スウェーデンとのPOに臨むチェコ代表DFブラベツがチームメイトへの期待語る「力を発揮してくれる」

2022.03.24 18:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェコ代表のDFヤクブ・ブラベツが同胞のプレーに期待を寄せている。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

24日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ(PO)の準決勝でスウェーデン代表と対戦するチェコ。グループEではウェールズ代表にあと一歩及ばず3位に終わったものの、UEFAネーションズリーグ2020-21の戦績上位2チームに入ったため、POへの出場権を獲得した。

しかし、POという重要な試合を前にチーム内では負傷者が相次ぎ、FWパトリック・シックに加え、GKイリ・パブレンカの代表不参加が決定。難しい状況にはなるものの、ブラベツはこれが他の選手にとってチャンスだとし、チームの選手たちに期待していると語った。

「重要な試合を前に多くの負傷者が出たことは残念だけど、他の選手にとっては自分の力を発揮するチャンスだ。ダビド・ジマやトマシュ・ホレシュとはまだ一緒にプレーいたことがないけど、よく知っている選手だよ」

「トマシュ・ヴァツリークが自分の力を発揮してくれると信じているよ。例え僕らが攻撃していても、守備に切り替わった瞬間からスウェーデンにシュートを撃たれないように最善を尽くさないといけない。代表チームに合流することやクラブではなく代表という環境に変わること、そしてこの試合そのものをみんなで楽しんでいきたいと思うよ」

関連ニュース
thumb

チェコ撃破でUNL首位浮上のスペイン、エンリケ監督は躍動のガビを絶賛「火山のよう」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、チェコ代表戦で活躍を見せたバルセロナのMFガビを絶賛した。『UEFA.com』が伝えている。 スペインは12日、UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグA・グループ2第4節でチェコをホームに迎えた。 序盤は相手に攻め込まれる時間が続くも、24分にMFカルロス・ソレールが先制点を挙げると、試合を折り返した75分にはMFパブロ・サラビアが追加点を奪取。その後も相手の反撃を危なげなく凌ぎ切り、2-0で完勝した。 前節のスイス代表戦に続く連勝となったスペインは、同日敗れたポルトガル代表を抜き、グループ首位に浮上。エンリケ監督は試合後、完封勝利を飾った一戦を振り返り、満足感を語った。 「とても満足している。そうでないわけがないだろう。相手はあらゆる面で実力を発揮した。我々も足りないものはあったが、かなり良い試合をしたと思う」 「我々が首位だ。この日程で、そしてシーズン終了後にプレーすることの難しさを考えると、この4試合は総じて良い内容であり、同組の3チームに対して、どの試合でも劣ることはなかった」 「チェコはここまでの2試合で、自陣への侵入を防ぎつつ、高い位置からプレスをかけるなど、守備の仕方を熟知していることを示した」 「身体能力も高く、準備も万全で、魅力的なチームなので、倒すのは難しいと感じていた。しかし、ハイプレスをかいくぐれば、チャンスがあることは分かっていた」 また、後半途中から交代出場し、2点目の起点となったガビについては「フィールドに現れた彼は、噴火した火山ようだった」とコメント。攻守で活躍を見せた17歳のタレントを称えた。 「スタジアムの中で、彼の今日のパフォーマンスを楽しんでいなかった観客は1人もいなかったはずだ」 「彼は両サイドに顔を出し、リスクを冒すこともあり、大胆だ。ゴールを決めることもできれば、ラストパスも出す。また、守備にも走れる選手だ」 2022.06.13 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ソレール&サラビア弾のスペインがチェコ撃破! 2連勝で首位浮上《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ2第4節、スペイン代表vsチェコ代表が12日に行われ、ホームのスペインが2-0で勝利した。 前節、スイス代表を相手に1-0で競り勝ち今大会初勝利を挙げたスペイン。今月のインターナショナルマッチウィークを締めくくるホームでの一戦では、前節からGKウナイ・シモンとモラタを除く先発9人を変更。3トップは右からアセンシオ、モラタ、ダニ・オルモとなった。 一方、ここまで1勝1分け1敗で3位に位置するチェコは、初黒星を喫したポルトガル代表戦から先発5人を変更。ソウチェクやツォウファル、クフタ、ペセクといった主力が起用された。 2-2のドローに終わった前回対戦同様にスペインがボールを握って押し込み、チェコがロングカウンターで応戦する構図で試合が進んでいく。 なかなか決定機まで持ち込めないホームチームに対して、アウェイチームが15分過ぎに続けて決定機を作り出す。まずは18分、前線からのプレスでうまく嵌めたショートカウンターからペナルティアーク付近でパスを受けたチェルニーが左足のシュート。さらに、20分にはチェルニーの縦パスでハイラインの背後へ抜け出したクフタがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、いずれの決定機もGKウナイ・シモンの好守に遭う。 守護神の連続セーブで辛くもピンチを凌いだスペインは、直後の24分にワンチャンスを生かして先制に成功する。コケの浮き球のフィードに反応したアセンシオがボックス右で相手DFに寄せられながらもボールをキープし、丁寧に折り返す。これをゴール前に走り込んだソレールが右足で押し込んだ。 幸先よくリードを手にしたスペインは、直後にもアセンシオのお膳立てからボックス内に抜け出したソレールに2点目のチャンスが訪れるが、ここは相手GKの勇敢な飛び出しもあってか、シュートを枠の左に外す。 前半半ばから終盤にかけては前回対戦同様にサディレクの負傷によってクラルをスクランブル投入し、前半の内に交代カードを切ることになったチェコが、押し返す場面を作り出したが、幾度かのカウンターチャンスを決定機まで持ち込めず。内容はほぼ互角もスペインの1点リードで後半に折り返すことになった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半は引き続きスペインが主導権を握る。決定機まであと一歩という状況が続くが、相手陣内でのプレータイムを増やしてチェコをゴールから遠ざける。 やや膠着状態が続く中、両ベンチは60分を過ぎて動きを見せる。スペインはモラタとソレールを下げてフェラン・トーレスとガビのバルセロナコンビを投入。さらに、72分にはアセンシオを下げてサラビアを投入。一方、ビハインドを追うチェコはクフタ、チェルニーを下げてフロジェク、ユレチカと前線の選手を入れ替えた。 すると、ホームチームの交代策が見事に嵌り、75分に決定的な2点目が生まれる。相手陣内の左サイドを持ち上がったガビからの横パスを中央のダニ・オルモがワンタッチでボックス右に走り込むフェラン・トーレスに繋ぐ。ここでフェラン・トーレスが放った右足のシュートが相手DFにディフレクトしてファーに流れると、これに抜け目なく反応したサラビアがワンタッチで流し込み、スイス戦に続く2試合連続ゴールとした。 この2点目で勝利に大きく近づいたスペインは78分にコケとマルコス・アロンソを下げてジョルディ・アルバ、ブスケッツのバルセロナコンビをピッチに送り出し、試合を締める作業に入る。 そして、チェコの反撃を危なげなく凌ぎ切ったスペインが2連勝を飾り、同日敗れたポルトガルを抜き首位に浮上して今月のインターナショナルマッチウィークを終えることになった。 2022.06.13 05:44 Mon
twitterfacebook
thumb

カンセロ&ゲデス弾のポルトガルがチェコを下して2連勝《UEFAネーションズリーグ》

ポルトガル代表は9日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3の第3節でチェコ代表をホームに迎え、2-0で勝利した。 4日前のスイス代表戦をC・ロナウドの2ゴールなどで4発快勝とし、1勝1分けスタートとしたポルトガルはスイス戦のスタメンから6選手を変更。C・ロナウドは引き続き先発となり、ジョタ、ゴンサロ・ゲデスと3トップを形成した。 ポルトガルと同じく1勝1分けスタートとしたチェコに対し、立ち上がりから押し込んだポルトガルだったが、なかなか好機を生み出すには至らない。 すると31分にピンチ。クフタにロングボールを収められてスルーパスを送られると、ボックス左に侵入したクツカにシュートに持ち込まれた。しかし、GKジオゴ・コスタが防いだ。 凌いだポルトガルは2分後に先制する。ベルナルド・シウバのスルーパスでボックス右に侵入したカンセロがシュートを決めきった。 さらに38分、一気にリードを広げる。ベルナルド・シウバのスルーパスでボックス右に侵入したゴンサロ・ゲデスがシュートを蹴り込んだ。 ポルトガルが2点をリードして迎えた後半、チェコが3選手を交代してきた中、ボールを握りながら試合をコントロールしていく。 そんな中60分、ボックス内からユレチカに際どいシュートを打たれたが、その後は安定した試合運びで時間を消化。 終盤にかけては流し気味にプレーしていたポルトガルは86分、自陣ボックス内でのボールロストからヴルカノバに決定的なシュートを許すも枠を外れて助かり、2-0のまま勝利。2連勝とし、次節は12日にスイスとアウェイで対戦する。 2022.06.10 05:40 Fri
twitterfacebook
thumb

スペインがチェコに土壇場ドロー…ガビ最年少弾などで2度のビハインド追いつく《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ2第2節、チェコ代表vsスペイン代表が5日に行われ、2-2のドローに終わった。 スイス代表との初戦を2-1で制し、グループ首位に立ったチェコは、初戦からのメンバー変更を3選手に留めて難敵相手の連勝を狙った。 一方、ポルトガル代表との初戦を1-1のドローで終えたスペインは、今大会初勝利を目指して敵地へ乗り込んだ。初戦からはGKウナイ・シモン、ガビ、サラビアを除く先発8人を変更。 4バックは右からカルバハル、エリック・ガルシア、イニゴ・マルティネス、マルコス・アロンソ。中盤はロドリのアンカーにコケとガビのインテリオール、3トップは右からサラビア、デ・トーマス、ダニ・オルモとなった。 互いに中2日の過密日程で臨んだ中、ターンオーバーを最小限に留めたホームチームがいきなりゴールをこじ開ける。 4分、ハーフウェイライン付近の右サイドで持ち上がったツォウファルからの斜めのグラウンダーのスルーパスに反応したクフタが相手最終ラインの背後へ抜け出すと、ボックス右でDFとGKを引き付けて左を並走するペセクにラストパス。これをペセクが難なく流し込んだ。オフサイドディレイとなったが、VARのレビューの結果、最終的にオンサイドでのゴールが認められた。 オフサイドを取り損ねて早々の失点となったスペインはここからボールの主導権を握って相手を押し込んでいく。しかし、守備時に[5-4-1]の堅固なブロックを敷くチェコの守備に苦戦を強いられ、なかなか仕掛けのパス、個での打開を図れずにフィニッシュまで持ち込めない。 前半半ばを過ぎた27分にサラビアがようやくファーストシュートを放ったスペインは、34分にセットプレーからエリック・ガルシアが最初の枠内シュートを放つ。 一方、先制点以降は守勢が続くチェコは20分過ぎにゼレニー、40分過ぎにはそのゼレニーに代えて投入したヤンクトが続けて負傷するアクシデントに見舞われる。 すると、3度の交代機会を考慮してか、ピッチを退いたヤンクトの交代選手を投入せず、ハーフタイムまでの数分間を10人で戦うことを選択したチェコに対して、スペインが襲い掛かる。 前半アディショナルタイム3分、相手を押し込んでカルバハルの右クロスのこぼれ球をペナルティアーク付近で回収したロドリがボックス右のガビの足元に繋ぐと、17歳MFは相手を抜き切らずに絶妙な左足のグラウンダーシュートをゴール左下隅に流し込んだ。 ガビのスペイン代表最年少ゴール(17歳と304日)によって1-1のイーブンで折り返した試合。スペインはハーフタイム明けにサラビアを下げてフェラン・トーレスを投入するが、立ち上がりの54分には再び背後を簡単に取られてクフタに決定的なシュートを許す。 このピンチを何とか凌いだスペインはフェラン・トーレスを起点に続けて決定機を作り出すと、61分にはデ・トーマス、ロドリ、ダニ・オルモを下げてモラタ、ブスケッツ、アセンシオの3枚替えを敢行。すると、アセンシオがファーストプレーで左ポスト直撃のシュートを放って早速チャンスに絡む。 だが、序盤のチャンスをモノにできなかったアウェイチームは、先制点と似たようなシチュエーションから再び失点を喫する。66分、中盤でマルコス・アロンソの内側へのパスを引っかけられると、ハーフウェイライン付近の左サイドでチェルニーが斜めに入れたパスで最終ラインがクフタに完璧に入れ替わられる。最後はボックス付近まで運んだクフタに絶妙なミドルループを流し込まれた。 リスク管理ができずに再び追う展開となったスペインは、直後の70分に左サイド深くでアセンシオが入れた正確なクロスからフェラン・トーレスに決定機が訪れるが、このヘディングシュートは惜しくも右ポストを掠める。 その後は途中出場のモラタらを起点にリスクを冒して前に出るスペインがチェコを完全に押し込んでいくが、専守防衛の構えを見せるホームチームの守備をあと一歩のところで崩し切れない。 それでも、粘るルイス・エンリケ率いるチームは土壇場で追いつく。90分、左CKのショートコーナーから左サイドのアセンシオが鋭いクロスを入れると、ファーサイドで競り勝ったイニゴ・マルティネスのヘディングシュートがクロスバーの内側を叩きバウンドしたボールがギリギリでゴールラインを割った。 そして、伏兵の一撃で辛くも同点に追いついたスペインだったが、2試合連続のドローで今大会初勝利はまたしてもお預けとなった。 なお、初勝利を目指すスペインは9日にスイス戦、首位奪還を目指すチェコは同じ日にポルトガルとの上位対決に臨む。 2022.06.06 05:46 Mon
twitterfacebook
thumb

スウェーデンがチェコとの120分の激闘制す! ポーランド待つ決勝では出場停止明けのズラタン復帰《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフ準決勝、スウェーデン代表vsチェコ代表が24日に行われ、120分の激闘を1-0で制したスウェーデンが決勝進出を決めた。 グループBを2位通過したスウェーデンと、グループIを2位通過したチェコによるプレーオフ準決勝。 主砲イブラヒモビッチをサスペンションで欠くホームチームは、イサクとクルゼフスキを2トップに配した[4-4-2]を採用。対するチェコはシックやツォウファルら多くの主力を負傷で欠く中、ソウチェクやバラク、フロジェクといった選手をスタメンで起用してきた。 試合は立ち上がりから一進一退の攻防となる。立ち上がり数分はスウェーデンがイサクのスピードを生かした攻めで、フォルスベリらがフィニッシュのシーンを作り出す。 一方、チェコはバラクやヤンクトらの縦への推進力を生かしたカウンターを起点に応戦。11分にはセットプレーの二次攻撃からゴール前のクフタがゴールネットを揺らす。だが、VARが介入した一連のプレーは最終的にオフェンスファウルを取られてゴールは認められず。 以降はスウェーデンがボールを握りながら押し込む形を作り出すが、チェコの強度の高い守備を前にクルゼフスキの個人技で幾度か打開を図るが、決定機まであと一歩という状況が続く。対するチェコも前半半ばまではカウンターから相手を引っくり返す場面を作り出したが、最後のところで粘るホームチームを相手にこちらも決め手を欠いた。 結局、試合は0-0で後半に突入。互いに失点したくない気持ちが強く、中盤での潰し合いが目立つ。 流れを変えたいスウェーデンは負傷したマルティン・オルソンに代えてベングソンをスクランブル投入したほか、クラーソン、エクダルに代えてクアイソン、スヴァンベリとより攻撃的なカードを切る。一方、チェコもヤンクト、マソプスト、クフタと前線を下げてマテユ、ハヴェル、ペクハルトと選手交代で攻撃の活性化を図る。 後半は互いに枠内シュートを放てずにいた中、79分にはスウェーデンに決定機。フォルスベリの左CKをゴール前で競り勝ったスヴァンベリが頭で合わすが、これは惜しくもGKヴァツリークの正面を突いた。 試合終盤にかけてもゴールの匂いがしないクローズな展開が続く。後半アディショナルタイムの93分にはボックス右でソウチェクのクロスに反応したフリーのハヴェルにビッグチャンスも、左足のダイレクトボレーは枠を捉え切れず。互いに枠内シュート1本ずつに留まった睨み合いの一戦は0-0のまま延長戦へ突入した。 消耗戦色濃い延長戦では全体が間延びし、よりオープンな展開が期待されたが、互いに大きくバランスを崩すことなく時間だけが過ぎていく。 しかし、延長後半に入ってホームチームがようやくゴールをこじ開ける。110分、リンデロフのクサビを起点にカールストレームからの縦パスをバイタルエリアで引き出したクアイソンがボックス左に走り込むイサクにボールを預けてゴール前に飛び込むと、背番号9からの絶妙なリターンパスをクアイソンが右足で流し込んだ。 土壇場でこの試合を通じて最高のアタッキングハーモニーを奏でてリードを手にしたスウェーデンは、殊勲のイサク、フォルスベリを下げて屈強なDFヘランデル、これがA代表デビューのエランガの投入で試合をクローズに入る。そして、残り時間はチェコのパワープレーを危なげなく撥ね返し続け1-0の勝利。 チェコとの接戦を見事に勝ち切ったスウェーデンは、ロシア代表の追放によって不戦勝となったポーランド代表が待つ29日の決勝に駒を進めた。 2022.03.25 07:26 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly