アスレティックがバルサとの激戦制して8強入り マルセリーノ「魔法がかった夜」

2022.01.21 15:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アスレティック・ビルバオの監督がマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が歓喜した。

コパ・デル・レイ4回戦でバルセロナと対戦したアスレティックは開始2分にFWイケル・ムニアインのゴールで幸先よく先制したが、20分にFWフェラン・トーレスがバルセロナ移籍後初ゴール。86分に勝ち越してから後半アディショナルタイムにまたしても追いつかれたが、延長前半にムニアインがネットを揺らして、ベスト8に駒を進めた。

アスレティックの公式サイトによると、バルセロナとの120分にわたる激戦を制して、8強入りのマルセリーノ監督も試合後、喜びの感情を露わにした。

「サン・マメスでコパに臨む夜はいつだって特別だが、今夜は魔法がかったものだった」

「生きている限り、忘れることなどないだろうね。我々は素晴らしい相手に対して、試合のほとんどで優れていた」

MFペドリの後半アディショナルタイム弾にも下を向かず、諦めない姿勢が結実したマルセリーノ監督はまた、妥当な結果だとも主張している。

「開始早々にゴールを奪ってから追いつかれたが、自分たちに疑いなどなかった。ハーフタイムをリードして迎えるべきだったとも思う」

「そこから再びリードして、勝利まであと一歩のところで延長戦に持ち込まれたが、我々は立ち直った」

「ポゼッションを除くすべてのスタッツをみれば、我々の方が優れ、勝利に値したのを物語っている」


関連ニュース
thumb

アスレティック、契約満了でマルセリーノ監督が退任

アスレティック・ビルバオは24日、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督(56)が契約満了により退団することを発表した。 2021年1月にビルバオの指揮官に就任したマルセリーノ監督は、就任直後に開催されたスーペル・コパを制覇。そしてコパ・デル・レイでは準優勝に導いた。 今季はラ・リーガで8位、コパ・デル・レイでは準決勝進出の戦績を収めていた。 マルセリーノ監督は退任を受けて「美しい物語を終える時が来たと感じる」とコメント。 なお、後任にはパリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督や元ドイツ代表監督のヨアヒム・レーブ氏らの名前が挙がっている。 2022.05.24 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ守護神がサモラ賞に輝く! クラブ史初の受賞に

2021-22シーズンのラ・リーガは22日に全日程が終了し、セビージャのモロッコ代表GKヤシン・ブヌがサモラ賞を受賞した。 1試合当たりの平均失点が最も少なかったGKに贈られる同賞。ブヌは31試合の出場で24失点に抑え、平均失点は0.77をマークした。セビージャ所属選手がサモラ賞を獲得するのは史上初。アフリカ人での受賞は1996-97シーズンにデポルティーボでプレーした元カメルーン代表GKジャック・ソンゴォ以来、2人目となった。 フレン・ロペテギ監督は最終節のアスレティック・ビルバオ戦後にブヌの受賞について、チームのメンタリティが表れた結果だと語った。 「個人の賞ではあるが、これはチームとしての評価だ。チーム全員がゴールのためにプレーし、得点が奪えないときでもそれをやめない。しかし、この賞はボノ以外には与えられない。なぜなら、ボノはチームという言葉を象徴しているからだ。チームのメンタリティを表すトロフィーとして、ボノはこの賞を受賞したのだ」 また、スペイン人FWラファ・ミルも「おめでとう。賞金の半分は僕たちのものなんだから、ディナーに招待してほしいとお願いしたよ」と、冗談交じりに同僚を祝福した。 ボノの愛称でも親しまれる同選手は2019年夏にジローナから加入。ヨーロッパリーグ(EL)制覇を果たした昨季に続き、今シーズンも正守護神としてチームをチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内となる4位フィニッシュに導いた。 2022.05.23 13:36 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがソシエダ撃破で3位フィニッシュ! セビージャは5戦ぶり白星でホーム最終戦飾るも4位フィニッシュに《ラ・リーガ》

ラ・リーガ最終節、レアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが22日にアノエタで行われ、アウェイのアトレティコが1-2で勝利した。 勝利で3位確定を目指すアトレティコ(勝ち点68)は、6位フィニッシュが確定しているソシエダ(勝ち点62)とのアウェイゲームに臨んだ。シメオネ監督はこの一戦に向け、ルイス・スアレスとマテウス・クーニャを入れ替えた以外、同じメンバーで臨んだ。 立ち上がりからホームのソシエダがイサク、セルロートの2トップを起点に良い形の仕掛けを見せていく。安定したボールポゼッションに加え、守備の局面でも切り替えの精度、連動したプレスでアウェイチームに自由を与えない。 決定機まであと一歩という状況が続くも、30分には右サイドから強引に内へ仕掛けたセルロートがカットインからシュート。GKオブラクが前にはじいたボールをラフィーニャが押し込みにかかるが、このシュートは右ポストを叩いた。 前半半ばから終盤にかけてもホームチームの時間帯が続いたが、ラフィーニャがボックス付近での2度の決定機でシュートを枠に飛ばすことができず、ゴールレスでの折り返しとなった。 前半シュート0と低調なパフォーマンスに終始したアトレティコだったが、ハーフタイムに闘将から強烈な檄が飛んだのか、後半はアグレッシブな入りを見せる。 キックオフ直後にクーニャ、デ・パウルと続けてシュートを放つと、50分にはコンドグビアの球際の粘りからボックス手前でグリーズマンの落としに反応したデ・パウルが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左隅を射抜いた。 前半の守勢を耐え抜き勝負所で決め切る、らしい戦いぶりでリードを手にしたシメオネのチームは、直後の56分にもカラスコのチャンスメークからグリーズマンに追加点のチャンスが訪れるなど、完全に試合のペースを掴む。 その後、63分には互いにこの試合で初めて交代カードを切った中、アトレティコの采配が試合を動かした。69分、セットプレーの二次攻撃からカラスコがボックス内へ入れた縦パスをゴールを背にしたコケが丁寧にマイナスに落とすと、前向きな状態でサポートに入ったアンヘル・コレアが絶妙な右足のダイレクトシュートを右隅へ突き刺した。 これで勝利に大きく近づいたアウェイチームは試合終盤にグリーズマン、デ・パウルを下げてスアレス、レマルの投入で試合をクローズにかかる。 後半アディショナルタイムにはDFフェリペのハンドで与えたペナルティアーク付近でのFKの場面で、キッカーのヤヌザイのシュートはGKオブラクがファインセーブで防いだものの、こぼれ球をグリディに頭で押し込まれて1点を返される。それでも、リードをきっちり守り切り1-2の勝利。今季最終戦を白星で飾り、自力での3位フィニッシュを決めた。 また、同日行われたセビージャvsアスレティック・ビルバオは、ホームのセビージャが1-0で勝利した。 逆転でのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権獲得を目指す8位のアスレティック(勝ち点55)と、同じく逆転での3位フィニッシュを目指す4位のセビージャ(勝ち点67)による上位対決。 試合はホームのセビージャが優勢な入りを見せると、10分には左サイド深くでアクーニャが入れたクロスをゴール前に飛び込んだラメラが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。 以降はボールを握って押し込むセビージャ、カウンターで応戦するアスレティックという構図の下で一進一退の攻防が続く。27分にはボックス手前で強引に仕掛けたユーリのシュートがゴールネットを揺らすが、オンフィールドレビューの結果、トラップ際のハンドを取られてアウェイチームの先制点は認められず。 その後は球際でのバトルが強調され、両チームの選手がヒートアップする場面も散見。その中でアスレティックがよりゴールに迫るが、ボックス内に持ち込んだベレンゲルのシュートが枠を外れるなど、決め切るまでには至らなかった。 ゴールレスで迎えた後半はイニャキ・ウィリアムズのポスト直撃のシュート、VARのレビューでオフサイドとなったレキクの幻のゴールと互いに決定機を作り合うオープンに入りに。 以降はセビージャペースで試合が進むと、途中出場のラファ・ミルが決定的な仕事を果たす。68分、ラメラの絶妙なスルーパスでオフサイドラインを破ったラファ・ミルがボックス内に持ち込み、ニア下を狙ったシュートでGKとの一対一を冷静に制した。 その後は交代カードを切りながら危なげなく時計を進めたセビージャが、アスレティックの攻撃をクリーンシートで凌ぎ切り、得意のウノセロ勝利。直近4試合連続ドローと勝ち切れない状況が続いた中、ホーム最終戦で5試合ぶりの白星を飾った。 2022.05.23 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アスレティックがポチェッティーノ監督招へいを画策か

今季終了後の去就が注目されているパリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督だが、新天地候補として新たにアスレティック・ビルバオも浮上している。 2021年1月にPSGの監督に就任したポチェッティーノ監督。先日にリーグ・アン優勝を果たしたものの、本命であるチャンピオンズリーグではベスト16で敗退を喫し、FWリオネル・メッシやDFセルヒオ・ラモス、GKジャンルイジ・ドンナルンマらを獲得した昨夏の大型補強の成果を出すことはできなかった。 常に退任の噂が付き纏っているアルゼンチン人指揮官には、ラルフ・ラングニック監督の後任としてマンチェスター・ユナイテッドとの関連が伝えられていたが、アヤックスのエリク・テン・ハグ監督の就任が決定し、その線は消滅。そんな中、フランス『レキップ」によると、アスレティックが招へいを画策しているという。 アスレティックは昨年1月からマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が率いているが、現状でヨーロッパリーグの出場権獲得は厳しく、契約満了となる今夏のタイミングで袂を分かつと言われている。ポチェッティーノ監督とは以前から連絡を取り合っているようだ。 ポチェッティーノ監督はかつて2009年から2012年にエスパニョールを指揮した経験がある。チャビ・エルナンデス監督が就任する前にはバルセロナからの関心も噂されていたが、再びスペインで仕事をすることになるのだろうか。 2022.05.10 13:48 Tue
twitterfacebook
thumb

アスレティックがラウール・ガルシアと契約更新! 直近バレンシア戦ではプリメーラ出場数で歴代3位に浮上

アスレティック・ビルバオは9日、元スペイン代表FWラウール・ガルシア(35)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 オサスナでプロキャリアをスタートし、アトレティコ・マドリーから2015年にアスレティックに完全移籍で加入したラウール・ガルシア。 キャリア初期はインテリオールなどでもプレーしたが、アトレティコ時代にディエゴ・シメオネ監督の薫陶を受け、空中戦の強さ、キープ力、スペースをアタックする攻撃的な能力を、より生かすためにセカンドトップでの起用が増えると、アスレティックではよりセンターフォワードに近い役割を担う。 在籍7シーズンを過ごすアスレティックでは、ここまで公式戦293試合に出場し、80ゴール36アシストを記録。2度のコパ・デル・レイ準優勝や2020-21シーズンのスーペル・コパ・デ・エスパーニャ制覇に大きく貢献している。 また、今シーズンのラ・リーガで32試合6ゴール3アシストと、未だ健在ぶりを発揮している35歳は、直近のバレンシア戦でプリメーラ通算551試合出場を達成し、元レアル・マドリーのFWラウール・ゴンサレス氏を抜き、通算出場数で歴代単独3位に浮上。 なお、ラウール・ガルシアの上にいるのは、ベティスのMFホアキン・サンチェス(597試合)、元バルセロナのGKアンドニ・スビサレッタ氏(622試合)の2名だ。 2022.05.09 23:23 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly