ベンゼマの3戦連発弾で逃げ切ったマドリーが不調ビルバオを撃破!《ラ・リーガ》

2021.12.02 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは1日、ラ・リーガ第9節延期分でビルバオとホームで対戦し1-0で勝利した。

10月に開催されたカタール・ワールドカップ南米予選の影響で延期となった首位マドリー(勝ち点33)と8位ビルバオ(勝ち点20)による代替試合。

中2日での試合となったマドリーは、直近に行われたセビージャ戦(2-1で勝利)のスタメンからカルバハルに替えてルーカス・バスケスを起用した以外は、同じメンバーを採用した。

5試合勝利のないビルバオに対し、マドリーは7分、ボックス左から侵入したヴィニシウスがクロスを供給すると、ゴール右手前のベンゼマが倒れながらも右足で合わせたが、力のないシュートは相手GKがキャッチした。

対するビルバオは26分、ムニアインのFKからゴール前に抜け出したラウール・ガルシアがダイビングヘッドで合わせたが、このシュートはGKクルトワのファインセーブに防がれた。

ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続いたが、40分にマドリーが先制する。アセンシオのミドルシュートがGKウナイ・シモンに弾かれるも、こぼれ球をモドリッチが左足に当てると、右に逸れたボールを最後はベンゼマが無人のゴールに流し込んだ。

後半の主導権を握るマドリーは55分、ルーカス・バスケスのマイナスの折り返しをボックス右手前で受けたモドリッチがヒールパスで中央に送ると、ペナルティアーク手前のクロースがコントロールショット。しかし、このシュートはわずかに枠の右に逸れた。

1点を追うビルバオは60分、イニャキ・ウィリアムズのパスで右サイドを抜け出したラウール・ガルシアの折り返しを走り込んだダニ・ガルシアがダイレクトで合わせたが、これはルーカス・バスケスがスライディングブロック。

さらに69分には、バイタルエリアで獲得したFKからゴール前抜け出したウナイ・ヌニェスが決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠の右に外れた。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビルバオは86分にボックス右深くまで侵入したベレンゲルのクロスをゴール前のベスガが頭で合わせたが、このシュートはミリトンの顔面ブロックに阻まれた。

結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。ベンゼマの公式戦3試合連続弾で逃げ切ったマドリーが首位をがっちりとキープした。


関連ニュース
thumb

アスレティックがポチェッティーノ監督招へいを画策か

今季終了後の去就が注目されているパリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督だが、新天地候補として新たにアスレティック・ビルバオも浮上している。 2021年1月にPSGの監督に就任したポチェッティーノ監督。先日にリーグ・アン優勝を果たしたものの、本命であるチャンピオンズリーグではベスト16で敗退を喫し、FWリオネル・メッシやDFセルヒオ・ラモス、GKジャンルイジ・ドンナルンマらを獲得した昨夏の大型補強の成果を出すことはできなかった。 常に退任の噂が付き纏っているアルゼンチン人指揮官には、ラルフ・ラングニック監督の後任としてマンチェスター・ユナイテッドとの関連が伝えられていたが、アヤックスのエリク・テン・ハグ監督の就任が決定し、その線は消滅。そんな中、フランス『レキップ」によると、アスレティックが招へいを画策しているという。 アスレティックは昨年1月からマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が率いているが、現状でヨーロッパリーグの出場権獲得は厳しく、契約満了となる今夏のタイミングで袂を分かつと言われている。ポチェッティーノ監督とは以前から連絡を取り合っているようだ。 ポチェッティーノ監督はかつて2009年から2012年にエスパニョールを指揮した経験がある。チャビ・エルナンデス監督が就任する前にはバルセロナからの関心も噂されていたが、再びスペインで仕事をすることになるのだろうか。 2022.05.10 13:48 Tue
twitterfacebook
thumb

アスレティックがラウール・ガルシアと契約更新! 直近バレンシア戦ではプリメーラ出場数で歴代3位に浮上

アスレティック・ビルバオは9日、元スペイン代表FWラウール・ガルシア(35)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 オサスナでプロキャリアをスタートし、アトレティコ・マドリーから2015年にアスレティックに完全移籍で加入したラウール・ガルシア。 キャリア初期はインテリオールなどでもプレーしたが、アトレティコ時代にディエゴ・シメオネ監督の薫陶を受け、空中戦の強さ、キープ力、スペースをアタックする攻撃的な能力を、より生かすためにセカンドトップでの起用が増えると、アスレティックではよりセンターフォワードに近い役割を担う。 在籍7シーズンを過ごすアスレティックでは、ここまで公式戦293試合に出場し、80ゴール36アシストを記録。2度のコパ・デル・レイ準優勝や2020-21シーズンのスーペル・コパ・デ・エスパーニャ制覇に大きく貢献している。 また、今シーズンのラ・リーガで32試合6ゴール3アシストと、未だ健在ぶりを発揮している35歳は、直近のバレンシア戦でプリメーラ通算551試合出場を達成し、元レアル・マドリーのFWラウール・ゴンサレス氏を抜き、通算出場数で歴代単独3位に浮上。 なお、ラウール・ガルシアの上にいるのは、ベティスのMFホアキン・サンチェス(597試合)、元バルセロナのGKアンドニ・スビサレッタ氏(622試合)の2名だ。 2022.05.09 23:23 Mon
twitterfacebook
thumb

攻撃陣沈黙のアトレティコ、アスレティックに完敗《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは4月30日、ラ・リーガ第34節でアスレティック・ビルバオとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 前節グラナダ戦をゴールレスドローで終えた4位アトレティコ(勝ち点61)は、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位ベティスと4ポイント差の中、スアレスとグリーズマンの2トップで臨んだ。 8位ビルバオ(勝ち点48)に対し、アトレティコは8分に失点する。ロングスルーパスでボックス左に抜け出したイニャキ・ウィリアムズにヒメネスが競り負けてクロスを入れられると、エルモソに当たったボールがゴールに吸い込まれた。 さらに14分にも左サイドからのイニャキ・ウィリアムズのインスウィングクロスが右ポストに直撃してひやりとしたアトレティコは、前半半ば以降もペースを掴むことができない。 攻撃の形を作れず膠着状態を打破できない中、45分にようやくM・ジョレンテのヘディングシュートでこの試合初の枠内シュートをマークしたアトレティコだったが、1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半、ヘイニウドに代えてアンヘル・コレアを投入したアトレティコだったが、54分にPKを献上してしまう。H・エレーラがボックスぎりぎりの位置でムニアインを倒してしまった。 このPKをイニャキ・ウィリアムズに決められたアトレティコは、65分に3枚替え。コケ、クーニャ、デ・パウルを投入した。それでもギアの上がらないアトレティコは、終盤の85分にようやくコレアがボックス内から可能性のあるシュートを放ったものの枠を捉えきれず。 結局、追加タイムのコレアのミドルシュートもポストに嫌われたアトレティコはノーゴールのまま敗戦。ベティスとの勝ち点差をさらに広げることはできなかった。 2022.05.01 05:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アスレティックが13年目を迎えた右SBデ・マルコスと1年間の契約延長

アスレティック・ビルバオは26日、スペイン人DFオスカル・デ・マルコス(33)との契約延長を発表した。新契約は、2023年6月30日までの1年間となる。 アラベスの下部組織出身のデ・マルコスは、2009年夏にアスレティックに加入。今シーズンで13シーズン目を迎えている。 右サイドバックとして、今シーズンはラ・リーガで18試合に出場し1ゴール2アシストを記録。コパ・デル・レイで2試合、スーペル・コパで2試合に出場していた。 アスレティックでの公式戦は452試合に出場し35ゴール49アシスト。クラブの出場記録では歴代9位の数字を残しているレジェンド的存在だ。 なお、現所属選手では、イケル・ムニアインの494試合に次ぐ2位となっている。 2022.04.26 20:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーティリティの象徴デ・マルコスがビルバオと1年契約延長

アスレティック・ビルバオのスペイン人MFオスカル・デ・マルコス(32)が13日、契約を1年更新し来季もビルバオでプレーすることを明かした。 デ・マルコスはビルバオとの契約延長について「家族やメンタルの面で考えても契約を延長したことは正しい決断だと思う」とコメント。 2009年にアラベスから加入して以降、ビルバオで公式戦451試合に出場しているデ・マルコス。ユーティリティ性が売りの同選手だが、現在は右サイドバックが主なプレーエリアとなっている中、今季はラ・リーガ17試合(うち先発は14試合)に出場していた。 2022.04.14 01:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly