なでしこMF杉田妃和、アメリカ・ポートランドへの移籍が決定「新しい場所で挑戦したい」

2022.01.27 14:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポートランド・ソーンズFCは27日、INAC神戸レオネッサのなでしこジャパンMF杉田妃和(24)を完全移籍で獲得したと発表した。

契約期間は3年間。ビザと国際移籍証明書の取得後、正式契約となる。

杉田は藤枝順心高校から2015年にINAC神戸レオネッサ入り。ボランチや攻撃的MFとしてなでしこリーグでは93試合に出場し、16得点。今季は最前線でも起用されるなど、WEリーグでは9試合1得点という記録を残している。

高校1年時からU-17女子日本代表に招集され、2012年のアゼルバイジャンU-17女子ワールドカップ(W杯)に出場。2014年のコスタリカU-17女子W杯では高倉麻子監督率いるチームでキャプテンを務め、日本を優勝に導くとともに、大会MVPにも選出された。2016年のパプアニューギニア・U-20W杯にも参加し3位。杉田自身はこの大会でもMVPを獲得している。

2018年8月にフル代表デビューを果たし、2019年フランス・女子W杯や2021年の東京オリンピックにも出場。代表では通算27試合に出場し、2得点を挙げている。なお、現在行われている女子アジアカップのメンバーには招集されていない。

アメリカ・NWSLに属するポートランド・ソーンズは、2021年はレギュラーシーズンで1位(プレーオフでは準決勝敗退)、カップ戦でも優勝を達成。メンバーにはカナダ女子代表クリスティン・シンクレアらを擁している。

杉田は両クラブを通じてコメント。これまでとは異なる角度でサッカーを楽しみ追及したいとの思いから、移籍を決断したと語っている。

◆ポートランド・ソーンズFC
「ポートランドの皆さんこんにちは、妃和です。日本のINAC神戸から来ました。加入できてわくわくしています。近いうちにお会いできるのを楽しみにしています」

◆INAC神戸レオネッサ
「シーズンの途中ではありますが、移籍することを決めました」

「この6年間は試合に出ることの難しさからはじまり、年を重ねるごとに色々な課題に取り組むことでサッカーをする自分と向き合うことができました。その中で私が感じたことはサッカーの楽しさを違う角度で追求したいという強い思いでした。プレーすることは常に楽しいですが、勝つこと、戦うこと、真剣になれること、そういった思いを新しい場所で挑戦したいと思い決断しました」

「私の思いを尊重してくださったクラブ関係者の皆様には心から感謝しています。いまの私があるのは、INAC神戸で成長させてもらったからにほかなりません。素晴らしい環境でサッカーができたこと、どんなときでも温かく応援してくださったファン・サポーターの皆様のおかげです。本当にありがとうございました」

「日頃より応援してくださっている方々には急な報告となってしまいましたが、これからもINAC神戸の応援をよろしくお願いします。それでは、いってきます!!」



1 2

関連ニュース
thumb

「左でも右でも頭でも」セルティック古橋亨梧の全20ゴール動画にファン喝采!「チームメイトのパスの質も高い」

セルティックの公式SNSが日本代表FW古橋亨梧の2021-22シーズンのゴール集を公開した。 ヴィッセル神戸から2021年夏にセルティックに加入した古橋。初先発となったスコティッシュ・プレミアシップ第2節のダンディーFC戦ではいきなりハットトリックの活躍をみせ、前半戦だけでリーグ戦8ゴール2アシストを記録した。 2021年12月にハムストリングを痛め約4カ月の長期離脱となったが、復帰後もゴールを量産。リーグ戦では20試合12ゴールしチームのリーグ優勝を牽引すると、公式戦では33試合20ゴール5アシストをマークした。 セルティックは全20ゴールを1分にまとめた動画を公開。多種多彩なゴールパターンや鋭い動き出しからのゴールシーンの連続に、ファンからは「ほとんどワンタッチ」、「全部ドンピシャ」、「ボックスで生き生きしている」、「左でも右でも頭でも」、「ラーションのようだ」、「チームメイトのパスの質も高い」など多くのコメントが寄せられている。 6月に行われるキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022の日本代表メンバーにも選ばれている古橋だが、サムライブルーでも真価を発揮できるか。 <span class="paragraph-title">【動画】ワンタッチゴールの連続!古橋亨梧の全20ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="719" height="1277" src="https://www.youtube.com/embed/UyCFAU8SCaU" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.05.26 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉がマクデブルクとレンタル期間を延長! チームは3部リーグ優勝で来季から2部に挑戦

マクデブルクは26日、シント=トロイデンから加入しているMF伊藤達哉(24)のレンタル期間を1年延長したことを発表した。 柏レイソルの下部組織出身の伊藤は、2015年夏にハンブルガーSVのアカデミーに入団し、2017年9月にトップチームデビュー。そのシーズンのブンデスリーガでは20試合に出場した。チームが2部に降格した翌シーズンはリーグ戦14試合の出場に留まり、2019年夏に完全移籍でシント=トロイデンへ活躍の場を移した。 だが、ベルギーでも満足のいく出場機会が得られず、今年1月にドイツ3部のマクデブルクへレンタルすることに。ハンブルガーSV時代のクリスティアン・ティッツ監督との再会となった中、同月26日に行われたデュイスブルク戦で先発し新天地デビューを果たすと、開始9分に右サイドからの折り返しを合わせて早速初ゴールを記録した。 その後も3試合連続アシストなど、半シーズンでリーグ戦16試合3ゴール4アシストの活躍を残した伊藤。そしてチームもリーグを制覇し、4シーズンぶりの2部昇格を決めた。 充実の半年間を過ごしたマクデブルクで来季もプレーすることを選んだ伊藤。クリスティアン・ティッツ監督は「狭いスペースでの1対1の状況を解決する、非常に優れた資質を持っている。特に奥行きのある相手に対してはね。それゆえ、彼は我々のゲームにとって重要な存在なのだ」と称賛の言葉を送っている。<span class="paragraph-title">【動画】伊藤達哉のデビュー戦ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gz6rBpCiY5s";var video_start = 1510;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.104】「EL王者」の称号引っ提げ、カタールW杯メンバー滑り込みへ/鎌田大地(フランクフルト/MF)

「鎌田(大地=フランクフルト)と堂安(律=PSV)は所属チームで自分の存在をつねに見せ続け、いいプレーをしていた。タイトルを獲ったという自信は間違いなく彼らの力に上乗せされていく。貪欲に向上心を見せてくれるように期待しています」 6月の日本代表4連戦に向け、5月20日に行われたメンバー発表会見。森保一監督は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)最終予選途中に外した2人を呼び戻すに至った理由を改めてこう語った。 とりわけ、昨年1月〜3月の重要な終盤4試合で選外にした鎌田大地を復帰させたのは、大きな出来事と言っていい。[4-3-3]への布陣変更でトップ下のポジションがなくなったことは彼にとって不運ではあったが、2021年の6試合では本来のよさを出しきれていなかったのも事実。今季からオリヴァー・グラスナー監督体制に移行したフランクフルトで、序盤は鎌田自身、出たり出なかったりの状況が続いたことも、代表での不振につながったのかもしれない。 しかしながら、代表から離れてクラブに集中したことが奏功したのも確かだろう。2022年になってからフランクフルトはドイツ・ブンデスリーガとUEFAヨーロッパリーグ(EL)の重要マッチが続いたが、そこで日本との二往復を強いられていたら、EL制覇という偉業達成の原動力にはなれなかったかもしれない。3月9日のレアル・ベティスとのEL決勝トーナメント2回戦で値千金の決勝弾を叩き出し、4月のバルセロナとの準々決勝2連戦にフル稼働できたのも、心身ともにフランクフルトの方に集中したことが大きい。 過去にも、大迫勇也(ヴィッセル神戸)が2015年6月〜2016年11月まで代表を外れている間に、当時所属のケルンでの戦いにフォーカスし、屈強で大柄なDF陣と渡り合う術を身に着けたことがあった。代表復帰した時の彼は自信満々でプレーし、前線のターゲットマンとして圧倒的存在感を示した。そこから彼が絶対的1トップに君臨し、現在まで至っているのだから、鎌田も同じような足跡を辿らないとも限らない。そんな期待が高まる一方なのだ。 森保監督も鎌田の目覚ましい成長を実感した様子だった。 「もともと持っていた攻撃能力を今はインテンシティの高い中でも発揮できている。上下動しながら技術を出すことをフランクフルトのグラスナー監督も要求していますが、本人はそれに適応し、レベルも格段に上がった。その結果、今季開幕当初よりも出場時間が増えて、絶対に外せないパフォーマンスを見せている。狭い局面だったり、相手とコンタクトした状況でもボールを失わず、彼の持ってる能力をハイレベルの中で出せるというのは大きい。ELのようにプレッシャーのかかる中でのプレーを日本代表でも出してほしいと思っています」 実際に現地視察した後、こう語ったように、指揮官の中での鎌田の位置づけがグーンとアップしたのは間違いない。となれば、どこでどのように起用するかが気になるところ。仮に最終予選からの[4-3-3]を継続するのであれば、インサイドハーフが主戦場となる。そこにはボランチタイプの田中碧(デュッセルドルフ)と守田英正(サンタ・クララ)がいて、強固な関係性の中に割って入るのは容易ではなさそうだ。 「状況や練習を見て最終的には決めたいと思っていますが、彼はインサイドハーフでもプレーできる選手だと思っています」と森保監督は彼の持つ非凡な攻撃センスを中盤に加えたいという意向を持っているようだ。 ただ、「形は1つではなく、チームのコンセプトの中でシステムを変えながらよさを発揮してもらうことにもトライしたい」とも話していたから、[4-2-3-1]に戻したり、フランクフルトのような3バック導入もあるのかもしれない。 [4-2-3-1]ならトップ下での再チャレンジが有力視されるし、3バックならフランクフルトと同じシャドウのポジションで勝負できる。その方が鎌田にとってはやりやすいはず。いずれにしても、EL王者の彼をうまく組み込むことが、代表のパワーアップの重要ポイントになるのは間違いなさそうだ。 半年を切ったカタール本大会の初戦の相手がドイツというのを視野に入れても、フランクフルトで傑出した実績を残した彼を使わない手はない。これまで守備や強度の部分に難があると言われてきた鎌田はその弱点を克服し、世界最高峰プレーヤーの仲間入りを果たした。EL決勝で冷静にPKを決めるほどの度胸も身に着けたのだから、不安なく世界との戦いに送り出せるはず。むしろ、彼がキーマンとなって日本を力強くけん引していってくれる可能性は大いにある。それだけの自覚を持って、鎌田には久しぶりの代表に合流してもらいたい。 W杯で成功を収めようと思うなら、2002年日韓大会の稲本潤一(南葛SC)、2010年南アフリカ大会の本田圭佑のように、ここ一番で大仕事をしてくれるW杯男の出現が必要不可欠だ。鎌田がその系譜を継ぐ存在になるか否か。まずは6月シリーズをしっかりと見てみたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.05.26 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「コミュニケーション能力高い」パンツ姿の久保建英が体を張って“キレッキレダンス”まで披露!「貴重映像すぎる」

マジョルカが25日、クラブの公式YouTubeチャンネルを更新。1部残留を決めたラ・リーガ最終節の試合直後の様子を公開した。 日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは22日、ラ・リーガ最終節でオサスナと対戦。降格の可能性もあった中0-2で勝利し、リーグ16位と文句なしの残留を決めた。 試合では出番のなかった久保も残留を大いに喜び、アウェイまで駆けつけたファンにショーツをプレゼント。パンツ姿でGKに挑戦しファンを沸かせるシーンは日本でも注目を集めた。 だが、久保が見せてくれたのはセーブだけではなかったようだ。マジョルカが公開した動画では、GKになり切る久保がパントキックまで披露。さらに、スペイン語でファンに呼びかけ、身に着けていたレオ・ロマンのキーパーグローブをプレゼントした。 久保のサービスはそれだけにとどまらず、最後はスタッフに向けてリズミカルなダンスとステップを披露し、楽しませていた。 20歳の久保がはしゃぐ映像にはファンも「こんなにノリノリやったんか」、「ノリノリでじわ」、「貴重映像すぎる」、「コミュニケーション能力高いから楽しんでるんだろうな〜」、「リズム感いいから普通に踊ってるとことか見てみたい」など反響が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】パンツ姿の久保建英が披露したGKものまねとキレッキレダンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ehrMpEX1NQQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

南野拓実にインテル移籍の噂が、出場1008分で10ゴールの働きに興味か?

リバプールの日本代表MF南野拓実(27)にインテルが興味を示しているようだ。スペイン『Fichajes』が報じた。 2020年1月にザルツブルクからリバプールへと加入した南野。プレミアリーグでも1、2を争う強豪に加入した影響もあり、豊富なアタッカー陣の中ではレギュラーに定着できていない。 それでも、今シーズンはプレミアリーグで11試合に出場し3ゴールと少ないチャンスを生かした他、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合で4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録し、チームの優勝に大きく貢献していた。 ただ、いずれのカップ戦も決勝の舞台ではピッチに立たせてもらえず、それまでの貢献は讃えられている一方で、やはり信頼を得ているとは言えない状況だ。 そんな中、リバプールは28日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えており、南野が出場すれば、日本人として初の偉業となる。 しかし、今シーズンのCLではグループステージの4試合の出場に終わっており、決勝トーナメントでは出番が与えられていない。ユルゲン・クロップ監督からの評価は高いが、序列を覆せていない状況がある。 リバプールとの契約は2024年6月30日まで、残り2シーズンある中で、獲得に興味を持っているとされるのがインテルだという。 『Fichajes』によれば、インテルは今季のCL・ラウンド16でリバプールと対戦。その中で、プレーイングタイムが1008分と短い中で10ゴール1アシストと仕事をしている南野に興味を持っているとのことだ。 また、ラツィオやシュツットガルトも注視しているという。 6月には日本代表にも招集されている南野。「チャンピオンズリーグの決勝が終わったら、自分の将来について考える」とメディアに語ったが、果たしてどのような決断を下すだろうか。 2022.05.26 09:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly