三笘薫が躍動も決めきれず、坂元達裕も決定機生かせずドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

2022.03.19 14:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
18日、ジュピラー・プロ・リーグ第32節のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズvsオーステンデの一戦が行われ、1-1の引き分けに終わった。サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫はベンチスタートとなり後半開始から出場。DF町田浩樹はベンチスタートから78分に出場した。また、オーステンデのMF坂元達裕は先発フル出場を果たした。

この試合で勝利すればレギュラーシーズンの1位が確定するサン=ジロワーズ。昇格組でレギュラーシーズン首位を目指して戦う。

ただ、試合の序盤からペールを握ったのはオーステンデ。9分、坂元が左サイドをドリブルで持ち上がると、スペースにパス。これに反応したティエリ・アンブローズがクロスを送るもDFがクリア。これがこぼれ球となると、後方から走り込んだマクシム・ダルピノが右足一閃。強烈なミドルシュートがネットに突き刺さり、アウェイのオーステンデが先制する。

先制したオーステンデは13分にもチャンス。左サイドからマフタル・ゲイェがカットインから持ち込み右足シュート。しかし、これは左に外れる。

前半はオーステンデが押し込み、リードを奪って折り返すことに。サン=ジロワーズは良いところなく後半を迎える。

流れの悪いサン=ジロワーズは後半か頭から三笘を投入する。すると早速三笘がみせる。51分、自陣でボールを持った三笘が左サイドでドリブルを仕掛けると縦パス。テディ・テウマにパスを送ると、テウマの折り返しを三笘がシュート。これがネットを揺らすが、最初の時点でテウマが僅かにオフサイドでゴールは認められない。

オーステンデは54分、ロングフィードに坂元が抜け出すと、対峙した相手をいなして仕掛けると、マイナスのクロス。これをケニー・ロチャ・サントスがフリーで受けるもシュートではなくパスを選択。これは懸命に戻った三笘がブロックする。

追いつきたいサン=ジロワーズは61分、ハーフスペースで三笘が受けてボックス内でパスを出すが、これは上手くつながらず。それでも右サイドからのクロスから、最後はテウマがシュート。これは枠に飛ぶがGKがなんとかセーブする。

ゴールに迫るも決まらないサン=ジロワーズ。対するオーステンデはカウンターからチャンス。83分、縦パスを受けた坂元が巧みなドリブルで持ち込むと、最後はシュートもブロックに遭い打てず。横パスを出せば1点ものだっただけに悔しいシーンとなった。

すると83分に今度は三笘が見せる。左サイドでパスを受けた三笘はドリブルで仕掛けてパス。そこからの流れから右サイドからのクロスをウンダブがヘッド。これが決まり、同点に追いついた。

さらに攻撃の手を止めないサン=ジロワーズは89分、縦パスに対して入れ替わった三笘がボックス内に侵入。シュートが打てるチャンスだったが、相手に倒されるもPKとはならず。90分にはウンダブのパスをボックス内で受けたテウマがシュートも、GKがセーブする。

97分にもビッグチャンス。後方からのボールに裏に抜けた三笘がボックス内でトラップも、シュートは打てずGKがキャッチ。逆転はできず、1-1の引き分けに終わった。

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ 1-1 オーステンデ
【サン=ジロワーズ】
デニス・ウンダブ(83分)
【オーステンデ】
マクシム・ダルピノ(9分)

1 2

関連ニュース
thumb

堂安先発のフライブルクが2連勝!原口途中出場のウニオン・ベルリンは連敗…【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が15日に各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第2節では、堂安が先発、久保、原口が途中出場した。 敵地でオリンピアコスと対戦したフライブルクは5分、右サイドで獲得したFKからグリフォがクロスを供給すると、ニアで合わせたホフラーのヘディンシュートがゴール左隅に決まった。 幸先良く先制したフライブルクは、25分にもグリフォのロングパスをチェレがボックス左で収めると、相手DF2人の間を抜くチップキックでラストパス。これをゴール前で受けたグレゴリッチュが難なくゴールに流し込んだ。 後半も主導権を握るフライブルクは53分、右CKの二次攻撃から中盤右サイドでボールを受けたグリフォがボックス内へロングパスを供給。これをボックス左のギンターが頭で折り返すと、ゴール前で受けたグレゴリッチュが飛び出したGKを冷静にかわしてシュートを突き刺した。 その後、フライブルクは69分に堂安を下げてペテルゼンを投入。終盤にかけても危なげない試合運びを見せ、3-0で完勝した。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽延期 アーセナル vs PSV ★久保建英[ソシエダ] ▽9/15 ソシエダ 2-1 オモニア ◆61分からプレー ★堂安律[フライブルク] ▽9/15 オリンピアコス 0-3 フライブルク ◆69分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽9/15 モナコ 0-1 フェレンツヴァーロシュ ◆ベンチ入りも出場せず ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/15 ブラガ 1-0 ウニオン・ベルリン ◆67分からプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽9/15 サン=ジロワーズ 3-2 マルメ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽9/15 ローマ 3-0 ヘルシンキ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.09.16 06:02 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安の決勝点でフライブルクが白星発進!冨安、久保らも勝利に貢献【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節が8日に各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第1節では、冨安や久保、堂安、南野、原口が先発出場となった。 ホームでカラバフと対戦したフライブルクは4分、左CKの競り合いの際にギンターがバイラモフと激しく接触し倒れると、VARの末にPKを獲得。このPKをグリフォがゴール左隅に決め、幸先良く先制した。 さらにフライブルクは15分、右サイドでパスを受けた堂安がドリブルでカットイン。そのままボックス内に入ると、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 その後、39分にヴェショビッチの強烈なミドルシュートで1点を返されたフライブルクは、後半にも何度か危ない場面を作られたが、堂安のゴールで逃げ切り2-1で勝利した。 一方、南野が2試合ぶりの先発となったモナコは、アウェイでツルヴェナ・ズヴェズダと対戦。前半から膠着状態が続く中、モナコは67分に南野やベン・イェデルらを下げてディアタやエンボロを投入。 すると74分、ディアタの右クロスに反応したゴロビンがボックス内でスルニッチに倒されPKを獲得。このPKをエンボロがゴール左に決めると、これが決勝点となり、モナコが1-0で勝利した。 また、原口に所属するウニオン・ベルリンと町田の所属するサン=ジロワーズによる日本人所属クラブ同士の対戦が実現。試合は39分にライネンが挙げたゴールで逃げ切ったサン=ジロワーズが1-0で勝利した。原口は60分までプレー、町田はベンチ外となった。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽9/8 チューリッヒ 1-2 アーセナル ◆フル出場 ★久保建英[ソシエダ] ▽9/8 マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ソシエダ ◆79分までプレー ★堂安律[フライブルク] ▽9/8 フライブルク 2-1 カラバフ ◆93分までプレー、15分にゴールを記録 ★南野拓実[モナコ] ▽9/8 ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-1 モナコ ◆57分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/8 ウニオン・ベルリン 0-1 サン=ジロワーズ ◆60分までプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽9/8 ウニオン・ベルリン 0-1 サン=ジロワーズ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽9/8 ヘルシンキ 0-2 ベティス ◆ベンチ入りも出場せず 2022.09.09 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英のソシエダがユナイテッドとGSで同居! 日本人対決は原口vs町田のみ、EL組み合わせ抽選結果

26日、トルコのイスタンブールで2022-23シーズンのヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ組み合わせ抽選会が行われた。 2021-22シーズンは鎌田大地、長谷部誠を擁するフランクフルトが見事に優勝を遂げていた。 グループステージはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、ローマ、ラツィオ、レアル・ベティスといったストレートインのクラブに加え、プレーオフを突破した10クラブ、チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ敗退の6クラブで構成される。 また、日本人選手ではアーセナルのDF冨安健洋、モナコのFW南野拓実、レアル・ソシエダのMF久保建英、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、フライブルクのMF堂安律、ヘルシンキのMF田中亜土夢、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹の7選手が参戦する。 日本人対決は1組のみ。グループDでウニオン・ベルリンの原口とユニオン・サン=ジロワーズの町田が実現した。 その他では、久保のソシエダはマンチェスター・ユナイテッドと同居。南野のモナコはツルヴェナ・ズヴェズダやトラブゾンスポルなど曲者のグループに入った。また、田中は昨季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者のローマやコパ・デル・レイ王者のベティスと同居している。 なお、今年11月のカタール・ワールドカップ開催に伴い、今季のグループステージは過密スケジュールとなり、第1節が9月8日に行われ、最終節が11月3日に終了する予定だ。今回決定したグループステージ抽選結果は以下の通り。 ◆グループA アーセナル(イングランド)/冨安健洋 PSV(オランダ) ボデ/グリムト(ノルウェー) チューリヒ(スイス) ◆グループB ディナモ・キーウ(ウクライナ) スタッド・レンヌ(フランス) フェネルバフチェ(トルコ) AEKラルナカ(キプロス) ◆グループC ローマ(イタリア) ルドゴレツ(ブルガリア) レアル・ベティス(スペイン) ヘルシンキ(フィンランド)/田中亜土夢 ◆グループD ブラガ(ポルトガル) マルメ(スウェーデン) ウニオン・ベルリン(ドイツ)/原口元気 ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー)/町田浩樹 ◆グループE マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) レアル・ソシエダ(スペイン)/久保建英 シェリフ(モルドバ) オモニア(キプロス) ◆グループF ラツィオ(イタリア) フェイエノールト(オランダ) ミッティラン(デンマーク) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) ◆グループG オリンピアコス(ギリシャ) カラバフ(アゼルバイジャン) フライブルク(ドイツ)/堂安律 ナント(フランス) ◆グループH ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) モナコ(フランス)/南野拓実 フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) トラブゾンスポル(トルコ) 2022.08.26 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

町田ユニオン、レンジャーズに逆転敗退でELへ《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグの全10試合が9日に行われた。 ユニオン・サン=ジロワーズはレンジャーズとアウェイで対戦し、0-3で敗れた。この結果、2戦合計スコア2-3で逆転敗退となった。ユニオンのDF町田浩樹はベンチ入りしなかった。 ユニオンは先週、ホームでの1stレグを2-0と快勝。しかしレンジャーズの攻勢を受けたこの試合では、前半終了間際にPKで失点。後半に2点を失って痛恨の逆転敗退。ヨーロッパリーグに回ることになった。 また、国難のディナモ・キーウはシュトゥルム・グラーツとのアウェイ戦を戦い、2-1で勝利。2戦合計スコア3-1とし、プレーオフ進出を決めている。その他の結果は以下の通り。 ◆チャンピオンルート <span style="color:#cc3300"><b>ビクトリア・プルゼニ(チェコ)</b></span> 2-1(AGG:4-2) シェリフ(モルドバ) <span style="color:#cc3300"><b>ディナモ・ザグレブ(クロアチア)</b></span> 4-2(AGG:6-3) ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア) アポロン(キプロス) 2-0(AGG:2-4) <span style="color:#cc3300"><b>マッカビ・ハイファ(イスラエル)</b></span> フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) 1-3(AGG:2-4) <span style="color:#cc3300"><b>カラバフ(アゼルバイジャン)</b></span> ジャルギリス(リトアニア) 1-1(AGG:1-6) <span style="color:#cc3300"><b>ボデ/グリムト(ノルウェー)</b></span> ピュニク(アルメニア) 0-2(AGG:0-7) <span style="color:#cc3300"><b>ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)</b></span> ◆リーグルート <span style="color:#cc3300"><b>PSV(オランダ)</b></span> 3-2(AGG:4-3) モナコ(フランス) <span style="color:#cc3300"><b>レンジャーズ(スコットランド)</b></span> 3-0(AGG:3-2) ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) ミッティラン(デンマーク 1-3(AGG:2-7) <span style="color:#cc3300"><b>ベンフィカ(ポルトガル)</b></span> シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 1-2(AGG:1-3) <span style="color:#cc3300"><b>ディナモ・キーウ(ウクライナ)</b></span> 2022.08.10 06:32 Wed
twitterfacebook
thumb

三好康児と坂元達裕が共にアシスト記録! 上田綺世は初ゴールならず【ジュピラー・プロ・リーグ日本人選手】

2022-23シーズンのジュピラー・プロ・リーグの第3節が週末に開催された。 日本人10名がプレーするベルギー1部。日本人対決が実現したのはコルトレイクvsシント=トロイデン、シャルルロワvsオーステンデの2カードとなった。 コルトレイクは渡辺剛が先発フル出場。シント=トロイデンはシュミット・ダニエル、橋岡大樹がフル出場、香川真司、林大地が先発出場し、それぞれ58分、84分に交代した。 試合は昨季から11戦無敗のシント=トロイデンがペースを握るも、なかなかゴールを奪えず。ポゼッションしながらもゴールをこじ開けられない。 対するコルトレイクはカウンターから何度か決定機を作るものの、GKシュミット・ダニエルの好セーブもありこちらも得点を奪えず。ゴールレスドローに終わった。 またシャルルロワの森岡亮太、オーステンデの坂元達裕は共に先発出場。森岡は前半のみの出場、坂元はフル出場した。 試合はアウェイのオーステンデが主導権を握ると、28分にロビー・ダヒースのゴールで先制。その後シャルルロワが追いつくも、66分にニック・ベッツナーが勝ち越しゴール。後半アディショナルタイムには坂元が自陣から前線に蹴り出したロングフィードをテオ・エンディカがダメ押しゴールを決め、1-3で快勝した。 その他、ロイヤル・アントワープの三好康児はOHルーヴェン戦に先発出場し74分までプレー。0-1で迎えた38分にワンツーで抜け出しボックス内右からマイナスのクロス。これをラジャ・ナインゴランが蹴り込み、アシストを記録し4-2の勝利に貢献した。セルクル・ブルージュの上田綺世は後半から出場したもののゴールを奪えず、チームも2-0で敗戦。ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹はケガでメンバー外となった。 ★シュミット・ダニエル[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★橋岡大樹[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★香川真司[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆58分までプレー ★林大地[シント=トロイデン] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆84分までプレー ★渡辺剛[コルトレイク] ▽8/6 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン ◆フル出場 ★上田綺世[セルクル・ブルージュ] ▽8/7 スタンダール・リエージュ 2-0 セルクル・ブルージュ ◆後半開始から出場 ★三好康児[ロイヤル・アントワープ] ▽8/7 ロイヤル・アントワープ 4-2 OHルーヴェン ◆74分までプレー。1アシスト ★坂元達裕[オーステンデ] ▽8/6 シャルルロワ 1-3 オーステンデ ◆フル出場。1アシスト ★町田浩樹[ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ] ▽8/6 メヘレン 3-0 サン=ジロワーズ ◆ベンチ外 ★森岡亮太[シャルルロワ] ▽8/6 シャルルロワ 1-3 オーステンデ ◆ベンチ入りせず <span class="paragraph-title">【動画】三好がワンツーで抜け出し、最後はナインゴランが蹴り込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="M5aMldyKats";var video_start = 6;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.08 10:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly