スーペル・コパ戴冠のレアル、指揮官はチームに自信「クリスティアーノはいないが…」

2022.01.17 10:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎RFEF
レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、スーペル・コパ・デ・エスパーニャ制覇のチームを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。

マドリーは17日、スーペル・コパ決勝でアスレティック・ビルバオと対戦。38分にMFルカ・モドリッチが先制点を挙げると、50分にはFWカリム・ベンゼマがPKを決め、リードを2点に広げた。

87分には相手にPKを与えてしまうも、このピンチでGKティボー・クルトワがビッグセーブ。2-0のまま試合終了を迎え、サウジアラビアの地で2年ぶり12度目のスーペル・コパ制覇を果たした。

2度目の就任後初のタイトル獲得となったアンチェロッティ監督は試合後、チームのパフォーマンスを振り返りつつ、その実力に自信を見せた。

「サウジアラビアで戦ったこの2試合は、タイトル獲得にふさわしいものだった。2試合とも異なった内容だったが、良い試合だった」

「この試合では、これまでとは違ったタイプのパフォーマンスが要求された。しかし、最初の70分間は良いプレーができ、ポゼッションとディフェンスを非常に上手くコントロールした。その後は少し調子を落としたが、決勝戦ではそういうことも起こりうる。タイトル獲得はとても嬉しいし、幸せだ。これからもこのフォームを続けていく」

「マドリーにはたくさんの力がある。まず、非常に優秀なスタッフや、雰囲気の良さ。そして、すべてのコンペティションで戦える強さがある。私はこのチームのプレーを見るのが好きだ。ひとつのプレースタイルではなく、さまざまなプレースタイルで試合に臨めるのがこのチームの強みである。究極とは言えないかも知れないが、(トニ・)クロースとモドリッチの守備は素晴らしい」

「私が前に率いていた時代とは違っている点もあるが、変わらないのは、このチームが持っているクオリティだ。ベースはだいたい同じだ。クリスティアーノ(・ロナウド)はいないが、ヴィニ(シウス・ジュニオール)やロドリゴ(・ゴエス)など、若くてハードワークしている選手がいる。前回と今とでは、プレーの仕方も違ってきているが、選手たちは常に高いプライドを持っているし、ここでのトレーニングは特別だ」


関連ニュース
thumb

【CL注目選手②】決勝で魔法のパスは繰り出されるか、ルカ・モドリッチ

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆ボールに魔法をかけるパスマスター</span> MFルカ・モドリッチ 生年月日:1985年9月9日(36) 所属:レアル・マドリー 国籍:クロアチア 今季成績 ラ・リーガ:28試合2ゴール9アシスト チャンピオンズリーグ:11試合4アシスト 2012年8月にトッテナムからマドリーに加入したモドリッチ。今シーズンが在籍10シーズン目となる。 この間、チームの中心選手として活躍を続け、2018年にはバロンドールを受賞するなど、世界屈指のプレーヤーとして活躍。36歳を迎えた今シーズンも、チームに欠かせない存在であり続け、ラ・リーガ制覇にも大きく貢献した。 豊富な運動量は衰え知らず。攻守にわたってハイレベルのプレーを続けるモドリッチは、凄みさえ感じさせるほど。 特にパスの能力は無理そ磨きがかかったと言っても良いほどに。パス能力、ボールの精度だけでなく、モドリッチにしか見えていないコースへのパスを何本も見せてきた。 ラウンド16のパリ・サンジェルマン戦での狭いコースを抜いてのアシストや、準々決勝のチェルシー戦での浮き球のパスでのアシストはその象徴とも言えるもの。決勝でどんなパスを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">◆自身5度目の戴冠へ</span> モドリッチはマドリーに加入後、すでに4度のCL優勝を経験。2015-16シーズンからの3連覇も中心選手として支えた。 前回のリバプールとの決勝にも当然出場しており、今回も再びリバプールを倒すことを目指してプレーすることは変わりない。 他の選手ではあまりないことではあるだろうが、今回優勝すれば、モドリッチはマドリーで一番多く獲得したタイトルがCLになる。これまで、クラブ・ワールドカップ、CLで4度ずつ優勝。ラ・リーガは今季が3度目だった。スーパーカップを除けば、5度目となり本人としても欲しいところだろう。 前回対戦と大きく変わったところと言えば、クリスティアーノ・ロナウドがいないというところだろう。ただ、同時いなかったヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエスといった若きアタッカーが居る。 モドリッチが彼らを含めてどう操っていくのか。魅惑のパスでゴールを生み出し、チームにトロフィーをもたらせたい。 <span class="paragraph-title">【動画】魔法のパスを操るルカ・モドリッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FqDLaY1Rp8c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「どちらが勝っても私は勝者」シャビ・アロンソ氏がリバプールとマドリーのCL決勝に期待

リバプールとレアル・マドリーのレジェンドであるシャビ・アロンソ氏が、古巣同士のチャンピオンズリーグ(CL)決勝について語った。リバプールのクラブ公式サイトが伝えている。 CL準決勝でビジャレアルに苦戦しながらも勝利を収め、優勝した2018-19シーズン以来の決勝進出を果たしたリバプール。28日にパリで行われるファイナルでは、チェルシー、マンチェスター・シティらプレミア勢を相次いで撃破してきたレアル・マドリーと対戦する。 リバプールとマドリーがCL決勝で対戦するのは2017-18シーズン以来であり、4年前の試合ではマドリーが3-1のスコアで勝利。また、両者は昨シーズンのCL準々決勝でも対峙。そこでもマドリーが2戦合計3-1で勝利した。 少なからぬ因縁を持った2チームの対戦になるが、現役時代に両クラブでCL優勝を経験したシャビ・アロンソ氏は、今回の決勝も楽しみにしているとコメント。ユルゲン・クロップ監督の手腕を称賛しつつ、決勝では両クラブに勝つ可能性があると語った。 「ユルゲン、彼とは(選手として)何度も対戦したことがある。彼は激しく非常に情熱的だ。そして最大の特徴は、選手からベストを引き出せることだろう。選手たちに非常に寛大な態度でコミットさせ、適切なチームを作り上げることができる」 「ユルゲンがチームを指して『彼らはメンタリティ・モンスターだ』と言うのが好きだよ。今年に限ったことではなく、ここ数年の彼らはずっとそうだった。モンスターと言われるようなメンタリティを持っている」 「CL決勝は大きな舞台であり、そのメンタリティを見せなければならないね。マドリーもまたメンタリティ・モンスターだから、大きな、大きな衝突になるだろう。楽しみだ」 「数年前のキーウでの決勝も見に行ったが、両チームと一緒に楽しめて良かった。決勝戦はそれだけがすべてではなく、ファイナルに進出したこと、観客と一緒に楽しむことも大事だと思う。今回もマドリーの友人、リバプールの友人と一緒に参加するよ。私は両チームの真ん中にいるようなものだから、何があっても勝者さ!」 「両チームとも素晴らしいチームであり、どちらも優勝に値する。だから、どちらかが優勝できないのは残念だね。何があってもマドリーが勝つか、リバプールが勝つかだ。いずれわかることであり、CL決勝なのだから楽しめば良い」 2022.05.25 17:29 Wed
twitterfacebook
thumb

【CL注目選手①】出場有無で大きな影響…リバプールを支えるコンダクター、チアゴ・アルカンタラ

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆リバプールを支えるコンダクター</span> MFチアゴ・アルカンタラ 生年月日:1991年4月11日(31) 所属:リバプール 国籍:スペイン 今季成績 プレミアリーグ:25試合1ゴール4アシスト チャンピオンズリーグ:9試合1ゴール 2020年9月にバイエルンからリバプールへと加入したチアゴ。2シーズンで公式戦68試合に出場し3ゴール5アシストを記録している。 昨シーズンの序盤はケガの影響もありほとんど稼働できなかったチアゴだが、ケガが癒えるとチームの中盤に君臨。持ち味であるパスの精度とセンスで試合をコントロールする力を持っている。 高い能力を保持しており、リバプールの攻撃を支えるという点では貴重な存在だが、守備面でも高い強度を持っており、しっかりと相手からボールを奪うプレーもできる。 チームの司令塔としての活躍が期待され、特に精度の高いキックは武器に。テクニックにも秀でており、今シーズンのポルト戦では地を這う低空のスーパーゴールを記録している。 <span class="paragraph-title">◆過去にはトレブルも経験</span> チアゴはバルセロナ出身で、バイエルンを経てリバプールに加入した。 キャリアを通じて数々のタイトルを獲得してきているチアゴだが、チャンピオンズリーグでも2010-11シーズンのバルセロナ、2019-20シーズンのバイエルンと過去に2度優勝を経験している。 特にバイエルン時代の2019-20シーズンはCLに加えて、ブンデスリーガ、DFBポカールと3冠を達成。偉業を成し遂げた中心選手としても知られている。 今シーズンのリバプールもリーグ優勝こそ逃したが、EFLカップ(カラバオカップ)、FAカップとのカップトレブルを目指している状況。チアゴの存在が非常に大きなものとなるだろう。 <span class="paragraph-title">◆欠場の可能性も</span> ただ、そのチアゴには懸念材料が。プレミアリーグの最終戦となったウォルバーハンプトン戦に先発出場したものの、前半の最後にピッチを後にし、そのまま交代していた。 ユルゲン・クロップ監督は「検査をしてみなければ」とコメントするにとどめたが、どうやらアキレス腱を痛めたという話もあり、現時点で起用は不透明。土曜日までにどこまで回復するかで出場の可否が決まるとみられている。 チアゴが抜けるとなれば、リバプールは戦い方を変えなければいけなくなるため、大きな問題となる。かつてのライバルでもあるマドリーを相手に強い意気込みを持っていたはずのチアゴ。ピッチに立った時の輝きに期待したい。 <span class="paragraph-title">【動画】ポルト戦では地を這うスーパーミドルを決めたチアゴ・アルカンタラ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="N3D-n4VL6Ro";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウスがマドリーへの忠誠を誓う!「ここで幸せ」契約延長も間近に

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウスが、クラブへの忠誠を誓っている。 今季はチャンピオンズリーグ決勝を残す中、ここまで公式戦51試合で21ゴール20アシストという圧巻のスタッツを記録しているヴィニシウス。2018年夏の加入から4シーズン目を迎え、ようやく本領が発揮された。 この活躍に、マドリーが大幅な年俸引き上げを含めた契約更新を準備していると言われる一方で、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心も聞かれるようになった。 しかし、スペイン『カデーナ・セール』のインタビューでマドリー愛を強調。契約延長が近づいていることを明かした。 「PSG? 僕はここに残りたい。ここで幸せなんだ。マルセロやカリム(・ベンゼマ)、ルカ(・モドリッチ)のような選手がいる限り、全てが美しい物語となる」 「僕らは僕らの道を歩んでいる。彼らのようになりたいんだ。契約更新も近付いているよ」 伝えられるところによると、マドリーは現在の年俸の3倍となる900万ユーロ(約12億円)の新契約を用意している模様。2028年までの長期契約へ向けて、すでに最終段階に入っているという。 2022.05.25 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、ムバッペ獲得ならずも「ここには将来、スターになれる選手がいる」

フランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を寸前で逃したレアル・マドリーだが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチに驚きはなかったようだ。 今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約切れが迫まったことで、マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。選手とクラブの関係は相思相愛とも言われ、加入は確実と伝えられていた。 しかし、21日にPSGによって発表されたのは、ムバッペとの2025年までの新契約締結。急転直下の残留が決定し、マドリー側は裏切られる形となった。 ムバッペの選択が大きな物議をかもす中、マドリーの中盤の要であるモドリッチもスペイン『マルカ』のインタビューでこの騒動に反応。29日に迫った大一番への集中が最も重要だと語りつつ、クラブにはすでに有望な若手選手がいることを強調した。 「ムバッペについての驚きはなかった。何も知らなかったから、期待もしていなかったんだ。1年間、いろいろな話が出ていたけど、実現するかどうか、何もわからなかった。だからこそ、この問題については考えず、これ以上話す必要はないと考えているよ」 「僕らにはCLの決勝が控えていて、それが最も重要なことだ。レアル・マドリーはこれからも、どんな選手より、どんなものより、トップに立ち続けるだろう。だから、これ以上考える必要はないんだ」 「僕らはとても良いチームで、大きく成長できる選手も多く、素晴らしいシーズンを過ごしてきた。ここにあるもの大切にしている選手が多いんだ。ここには将来、素晴らしいスターになれる選手がいる」 2022.05.25 16:17 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly