ヴェルナーとハヴァーツの境遇を振り返るランパード「スピードや身体的負荷にショックを受けていた」

2021.12.03 15:09 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元チェルシー指揮官のフランク・ランパード氏が、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとMFカイ・ハヴァーツの2人がプレミアリーグへの適応に苦しんでいたことを明かした。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。

チェルシーで選手として大きな功績を残した後、2019年夏に監督として復帰したランパード氏。1年目はプレミアリーグを4位で終えたが、2シーズン目は前半戦終了時点で8勝5分け6敗の9位と振るわず、今年1月に解任という形でクラブを去った。

そのランパード氏が指揮していた2020年夏、クラブは大枚をはたいて大型補強を敢行。しかし、その際に獲得したヴェルナーとハヴァーツは、新たな環境でなかなか本来の実力を発揮できずにいた。元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏のYouTubeチャンネル『The Overlap』に出演したランパード氏も認めている。

「ティモとカイは明らかに適応に苦しんでいた。彼らはトレーニングのスピードや試合での身体的負荷にショックを受けていたのだ」

エデン・アザールのチェルシーでの1年目を思い出したよ。彼はチェルシー史上最高の選手の1人になったが、プレシーズンはまだおぼつかなかった」

「どんな選手にもそういう時期はある。ティモやカイも最初はそうだった。とりわけカイはコロナウイルスに感染してかなり出遅れてしまっていた」

ランパード氏はまた、解雇通告を受けた際の逸話も告白。監督の仕事を引き受けた時点でクビになる覚悟はあったようで、ブルース・バック会長から「話がある」と言われた瞬間に察したという。

「あれはFAカップ4回戦でルートン・タウンに勝った翌朝だった。会長のブルース・バックからメッセージが届いて、『トレーニング場から移動して、役員室に来てくれないか』と言われたのだ。すぐに察したよ」

「解任を伝えるのに最適な方法なんてものはない。礼儀作法も様々だと思うが、結局、クビということに変わりはないのだ」

「そのときブルースとマリナ(・グラノフスカイア)はとても真摯に対応してくれた。何が起こるかは分かっていた。その瞬間を除いて、監督を務めさせてくれたことには感謝しているよ」

「そういうものだ。チームは前進していくのだから、そこでできることは何もない。今までそういう立場になったことがなかったため少し奇妙な感覚だったが、仕事を引き受けた時点でその電話が来る可能性があることは覚悟していたよ」

「チェルシーでは連続してタイトルを獲得しない限り、いずれクビになるのだろう。そんなこと決してできないだろうがね」




関連ニュース
thumb

ヴェルナーが完全移籍でライプツィヒ復帰

RBライプツィヒは9日、チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約27億6000万円)+アドオンとのことだ。 ヴェルナーは2020年夏にライプツィヒから5300万ユーロ(約72億8000万円で)の移籍金でチェルシーに加入。新たなエースとしての期待が寄せられていたが、イングランドではブンデスリーガで見せていたほどの決定力を発揮できず。昨シーズンはプレミアリーグで21試合出場4ゴール1アシストの成績にとどまるなど、不本意なシーズンを過ごした。 一時はユベントスやニューカッスルへの移籍も取り沙汰されたたが、古巣復帰となった。 なお、ヴェルナーはライプツィヒ在籍期間に156試合90ゴール40アシストと圧倒的なスタッツを叩き出していた。 2022.08.10 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクの新たな注目株シェシュコ、姉妹クラブのライプツィヒに23年加入で去就決着か

レッドブル・ザルツブルクのスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)はRBライプツィヒ行きが濃厚視されるようだ。 昨季に公式戦36試合の出場で10得点7アシストとブレイクを遂げ、昨年6月にスロベニア代表デビューのシェシュコ。身長も190cm台とサイズも申し分なしの19歳を巡っては複数クラブとのリンクが取り沙汰され、沸々と注目度を高めている。 最近もマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが争奪戦に名乗りと報じられたが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、ザルツブルクの姉妹クラブとしても知られるライプツィヒが2023年の獲得で迫っているという。 ザルツブルク側は今夏の移籍を求めるオファーを拒否しており、シュシュコが今季もチームに残るのに満足感を示している模様。今週中にも成立に至る可能性があるとのことだ。 2022.08.09 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコがチェルシーDFサール獲得に迫る!

モナコがチェルシーのフランス人DFマラン・サール(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 2020年夏にニースからフリーで加入したサールは、ポルトでの1年間のレンタル移籍をへて昨シーズンから本格的にチェルシーでプレー。しかし、トーマス・トゥヘル監督の信頼を得られず、出場はFAカップやEFLカップを中心に21試合にとどまった。 新シーズンに向けても準主力という立ち位置が濃厚の中、クラブは5日にブライトンからスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)の獲得を発表。後釜を確保したことでサールの放出にゴーサインが出されたようだ。 『レキップ』によれば、移籍形態は有償レンタルとなりモナコはレンタル料75万ユーロ(約1億円)を支払うことでチェルシーと口頭合意に達しており、今日か明日もメディカルチェックを受診する予定だという。 また、今回の契約には買い取りオプションが付随しており、行使する場合の移籍金は1200万ユーロ(約16億5000万円)+アドオン300万ユーロ(約4億1300万円)になるとのことだ。 2022.08.09 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アスピリクエタがチェルシーとの契約延長の背景を語る「当初はスペインに戻るつもりだった」

チェルシーのスペイン代表DFセサール・アスピリクエタが、契約延長の背景を語った。 2012年にマルセイユから加入したアスピリクエタは、現スカッドでは最古参にあたり、通算出場試合数は476試合に上る。2018-19シーズン以降はキャプテンとしてチームを牽引し、一昨季のチャンピオンズリーグやクラブ・ワールドカップ優勝に貢献。チェルシーで獲得できるタイトルは全て手にした。 ただ、契約が残り1年となった今夏は、バルセロナ移籍がしきりに報じられ、アスピリクエタ本人も移籍を前向きに検討していると言われていた。一方で、一定の出場試合数に達した場合に契約が自動で延長される条項の存在も報じられ、去就は不透明な状況に。 今回、イギリス『イブニング・スタンダード』の取材に応じたアスピリクエタは、バルセロナとの接触を認めた上で、実際にターニングポイントだと感じていたことを明かした。 「バルセロナとの交渉は確かにあった。クラブ・ワールドカップの後、僕は全てのトロフィーを獲得した唯一の選手となった。その時にスペインに戻る時が来たと感じたんだ」 「だけど、その後このクラブにあらゆることが起きて、ここに残りたいと思うようになった。自分のクラブに背くことは絶対にしたくないとね。クラブとはプライベートで会話をして、僕は言いたいことを全て話した」 「ここ10年間、僕は移籍とは全く縁がなかった。マルセイユ時代を最後にね。でも今回は、契約延長に関する条項もあって難しい状況だった」 「僕は一時フリーの時期があった。その時に何が起こるかは誰にもわからない。当時はすでに周りでは色々な噂が立っていて、僕は沈黙を貫くことに決めたんだ。試合に集中したかったし、状況を悪くしたくなかった」 「本当に嬉しかったよ。そうでなければ契約しない。新しいオーナーたちは、僕に残ってチームをピッチ内外でリードして欲しいと言ってくれた。本当に感謝しているよ。彼らは初日からとても正直で明白だった。それでホームであるここに残るという責任を持つことができたんだ」 2022.08.08 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

マルコス・アロンソがついにバルセロナへ! 移籍金は13億円以下に

チェルシー所属のスペイン代表DFマルコス・アロンソ(31)のバルセロナ移籍に向けた交渉が大詰めを迎えているようだ。 昨季終盤からバルセロナ移籍が噂されていたマルコス・アロンソ。移籍市場が開くと徐々にその可能性を高め、先日にはついにトーマス・トゥヘル監督の口から、同選手が退団を希望している旨が明かされた。 そして、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、5日以降、チェルシーとバルセロナ間による交渉はすでに最終段階に入っており、まもなく契約を完了する見込みとなっている。なお、移籍金は1000万ユーロ以下と見られている。 マルコス・アロンソは2016年夏に加入し、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグと多くのタイトルを獲得。貴重な左サイドプレイヤーとして長らく重宝され、とりわけアントニオ・コンテ体制でリーグ制覇を果たしたシーズンはMVP級の活躍を見せた。 だが、DFベン・チルウェルの加入で徐々にその地位が傾き始め、昨季はそのチルウェルが負傷離脱するまでセカンドチョイスだった。 また、チェルシーはマルコス・アロンソ流出に備えてブライトンから同胞のDFマルク・ククレジャを獲得しており、プレミアリーグ開幕のエバートン戦では、移籍を望む31歳を差し置いてベンチ入り。途中出場から上々のデビューを果たしていた。 2022.08.08 16:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly