29歳のオマーン代表DFがウォームアップ中の心臓発作で急逝…

2021.12.23 22:40 Thu
Getty Images
オマーンのマスカット・クラブに所属するオマーン代表DFムハレド・アル=ラカディ(享年29)が、試合前のウォームアップ中の心臓発作によって急逝した。アル=ラカディは、22日に開催予定だった国内リーグのアル・スワイク戦の試合前に行われたウォームアップ中に昏倒。その後、心臓発作による心肺停止となり、ピッチ上での心肺蘇生措置を行った後、地元病院に緊急搬送されたが、懸命な救命措置も実らず、29歳の若さで急逝した。
マスカット・クラブは、所属選手の突然の訃報を伝えている。

「神の意志を受け入れる誠実な心で、マスカット・スポーツクラブの理事会とその関係者一同は、アル=ラカディのご家族に心から哀悼の意を表します」

「私たちは神に彼の慈悲を求めます。私たちは神に属しており、神のもとに帰るのです」
近年、フットボール界では試合や練習中の心臓発作による選手の昏倒という事例が相次いでおり、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがキャリアの一時中断、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが心不整脈によって現役引退を余儀なくされている。

1 2

クリスティアン・エリクセンの関連記事

エリクセンやシュマイケルら主力が順当招集…デンマーク代表が発表【ユーロ2024】

デンマークサッカー協会(DBU)は30日、ユーロ2024に臨むデンマーク代表メンバー26名を発表した。 チームを率いるカスパー・ヒュルマンド監督は、守護神カスパー・シュマイケル、シモン・ケアー、ピエール=エミール・ホイビュア、クリスティアン・エリクセン、ラスムス・ホイルンドといったお馴染みの主力を順当に招集。 一方で、MFロバート・スコフ(ホッフェンハイム)、MFマット・オライリー(セルティック)、MFイェスパー・リンドストローム(ナポリ)、FWグスタフ・イサクセン(ラツィオ)といった選手が招集外となった。 今大会でグループCに入ったデンマークは、イングランド代表、セルビア代表、スロベニア代表と対戦する。今回発表されたデンマーク代表メンバー26名は以下の通り。 ◆デンマーク代表メンバー26名 GK カスパー・シュマイケル(アンデルレヒト/バルギー) フレデリク・レノウ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) マッズ・ヘルマンセン(レスター・シティ/イングランド) DF ビクトル・ネルソン(ガラタサライ/トルコ) ヨアキム・メーレ(ヴォルフスブルク/ドイツ) ヨアキム・アンデルセン(クリスタル・パレス/イングランド) ヤニク・ヴェステルゴーア(レスター・シティ/イングランド) ビクトル・クリスティアンセン(ボローニャ/イタリア) ラスムス・クリステンセン(ローマ/イタリア) シモン・ケアー(ミラン/イタリア) アンドレアス・クリステンセン(バルセロナ/スペイン) アレクサンダー・バー(ベンフィカ/ポルトガル) MF モルテン・ヒュルマンド(スポルティングCP/ポルトガル) トーマス・デラネイ(アンデルレヒト/ベルギー) クリスティアン・ノアゴーア(ブレントフォード/イングランド) マティアス・イェンセン(ブレントフォード/イングランド) ミッケル・ダムスゴーア(ブレントフォード/イングランド) ピエール=エミール・ホイビュア(トッテナム/イングランド) クリスティアン・エリクセン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) FW ラスムス・ホイルンド(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ヤコブ・ブルーン・ラーセン(バーンリー/イングランド) ユスフ・ポウルセン(RBライプツィヒ/ドイツ) ヨナス・ヴィンド(ヴォルフスブルク/ドイツ) アンドレアス・スコフ・オルセン(クラブ・ブルージュ/ベルギー) カスパー・ドルベリ(アンデルレヒト/ベルギー) アンドレス・ドレイヤー(アンデルレヒト/ベルギー) 2024.05.30 23:30 Thu

ユナイテッドと俊英メイヌーの新契約交渉が続く 夏までの決着目指す

マンチェスター・ユナイテッドとイングランド代表MFコビー・メイヌー(18)に契約延長の動きが続いているようだ。 チームとして低空飛行が続き、個人としてもケガで出遅れた今季だが、復帰してからは才能を輝かせ、中盤で定位置をがっちりと掴んだメイヌー。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンをベンチに追いやるほどのブレイクぶりは3月のイングランド代表デビューにもつながり、飛躍の1年と言っていい。 今やユナイテッドで今後が楽しみな逸材の1人としてだけでなく、イングランド全体でもホットな若き才能の1人としてみられるようになるなか、ピッチ外ではクラブとの新契約を巡る噂もちらほら。そして、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が最新情報を共有している。 2月に初期交渉の両者は現在、今夏までの決着を目指してさらに話し合いを進め、新契約の内容は年俸アップにプラスして、いくつかのアドオンが付いたものに。サー・ジム・ラトクリフ共同オーナーが会長を務めるイギリスの多国籍化学企業『INEOS』は新プロジェクトの顔の1人にと考えているそうだ。 18歳とは思えぬ落ち着いたボール捌きで一線を画す存在となり、アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ガルナチョ、デンマーク代表FWラスムス・ホイルンドとともに復権のキーマンとして注目されるメイヌー。契約内容がどうであれ、これからが楽しみな逸材だ。 2024.04.17 12:55 Wed

「現状に不満で可能な限り多くプレーしたい」…序列落とすエリクセンが指揮官との対話明らかに 「僕は尊重する」

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがマンチェスター・ユナイテッドでの現状を指揮官と話し合ったようだ。 ユナイテッド在籍2年目で公式戦65試合の出場数を誇るエリクセンだが、ヒザの負傷とコビー・メイヌーの台頭で出番が減少。直近のFAカップ準々決勝でも80分からのプレーとなり、今季の先発数は出場した21試合のうち、11試合にとどまる。 イギリス『メトロ』によると、32歳MFは代表先で『Tipsbladet』のインタビューに応じたようで、プレータイムの少なさを巡り、エリク・テン・ハグ監督とのやり取りを明らかにした。 「プレーしないことに満足していないのは前から言っているけど、夜も眠れないというわけじゃない。チームはパフォーマンスを発揮しているし、自分が担う役割も尊重しないといけない。僕としては懸命に働いて、どの試合でもフレッシュな状態でいるのが大切で、そうしている。今では以前よりも自分の役割を受け入れるのが簡単になった」 「エリクとは現状に不満で、できるだけ多くプレーしたいと話し合った。でも、僕も起用可能で、備える必要がある。今も、これからもね。彼は自分が選んだチームであり、コビーがうまくやっていて、中盤の残りメンバーも良いパフォーマンスをしていると言った。トップクラブならではのポジション争いが存在する。素晴らしい競争がある」 そんなエリクセンはまた、「指揮官の決断を尊重するか?」との問いかけに「もちろん、できる限り多くプレーしたいし、長い目で見たら心配になる。当然だけど、いつもベンチに座っていたくもない。でも、チームをいじって勝つことがあっても、勝ったチームをいじらないのはよくあること。僕はそれを尊重するよ」と返している。 2024.03.20 10:15 Wed

連敗ストップ試合で輝いたガルナチョにテン・ハグ監督が言及 「我々の仕事は彼のレベルを押し上げること」

マンチェスター・ユナイテッドが連敗をストップした。 ユナイテッドは9日のプレミアリーグ第28節でエバートンとホームで対戦。前半に2つのPKをブルーノ・フェルナンデスとマーカス・ラッシュフォードが決めると、後半を無失点で切り抜け、2-0で勝利した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、これでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アストン・ビラと暫定8ポイント差のエリク・テン・ハグ監督は守りの部分が光った試合だと感じているようだ。 「すべてにおいて良いパフォーマンスで、良い結果だった。チームとしてのパフォーマンスだったが、4バックとGK、そして前のカゼミロが特に素晴らしかったし、彼らはよくやってくれたよ」 「セットプレー時の守り方も良かった。本当によく組織化され、集中し、全員がそれぞれの仕事をしたと思う。後半もいくつかのチャンスがあったが、全体的によくやってくれた」 また、2選手による2つのPKに関する話では「彼らがピッチで決めた。ブルーノも、ラシーも、カゼミロも、クリスティアン・エリクセンも、そのほかの選手もだし、我々には良い担い手がいる」と話した。 そして、PKチャンスを獲得するなど、鋭い仕掛けとフィニッシュで存在感のアレハンドロ・ガルナチョにも「彼は集中し続けられるかどうか」と若い選手が故の課題を口にしつつ、一目置いた。 「チームにいるほかの選手と同じく、私は彼との仕事も好きだ。彼はチャレンジを求める選手で、チャレンジが好きな選手。とても勇敢で自信に溢れている。我々の仕事は彼のレベルをより高いところに押し上げることだ」 「だが、彼はそれをやっている。彼には大きなポテンシャルがあるし、我々も引き出していかないといけない。日々頑張らないといけないし、若い頃は激しい競争があるなかで、3日おきにプレーするのがどういうことなのかわからないものだ」 「そういう経験が必要だし、向上する上ですべてのトレーニングでパフォーマンスを発揮していかないといけない。改善すべき点がまだたくさんあるのだからね」 2024.03.10 09:05 Sun

引退から1年、ベイルが自宅にAEDを購入した理由は? 「時々ゴルフ場にも持っていく」

トッテナムやレアル・マドリーでプレーした元ウェールズ代表FWのガレス・ベイル氏。自宅に除細動器(AED)を購入したという。イギリス『BBC』が伝えた。 現役時代はサウサンプトン、トッテナム、マドリー、ロサンゼルスFCでプレーしたベイル氏。クラブキャリアでは553試合で185ゴール、ウェールズ代表としても111試合で40ゴールを記録していた。 2023年1月に現役を引退し、1年が経過した中、自宅にAEDを購入したことを明かした。 「心停止はどこでも起こり得る。スタジアムでも職場でもだが、最も多いのは自宅だ」 「私は自宅に自動体外式除細動器(AED)を設置し、家族全員に1台ずつ購入した」 「時々AEDをゴルフ場にも持っていくよ。何が起こるかわからないからね」 現役時代からゴルフに興じ、腕前もなかなかのもの。PGAツアーにもアマチュアとして出場するなどしていた。 ベイルは欧州サッカー連盟(UEFA)のキャンペーンの一環として救命訓練を受けることとなっており、その一環として今回購入したようだ。 サッカーと心停止は切っても切り離せない関係にあり、試合中に何人もの選手が倒れてきた。最近で最も大きな衝撃を与えたのはユーロ2020にデンマーク代表として出場したクリスティアン・エリクセン。その後に植え込み型除細動器の手術を受け、現在はマンチェスター・ユナイテッドでトップレベルでプレーしている。 <span class="paragraph-title">【写真】引退したベイルが守りたい妻や家族たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CzHbCT0LwUv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CzHbCT0LwUv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CzHbCT0LwUv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Gareth Bale(@garethbale11)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.02.29 22:50 Thu

オマーン代表の関連記事

最終予選組み合わせは6月27日に決定! 6カ国×3グループで上位2カ国が出場権獲得、中東勢4カ国と対戦の可能性も!?【2026W杯アジア予選】

2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の全日程が11日に終了。最終予選に臨む18カ国が決定した。 最終節を前に、日本代表や韓国代表、サウジアラビア代表、オーストラリア代表など13カ国が突破を決めていた中、最終節ではクウェート代表(グループA)、北朝鮮代表(グループB)、中国代表(グループC)、キルギス代表(グループD)、インドネシア代表(グループF)の5カ国が最終予選(3次予選)へと進出した。 なお、インドネシア、キルギス、そしてすでに突破を決めていたパレスチナ代表は、初の最終予選参加となる。 今大会からレギュレーションが変更となり、出場国が拡大。アジアはこれまでの「4.5」枠ではなく、「8.5」枠に拡大となり、最終予選の方式も変更となった。 最終予選は6カ国が3つのグループに分かれてホーム&アウェイの総当たり戦となり、上位2カ国がW杯出場権を獲得。3位と4位の6カ国が4次予選に進出する。 最終予選の抽選会は、6月27日にマレーシアのクアラルンプールにあるAFCハウスで実施される。 FIFAランキング順に3カ国ずつ6つのポットに分かれ、同じポットの国とは対戦しないことに。6月20日に最新のFIFAランキングが発表されることになるが、現時点のランキングではアジア最上位の日本は、イラン代表、韓国代表と同じポット1に入ることとなり対戦はなし。ポット2は、オーストラリア代表、カタール代表、そしてイラク代表が浮上して入ることが見込まれ、ポット3はサウジアラビア代表、ウズベキスタン代表、ヨルダン代表に。ポット4がUAE代表、オマーン代表、バーレーン代表、ポット5が中国代表、パレスチナ代表、キルギス代表、ポット6が北朝鮮代表、インドネシア代表、クウェート代表となる。 中東勢が半数の9カ国勝ち上がっており、組み合わせ結果次第では対戦相手5カ国のうち、4カ国が中東勢になる可能性もある。 ◆ポット分け(6月のランキング予想) 【ポット1】 日本、イラン、韓国 【ポット2】 オーストラリア、カタール、イラク 【ポット3】 サウジアラビア、ウズベキスタン、ヨルダン 【ポット4】 UAE、オマーン、バーレーン 【ポット5】 中国、パレスチナ、キルギス 【ポット2】 北朝鮮、インドネシア、クウェート 2024.06.12 12:55 Wed

中国代表、アジア杯でオマーン代表を率いたクロアチアの名将・イバンコビッチ氏を新監督に招へい

中国サッカー協会(CFA)は24日、アレクサンダル・ヤンコビッチ監督(51)の辞任及び、ブランコ・イバンコビッチ氏(69)の新監督就任を発表した。 各年代の中国代表の指揮してきたヤンコビッチ監督は、昨年2月に中国代表の監督に就任。先のアジアカップでは3大会連続の決勝トーナメント進出が期待されたが、2分け1敗と1勝もできずグループステージ敗退に終わっていた。 この成績不振を理由にセルビア人指揮官は辞任を決断。その後任としてアジアカップでオマーン代表を率いたクロアチアの名将を招へいした。 イバンコビッチ氏は母国のヴァルテクスで指導者としてのキャリアをスタートすると、1998年にはフランス・ワールドカップに臨むクロアチア代表でアシスタントコーチを務めた。 その後も、ハノーファーやイラン代表、ディナモ・ザグレブ、山東魯能、アル・イテファク(サウジアラビア)、アル・ワフダ(UAE)、ペルセポリス(イラン)と、アジアを中心に監督を歴任。 2020年1月にエルウィン・クーマン前監督の後任としてオマーン代表の監督に就任。4年間で43試合を指揮し21勝9分け13敗と一定の成績を残したが、先のアジアカップでは、2分け1敗と1勝もできずグループステージ敗退に終わっていた。 2024.02.25 00:00 Sun

「なんで手を使わないんだ」「コミカルすぎる」オマーン敗退に繋がった残念な失点シーンが話題に…手を使えなかったGKの判断が問われる「残念な対応だ」

アジアカップ2023から敗退したオマーン代表。GKの判断ミスが話題を呼んでいる。 25日、アジアカップ2023グループFの最終節が行われた。オマーンは最下位のキルギス代表と対戦。勝てば3位でもグループステージ突破を決められる試合だった。 試合は開始8分にFWムフセン・サレハ・アル・ガッサニのゴールでオマーンが先制。リードしたまま前半を終える。 勝ち点4になればグループステージ突破となる中で、80分にそのシーンが訪れる。ラインの裏に出たボールに対してオマーンのDFが追いかけると、これをジョエル・コジョが追走する。 これに対してGKイブラヒム・アル・ムハイニが飛び出していくと、ボックス内であったにも関わらず、手を使わずに足で処理しようとすると、交錯してルーズボールに。コジョは無人のゴールに流し込んでいった。 このゴールにより1-1のドローに。オマーンは勝ち点が2にとどまり、3位ながらも敗退に終わってしまった。 このプレーにはGKのアル・ムハイニが手を使わなかったことが話題に。「なんで手を使わないんだ」、「コミカルすぎる」、「残念な対応だ」、「とんでもないミスを犯した」とコメント。これによりインドネシア代表が突破を果たしたが、「ジャカルタから歓声が聞こえるぞ」との声も挙がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】疑問が出ているオマーンGKの対応…結果として敗退</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">Indonesia!<a href="https://twitter.com/hashtag/AsianCup2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AsianCup2023</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/HayyaAsia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HayyaAsia</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/KGZvOMA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KGZvOMA</a> <a href="https://t.co/2SNecbjKci">pic.twitter.com/2SNecbjKci</a></p>&mdash; #AsianCup2023 (@afcasiancup) <a href="https://twitter.com/afcasiancup/status/1750573238814674967?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.26 16:25 Fri

9人のキルギスに完勝のサウジアラビアが2連勝でGS突破! 石井正忠監督率いるタイはオマーンとゴールレスドロー【アジアカップ2023】

アジアカップ2023のグループF第2節のキルギス代表vsサウジアラビア代表が21日に行われ、0-2でサウジアラビアが勝利した。 オマーン代表との初戦をアル・ブライヒの劇的弾で2-1のスコアで勝利したサウジアラビア。初戦でタイ代表に敗れたキルギスとの一戦に向けては、初戦から先発3人を変更。アル・シェフリ、アル・ドサリ、アル・ハイバリに代えてアルブライカーン、アル・ブライク、アル・マルキを先発で起用した。 キルギスは開始早々7分、アブドゥルハミドのパスでボックス右手前まで侵攻したアル・ナジをアクマトフがアフター気味のスライディングタックルで倒してしまう。当初、主審はイエローカードを掲示したが、オンフィール・ドレビューの結果、危険なファウルとの判定でカードの色が赤に変わった。 その後は数的優位となったサウジアラビアが主導権を握ると、33分にスコアが動く。アル・マルキのミドルシュートが左ポストに弾かれると、こぼれ球をボックス右で拾ったアブドゥルハミドのクロスをモハメド・カンノが右ボレーで叩き込んだ。 1点のビハインドで後半を迎えたキルギスは、立ち上がりの52分に2人目の退場者を出す。中盤でボールを受けたタンバクティに対して後方からタックルを見舞ったキミ・メルクの足が相手のふくらはぎをスパイクすると、オンフィールドレビューの末に一発退場となった。 さらなる数的優位を得たサウジアラビアだったが、このプレーで右足を痛めたタンバクティはプレー続行不可能となり、アル・シェフリを緊急投入。さらに64分にガリーブとラディフ、77分にアリとアル・ガムディを投入し、約20分を残して5枚の交代カードを使い切った。 9人のキルギスに対して攻勢を続けるサウジアラビアは84分、敵陣中盤でボールを受けたアル・ガムディがボックス右手前まで侵攻しミドルシュート。シュートはGKの正面を突いたが、GKトコタエフが弾きそこない後逸し、ネットへと吸い込まれた。 結局、試合はそのまま2-0でサウジアラビアが勝利。2連勝でグループステージ突破を決めている。 グループF第2節もう一試合のオマーンvsタイは0-0の引き分けに終わった。 2024.01.22 04:46 Mon

南野拓実がアジアカップ第1節のベストイレブンに選出! 圧巻2発のイ・ガンインらも

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、アジアカップ2023のグループステージ第1節のベストイレブンを発表した。 日本代表からはベトナム代表戦で2ゴール1アシストの活躍を見せたMF南野拓実(モナコ)が唯一選出されている。 16日にグループステージ第1節が終了したアジアカップ。日本や韓国代表、サウジアラビア代表と強豪国は揃って勝利したものの、いずれも苦戦が続いての勝利となった。 ベストイレブンには南野の他、バーレーン戦で圧巻の2ゴールを記録した韓国代表MFイ・ガンインや先制ゴールのMFファン・インボム、オーストラリア代表MFクレイグ・グッドウィン、開催国カタール代表のGKメシャール・バルシャム、FWアクラム・アフィフ、マレーシア代表戦で2ゴールのヨルダン代表FWマフムード・アル・マルディなどが選ばれている。 ◆アジアカップ2023 第1節ベストイレブン GK メシャール・バルシャム(カタール) DF アブドゥル・ラーマン・ワイス(シリア) アリ・アル・ブライヒ(サウジアラビア) アハメド・アル・ハミシ(オマーン) マフムード・アル・マルディ(ヨルダン) MF イ・ガンイン(韓国) ファン・インボム(韓国) 南野拓実(日本) クレイグ・グッドウィン(オーストラリア) FW アクラム・アフィム(カタール) スパチャイ・チャイデ(タイ) <span class="paragraph-title">【写真】南野拓実が第1節のベストイレブンに選出!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Who impressed you the most?<a href="https://twitter.com/VisitSaudi?ref_src=twsrc%5Etfw">@VisitSaudi</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/AsianCup2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AsianCup2023</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/TOTM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TOTM</a> <a href="https://t.co/J8eHGWwSYf">pic.twitter.com/J8eHGWwSYf</a></p>&mdash; #AsianCup2023 (@afcasiancup) <a href="https://twitter.com/afcasiancup/status/1747532442574168248?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.18 10:10 Thu

記事をさがす

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly