カード乱発、PK与えられず…モウリーニョ監督が審判へ皮肉「いくつかの事件があった」

2021.12.02 13:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が皮肉を交えつつ、選手を支持した。クラブ公式サイトが伝えた。

4位アタランタとの勝ち点差が6となっているローマは、1日に行われたセリエA第15節でボローニャと対戦。前半に1点を奪われると、後半はFWステファン・エル・シャーラウィを負傷で欠き、GKウカシュ・スコウルプスキの堅守を前にFWタミー・エイブラハムをターゲットとした攻撃も実らず、無得点で試合を終えた。

この試合では、物議をかもすような場面も含めて両チーム合わせて7枚のイエローカードが提示。開幕以来の3連勝とならなかったローマは、累積5枚目のイエローカードでエイブラハムとDFリック・カルスドルプが次節のインテル戦で出場停止となった。

試合後、モウリーニョ監督はMFニコロ・ザニオーロがボックス内で倒された場面や、累積警告で複数の選手が出場停止になったことに皮肉を語りながらも、90分間を戦い抜いた選手たちに労いの言葉をかけた。

「土曜日には次の試合があるので、そのためのチームをこれから考えなくてはならない」

「少なくとも、私がジャンルカ・マンチーニを交代させていなければ、おそらく彼もイエローカードを貰い、インテルとの試合に出ることができなくなっていただろう」

「ボローニャ、シニシャ(・ミハイロビッチ)、選手のみなさん、おめでとう。彼らは懸命に戦い、勝ち点3を獲得した。彼らにおめでとうと言いたい」

「そして、我々の選手も良くやってくれた。試合前にケガをするなどあらゆることに直面していたにもかかわらず、今回も全力を尽くしてくれた。試合前の負傷、試合中の負傷、90分プレーした選手の“隠れた“負傷もあった。その後もいくつかの事件があったが、我々は戦い続けた」

「私はいつも彼らを誇りに思っている。たとえ負けたとしてもそのことを引きずる選手はいないからだ。私は彼らを支持する」

「最後にひとつだけ意見を言わせてもらいたい。もし、私がザニオーロだったら、セリエAでプレーすることが自分にとって不利なものになると考え始めるだろう」


関連ニュース
thumb

14年ぶりにトロフィー獲得のローマ、スモーリングも喜び露わに「このトロフィーがどれほどの意味を持つかわかっていた」

ローマのイングランド代表DFクリス・スモーリングが、チームに久々のタイトルをもたらせたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 スモーリングは25日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝のフェイエノールト戦で先発出場。前半は相手にボールを握られる展開になったが、32分にMFニコロ・ザニオーロが冷静なチップキックを決めて先制に成功すると、その後は相手の圧力を受けながらも無失点でハーフタイムへ。後半には必死の相手に何度もチャンスを作られたが、GKルイ・パトリシオの好セーブやスモーリングら守備陣の奮闘もあり最後まで失点を許さず、1-0で勝利した。 この結果、ローマのECL優勝が決定し、今季から創設された大会の初代王者に輝いている。 2007-08シーズンのコッパ・イタリア優勝以来、14年ぶりとなるタイトル獲得について、試合後のインタビューに応じたスモーリングも喜びを露わに。チーム全員が勝利のため全力を尽くしたと歓喜した。 「ローマにいる皆にとって、この試合がどれほどの意味を持つか理解していた。それは最後までチームが団結していたことでもわかってもらえると思う。僕たちは必要以上に深い位置までラインを下げてしまったが、ストライカーでも走って守備に戻ってくるのが見えた。皆、この試合に勝たなければならないと思っていたんだ」 「僕が最初にこのクラブに来たとき、トロフィーを獲得したのはずっと前のことだった。それでも僕らには最高のファンがついていたし、だからこそこのトロフィーがどれほどの意味を持つかわかっていたよ」 2022.05.26 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

多くの好機作るもトロフィー逃したフェイエノールト…指揮官は「ちょっとした運を得られなかった」

フェイエノールトのアルネ・スロット監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝敗退を嘆いた。『UEFA.com』が伝えている。 フェイエノールトはアルバニアのティラナで25日に行われたECL決勝において、ローマと対戦した。 立ち上がりから激しい主導権の奪い合いがくり広げられるなか、徐々にボールを握り始めたフェイエノールトだったが、32分に一瞬の隙を突かれて失点。その後は攻勢を仕掛けながらも得点を奪えずハーフタイムを迎えると、後半にも幾度となくチャンスを作りながら最後まで追いつくことはできず、0-1で試合を終えた。 小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)が所属していた2001-02シーズンに優勝したUEFAカップ以来となる欧州カップ戦のトロフィー獲得の夢が潰えたことについて、試合後のスロット監督は落胆を隠さず。ローマのようなチームと対戦する以上、チャンスを確実に活かす必要があったと悔やんだ。 「試合の最初の15分がどうなるかは、いつだって興味深いものだ。その局面においては、我々がうまく試合をコントロールできていたと思う。ただ、ハーフタイムまでは45分あるのだ。そして我々の問題は、ボールを持っているかどうかに関わらず、選手たちの選択にあった」 「ハーフタイム、選手たちにはもっとうまくやらなければならないと伝えた。後半は最初の瞬間からキレがあったが、必要としていたちょっとした運を得られなかった。得点する時間もチャンスもあったが、ゴールネットを揺らせなかった。それは相手のクオリティによるところもあるだろう」 「決勝戦では何十回もチャンスがあるわけではない。2、3回程度のものだ。イタリアのチームとの決勝戦では特にチャンスを作るのは難しく、モウリーニョ監督が率いるチームなのだから、なおさらだった」 2022.05.26 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ECL制覇に感極まるモウリーニョ 「ファンがこの夜を永遠に覚えていてくれることを願う」

ローマを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が就任1年目でのタイトル獲得に感極まった。イタリア『スカイ』が伝えている。 ローマは25日、アルバニアのアレーナ・コムバターレで行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝でフェイエノールトと対戦し、1-0で勝利した。この結果、1960–61シーズンのフェアーズカップ(ELの前身)以来、約60年ぶりとなるヨーロッパのタイトルを獲得した。 睨み合いが続いた前半半ば過ぎの32分にMFニコロ・ザニオーロのゴールで先制に成功したジャッロロッシは、1点リードで試合を折り返す。後半は立ち上がりから守勢を強いられたが、守護神ルイ・パトリシオの2度のスーパーセーブで難を逃れると、以降は攻勢を強めるフェイエノールトの攻撃をDFクリス・スモーリングを中心とする守備陣がソリッドな対応で封じ込め、モウリーニョ監督のチームらしいウノゼロでの勝利でECL初代王者に輝いた。 就任1年目でローマに2007–08シーズンのコッパ・イタリア以来のタイトルをもたらしたポルトガル人指揮官は、個人としてもチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に続く3つ目のUEFAコンペティション優勝を達成。通算5個目の欧州トロフィーをキャビネットに飾ることになった。 先日の決勝進出時にも感極まったモウリーニョ監督だったが、やはり優勝の喜びはそれ以上のものだったようだ。試合直後の『スカイ』のインタビューでは時おり、言葉を詰まらせながらローマでの偉業達成に喜びを露わにした。 「色々なことが頭の中を駆け巡っている。同時にたくさんのことがね」 「ローマに来てから11カ月。トリノ戦後のドレッシングルームでも話したが、我々はやるべきことをやり、ヨーロッパリーグへの出場権を獲得した。このシーズン中に素晴らしい仕事をした」 「そして、今夜は仕事ではなく、歴史を作るために臨んだ。我々は歴史を書かなければならなかった。そして、それを成し遂げた」 「カンファレンスリーグは、我々が最初から勝たなければならない類の大会だったが、ヨーロッパリーグのレスター・シティ、マルセイユなどのチームが参戦したことで、より強いコンペティションとなった。しかし、我々はこの大会に賭けていた。セリエAでさらに多くのポイントを獲得できたはずだったが、この大会には多くのものを注ぎ込んだ」 また、自身が初の欧州タイトルを獲得したポルトを除き、それ以外のタイトルはインテルとマンチェスター・ユナイテッドというメガクラブを率いた時代のものだった。それだけにモウリーニョ監督は長年タイトルから遠ざかっていたローマでの新たなトロフィー獲得により価値を見いだしている。 「私のキャリアの素晴らしいところは、マンチェスター・ユナイテッドでのヨーロッパリーグを除けば、ポルト、インテル、ローマでタイトルを獲得したことだ。それは非常に特別なことだ。誰もがそれを期待し、勝つために十分な投資をしたときに勝つことは大事だが、不滅の勝利とはまた別のもので、本当に特別な気分だ」 「もちろん、私自身もそうだが、何よりもローマのファンたちが今夜のことを祝い、楽しみ、この夜を永遠に覚えていてくれることを願う」 「もちろん、今はロマニスタの気分だが、それは私の仕事のやり方でもある。私はポルトのファンであり、インテルのファンであり、チェルシーのファンであり、レアル・マドリーに夢中であり、今はローマのファンだ。これらのクラブに属しているのは、幾つもの瞬間を一緒に過ごせたからだ」 「今夜は、以前働いていたすべてのクラブに敬意を表しながら、100%ロマニスタになるよ。このファンたちは本当に素晴らしいからね」 最後に、今シーズン終了後のニューカッスルやパリ・サンジェルマン行きも噂されるポルトガル人指揮官だが、来シーズン以降もローマに残ることを約束している。 「今、私はここにいる。たとえ噂が流れても、私はローマに残りたい。これは歴史であるため、素晴らしい人々であるオーナーが来シーズン何をしたいのかを理解する必要があるが、誠実な専門家と一緒に本当に強力なプロジェクトを構築することができるはずだ」 「もちろん、顔を合わせて来季のプランをじっくりと話し合う必要がある」 2022.05.26 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エイブラハム、加入1年目でのタイトル獲得に歓喜 「優勝に相応しいパフォーマンス」

ローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハムが、加入1年目でのタイトル獲得に喜びを露わにしている。 ローマは25日、アルバニアのアレーナ・コムバターレで行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝でフェイエノールトと対戦し、1-0で勝利した。この結果、1960–61シーズンのフェアーズカップ(ELの前身)以来、約60年ぶりとなるヨーロッパのタイトルを獲得した。 睨み合いが続いた前半半ば過ぎの32分にMFニコロ・ザニオーロのゴールで先制に成功したジャッロロッシは、1点リードで試合を折り返す。後半は立ち上がりから守勢を強いられたが、守護神ルイ・パトリシオの2度のスーパーセーブで難を逃れると、以降は攻勢を強めるフェイエノールトの攻撃をDFクリス・スモーリングを中心とする守備陣がソリッドな対応で封じ込め、ジョゼ・モウリーニョ監督のチームらしいウノゼロでの勝利でECL初代王者に輝いた。 今大会で得点ランキング2位の9ゴールを挙げてローマの優勝に大きく貢献した24歳の主砲は、クラブ公式サイトを通じて加入1年目でのタイトル獲得に満足感を示している。 「ここに来たときに言ったことは、チームをファイナルに導く助けとなること。そして、いつかトロフィーを手に入れることだった。1年目のシーズンで、それを達成することができたんだ」 「それはチームメイトのおかげだし、ニコ(・ザニオーロ)の素晴らしいゴール、クリス(・スモーリング)のサポートなど、チーム全体が優勝に相応しいパフォーマンスを見せてくれた。それに僕たちは1年を通してハードワークしてきた」 また、アルバニアまで遠征してきた熱狂的なファンと共にすでに優勝を分かち合ったエイブラハムだが、ローマに戻ってのセレモニーを早くも心待ちにしている。 「僕はここのファンが大好きなんだ。彼らを愛しているよ」 「僕がここに来た初日から彼らは最高だった。このチームの一員になれて幸せだし、今はパーティーをするときだね」 2022.05.26 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 1-0 フェイエノールト《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝、ローマvsフェイエノールトが25日にアルバニアのティラナにあるアレーナ・コムバターレで行われ、1-0で勝利したローマが初代王者に輝いた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220526_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ルイ・パトリシオ 7.5 後半に圧巻の連続スーパーセーブでチームを救う守護神の存在感。ポルトガル代表でのビッグマッチの経験を生かして安定したゴールキーピングを披露。的確なコーチングで最終ラインを落ち着かせた DF 23 マンチーニ 7.0 立ち上がりこそ攻守両面で硬さも見受けられたが、シニステラなど相手の攻撃陣にうまく応対。先制点をアシストする決定的な仕事も果たした 6 スモーリング 7.5 圧巻の守備でデサースを完封。地対空の対人の強さに加え、カバーリングや読みを利かせた前向きな守備でピンチを未然に防いだ 3 イバニェス 7.0 ザレフスキと協力しながら自サイドで起点を作らせず。身体を張った守備に加え、マイボール時は局面を変える持ち出しやパスでアクセントを付けた MF 2 カルスドルプ 6.0 唯一の古巣対戦。後半はかなり消耗を強いられたが、要所で身体を張った守備を見せてチームを救った (→ビーニャ -) 77 ムヒタリアン 5.5 ハムストリングのケガから1カ月ぶりの戦列復帰。ぶっつけ本番での起用となったが、前半15分過ぎに無念の負傷交代… (→セルジオ・オリベイラ 6.5) ムヒタリアンの負傷を受け、スクランブル投入。クリステンテと共に中盤で献身的な守備をみせ、終盤はうまく時計を進める賢さも見せた 7 ペッレグリーニ 6.5 決定的な仕事はできなかったが、最後までチームを鼓舞するカピターノの存在感を発揮。攻守両面で多くの仕事をこなした 4 クリスタンテ 6.5 持ち味の展開力を発揮する場面は少なかったが、中盤のフィルター役を完遂。90分を通して球際で戦い続けた 59 ザレフスキ 6.0 自身初の大舞台でも全く物怖じしないプレーで前半は攻守に機能。後半はチームの劣勢と共に苦手の守備に追われる展開に (→スピナッツォーラ 6.0) 後輩から役目を引き継いだ中、相手陣内深くで仕掛けて時間を作るなど逃げ切りに貢献 FW 22 ザニオーロ 7.0 チームを勝利に導く決勝点を記録。フィジカルを生かした突破やボールキープで守勢のチームに休む時間を与えた (→ヴェレトゥ 6.0) 2点目は決めれなかったが、疲労困憊の中盤に活力をもたらした 9 エイブラハム 6.0 初代得点王獲得はならずも、前線で身体を張り続けて優勝に貢献 (→ショムロドフ -) 監督 モウリーニョ 6.5 最後はらしいウノゼロ勝利。勝負弱いチームに勝者のメンタリティをもたらし、個人として5つ目のヨーロッパのトロフィーを獲得 ▽フェイエノールト採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220526_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 バイロウ 6.0 失点はノーチャンス。ぶっつけ本番での起用となった中、見事な2つのセーブを見せるなど、ポジションを譲ったマルシアノに報いる好パフォーマンス DF 3 ヘールトライダ 5.5 右サイドバックと最終ラインでプレー。守備では概ね奮闘も失点場面ではボールウォッチャーとなり、攻撃の精度もいまひとつ 18 トラウナー 5.0 失点場面で痛恨の被りで失点に関与。早い時間帯にカードをもらったことで、以降もローマのカウンター対応で後手を踏んだ (→マルクス・ペデルセン 5.5) 縦への推進力を見せたが、クロスや最後の精度を欠く 4 セネシ 6.0 安定した守備対応に加え、後半は積極的に高い位置を取って攻撃にも関与。アルゼンチン代表初招集の実力は見せた 5 マラシア 6.0 後半に見事なミドルシュートでゴールを脅かすなど、身体能力と攻撃性能を発揮。ビッグクラブ注目の才能の一端を見せた (→ジャハンバクシュ -) MF 14 レイス・ネルソン 5.5 後半はハーフスペースでボールを引き出してチャンスメークに絡んだが、決定的な仕事には至らず (→ブライアン・リンセン 5.0) 試合終了間際のビッグチャンスは何とかボールに合わせたかった。前線に張っていたが、効果的なプレーは見せられず 17 アウルスネス 6.0 中盤の底でバランスを取りつつ、後半は前線にも顔を出してチャンスに絡んだ 26 ティル 5.5 後半立ち上がりに決定機に絡んだが、相手の屈強な守備陣に対して得意の空中戦やキープ力は発揮し切れず (→トールンストラ 5.5) キャプテンとして決定的な仕事が期待されたが、なかなかチャンスに絡めず 10 オルクン・コクチュ 6.0 決定的な仕事には至らなかったが、うまく間でボールを受けながら前線と中盤のリンクマンとして上々のプレーを見せた (→ヴォレマルク -) 7 シニステラ 5.5 崩しの局面での存在感が期待された中、積極的にボールを受けて攻撃に絡んだが、相手の堅守を前に決定的な仕事はできなかった FW 33 デサース 5.0 初代得点王に輝いたが、決勝の舞台ではスモーリングを筆頭に相手の守備陣に完璧に封じ込まれた 監督 スロット 5.5 格上相手に善戦したが、攻守両面で個のクオリティの差が勝敗を分ける形に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スモーリング(ローマ) 圧巻のスーパーセーブでチームを救った守護神の活躍も見事だったが、デサースを完封するなど再三の好守でゴールにカギを懸けたイングランド人DFをMOMに選出。スタンド観戦にも訪れ、過去に6番を背負っていた偉大なるレジェンドのアウダイールのような存在感だった。 ローマ 1-0 フェイエノールト 【ローマ】 ザニオーロ(前32) 2022.05.26 06:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly