3連勝のスパーズ、コンテは下位に沈む対戦相手ノリッジを称える「良い試合だった」

2021.12.06 12:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのアントニオ・コンテ監督が対戦相手を称えた。クラブ公式サイトが伝えている。トッテナムは5日、プレミアリーグ第15節でノリッジ・シティと対戦。10分にFWルーカス・モウラの強烈なミドルシュートで幸先よく先制すると、66分にはセットプレーのチャンスからDFダビンソン・サンチェスが追加点を挙げた。さらに、77分にはFWソン・フンミンが決定的な3点目を記録。試合は3-0のまま終了し、開幕以来のリーグ3連勝となった。

コンテ監督は試合後、対戦相手を称えつつも、内容に満足感を示した。

「前半は非常にうまくいき、さらにその後にも2つのゴールを決めることができたので、最終的な結果をより良いものすることができた。ノリッジには良い試合だったと言いたい。彼らには素晴らしい監督がいて、私は彼を知っている。全体的には問題ないだろう」

「相手は我々のチームに問題を起こそうとしたと思うが、それと同時に我々は正しい方法で試合に臨んだ」

「ノリッジに押し込まれたとき、我々は苦しんだが、1点目と3点目は素晴らしいゴールだったし、セットプレーからのゴールもあった。イングランドではディテールが非常に重要であり、堅い守備陣を構築する必要がある。また、セットプレーのチャンスがあったときには力を発揮してゴールを目指さなければならない」

関連ニュース
thumb

着々補強のアストン・ビラ、ベンタンクールも視野に

アストン・ビラが、ユベントスのウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(24)の獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スティーブン・ジェラード監督の就任から調子を上げるアストン・ビラ。今冬の移籍市場ではMFフィリペ・コウチーニョやDFリュカ・ディーニュを獲得するなど、新指揮官の持つオーラがピッチ内外に影響している印象だ。 そんなビラの次なる補強候補がベンタンクールだ。ウルグアイ代表の常連でもある同選手は2017年夏にボカ・ジュニアーズから加入し、2年目以降は毎シーズン安定して公式戦40試合以上に出場している。 今季もここまで25試合に出場しているが、『デイリー・メール』によれば、ユベントスはオファーを聞く姿勢の模様。市場が閉まる前にスカッドの整理を進めたいようだ。 なお、移籍金は1900万ユーロ(約24億5000万円)程度と見込まれている。 2022.01.23 22:44 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第23節プレビュー】2位ミランvs5位ユベントス開催

前節は首位インテルがアタランタとの上位対決を引き分け、連勝が8でストップ。しかし、2位ミランがスペツィアに不覚を取って消化試合の一つ少ないインテルが2ポイント差としている。迎える第23節、2位ミラン(勝ち点48)vs5位ユベントス(勝ち点41)の上位対決が開催される。 ミランは前節、終盤のミスジャッジもあって格下スペツィアに痛恨の敗戦。リーグ戦での連勝が3で止まった。ただ、ユベントス戦に向けては現状のベストメンバーで臨める状況。切り替えて勝利を取り戻し、次節インテルとのダービーに臨めるか。 一方のユベントスは前節、FWディバラの2戦連発弾でウディネーゼに勝利。契約延長問題に揺れる中でのチームを勝利に導くゴールとなった。そして火曜に行われたコッパ・イタリアではDF吉田不在のサンプドリアに4-1と快勝。この試合でも途中出場のディバラがゴールを挙げており、ミラン戦に向けて好調ディバラがキーマンになりそうだ。 インテルは前節、互いのGKの活躍もあってアタランタ相手にゴールレスドロー決着となった。そして水曜に行われたコッパ・イタリアではエンポリに追い込まれながらもDFラノッキアのファインゴールで延長戦に持ち込み、MFセンシの今季初弾で準々決勝進出を決めた。好調なチーム状態を維持する中、今節は17位ヴェネツィア(勝ち点18)とのホーム戦に臨むが、ここは必勝としてダービーに挑みたい。 土曜にはラツィオvsアタランタの好カードも開催される。8位ラツィオ(勝ち点35)は前節、最下位サレルニターナにFWインモービレのドッピエッタで快勝。さらに火曜に行われたコッパ・イタリアでもウディネーゼとの延長戦の末、インモービレの決勝ゴールで勝ち上がった。ここまで波に乗れずにいるサッリ体制のラツィオだが、アタランタを下して上位戦線に踏みとどまれるか。 対する4位アタランタは前節、前述のようにインテルにゴールレスドロー。GKムッソの再三の好守もあって引き分けに持ち込んだ。ミラノ勢に食らいつくためには勝利が求められるが、好調だったFWムリエルが離脱。FWサパタの復帰も遅れており、先発が予想されている若手FWピッコリの活躍が求められる。 FWインシーニェを負傷で欠いた中、FWロサーノのドッピエッタでボローニャを退けた3位ナポリ(勝ち点46)は、最下位サレルニターナ(勝ち点11とのホーム戦に臨む。MFファビアン・ルイスが復帰したボローニャ戦は危なげない試合運びを見せたが、最下位相手に快勝となるか。 最後に7位ローマ(勝ち点35)は、11位エンポリ(勝ち点29とのアウェイ戦に臨む。ローマは前節、新戦力MFセルジオ・オリベイラのデビューPK弾が決勝点となってウノゼロ勝利。そして水曜に行われたコッパ・イタリアでは2部のレッチェ相手に逆転勝利。公式戦2連勝とした中、ここは必勝として更なる勢いに乗りたい。 ◆セリエA第23節 ▽1/21(金) ヴェローナ 2-1 ボローニャ ▽1/22(土) 《23:00》 ジェノアvsウディネーゼ 《26:00》 インテルvsヴェネツィア 《28:45》 ラツィオvsアタランタ ▽1/23(日) 《20:30》 カリアリvsフィオレンティーナ 《23:00》 ナポリvsサレルニターナ スペツィアvsサンプドリア トリノvsサッスオーロ 《26:00》 エンポリvsローマ 《28:45》 ミランvsユベントス 2022.01.22 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

一時引退報道のイハッターレンがアヤックス移籍か?

ユベントスからサンプドリアにレンタル中のオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)が、アヤックス移籍に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らが報じている。 イハッターレンは、昨夏の移籍市場最終日にPSVから4年契約でユベントスに完全移籍。だが、出場機会を与えたいユベントスの意向により、即サンプドリアへ1年間のレンタル移籍に出されていた。 しかし、サンプドリアではデビューはおろか、母国に一時帰国した際に“行方不明”報道が出たほか、現役引退を真剣に検討しているとの報道も出ていた。 その後、安定した精神状態を取り戻し、現役続行に向けてトレーニングを再開した同選手は、先日に代理人を務めていたミーノ・ライオラ氏との契約を解消し、新たな代理人の下で新天地への移籍を模索している。 一時は故郷のユトレヒトへの復帰の可能性が報じられてきたが、ここに来てアヤックス移籍の可能性が浮上。同選手はすでにエリック・テン・ハグ監督と幾度も話し合いを重ねており、過去に数人の“問題児”を更生させてきた指揮官も逸材の再生に自信を示しているようだ。 なお、ユベントスとアヤックスは買い取りオプション付きの18カ月レンタルで合意に至っており、個人間での合意もほぼ完了しているようだ。 ただ、唯一の障害はイハッターレンのプロフェッショナリズムを欠く行動に憤るサンプドリアで、クラブは同選手に対して法的措置を講じる構えだ。 卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、アヤックスで復活への道を歩むことになるのか…。 2022.01.21 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL損傷のキエーザ、インフルエンザ感染で手術が再延期…

ユベントスに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの手術が再延期となったようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 9日に行われたセリエA第21節のローマ戦で左ヒザを負傷したキエーザは、精密検査で左ヒザ前十字靭帯損傷と診断され、近日中に手術を受けるとがクラブから発表されていた。 当初は、ローマのヴィラ・スチュアートでの治療が予定されていたが、クラブはこれを見送り、オーストリアのインスブルックにある専門医を訪ねることを計画していた。 しかし、キエーザがインフルエンザに感染したことで、手術は再延期されたとのこと。なお、インフルエンザの症状が出た際に新型コロナウイルスではないかと心配されたが、同選手はPCR検査で陰性と判定されていた。 『トゥットスポルト』によれば、すでにインフルエンザから回復しているキエーザには、出国の許可が下りており、日曜日にもオーストリアで手術を受けるとのことだ。 なお、同紙はキエーザの離脱期間について6~8カ月を程度になると伝えている。 2022.01.20 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝でコッパ・イタリア準々決勝進出のユーベ、副官ランドゥッチ氏も歓喜「結果が自信を与えてくれる」

ユベントスでアシスタントコーチを務めるマルコ・ランドゥッチ氏が、カップ戦快勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは18日に行われたコッパ・イタリア5回戦で、日本代表DF吉田麻也の所属するサンプドリアと対戦した。立ち上がりから試合を支配したチームは、MFフアン・クアドラードのゴールで先制に成功。後半にも攻撃の手を緩めずにいると、DFダニエレ・ルガーニ、FWパウロ・ディバラ、FWアルバロ・モラタにもゴールが生まれ、4-1で勝利した。 マッシミリアーノ・アッレグリ監督が出場停止処分を受けていることで、この試合の指揮を執ったランドゥッチ氏は、コッパ・イタリア準々決勝進出に歓喜。チームが徐々に自信をつけていると語った。 「日曜日に好ゲームができた後で、今夜も高いレベルのパフォーマンスを維持するのは簡単ではなかった。それでも、我々は“フェア “なプレーができて満足している。望んでいたものであり、コッパ・イタリアで勝ちたかったのだ」 「最近になってチームで変わってきたのは、自分たちのとる姿勢だと思う。そして、結果が我々に自信を与えてくれている。とはいえ決して簡単な試合はなく、我々がこれまで失った勝ち点の数がそれを証明しているだろう」 「ディバラについては、他の選手と同じようにケガの不運に見舞われていたんだ。ケガといえば、フェデリコ・キエーザにこの勝利を捧げたいね。彼はいずれ復帰するだろうし、そうなれば以前よりも強くなっているだろう」 2022.01.19 11:52 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly