「3人揃ってスーパースター」小野伸二がレジェンド2人との豪華すぎる2ショットに感激「こんな素敵な時間があるとは」

2021.12.06 06:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二が、貴重すぎる2ショットを投稿した。4日に明治安田生命J1リーグの最終節を終えた札幌。FC琉球から2シーズンぶりに復帰し、今シーズンから再び札幌でプレーすることとなった小野は、今季のJ1で4試合の途中出場に終わった。

最終節の横浜FC戦では5試合ぶりにベンチ入りした小野。出番は訪れなかったが、チームは0-1で勝利を収めていた。

その小野は、自身のインスタグラムを更新。「こんな素敵な時間があるとは」と2枚の写真を投稿した。

その写真は、横浜FCのFW三浦知良との2ショット、そしてMF中村俊輔との2ショットだった。

小野は「#憧れ」と、2人の日本を代表する選手との2ショットを表現。「ありがとうございました」と写真を撮ってくれた2人に感謝した。

小野も十分日本サッカー界のレジェンドだが、それでも憧れるという2人。豪華な2ショットには「そのレジェンド3人でのプレーを是非とも観たい!」、「とっても素敵な笑顔」、「すごいツーショット」、「3人揃ってスーパースター」と驚きのコメントも多く集まっていた。

1 2

関連ニュース
thumb

札幌が5ゴール圧勝で6試合ぶり白星!! 異なる5人が得点し同勝ち点の湘南を粉砕【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、湘南ベルマーレvs北海道コンサドーレ札幌が7日にレモンガススタジアム平塚で行われ、5-1でアウェイの札幌が大勝を収めた。 同勝ち点「25」で並ぶ両チーム。守備は安定も得点力不足のために3試合勝利から遠ざかっている湘南は、夏に名古屋グランパスから期限付き移籍で加わった阿部が2トップの一角で加入後初先発を飾り、スタメンに名を連ねた杉岡と瀬川がJ1通算100試合出場を達成。今節もウクライナ支援となる黄色ベースの「ひまわりユニフォーム」を着用して臨んだ。 一方の札幌も5試合勝利がない中で、光明は悩ましかった攻撃面で前節に複数得点を挙げたことか。出場停止の菅に代わって左ウイングバックには青木が入り、ケガから戻ってきた小柏が湘南との前回対戦以来、14試合ぶりの出場となった。 取るか落とすかで浮沈に大きく影響するであろう一戦は、9分に札幌が先手を取る。右の高い位置で高橋のパスをルーカス・フェルナンデスがブロックし、こぼれたボールを拾った小柏が縦に持ち運んでからクロス。中央で興梠が守備陣を引き付けて生まれたスペースに駒井が走り込んで右足を振り抜くと、強烈な一撃が左隅に突き刺さった。 バイタルエリアと裏へパスを使い分けて躍動感を見せる札幌の攻撃陣は14分にも追加点を奪取。左サイドから青木が入れた斜めのパスを大野がクリアミスし、高橋のヘディングも小さくなると、競り合いを制した小柏が流れたボールを拾ってボックス右からクロス。GK谷、大野と触れて跳ね返ったボールが興梠のももに当たってラインを割り、屈指のストライカーはJ1通算160得点目を記録した。 劣勢の湘南にはさらなるアクシデント。町野が高嶺とコンタクトしながらボールをコントロールしようとした際、着地時に右足首を痛めて倒れ込むと、飲水タイムを明けても立ち上がれず、担架に乗せられてピッチを後に。大橋との交代を余儀なくされた。 その大橋は40分に右クロスからダイレクトボレーを見せたものの、1分後にネットを揺らしたのはまたしても札幌。左サイドからの斜めのパスをペナルティアーク内で興梠が収めて落とし、走り込んできた宮澤が右足のボレー。杉岡にディフレクションしても勢いは衰えず、GK谷の手も弾いてゴールへ吸い込まれた。 折り返した後半も立ち上がりかエンジン全開の札幌は復帰戦の小柏がボックス右からフィニッシュ。ハーフタイムに2枚替えを行った湘南も中野がアクセントとなり、チャンスを作るも、やはりアウェイチームがスコアを動かす。 69分、投入直後の福森の左CKから舘のマークを振り切った田中が頭で合わせて追加点を奪取すると、その3分後には、Jデビュー戦となったスパチョークが青木のパスに反応して右サイドのスペースを突いて折り返し、青木が蹴り込んで5点差とした。 今季最多となる5失点を喫した湘南も79分に一矢を報いる。中野がDF2枚の間をグラウンダーで通し、阿部がボックス内でワントラップから右足を振り抜いて加入後初ゴールをマーク。以降も大橋や畑が決定機を迎えたものの、次のゴールを生まれず試合終了。異なる5人で5点を奪った札幌が、大勝で6試合ぶりの白星をつかんでいる。 湘南ベルマーレ 1-5 北海道コンサドーレ札幌 【湘南】 阿部浩之(後34) 【札幌】 駒井善成(前9) 興梠慎三(前14) 宮澤裕樹(前41) 田中駿汰(後24) 青木亮太(後27) 2022.08.07 21:04 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌がストライカー補強! 韓国代表FWキム・ゴンヒを水原三星ブルーウィングスから完全移籍で獲得

北海道コンサドーレ札幌は5日、水原三星ブルーウィングスの韓国代表FW金健熙(キム・ゴンヒ/27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 キム・ゴンヒは水原三星の下部組織出身。2018年5月から2020年1月までは金泉尚武FC(旧:尚州尚武FC)で過ごし、兵役も終えた状態だ。 これまで水原三星では公式戦106試合に出場し17ゴール7アシストを記録。Kリーグ1では85試合で15ゴール7アシストを記録している。 今シーズンのKリーグ1でも12試合に出場し2ゴール。名古屋グランパスから加入した齋藤学ともチームメイトとしてプレーした。 また、世代別の韓国代表を経験し、2022年1月に韓国代表デビュー。EAFF E-1サッカー選手権のメンバーには入っていなかったが、今後も代表入りが期待される選手だ。 「こんにちは。韓国の水原三星ブルーウィングスから加入しましたキムゴンヒです。最高の監督、素晴らしい選手やフロント、そしていつも熱い応援をしてくれるサポーターと共に、北海道にある素晴らしいスタジアムの札幌ドームで勝利するために来ました。熱い応援の方、よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】身体の強さを生かした突破、ドリブルの持ち出しからキム・ミヌのゴールをアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJS3NWYThsTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.08.05 10:16 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌をJリーグ昇格に導いたウーゴ・フェルナンデス氏が77歳で逝去…

北海道コンサドーレ札幌は2日、かつてトップチームの監督を務めたウルグアイ人指揮官、ウーゴ・フェルナンデス氏(享年77)が1日に逝去したことを伝えた。 ウルグアイのモンテビデオ出身のフェルナンデス氏は、現役時代に母国のナシオナルやペニャロール、アルゼンチンのヒムナシア、スペインのテネリフェ、メキシコのプエブラなどでプレー。ウルグアイ代表にも招集経験のある名DFだった。 現役引退後は古巣プエブラやナシオナル、メキシコのドラドス・シナロア、ティグレスといったクラブの指揮官を歴任。 1997年には当時Jリーグ入りを目指していた旧JFL所属のコンサドーレ札幌の指揮官に就任。「チームは家族」の合言葉の下、26勝4敗の見事な戦績を残し、JFL優勝と共にJリーグ昇格に導いた。その後、就任2年目となったJリーグの舞台ではシーズン途中までチームを指揮した。 2022.08.02 17:08 Tue
twitterfacebook
thumb

札幌が後半ATのゴールで劇的ドロー!名古屋は痛恨の逃げ切り失敗【明治安田J1第23節】

明治安田生命J1リーグ第23節、北海道コンサドーレ札幌vs名古屋グランパスが30日に札幌厚別公園競技場で行われ、2-2のドローに終わった。 リーグ戦4試合勝ちがない14位の札幌は、前節から岡村、高嶺、金子に代えて福森、深井、ルーカス・フェルナンデスを起用。システムは変わらず[3-4-2-1]を採用しており、興梠がワントップを務めた。 一方、前節の川崎フロンターレ戦が中止となっていた13位の名古屋は、10日に行われた第21節の清水エスパルス戦からスタメン2枚を変更。河面と柿谷に代わり、藤井と新加入の永井が入った。システムは永井とマテウスが2トップを組む [3-1-4-2]の形となっている。 立ち上がりから名古屋が主導権を握ると、開始わずか1分で日本代表帰りの相馬がドリブルで左サイドから切り込み強烈なシュートを放つ。その後も名古屋がゴールを窺う展開が続き、10分にはマテウスのFKから稲垣がボレーシュート。アウェイチームが序盤から攻勢をかけていく。 対して、名古屋のコンパクトな守備を崩せず苦しむ札幌は、16分に左CKから田中がボレーシュートを放つ場面があったが、なかなか思うように攻撃がつながらず。一方、徐々にカウンターにシフトしていった名古屋も、ボール奪取からチャンスまでは結びつけられないシーンが多く、こう着した状況が続いた。 それでも飲水タイム明けに試合が動いた。31分、名古屋の自陣での繋ぎにミスが出ると、ボールを奪った札幌は荒野、深井、ルーカス・フェルナンデス、駒井と細かく繋ぎ、再びピッチ中央でボールを受けた荒野がボックス内に絶妙なスルーパス。これに反応した深井がGKランゲラックとの一対一を落ち着いて制し、先制に成功した。 勢いに乗る札幌は37分、興梠が独力で左サイドからボックス内にボールを運び強烈なシュートを放ったが、ここはGKランゲラックの守備範囲。追いつきたい名古屋はマテウスの個の力を活かした打開を試みるが、札幌も44分にカウンターから青木がシュートを放つなど、先制した勢いそのままにハーフタイムを迎えた。 しかし後半、48分にマテウスがバイタルエリア手前から強烈なシュートを放てば、直後の49分にはレオ・シルバのクロスに稲垣が飛び込むなど、名古屋が同点に向けて積極的な姿勢を見せる。53分には裏に抜け出したマテウスがGK菅野をかわしたが、角度がなくシュートはサイドネットを揺らすにとどまった。 また、中谷のアーリークロスに稲垣と相馬が飛び込む決定的な場面を迎えた名古屋。すると67分についに同点に追いついて見せた。内田がロングボールに抜け出し左サイドのタッチライン際で攻撃の起点を作ると、ボールはハーフスペースの永井を経由してボックス中央のレオ・シルバへ。そして、レオ・シルバはキックフェイントを交えながら落ち着いてゴール右隅にシュートを流し込んだ。 これで流れを完全に掴んだアウェイチームは、そのまま81分に逆転に持ち込む。丸山からのロングボールに抜け出した左サイドの内田が低いクロスを供給。これに反応したマテウスが味方の永木と交錯しながらも、左足で合わせてネットを揺らした。 だが、ホームでこのまま終われない札幌が後半アディショナルタイムに意地を見せた。左CKのシーン、味方の競り合いからこぼれたボールをボックス中央の荒野がシュート。これは枠に収まるかどうかというシュートだったが、ゴール前の青木が押し込んで劇的な同点弾に。 勝利を目指す札幌はその後もセットプレーからゴールに迫ったが逆転までは至らず。2-2のドローに終わっている。 北海道コンサドーレ札幌 2-2 名古屋グランパス 【札幌】 深井一希(前31) 青木亮太(後45+2) 【名古屋】 レオ・シルバ(後22) マテウス・カストロ(後36) 2022.07.30 16:43 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、金子拓郎が左ヒザ内側側副じん帯損傷…全治未公表

北海道コンサドーレ札幌は30日、MF金子拓郎の負傷を報告した。 金子は16日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節の柏レイソル戦で負傷。全治こそ未公表だが、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたという。 今季はここまでJ1リーグ20試合でプレーするなど、公式戦を通じても26試合で4得点を記録している。 2022.07.30 12:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly