再び定位置確保なるか、正GKのコロナ陽性を受け出場の川島永嗣がクリーンシートを達成

2022.01.10 19:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストラスブールの日本代表GK川島永嗣が、再び定位置を掴むかもしれない。ストラスブールはここまでリーグ戦全試合でゴールを守ってきた守護神マッツ・セルスが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、隔離中となっている。そのため、9日に行われたリーグ・アン第20節、メスとのアウェイゲームでは、川島に出場機会が巡ってきた。

公式戦では12月16日のクープ・ドゥ・フランス以来、今シーズン2試合目の出場となった川島。リーグ戦は今季初出場ながらも、クリーンシートを達成し、2-0の勝利に貢献した。
古巣相手に完封勝利を収めた川島は試合後に自身のインスタグラムを更新。「素晴らしいグループの勝利。古巣メスとのダービー。2-0で勝利」と簡潔ながらも、充実感にあふれるコメントを残している。

ファンからも「すごいっ」、「笑顔最高です」、「脱帽です」、「ナイスプレーでした!」など、祝福や称賛の声が届けられた。

昨季も当初は第3GKという位置づけでスタートしながら、セルスの負傷やビングル・カマラ(シャルルロワ)のコロナウイルス陽性反応などでチャンスと得ると、定位置を確保して24試合に出場。契約の2年延長も勝ち取っている。

今回も突如出番が巡ってきた中で結果を残した川島。このまま出場機会を増やすことになるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

【リーグ・アン日本人選手】伊東躍動のランスがPSGと敵地でドロー! 鈴木唯人のデビューはお預けに

リーグ・アン第20節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。さらに、今冬の移籍市場でストラスブールにMF鈴木唯人が加わることになった。 後半戦初戦となる今節ではスタッド・ランスの伊東が唯一の先発出場に。リーグ首位に立つパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイゲームに臨んだ伊東は右ウイングでプレー。難航不落のパルク・デ・プランスに乗り込んだ中、チームと共にアグレッシブな姿勢を示す伊東は、15分にゴール前に飛び出してのダイレクトシュート、24分にボックス内で仕掛けてのゴールライン際のシュートと決定機に絡む。また、ロングカウンターの局面では持ち味のスピードでDFマルキーニョスのイエローカードを誘発する場面も創出。 ほぼ互角の内容をみせてゴールレスで試合を折り返したランスは、後半立ち上がりにネイマールにゴールを許してビハインドを背負う。だが、その直後には伊東の鋭い突破がヴェッラッティのファウルを誘うと、オンフィールド・レビューの結果、危険な足裏タックルにレッドカードが掲示された。そして、日本代表FWの退場誘発によって勝ち点のチャンスを残したランスは決死の攻勢を続けると、後半アディショナルタイムにバログンの土壇場ゴールで同点に追いつく。そして、存在感放った伊東の活躍もあり、難所パルクから勝ち点1を持ち帰ることになった。 鈴木のストラスブールデビューも期待されたオナイウ在籍のトゥールーズとの一戦は、鈴木が負傷中の川島と共にベンチ外となったため、日本人対決は実現せず。この一戦で唯一の出場選手となったオナイウは、チームが2-1のリードで迎えた79分に2ゴールを挙げたダリンガとの交代で途中出場。敵地での逃げ切りに向けて前線からの守備が求められたオナイウはその仕事を忠実にこなした一方、攻撃ではシュート0本に終わって良いアピールとはならなかった。 また、マルセイユとの強豪対決に臨んだ南野はベンチ入りも出場機会はなかった。なお、前回対戦でも激闘を演じた両者の一戦はモナコが相手のオウンゴールで先制に成功したが、後半立ち上がりの失点で追いつかれ、敵地から勝ち点1を持ち帰るにとどまった。 ★南野拓実[モナコ] ▽1/28 マルセイユ 1-1 モナコ ◆ベンチ入りも出場なし ★川島永嗣[ストラスブール] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆ケガのため欠場 ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆ベンチ外 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆79分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽1/29 パリ・サンジェルマン 1-1 スタッド・ランス ◆83分までプレー 2023.01.30 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス挑戦の鈴木唯人がさっそく練習姿! ストラスブール公開の動画にファンのエール多数

ストラスブール入りのU-21日本代表MF鈴木唯人がさっそくトレーニングに合流した。 2020年に市立船橋高校から清水エスパルスに入団して、3季にわたって主力を張った鈴木。2022年1月のA代表合宿に呼ばれ、2024年のパリ・オリンピックを目指す世代別代表でも中心として活躍が期待されるなか、27日にリーグ・アンのストラスブールに買取オプション付きのレンタル移籍が決まった。 日本代表GK川島永嗣も所属するストラスブールで欧州挑戦が決まったばかりの21歳だが、その新天地で第一歩を踏み出しているようだ。リーグ・アンで16位と苦しむストラスブールはクラブ公式ツイッターを通じて、鈴木の練習姿を紹介している。 その動画ではダッシュやステップを織り交ぜ、ボールを扱う姿だけでなく、新たなチームメイトとコミュニケーションを図るシーンも。ファンからは「早いな」という声とともに、「思いっきりやってきてほしい」や、「なにより唯人がプレーしてるの見れて嬉しいよ頑張れ」などのエールが多数集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】パリ五輪世代の有望株が新天地でさっそくトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> I Premières foulées pour Yuito <a href="https://twitter.com/hashtag/Suzuki?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Suzuki</a> sur la pelouse du Racing Soprema Parc <a href="https://twitter.com/hashtag/MercatoRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MercatoRCSA</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Ligue1UberEats?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ligue1UberEats</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Japan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Japan</a> <a href="https://t.co/55Y2ThWQia">pic.twitter.com/55Y2ThWQia</a></p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1619114974747697154?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.28 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ストラスブール、清水MF鈴木唯人の獲得を正式発表!「僕にとって、とても大切な日」

ストラスブールは27日、清水エスパルスからU-23日本代表MF鈴木唯人(21)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。背番号は「18」を着用する。 ストラスブールへの移籍が決まった鈴木は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今日は僕にとって、とても大切な日だ。別の大陸、別の文化、別のサッカーを知り、人間として、サッカー選手として成長し、進歩し続けるつもりです。リーグ・アンはヨーロッパで最高のリーグの一つであり、ストラスブールは象徴的なクラブだし、これは僕にとって大きなチャンスだと思っている。僕はチャレンジが好きなので、このチャレンジを楽しみたいと思っているよ」 また、ストラスブールでチームメイトとなる日本代表GK川島永嗣は、公式サイトで鈴木について「彼はポテンシャルが高く、すでに才能がある。そして、性格もいい子なんだ。彼がストラスブールに到着したことを嬉しく思うとともに、彼がスムーズに適応できるように最大限の努力をするつもりだ」と協力を誓った。 2022年1月のA代表合宿にも呼ばれ、2024年のパリ・オリンピックを目指す世代別代表でも中心を担う鈴木は市船橋高校の出身。小学生の頃は横浜F・マリノスプライマリー追浜でもプレー。 2020年に入団した清水では、ルーキーイヤーから主力として活躍すると、3シーズンでJ1通算83試合5得点を記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】俳句を用いたやや癖のある加入発表に</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/MercatoRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MercatoRCSA</a> I , n.m : court poème japonais de dix-sept syllabes en trois vers. <a href="https://t.co/gPP7zEFBnY">pic.twitter.com/gPP7zEFBnY</a></p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1618990006126923776?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.01.28 01:35 Sat
twitterfacebook
thumb

マインツ、ストラスブールから長身FWアジョルクを獲得

マインツは24日、ストラスブールに所属するフランス人FWリュドヴィク・アジョルク(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までで、背番号は「17」を着用している。 マインツへの加入の決まったアジョルクは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このクラブの一員になれて、とても幸せです。マインツはプレースタイルだけでなく、さまざまな面で僕に合っている。マインツはストラスブールでチームメイトだったアントニー・カシが移籍したことをあり、以前よりよく見ていた。彼は良い友人で、当時は僕に多くのゴールをもたらしてくれた。ブンデスリーガでもそれを続けたいと思ってるよ」 アンジェでプロキャリアをスタートしたアジョルクは、リュソン、クレルモン・フットを経て、2018年の夏にストラスブールへ完全移籍で加入。197cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、水準以上のスピードを備えておりロングカウンターから長い距離を持ち上がってのフィニッシュを武器に在籍4年半で公式戦151試合に出場し51ゴール19アシストを記録していた。 2023.01.25 06:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラMFサンソンがストラスブールへ! 買取OPなしの半年ローンが決定

ストラスブールは23日、アストン・ビラからフランス人MFモルガン・サンソン(28)のレンタルを発表した。契約は今季終了までの買取オプションなし。背番号「8」をつける。 2021年1月にマルセイユからビラに加入したサンソン。ル・マン、モンペリエ、マルセイユを渡り歩くフランスでのキャリアを経て、イングランドに活躍の場を移したセントラルMFだが、定位置確保といかず、今季もここまで公式戦3試合の出場にとどまる状況だった。 今年1月のFAカップでようやく今季初先発のチャンスが巡り、1ゴールを記録したが、母国帰還を決断したサンソンは「この数カ月のリベンジを果たさないといけない。フットボールをやる楽しさを再び見つけたいと強く思う」とコメントしている。 2023.01.24 08:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly