J3で戦う松本がFW伊藤翔、MF平川怜の期限付き移籍満了を発表

2022.01.09 11:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
松本山雅FCは9日、FW伊藤翔(33)、MF平川怜(21)の期限付き移籍満了を発表した。

伊藤は2021シーズン途中に横浜FCから期限付き移籍で加入。明治安田生命J2リーグで18試合に出場し4得点を記録していた。

平川はFC東京から育成型期限付き移籍でシーズン初めに加入。明治安田J2で19試合に出場。天皇杯でも1試合プレーした。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FW伊藤翔
「短期間ではありましたが共に戦えたことに感謝しています。名波監督をはじめ、松本山雅に関わる方々の望む結果を得られなかったことを残念に思い、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「ホーム、アウェイに関わらず熱い声援を送ってくださったサポーターの皆さまには心より御礼申し上げます。この松本山雅のサッカーは皆さまが支えていると強く感じました。まずは、松本山雅FCがサッカーへの熱い思いを持ったサポーターと共にJ2リーグへ復帰するのを願っています」

◆MF平川玲
「松本山雅FCのサポーターの皆さん!昨年はありがとうございました!チームの勝利のためにプレーしましたが、結果を出せずに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「松本山雅のエンブレムを背負って戦ったこの経験を活かして、努力していきたいと思います!サポーター、チーム関係者の皆様本当にありがとうございました!」

関連ニュース
thumb

松本MF村越凱光がラインメール青森FCに育成型期限付き移籍 「修行してきます!」

松本山雅FCは29日、MF村越凱光(20)が日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森FCに育成型期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2023年1月31日までとなる。 村越は2020年に飯塚高校から松本に入団。プロ入りから3年目の今季も明治安田生命J3リーグ5試合に出場と着実に出番を増やしている状況だったが、シーズン後半からJFLで経験を積むことが決まった。クラブを通じて新天地での成長を誓っている。 「このたび、ラインメール青森へ移籍することになりました。山雅にとって大事な時期に、このような形でチームを離れることになってしまいすみません。松本山雅に来て自分にとってサポーターの皆さんと出会えたことは宝物です」 「たくさんの応援に答えられずにいた自分を変えるために、もっと成長して帰ってきます! 松本山雅の力になれるような選手になるために修行してきます! また会いましょう! 行ってきます!」 2022.06.29 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

前田大然がプロデビューした松本の練習に参加!セルティックと同じ“緑”のウェアには「びっくりするぐらい違和感ゼロ」

セルティックに所属する日本代表FW前田大然が古巣である松本山雅FCの練習に参加した。クラブの公式ツイッターが伝えている。 2016年に山梨学院高校から松本に加入した前田は、水戸ホーリーホック、ポルトガルのマリティモを経て、2020年夏から横浜F・マリノスでプレー。今年1月からセルティックにローン移籍すると、完全移籍に移行することがすでに発表されている。 松本は、「先日、オフで帰国していた 前田大然 選手が、かりがねサッカー場を訪れ、練習に参加しました」と報告、前田はクラブの練習着を身に纏っており、練習場を訪れるだけでなく、トレーニングにも参加したようだ。 これには松本のファンも歓喜。「嬉しすぎる」、「感動」、「松本の誇り!」といった言葉が並べられたほか、「緑が似合う」「びっくりするぐらい違和感ゼロ」とセルティックと同じ緑を基調とするトレーニングウェア姿にも注目が集まっている。 前田にとってはプロデビューのクラブである松本。前田は26日にサンプロアルウィンで行われた明治安田生命J3リーグ第14節のいわきFC戦も観戦に訪れており、今も強く気にかけているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】違和感がない!?前田が松本山雅のトレーニングウェアを着た姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">先日、オフで帰国していた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%A4%A7%E7%84%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#前田大然</a> 選手が、かりがねサッカー場を訪れ、練習に参加しました⚽️<a href="https://twitter.com/M_daizen_1020?ref_src=twsrc%5Etfw">@M_daizen_1020</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/yamaga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yamaga</a> <a href="https://t.co/OmmbPS13tM">pic.twitter.com/OmmbPS13tM</a></p>&mdash; 松本山雅FCオフィシャル (@yamagafc) <a href="https://twitter.com/yamagafc/status/1541344332783157248?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.28 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島がYS横浜に快勝し暫定首位!【明治安田J3第13節】

明治安田生命J3リーグ第13節の4試合が各地で行われた。 首位返り咲きを目指す2位の鹿児島はホームで最下位のYS横浜と対戦した。開始12分、相手のミスパスを米澤が敵陣で奪い、ボックス手前からシュートへ。一度は右ポストに嫌われてしまうものの、こぼれ球をボックス左から自ら押し込んで早々に先制した。 そこから30分まではYS横浜にペースを握られる展開となったものの、33分に右CKを獲得すると、ショートコーナーから薩川が左足でクロスを上げ、手前で米澤がフリック。最後は岡本がボックス左から頭で折り返したところをロメロ・フランクが押し込んで追加点を挙げた。 後半に入ると、YS横浜が60分に土館のシュートが鹿児島GK白坂を強襲。ボックス手前から丁寧に狙ったシュートがゴール右上を捉えたが、GKの守備範囲だった。 前半からシュートは少なくないものの、1点が遠いYS横浜。76分の鹿児島のCKでは、ロメロ・フランクのシュートをGK石井が弾くも、吉田に当たってオウンゴールに。 結局、3-0で鹿児島が完勝。翌日に試合を控えるいわきFCを抜いて暫定首位に立った。 ニンジニアスタジアムで行われた愛媛vs松本は点の取り合いに。まずは27分、オフサイドギリギリで抜け出した進の右からの折り返しを松田が押し込んでホームの愛媛が先制する。 前半はこの1点にとどまったが、後半から激しさを増す。松本は53分、U-19日本代表帰りの横山が味方の横パスを左足ダイレクトで叩き、ボックス手前左から見事なミドルシュートを突き刺す。 同点とされた愛媛だが、71分のFKで、ボックス手前左の位置から茂木がゴール左上に突き刺し芸術的なシュートを決めて勝ち越し。さらにその10分後には佐々木のミドルシュートが炸裂。ボックス手前から右足を振り抜き、ゴールネットを射抜いた。 立て続けの失点で後がなくなった松本は、後半アディショナルタイムに宮部が1点を返すが、時すでに遅し。勝ち点を伸ばせず上位2チームにプレッシャーを掛けることはできなかった、一方、3試合ぶりの白星をあげた愛媛は、暫定ながら8位に浮上している。 ◆第13節 ▽6/18(土) 福島ユナイテッドFC 0-1 FC岐阜 SC相模原 0-1 カマタマーレ讃岐 愛媛FC 3-2 松本山雅FC 鹿児島ユナイテッドFC 3-0 Y.S.C.C.横浜 ▽6/19(日) いわきFC vs ギラヴァンツ北九州 ガイナーレ鳥取 vs テゲバジャーロ宮崎 藤枝MYFC vs FC今治 AC長野パルセイロ vs ヴァンラーレ八戸 カターレ富山 vs アスルクラロ沼津 2022.06.18 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

松本、雷雨中断も藤枝との上位戦制して9試合負けなし!【明治安田J3第12節】

明治安田生命J3リーグ第12節の松本山雅FCvs藤枝MYFCが11日にサンプロアルウィンで行われ、ホームの松本が2-0で勝利した。 今季のリーグ戦も3割を消化したなか、勝ち点22を積み上げて3位につける松本と勝ち点20で4位につける藤枝の一戦。ともに上位浮上に向けて是が非でも3ポイントがほしい試合は序盤から松本が主導権を握り、多くのチャンスを演出する。対する藤枝も数少ないチャンスから松本のブロックを素早いパスで翻弄し、得点の隙をうかがうが、10分を過ぎると、藤枝もボールを保持する時間が増え、互いにチャンスを作り出すことができず、こう着状態となる。 そのなか、徐々に藤枝が盛り返し、27分に右サイドをドリブルで切り込んだ久保、30分には敵陣左で獲得したFKに秋山が合わせてチャンスを演出。しかし、ロングボールで攻めに転じた松本がクロスでチャンスを作ると、ボックス内で田中が相手DFに倒されてPKを獲得し、34分に一度はGK内山に防がれたものの、キッカーの小松が自ら押し込んで先制に成功した。 勝利を手繰り寄せるためにも追加点のほしい松本だが、44分に決定機を迎えた田中がネットを揺らせずにいると、45分には藤枝の鈴木惇がミドルシュートを放ち、反撃ムードを強める。巻き返しのムードが漂う中で前半を終えた藤枝だったが、なんと雷雨によりハーフタイムで試合が中断。1時間以上の中断時間を経て再開とリズムが乱される展開を強いられたが、松本が勝利を手繰り寄せる追加点を奪った。51分、GKビクトルからのロングボールを受けた菊井とのパス交換から外山がボックス左深くに入ってクロス。先制点を奪った小松が再びネットを揺らして追加点を奪った。 その後、藤枝が幾度となくゴールに迫るも、松本は運動量を落とすことなく対応。5選手からなる最終ラインを突破させることなく、慎重に試合を進める。対する藤枝は、攻める手段を探るべく後列からボールを回して隙をうかがうも、チャンスは少なく、決定機まで持っていくことができない。結局、松本が後半のアディショナルタイム3分も凌ぎ切って2-0で試合終了。藤枝が6試合ぶりの敗戦で足踏みとなり、松本は9試合負けなしで勝ち点を「25」まで積み上げた。 ◆第12節 ▽6/11(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 藤枝MYFC ▽6/12(日) 《13:00》 アスルクラロ沼津 vs Y.S.C.C.横浜 《14:00》 ヴァンラーレ八戸 vs ガイナーレ鳥取 FC岐阜 vs 鹿児島ユナイテッドFC カマタマーレ讃岐 vs いわきFC ギラヴァンツ北九州 vs 福島ユナイテッドFC テゲバジャーロ宮崎 vs カターレ富山 《16:00》 AC長野パルセイロ vs 愛媛FC FC今治 vs SC相模原 2022.06.11 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

髙原直泰出場の沖縄SVが今治に下剋上! 松本、福島などその他J3勢は勝ち上がり《天皇杯》

21日、第102回天皇杯1回戦の9試合が各地で行われた。 前田俊介監督率いる沖縄SVはFC今治と対戦。前半のアディショナルタイムに中川風希のゴールで先制を許したものの、後半セットプレーを中心に一挙4点を奪っての逆転勝利を収めた。また、元日本代表FWの髙原直泰も65分からピッチに立っている。 松本山雅FCは石川県代表の北陸大学と対戦。榎本樹、田中パウロ淳一のゴールで2点を先行したが、前半のうちに1点を返されると、59分にも失点を喫する。だが、直後に田中パウロの得点で再び勝ち越すと、そのまま逃げ切り。3-2で勝利を収め、苦しみながらも次のステージへ駒を進めた。 福島ユナイテッドは初出場のノースアジア大学と顔を合わせた。開始1分に高橋潤哉が大量点の口火を切ると、前半だけでハットトリックを達成し、計4点を奪取。7-1の圧勝で、秋田県代表を退けている。 中京大学と対戦したFC岐阜は追い掛ける展開を余儀なくされた。15分に先制を許すと、39分に石津大介の得点で追い付いたものの、66分に再びリードを奪われる。だが、75分にオウンゴールで再度試合を振り出しに戻すと、84分に途中出場のンドカ・チャールスが決めて勝負あり。逆転勝利で2回戦進出を果たしている。 その他の結果は以下の通り。 ◆1回戦 ▽5月21日(土) [1]札幌大学(北海道代表) 1-0 山梨学院大学PEGASUS(山梨県代表) [2]ヴェルフェ矢板(栃木県代表) 7-0 長井クラブ(山形県代表) [3]松本山雅FC 3-2 北陸大学(石川県代表) [4]FC今治 1-4 沖縄SV(沖縄県代表) [8]FC岐阜 3-2 中京大学(愛知県代表) [11]アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表) 2-4 関西大学(大阪府代表) [22]福島ユナイテッドFC 7-1 ノースアジア大学(秋田県代表) [23]ホンダロックSC(宮崎県代表) 3-0 マリーゴールド熊本(熊本県代表) [24]ソニー仙台FC(宮城県代表) 3-1 東京国際大学FC(埼玉県代表) ▽5月22日(日) [5]上武大学(群馬県代表) vs 富士大学(岩手県代表) [6]鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州 [7]ヴァンラーレ八戸 vs 新潟医療福祉大学(新潟県代表) [9]MD長崎(長崎県代表) vs FC神楽しまね(島根県代表) [10]福井ユナイテッドFC(福井県代表) vs 同志社大学(京都府代表) [12]奈良クラブ(奈良県代表) vs Honda FC(アマチュアシード) [13]鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県代表) vs Cento Cuore HARIMA(兵庫県代表) [14]高松大学(香川県代表) vs 周南公立大学(山口県代表) [15]Brew KASHIMA(佐賀県代表) vs 高知ユナイテッドSC(高知県代表) [16]ガイナーレ鳥取 vs ヴェルスパ大分(大分県代表) [17]桐蔭横浜大学(神奈川県代表) vs 立正大学(東京都代表) [18]MIOびわこ滋賀(滋賀県代表) vs 環太平洋大学(岡山県代表) [19]カターレ富山 vs 藤枝MYFC [20]筑波大学(茨城県代表) vs ブリオベッカ浦安(千葉県代表) [21]福山シティFC(広島県代表) vs FC徳島(徳島県代表) 2022.05.21 15:24 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly