、試合を折り返した75分にはMFパブロ・サラビアが追加点を奪取。その後も相手の反撃を危なげなく凌ぎ切り、2-0で完勝した。 前節のスイス代表戦に続く連勝となったスペインは、同日敗れたポルトガル代表を抜き、グループ首位に浮上。エンリケ監督は試合後、完封勝利を飾った一戦を振り返り、満足感を語った。 「とても満足している。そうでないわけがないだろう。相手はあらゆる面で実力を発揮した。我々も足りないものはあったが、かなり良い試合をしたと思う」 「我々が首位だ。この日程で、そしてシーズン終了後にプレーすることの難しさを考えると、この4試合は総じて良い内容であり、同組の3チームに対して、どの試合でも劣ることはなかった」 「チェコはここまでの2試合で、自陣への侵入を防ぎつつ、高い位置からプレスをかけるなど、守備の仕方を熟知していることを示した」 「身体能力も高く、準備も万全で、魅力的なチームなので、倒すのは難しいと感じていた。しかし、ハイプレスをかいくぐれば、チャンスがあることは分かっていた」 また、後半途中から交代出場し、2点目の起点となったガビについては「フィールドに現れた彼は、噴火した火山ようだった」とコメント。攻守で活躍を見せた17歳のタレントを称えた。 「スタジアムの中で、彼の今日のパフォーマンスを楽しんでいなかった観客は1人もいなかったはずだ」 「彼は両サイドに顔を出し、リスクを冒すこともあり、大胆だ。ゴールを決めることもできれば、ラストパスも出す。また、守備にも走れる選手だ」 2022.06.13 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ソレール&サラビア弾のスペインがチェコ撃破! 2連勝で首位浮上《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ2第4節、スペイン代表vsチェコ代表が12日に行われ、ホームのスペインが2-0で勝利した。 前節、スイス代表を相手に1-0で競り勝ち今大会初勝利を挙げたスペイン。今月のインターナショナルマッチウィークを締めくくるホームでの一戦では、前節からGKウナイ・シモンとモラタを除く先発9人を変更。3トップは右からアセンシオ、モラタ、ダニ・オルモとなった。 一方、ここまで1勝1分け1敗で3位に位置するチェコは、初黒星を喫したポルトガル代表戦から先発5人を変更。ソウチェクやツォウファル、クフタ、ペセクといった主力が起用された。 2-2のドローに終わった前回対戦同様にスペインがボールを握って押し込み、チェコがロングカウンターで応戦する構図で試合が進んでいく。 なかなか決定機まで持ち込めないホームチームに対して、アウェイチームが15分過ぎに続けて決定機を作り出す。まずは18分、前線からのプレスでうまく嵌めたショートカウンターからペナルティアーク付近でパスを受けたチェルニーが左足のシュート。さらに、20分にはチェルニーの縦パスでハイラインの背後へ抜け出したクフタがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、いずれの決定機もGKウナイ・シモンの好守に遭う。 守護神の連続セーブで辛くもピンチを凌いだスペインは、直後の24分にワンチャンスを生かして先制に成功する。コケの浮き球のフィードに反応したアセンシオがボックス右で相手DFに寄せられながらもボールをキープし、丁寧に折り返す。これをゴール前に走り込んだソレールが右足で押し込んだ。 幸先よくリードを手にしたスペインは、直後にもアセンシオのお膳立てからボックス内に抜け出したソレールに2点目のチャンスが訪れるが、ここは相手GKの勇敢な飛び出しもあってか、シュートを枠の左に外す。 前半半ばから終盤にかけては前回対戦同様にサディレクの負傷によってクラルをスクランブル投入し、前半の内に交代カードを切ることになったチェコが、押し返す場面を作り出したが、幾度かのカウンターチャンスを決定機まで持ち込めず。内容はほぼ互角もスペインの1点リードで後半に折り返すことになった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半は引き続きスペインが主導権を握る。決定機まであと一歩という状況が続くが、相手陣内でのプレータイムを増やしてチェコをゴールから遠ざける。 やや膠着状態が続く中、両ベンチは60分を過ぎて動きを見せる。スペインはモラタとソレールを下げてフェラン・トーレスとガビのバルセロナコンビを投入。さらに、72分にはアセンシオを下げてサラビアを投入。一方、ビハインドを追うチェコはクフタ、チェルニーを下げてフロジェク、ユレチカと前線の選手を入れ替えた。 すると、ホームチームの交代策が見事に嵌り、75分に決定的な2点目が生まれる。相手陣内の左サイドを持ち上がったガビからの横パスを中央のダニ・オルモがワンタッチでボックス右に走り込むフェラン・トーレスに繋ぐ。ここでフェラン・トーレスが放った右足のシュートが相手DFにディフレクトしてファーに流れると、これに抜け目なく反応したサラビアがワンタッチで流し込み、スイス戦に続く2試合連続ゴールとした。 この2点目で勝利に大きく近づいたスペインは78分にコケとマルコス・アロンソを下げてジョルディ・アルバ、ブスケッツのバルセロナコンビをピッチに送り出し、試合を締める作業に入る。 そして、チェコの反撃を危なげなく凌ぎ切ったスペインが2連勝を飾り、同日敗れたポルトガルを抜き首位に浮上して今月のインターナショナルマッチウィークを終えることになった。 2022.06.13 05:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly