栃木がDF髙杉亮太の現役引退&強化担当就任を発表…愛媛や長崎でプレー

2022.01.06 16:31 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは6日、DF髙杉亮太(37)の現役引退を発表した。

なお、髙杉は強化担当に就任することも併せて発表されている。

髙杉は山口県出身で、高知高校から明治大学へと進学。2006年に当時関東サッカーリーグ2部のFC町田ゼルビアへとテスト入団した。

2007年には愛媛FCへと加入すると、2013年にはV・ファーレン長崎へと完全移籍。長崎では2017年にJ1昇格に貢献。J1でもディフェンスの要としてプレーした。

2020年から栃木でプレー。2021シーズンは明治安田生命J2リーグで4試合の出場に終わっていた。

キャリア通算では、J1で30試合1得点、J2で320試合13得点、リーグカップで1試合、天皇杯で10試合1得点を記録していた。

髙杉はクラブを通じて、引退へのコメントを寄せている。

「明けましておめでとうございます。私、髙杉亮太は2021シーズンをもちまして現役を引退することにしました」

「自分のために始めたサッカーでしたがいつしか、応援してくれる人のため、指導してくれた方々のため、スポンサーのため、共に戦う仲間のため、チームのため、そして家族のためにと変化していきました。誰かのためにサッカーすることでここまで頑張れたと思います。いや、そういう人たちがいてくれたからこそ、ここまで長く現役生活を送ることができたのだと感じています」

「私のサッカー人生に関わって頂いた方々の人生が少しでも豊かに、幸せに、エキサイティングになってくれていたのなら自分がやってきたことに意味があったのかなと思います。アスリートの人生は多くの人たちの人生と共に進んでいます。その人たちの未来を素晴らしいものに変えるほどのパワーを持っているのもアスリートです。自分はそこまでのことを出来なかったかもしれませんが、多くのアスリート、そして栃木SCの選手たちが関わる人たちを幸せにしてくれることを強く願っています」

「私のサッカー人生に寄り添って支えて頂いた多くの方々に感謝とお礼申し上げます。本当にありがとうございました」

「そして、2022シーズン栃木SC強化担当に就任することとなりました。選手としてはなかなかチームに貢献できなかった私に立場は変わりますが、再び栃木SCのために働けるチャンスを頂き感謝しています。今の自分だからこそ出来ることを最大限に発揮し、チーム・選手を全力でサポートしていきます。今後の髙杉亮太もよろしくお願いいたします」


関連ニュース
thumb

監督交代の相模原が栃木DF面矢行斗を育成型期限付き移籍で獲得「J2昇格という喜びを爆発させたい」

SC相模原は25日、栃木SCのDF面矢行斗(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日まで。栃木との公式戦には出場できない。なお、背番号は「3」を付ける。 面矢は京都サンガF.C.の下部組織から東海大仰星高校に進学。その後、東海大学を経て、2021年に栃木へ入団した。 プロ1年目から明治安田生命J2リーグで21試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場していたが、今シーズンはここまでリーグ戦わずか3試合の出場に終わっていた。 面矢は両クラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「初めまして。栃木SCから育成型期限付き移籍で加入することになりました、面矢行斗(おもやゆくと)です」 「SC相模原ファン・サポーター、チームメイト、スタッフ関係者の皆様と共にピッチの上でJ2昇格という喜びを爆発させたいです。SC相模原のために全力を尽くします。宜しくお願いいたします」 ◆栃木SC 「日頃より栃木SCの応援、誠にありがとうございます。この度、育成型期限付き移籍にてSC相模原でプレーすることになりました。シーズン途中であり、チームは良い状況とは言えない時期にチームの力になることができず申し訳ありません」 「フットボール、心身共に成長した姿を必ず見せられるよう全力で頑張って来ます。今後とも、栃木SCファン・サポーターの皆様の熱い応援を宜しくお願いいたします」 相模原は成績不振から高木琢也監督を解任。薩川了洋監督が就任していた。 2022.05.25 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

栃木のDFカルロス・グティエスが自転車と接触事故…20日前の事故の報告に「検証に時間を要したため」と謝罪

栃木SCは31日、DFカルロス・グティエスが交通事故を起こしたことを発表した。 クラブの発表によると、3月11日にカルロス・グティエレスが運転する車が、栃木県宇都宮市内を走行中に自転車と接触したとのことだ。 警察への事故の届け出、現場検証等は既に完了したとのこと。2週間以上も報告がなかった理由については、「検証に時間を要したため、ご報告が遅くなりましたこと幾重にもお詫び申し上げます」と報告している。 また、「今回の件につきまして、お相手の方とご家族には多大なるご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。あわせて、関係者のみなさまにはご心配とご迷惑をお掛けしましたことを、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪した。 カルロス・グティエレスは、アビスパ福岡から今季加入。ここまで明治安田生命J2リーグで7試合に出場し1得点を記録していた。 2022.03.31 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

A代表入りへ、U-21日本代表DF鈴木海音の意気込み「栃木で常に試合に出続けて、結果を残さなければいけない」

U-21日本代表のDF鈴木海音(栃木SC)が、U-23カタール代表戦を振り返った。 U-21日本代表は26日、ドバイカップU-23の第2戦でU-23カタール代表と対戦。初戦のU-20クロアチア代表戦からDF半田陸(モンテディオ山形)、MF甲田英將(名古屋グランパス)、MF斉藤光毅(ロンメル)の3名以外の全員を入れ替えて臨んだ。 試合は前半からビルドアップでミスが散見される展開となるも、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)の体を張った守備で得点を許さず。28分には斉藤が抜け出してビッグチャンスを迎えるが、シュートはポストに嫌われた。 ゴールレスで迎えた後半、53分に右サイドを突破したFW細谷真大(柏)が鋭いボールを中央へ入れると、走り込んでいた斉藤に収まり、ゴール左に決めて日本が先制する。 先制した日本は選手を入れ替えていくと、86分には左CKのクリアボールを途中出場の山本理仁(東京ヴェルディ)が見事なジャンピングボレーを叩き込み、2-0。日本は連勝を収めた。 この試合センターバックで先発した鈴木は「個人的な感想としては、1戦目出られなかった悔しさもあって、この試合でやってやろうという気持ちがありましたが、入りから相手の勢いをうまく弾き返せなかったという印象もありますし、自分がもっと潰せたらもっと楽に試合を運べたかなと思います」と反省。「1つのプレーで試合が難しくなると思うので、最初からクリアなどを発揮すべきだったと思います」と、前半からしっかりとプレーしたかったとした。 またビルドアップも前半からうまくいかなかったが、「相手がそこまで前に来るプレスじゃなかったので、CBがもう少し前に運んで味方に時間を作ってパスを出せればよかったと思います」とこちらも反省し、「判断が遅くなって、相手に奪われるシーンはいくつもあったので、それはいけないですし、失点につながったらいけないので、これからないようにしたいと思います」と、素早い判断をピッチ上でしていかなければいけないとした。 久々に国際試合となったカタール戦。海外の選手との試合については「去年は全然試合に絡めなくて、今年は栃木で5試合連続で出ていますが、J2の感覚とは違って、日の丸を背負って戦うことの責任もあります」とコメント。「自分は中学から経験していますが、どの年代も代表は重要です。皆さんを感動させるものだと思うので、相手がどうというより、自分たちがやることをやれば勝てると思っていたので、相手のことは気にしていなかったです」と、相手を気にせず、日本代表としてしっかりとプレーすることを目指したとした。 鈴木は東京オリンピックのトレーニングパートナーとしても呼ばれ、今回の活動はこれで終了。一足先に日本へと帰国する。 この先の自身の振る舞いについては「A代表に入る目標はもちろんありますが、栃木で常に試合に出続けて、結果を残さなければいけないと思います」とコメント。「DFですが勝利や無失点もそうですが、個人でボールを奪う、ゴールを守るということを見せないと厳しくなってくる。1つ1つのプレーにこだわってやって行きたいと思います」と所属クラブでしっかりとしたパフォーマンスを出し続けたいとした。 その鈴木は試合に出続けていることですでに成長している。栃木でのプレーについても「試合に出て学ぶことはすごく多いです。去年もジュビロ磐田で学べることは多かったですが、試合に出ることで出る課題、できることを試合中に感じることも、映像を見て振り返っても何シーンも出てくるので、練習で意識するとできるようになったなということを感じるので、そこはプラスになっていると思います」と、栃木に今回の反省をしっかりと持ち帰って取り組みたいとした。 2022.03.27 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木退団の和田達也が北信越1部の福井ユナイテッドFCへ

栃木SCは12日、MF和田達也(27)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCに加わると発表した。 和田は興國高校出身で、2013年に松本山雅FCでプロ入りすると、2016年から栃木でプレー。だが、2018年を境に出番が減っていき、昨季は出場なく、同シーズン限りで契約満了に伴う退団が決まった。 新天地を通じて「この度、福井ユナイテッドFCに加入する事になりました和田達也です。チームの目標を達成する為に、日々の練習から覚悟を持って闘いたいと思います」とコメントしている。 2022.03.12 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「ビックリした」追加招集で初の世代別日本代表入り、栃木FW小堀空が肉体改造のキッカケは「鹿島のエヴェラウド」

U-21日本代表候補が7日からトレーニングキャンプを実施。2日目のトレーニングを終えた。 2024年のパリ・オリンピックを目指す世代が大岩剛監督を迎えて初めての活動を実施。Jリーグ開催期間ながら、3日間の短期合宿を行った。 月末にはドバイカップU-23に出場し、国際試合を行うこととなっているが、その前にチームが始動した。 2日目のトレーニングを終え、FW小堀空(栃木SC)がメディアのオンライン取材に応対した。 追加招集という形で呼ばれた小堀は「ビックリしましたけど、自分が目指していた場所ではあるので、ここからだなという感じです」と招集を受けての心境を語った。 これまで世代別代表に縁がなく、昨シーズンまではJ2で2試合しか出場していない小堀。その中での招集となり、初めて会う選手も多い中だったが「段々馴染めてきましたし、ちょっとしたパスでもチームより早かったり質が良かったりするので、そこをチームに持ち帰れればと思います」と、得たものはすでにあるようだ。 栃木の下部組織から育ってきた小堀だが、今季は開幕から3試合連続でスタメン出場を果たしている。今季出番を得ていることについては「去年から自分のサッカーに対する考え方だったり、体の作り方と向き合ってきていて、去年のうちに自分は準備できていたと思っていました。なかなかチャンスが来なくて、今年試合出られるようになって、試合に出ることで見つかってきた課題があるので、そこを振り返りながら、今後に活かせればと思います」とコメント。徐々に自身の中でも掴んでいるものがあるようだ。 1番変化した部分については「体」と語る小堀。そのキッカケは「去年天皇杯でアントラーズとやって、FWにエヴェラウド選手がいて、体作りが大事だなと思いました。体が出来上がってきて、自信がついてきた事が大きかったと思います」と語り、鹿島の助っ人ストライカーを目標にしているとした。 突然の招集となったが、チャンスを掴んだ小堀。「今回追加招集という形で呼ばれましたけど、本気でパリ五輪を目指していて、目標でもあったので、試合に出て点を取ったり、チャンスを作ったりということでチームに貢献していきたいと思います」と、結果を残して今後も呼ばれ続けたいと意気込みを語った。 そのU-21日本代表は9日にトレーニングマッチを実施。実戦の場が与えられる中、小堀は自身のプレーについて「すごく走れると思っているので、身長を生かした競り合い、背後で起点を作って収めたり、自分が点を取って勝つのが一番ですが、自分のゴールよりチームの勝利が大事なので、走り続けて、良いボールがきたらしっかり治めるというところを見てもらいたいです」とコメント。186cmの長身ながら、走力を生かしたプレーを見てほしいとした。 また、大岩剛監督については「ミーティングで初めて会って、自分の気持ちを高めてくれる熱い監督だなと思いました」と、モチベーションが上がるとしている。 2022.03.08 18:19 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly