「バルサ復帰がW杯行きの後押しに」、カフー氏が後輩アウベスの古巣帰還を歓迎

2021.12.24 07:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セレソンのレジェンドであるカフー氏は、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスのバルセロナ帰還が同選手の3度目のワールドカップ出場の後押しになると考えているようだ。

サンパウロ退団後、フリーの状況が続いていたアウベスは11月に古巣バルセロナに5年半ぶりとなる電撃復帰。登録上の問題で公式戦出場は来年1月以降となっているが、再デビューに向けて順調にコンディションを上げている。

その38歳DFに関してセレソンの偉大なる先達であるカフー氏は、バルセロナ復帰が来年開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)出場の後押しになると考えているようだ。同氏がブラジル『UOL』で語っている。

「彼にまだ燃やすべき薪があり、使うべきガスも残っていることは信じられないことだね。同時にそれを使う意思も持っている。それこそ一番重要なことだ」

「彼は自分が何をしたいのか分かっているし、バルセロナに行ったのだから、そこには他のクラブとは異なる意味がある。それが来年のワールドカップに出場するチャンスを与えることになるはずだ」

ブラジル代表歴代最多142試合に出場し、2度のW杯制覇を経験しているカフー氏は、38歳まで世界屈指の名門ミランでプレーした自身を引き合いに出し、後輩のカンプ・ノウ帰還の意味を改めて説明している。

「彼の復帰は38歳のプレーヤーが偉大なクラブでプレーできないという、現状の考え方を壊す意味がある。私自身、38歳までミランでプレーした。だから、彼にとって今回の復帰は素晴らしくセンセーショナルなことだ」

なお、現在のブラジル代表ではユベントスDFダニーロ、トッテナムDFエメルソン・ロイヤルが定期的に右サイドバックのポジションで招集されており、アウベスはバルセロナでのプレーを通じて、チッチ監督に再アピールを行っていくことになる。

関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキが態度を変える? バルサ行き希望もバイエルンとの喧嘩別れは避ける様相

バルセロナへの移籍が取り沙汰されるバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)だが、態度を改めることにしたようだ。 バイエルンとの契約が残り1年となっているレヴァンドフスキ。クラブからの契約延長の要請に対し、バイエルンでのプレー継続は考えられないとして、今夏の退団を希望していた。 また、自身の移籍希望に反し、クラブが断固として首を縦に振らないことから、公にクラブを批判。それでもクラブ側は今夏放出する気はないことを主張し続けている。 最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏をはじめ、クラブ幹部は一貫して認めない姿勢を貫いている。 現在はスペインのマジョルカでオフを過ごしているレヴァンドフスキ。バルセロナへの移籍願望が変わることはないが、バイエルンに対する態度を正そうとしているようだ。 スペイン『アス』によると、これまではバイエルンと対立してきたレヴァンドフスキだが、代理人と共に方針転換を決断。クラブと話し合い、しっかりと合意した状況で移籍する方向にしようと考えているとのことだ。 バイエルンは7月12日から新シーズンに向けたトレーニングが始まるが、レヴァンドフスキはそこに参加する予定としているとのこと。移籍市場が閉まるまでは時間があり、時間をかけてバイエルンから脱出しようとするようだ。 とはいえ、バイエルン側も1年が経てばフリーで退団されてしまう状況。確実に現金化できる中で、それでも契約を全うさせるのかの判断が求められる。 すでにリバプールからセネガル代表FWサディオ・マネ(30)を獲得しているバイエルン。その金額は3200万ユーロ(約45億6400万円)と見られている。 一方で、バルセロナはレヴァンドフスキ獲得に3000万〜3500万ユーロ(約42億8000万〜50億円)を検討しているとされ、レヴァンドフスキを手放してマネの獲得資金を埋めることは、バイエルンにとっては悪くない考えと言える。 当面、この話は動きがないと予想され、まずはレヴァンドフスキの休暇が終わりクラブとどのような話し合いが行われるかによるだろう。時間がかかる移籍話になりそうだ。 2022.06.25 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガの22-23シーズン開幕カードが発表!王者マドリーは昇格組のアルメルアと対戦

ラ・リーガは23日、2022-23シーズンの開幕節の対戦カードを発表した。 王者のレアル・マドリーは、セグンダ(スペイン2部)首位で1部昇格を決めたアルメルアとアウェイで対戦。2位のバルセロナはホームで昨季12位のラージョ・バジェカーノと、3位のアトレティコ・マドリーはアウェイで昨季15位のヘタフェと対戦する。 アルメリア以外の昇格組ではバジャドリーがビジャレアルと、ジローナがバレンシアと対戦する。開幕節の日にちは8月13日・14日となる。 また、シーズン最初のエル・クラシコは10月16日に行われる第9節、舞台はサンティアゴ・ベルナベウ。カンプ・ノウに舞台を移す2度目は来年3月18日・19日に予定されている第26節となっている。アトレティコとマドリーによるマドリッド・ダービーは9月17日・18日の第6節と、来年2月25日・26日の第23節に行われる。 ◆ラ・リーガ22-23開幕節 ビルバオ vs マジョルカ バルセロナ vs ラージョ ベティス vs エルチェ セルタ vs エスパニョール カディス vs ソシエダ オサスナ vs セビージャ アルメリア vs レアル・マドリー ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー バジャドリー vs ビジャレアル バレンシア vs ジローナ 2022.06.24 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナのセルジ・ロベルトが“プラチナブロンド”ヘアーに劇的イメチェン!「フォロワーを驚かせた」

バルセロナのスペイン代表DFセルジ・ロベルトが大幅にイメージチェンジした。 バルセロナの下部組織で育ったセルジ・ロベルトは、2010年にトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦316試合に出場してきたが、キャリアを通じてケガとの共存を強いられており、今季もハムストリングの問題などで公式戦12試合の出場にとどまった。 それでも、10日には2023年6月までバルセロナとの契約を延長。大幅な減俸を呑んで残留している。 そのセルジ・ロベルトは23日にインスタグラムを更新。髪を白に近い金髪にした姿を投稿している。 髪型こそ大きく変わってないが、これまでの茶髪から一気に明るくなったセルジ・ロベルト刈り上げの部分までガッツリと染められており、なかなか強烈なインパクトだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』も「髪をプラチナブロンドに染め、フォロワーを驚かせた」と伝えている。 大きく印象の変わったセルジ・ロベルトだが、心機一転の活躍となるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】刈り上げまで真っ白!セルジ・ロベルトのプラチナブロンドヘアー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfHUGM8N86s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfHUGM8N86s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfHUGM8N86s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sergi Roberto(@sergiroberto)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】イメチェン前のセルジ・ロベルト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CcVwmV8NJLO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CcVwmV8NJLO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CcVwmV8NJLO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sergi Roberto(@sergiroberto)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.23 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEOのオリバー・カーン、いまだレヴァンドフスキの退団認めず「初日のトレーニングを楽しみにしている」

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの去就が注目されるバイエルンだが、CEOのオリバー・カーン氏の意思は頑ななようだ。 2014年の加入から通算公式戦373試合344ゴール72アシストという圧倒的な数字を残し、ブンデスリーガの8連覇や2019-20シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したレヴァンドフスキ。しかし、8シーズン目となった今季を終えると、契約が残り1年という状況もあり、33歳は退団の意向を明らかにし始めた。 そんな33歳にはバルセロナが獲得に向けて熱心な動きを見せているが、障害となっているのはバイエルン本体。選手の意向にもかかわらず残留を仕向けるようなコメントを残しており、その態度を非難する声もちらほら聞こえ始めている。 先日、スペイン『ムンド・デポルティボ』の取材に応じたカーン氏は、改めてレヴァンドフスキを留まらせる考えを明白に。契約が残っていることを強調し、再び選手に圧をかけた。 「ロベルトに関する状況はあまり変わっていない。2023年まで契約を結んでおり、トレーニング初日からの合流を楽しみにしているよ」 「ロベルトはバルサなどの選択肢を見極めているが、バイエルンとの契約があることを忘れてはならない。これは非常に重要なことで、心配はしていない」 2022.06.23 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼は1年前から移籍を希望していた」代表OBがレヴァンドフスキの退団認めぬバイエルンに不満

かつてシャルケなどでプレーした元ポーランド代表DFのトマシュ・ハイト氏が、同代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の移籍を許可しないバイエルンに不満を示した。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 2014年7月にドルトムントから加入して以降、6度の得点王を獲得するなどバイエルンの絶対的なエースとして君臨してきたレヴァンドフスキ。今季も公式戦46試合で50ゴール7アシストを記録するなど、申し分ない働きを見せた。 しかし、レヴァンドフスキはシーズン終了後に残り1年となったバイエルンとの契約を延長する意思はないと表明し、バルセロナ移籍を希望。移籍阻止の構えを見せたバイエルンを公然と非難するなど、クラブとの対立姿勢を明確にした。 バルセロナが財政難に陥り満足な移籍金を用意できないこともあり、現在まで交渉に進展はないが、ドイツ『Sport1』のインタビューに応じたハイト氏は、長年忠誠を尽くしてきたレヴァンドフスキの希望を聞き入れないクラブに対して不満を募らせている模様。同選手は1年前から移籍願望を持っていたと明かしている。 「ロベルトと私は頻繁に会っていた。彼は1年前からすでに移籍を希望していたんだよ。彼のような選手にとって、今はフットボールで新しいものを感じる最後のチャンスなんだ。だから私は、ロベルトのバルサ移籍が許されることを願っている」 「ロベルトは私にすべてを話してくれた。彼は33歳であり、自分が何をしたいのかよく理解している。彼は何を言ったって良いと思う。ポーランドでは、皆が彼の味方をするだろう」 「この先、移籍がどうなるかはわからない。ただ、今のロベルトにこれだけのプレッシャーをかけるのは良くないだろう。彼はバイエルンで勝ち過ぎたのだと思う、だから、彼らは良い解決策を見つけなければならない」 また、ハイト氏はバイエルンの現体制を批判。元会長のウリ・ヘーネス氏や、元最高経営責任者(CEO)であるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏がいれば、こうした事態は防げたはずだと嘆いた。 「バイエルンはこの問題について、内部で議論すべきだった。ロベルトのこうした行動は、ルンメニゲやヘーネスの時代なら起こらなかっただろう。彼らはすべてを支えていたからね。何も表に出てはこなかったはずだ。ロベルトにしてもバイエルンにしても、この問題で騒ぎ立てる必要はなかった」 「今、ロベルトはクラブを去りたいと言っている。これは誰も予想しなかったことだが、誰もリオネル・メッシがバルサを去るとは思っていなかっただろう。ロベルトは新しいチャレンジを求めているんだ」 2022.06.22 17:56 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly