「常に負けられない」誕生日3日違いの久保建英にライバル心の清水MF松岡大起、初代表でW杯最終予選を「体験したい」と意気込み

2022.01.17 12:34 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。清水エスパルスのMF松岡大起が、意気込みを語った。

日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。

そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。

今冬セルティックへと移籍したMF旗手怜央、FW前田大然の2選手が不参加となり、追加招集された松岡がメディアのオンライン取材に応対。初の日本代表へ意気込みを語った。

今回の代表招集でのアピールについては「まずは初選出ですごく嬉しいです。自分が持っているものを全てアピールするということで覚悟を持ってこの合宿にきました」と意気込みを語った。

同世代、3日しか誕生日が違わないMF久保建英(マジョルカ)へのライバル心をかつて口にしていた松岡だが「ステージは上に自分としても進めていると感じていますが、この前も試合で結果を残していましたし、常に負けられないと刺激を持っています」とライバル心はあるとコメント。「海外でやりたいという思いもあるので、そこに向かって1日1日やっていきたいと思います」と、更なるステップアップのために努力すると語った。

2021シーズンは下部組織から過ごしたサガン鳥栖を離れ、清水へと完全移籍。環境が大きく変わる中でプレーした。

1年間の成長については「自分の中で成長した部分は味方に声を掛ける部分、掛け方という部分でも1つ成長というか学んだものがありました」とコメント。「自分が本当に知らないチームの中でプレーすることは初めてだったので、どういう感じかというのはありましたが、周りの方のサポートもあり、自分というものをチームが変わっても出せたと思います」と、新天地でもらしさは出せたと語った。

今回の合宿にあたっての予習については「A代表の試合はずっと見てきたので、目標であるA代表で絶対結果を残そうと思ってきました」とコメント。「自分の中でW杯に出るという目標もありますし、アジア予選にも出るという強い覚悟と気持ちを持ってきました」と、試合出場まで考えていると語った。

また、今回の狙いについては「たくさんの経験ある選手がいるので、本当に全員に話を聞きたいと思います。海外のことも日本のことも聞きたいです」とし、「その中で、取り入れるものを選んでやっていきたいと思っています」と、話を聞いた上で、取捨選択していく考えのようだ。

現在20歳の松岡。しかし、世界的に見れば10代でA代表として活躍している選手もいるため、若手とは言い難い状況だ。

今回の合宿では「選ばれて嬉しいですし、呼ばれただけでなく、自分の特徴である声を出して存在感を示すこと、ボールを奪うところも全て特徴を出したいです」とアピールポイントをコメント。「世界で見ても20歳は若くないと思っています。常に自分でも危機感を持ってやっていますし、もっと上に行きたい気持ちはあるので、この合宿でピッチの中で出していければと思います」と、臆することなくしっかりとやっていきたいとした。

その松岡が目指すW杯までは1年ない状況だ「W杯というものは自分の目標、夢としてやってきたもので、テレビ越しでずっと見てきて、自分んもこの舞台に立ちたいという思いは幼い頃からありました」とコメント。「W杯に出場することは簡単ではないということもすごく感じるものです。同じチームである権田(修一)選手からいろいろな話を聞いて、すごい経験だと感じる部分はあるので、自分自身で体験したいと思います。勝ち取るためにもこの合宿は1日1日を大切にしていきたいと思います」と、まずはW杯最終予選の出場を目指し、経験したいと語った。

今回はチームメイトでもあるFW鈴木唯人と一緒に追加招集となった。クラブへの還元も期待されるところだが「吸収したことをチームでしっかり出すというところは、絶対だと思っています」とコメント。「チームで結果を出したからこそこういう場に呼んでもらえていると思うので、そこは自分もゆいとも、権さん(権田修一)もそうですが、しっかり出したいと思います。トレーニングを一緒にやってきて、常にお互い良い関係で刺激しあってきましたやってやろうという形で、2人で話をしていました」と、2人で強い意気込みを持っていることを明かした。

2022年最初にA代表として活動するシーズン。年末にはW杯が控えているが、2022年については「自分のプロサッカー人生は始まったばかりですが、一番飛躍する年にしたいと思っています」と、強い意欲を持って戦う1年にしたいとした。

関連ニュース
thumb

U-23アジアカップに臨むU-21日本代表が京都MF山田楓喜を追加招集 「本気で戦って魅せてきます!」

日本サッカー協会(JFA)は28日、U-21日本代表に京都サンガF.C.のMF山田楓喜を追加招集すると発表した。 山田は2020年に京都U-18からトップチームに昇格した生え抜き。3年目の今季はここまで公式戦14試合の出場で2ゴールを記録している。 クラブの公式サイトを通じては「日々サンガでやり続けてきていることを日本代表でも変わらずやるだけです! 本気で戦って魅せてきます!」とコメントしている。 AFC U-23アジアカップに臨むU-21日本代表はグループステージでUAE代表(3日)、サウジアラビア代表(6日)、タジキスタン代表(9日)と対戦する。 2022.05.28 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス遠征のU-19日本代表、G大阪FW坂本一彩を追加招集!

日本サッカー協会(JFA)は27日、U-19日本代表にガンバ大阪のFW坂本一彩を追加招集を発表した。 坂本はG大阪ユースから昇格1年目のストライカー。最近は出番がない状況だが、ここまで明治安田生命J1リーグ4試合とJリーグYBCルヴァンカップ4試合の計8試合でプレーしている。 U-19日本代表は5月29日から旧トゥーロン国際大会である第48回モーリスレベロトーナメントに参戦のため、フランスへ。アルジェリア代表、コモロ代表、コロンビア代表と対戦する。 2022.05.27 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表に札幌FW中島大嘉、明治大学MF佐藤恵允が追加招集《AFC U-23アジアカップ》

日本サッカー協会(JFA)は27日、AFC U23アジアカップに臨むU-21日本代表の追加招集メンバーを発表した。 6月1日からウズベキスタンで行われる同大会。U-21日本代表は、北海道コンサドーレ札幌のFW中島大嘉、明治大学のMF佐藤恵允を追加招集した。 24日に21名のメンバーが発表されていた中、ヴィッセル神戸のMF小田裕太郎がコンディション不良のために参加を辞退していた。 残り2名を改めて発表すると大岩剛監督が語っていたが、残りは1名となった。 2022.05.27 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表4試合の国歌独唱歌手が決定! 石井竜也さん、ナオト・インティライミさん、平原綾香さん、秋川雅史さん

日本サッカー協会(JFA)は27日、キリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022の4試合の国歌独唱の歌手を発表した。 久々に行われる国内での親善試合。4試合全てで、日本国歌の『君が代』が独唱される。 キリンチャレンジカップ2022では、6月2日に札幌ドームで行われるパラグアイ代表戦で石井竜也さんが、同6日に国立競技場で行われるブラジル代表戦ではナオト・インティライミさんが国歌を独唱する。 また、キリンカップサッカー2022では、6月10日にノエビアスタジアム神戸で開催されるガーナ代表戦で平原綾香さん、同14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われるチリ代表またはチュニジア代表戦で秋川雅史さんが国歌を独唱する。 2022.05.27 14:47 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸の小田裕太郎がU-21日本代表を辞退…コンディション不良

日本サッカー協会(JFA)は27日、ヴィッセル神戸のMF小田裕太郎がAFC U23アジアカップに臨むU-21日本代表を辞退することを発表した。 JFAの発表によると、小田はコンディション不良とのこと。参加を辞退することとなる。 今シーズンの小田は明治安田生命J1リーグで8試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのメルボルン・ビクトリー戦にも出場したが、その後負傷し本大会には参加していなかった。 U-21日本代表は、日本は初戦でUAE代表、サウジアラビア代表、タジキスタン代表と対戦する。 2022.05.27 12:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly