「明らかに僕のミス」首位通過も失点関与の長谷部誠「もっとハッキリとやらなければ」と反省

2021.12.10 10:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトのMF長谷部誠が、フェネルバフチェ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

フランクフルトは9日、ヨーロッパリーグ(EL)グループD 最終節でフェネルバフチェと対戦した。

グループステージ突破を決めているフランクフルトにとってのアウェイゲーム。長谷部は3バックの中央で先発出場。鎌田大地は2シャドーの一角でプレーした。

試合は29分にジブリル・ソウのゴールでフランクフルトが先制。しかし42分にメルギム・ベリシャにゴールを許し追いつかれると、後半はスコアが動かず1-1のドロー。それでもフランクフルトは首位でグループステージを通過した。

3バックの中央でフル出場した長谷部は試合についてコメント。失点シーンはクリアミスを押し込まれたが、ミスだったと振り返った。

「僕はチームをとても誇らしく思っています。前半はとても良いプレーをしました」

「僕たちが与えてしまったゴールは、明らかに僕のミスでした。もっとハッキリとやらなければいけなかったです」

「後半は消極的すぎました。でも、僕たちは大きなチャンスを許さず、全てが順調だったと思います」


関連ニュース
thumb

フランクフルトでEL優勝コスティッチは30歳目前でも今が旬、トッテナムに続いてユーベも獲得を狙う?

フランクフルトのヨーロッパリーグ(EL)優勝に大きく貢献したセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)。今年11月には30歳を迎えるコスティッチだが、選手としてはまさに今が旬。そんな彼にユベントスも関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 母国セルビアからオランダを経由し、ドイツへとやって来たのが2014年8月。シュツットガルトやハンブルガーSVを経て、2019-20シーズンからは、日本代表MF鎌田大地や元日本代表MF長谷部誠とともにフランクフルトでプレーしている。 今シーズンのブンデスリーガでは31試合4得点9アシストを記録したコスティッチだが、なんと言ってもELでの躍進は見逃せない。先日行われた決勝戦でもチームの同点弾をアシストするなど、クラブにとって前身のUEFAカップ時代以来42年振りとなるEL優勝の立役者となった。 そんなコスティッチに対し、ここ最近ではトッテナム移籍が盛んに報じられてきたが、『カルチョ・メルカート』によると、今シーズンのセリエAで4位に沈んだユベントスも獲得を目論んでいるとのことだ。 すでに、コスティッチと同様に左サイドを主戦場とするインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)や、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)の獲得が濃厚とされているユベントス。しかし、現有戦力であるイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(24)の離脱がもうしばらくかかる見込みであることから、今夏の移籍市場においてサイドアタッカーを少なくとも2枚確保したい考えとのことで、選択肢の1つとしてコスティッチに白羽の矢が立った模様だ。 今やヨーロッパ屈指のクロッサーとして評価されるコスティッチ。ユーベやトッテナムと同様に、フランクフルトも来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得しているわけだが、果たして、30歳を目前にして更なるステップアップとなるのだろうか。移籍市場の動向に注目だ。 2022.05.24 12:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「応援ありがとう」…フランクフルト鎌田大地がEL制覇の今季に幕で感謝 「人生最高の瞬間でした」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が今季終了に際して、サポーターに感謝の言葉を送った。 オリバー・グラスナー監督の下でスタートした今季のフランクフルト。DFBポカールで1回戦敗退に終わると、ブンデスリーガでも11位フィニッシュと国内での戦いで苦戦したが、ヨーロッパリーグ(EL)を前身のUEFAカップから数えて42年ぶりの優勝で飾り、締めくくった。 そのなかで、最終的に公式戦46試合出場で9得点4アシストの数字を収めた鎌田。これから昨年11月以来の返り咲きを果たした代表での活動が待つなか、19日にチームの一員として地元に戻っての凱旋パレードでサポーターと喜びを分かち合った後、自身のSNSを更新している。 「今季もたくさんの応援をありがとうございました。今季をスタートさせたときは僕らにとっても、僕自身にとっても、本当に難しかったし、誰もチャンピオンになれるなんて考えていなかったと思います! でも、僕は常に僕ら自身を信じ続け、やり遂げました! 人生最高の瞬間でした」 <span class="paragraph-title">【SNS】フランクフルトサポーターに感謝の言葉</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdyfCNKgZ9f/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdyfCNKgZ9f/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdyfCNKgZ9f/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Eintracht Frankfurt 15 鎌田 大地(@kamadadaichi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.21 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

EL制覇し名実ともにレジェンドとなった長谷部誠、しかしフランクフルト市長が名前を間違える失態…

フランクフルト・アム・マインの市長が選手の名前を間違えてしまった。 元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地を擁するフランクフルトは18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝でレンジャーズと対戦。PK戦の末に勝利を収め、前身であるUEFAカップ時代の1979–80シーズン以来2度目となる大会制覇を果たした。 また、長谷部と鎌田にとってもこれが初のヨーロッパコンペティションのタイトル獲得となった。 会場となったスペインのサンチェス・ピスファンからドイツに帰国し、レーマー広場で祝賀会を行ったフランクフルト。街を埋め尽くすほどのサポーターが大挙する大盛り上がりとなった。 その舞台裏では市長のペーター・フェルトマンが凡ミスを犯していたようだ。あろうことか長谷部の発音を間違えてしまい、「Makoto Hasabe」とアナウンスしてしまった。 ドイツ『エルフ・フロインデ』はこの失態を、2020-21シーズンのシャルケを指揮したクリスティアン・グロス監督の不振になぞらえ、「グロス監督はいつからフランクフルトの市長になったんだ?」と揶揄した。 ただ、シャルケを2カ月で解任されたグロス監督と異なり、フェルトマン市長は2期目に突入。2024年までの延べ12年の任期を予定している。 ファンからは「気まずい!」との声が上がっているが、大会制覇と比較すれば、些細な問題なのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】フランクフルト市長が長谷部の名前を呼び間違える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Es spricht für Sie: der Oberbürgermeister <a href="https://t.co/MXlvNeCZjw">pic.twitter.com/MXlvNeCZjw</a></p>&mdash; Julian Franzke (@Julian_Franzke) <a href="https://twitter.com/Julian_Franzke/status/1527370947304402951?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.20 21:59 Fri
twitterfacebook
thumb

「スクショした」フランクフルト長谷部&鎌田とELトロフィーの“激レア”ショットが反響「これはカップを消すと、、、」

ヨーロッパリーグ(EL)制覇という快挙にフランクフルトや日本のファンが今なお沸いている。 日本代表MF鎌田大地と元日本代表MF長谷部誠も所属するフランクフルトは18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝でレンジャーズと対戦。PK戦の末に勝利を収め、前身UEFAカップ時代の1979–80シーズン以来2度目の大会制覇を果たした。 鎌田はフル出場、長谷部も途中出場で優勝に大きく貢献していたが、フランクフルトの日本語版公式ツイッターは20日、優勝直後の2人の“激レア”なショットを公開した。 2人は念願の優勝トロフィーを掲げると、その両サイドにキス。タイトル獲得で興奮冷めやらぬ中、普段は中々見られない表情を見せた。 これには日本のファンも驚き。「ヤバい」、「保存です」、「カップになりたい!」、「素敵なお写真」、「スクショ」など反響が集まり、中には「これは、カップを消すと、、、」とあらぬことを考える人も現れた。 今シーズンはブンデスリーガで苦戦しながらもELではバルセロナなどの強敵を退けた末に優勝を果たし、最高の形でシーズンを締めくくったフランクフルト。この興奮はもうしばらく続きそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】長谷部と鎌田の激レアショット!カップを消すと、、、</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本日のマコショット</a> <br> &amp; <br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本日のカマショット</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長谷部</a> 選手 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%8E%8C%E7%94%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鎌田</a> 選手 <br><br>激レアキス顔<a href="https://twitter.com/hashtag/SGEuropapokalsieger?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SGEuropapokalsieger</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アイントラハト</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フランクフルト</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E8%AA%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長谷部誠</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%8E%8C%E7%94%B0%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鎌田大地</a> <a href="https://t.co/1UPFd51WGm">pic.twitter.com/1UPFd51WGm</a></p>&mdash; ヨーロッパリーグ・チャンピオン2022 (@eintracht_jp) <a href="https://twitter.com/eintracht_jp/status/1527484728059777024?ref_src=twsrc%5Etfw">May 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.20 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

噂された堂安律との確執は「事実ではありません」と森保監督が完全否定、久々招集の鎌田大地には「自分の存在を常に見せ続けていた」

20日、キリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022に臨む日本代表メンバー28名が発表された。 3月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を終えてからおよそ2カ月が経つ中で、本大会に向けた貴重な4試合を6月に行うこととなる。 キリンチャレンジカップでは、パラグアイ代表とブラジル代表と対戦。また、キリンカップサッカーでは、ガーナ代表と対戦し、チリ代表かチュニジア代表ともう1試合を戦うこととなる。 今回のメンバーには、先日のヨーロッパリーグ(EL)決勝で見事に優勝を果たしたMF鎌田大地(フラクフルト)やKNVBベーカー(国内カップ戦)を優勝したMF堂安律(PSV)が久々の招集となったが、森保一監督がその理由について言及した。 「大きな変化が彼らにあったかどうかは分かりませんが、彼らは所属チームで自分の存在を常に見せ続けていたと。良いプレーをしていたというのを見ています」 「大きく変わったところは今度会うことを楽しみにしていますが、2人ともタイトルを獲ったということ。そのタイトルを獲った自信というのは、彼らの力に上乗せされると思うので、雰囲気が変わっていたり、さらに貪欲に向上心を見せてくれることを期待しています」 鎌田は今季の公式戦で46試合に出場し9ゴール4アシスト、堂安は39試合で11ゴール3アシストと、共に数字という点でも結果を残していた。 現在採用している[4-3-3]ではなかなかポジションがないということもあったと考えられるが、インサイドハーフについては「形は1つだけではなく、チームコンセプトの中システムを変えて、選手の良さを発揮してもらうことも考えたいと思います」とし、[4-3-3]以外で起用する可能性を示唆した。 なお、堂安については一部で確執が噂されたものの、森保監督は「事実ではありません」と完全に否定。「色々な選手を招集して欲しいという基準をみなさん持っていると思われますが、選手を呼べる枠は決まっているので、全ての選手を呼ぶことは保証できません。良い選手がたくさんいるので、コンディションや戦い方で選手の選出は変わってきます」と語り、様々な理由で呼べないこともあると語った。 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律、PSVで魅せる輝き</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFRDZNYzhTdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.05.20 15:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly