「最高に不愉快な出来事」信じられない時間稼ぎ…南米王者に導いたFW、主審に背中叩かれ突然倒れ込む

2021.11.28 22:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ここまでの狡猾さはさすがとしか言えないだろう。27日に行われたコパ・リベルタドーレス決勝。パウメイラスとフラメンゴのブラジル勢同士の対決となった決勝は、延長戦にまでもつれ込む白熱の展開となった。

連覇を目指すパウメイラスト、2019シーズン以来となる3度目の優勝を目指すフラメンゴの一戦。フラメンゴは、昨シーズンまでアーセナルでプレーした元ブラジル代表DFダビド・ルイスや長らくアトレティコ・マドリーでプレーしていたDFフィリペ・ルイスらが先発した。
試合は、延長戦にもつれ込むと、1-1で迎えた95分、延長戦から投入されてフレッシュなデイベルソンが、最終ラインでダビド・ルイスからバックパスを受けたアンドレアス・ペレイラに猛然とプレスを仕掛ける。すると、ここでペレイラがボールコントロールを誤った上、リカバリーしようとしたGKへのバックパスも短くなると、ボックス内で難なくボールをかっさらったデイベルソンがGKとの一対一を制し、パウメイラスが2-1で勝利した。

見事な勝利を収めたパウメイラスだが、延長後半の最終盤では不思議なプレーが生まれた。

延長後半アディショナルタイム3分、決勝ゴールを決めたデイベルソンが相手選手と少し揉めるも何事もなく、その場を立ち去ろうとする。主審は試合をスピードアップさせるため、デイベルソンの背中を軽く叩くと、いきなりデイベルソンがその場に倒れ込んでしまう。

残り時間が少ないこと、チームがリードしていることを考えての明らかな時間稼ぎ。相手選手にやられたならまだしも、主審がプレーを促すために背中を叩いただけなのに、激痛でも走ったかのような痛がりようだった。

これには理解を示すファンがいる一方で、「2021年のサッカー界での1番の出来事だ」、「これまでに見た中で最高に不愉快な出来事」と揶揄する声も。いくらなんでも限度というものがあるのではないだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

ブラジルの超新星エンドリックがマドリーと契約へ! 移籍金は推定104億円か

レアル・マドリーがパウメイラスのU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)の獲得に迫っているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ブラジル屈指の名門であるパウメイラスに所属し、U-17ブラジル代表としてもプレーするエンドリックは、爆発的なスピードと、類まれな創造性、ゴール前での冷静さを兼ね備えたメガクラック候補だ。 先日にはクラブ記録を106年ぶりに更新する16歳と3カ月4日での最年少ゴール記録を更新。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制したチームで6試合に出場して、3ゴール1アシストのスタッツを残しており、バルセロナやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)といったメガクラブが争奪戦を繰り広げていた。 そんなブラジルの超新星についてはマドリーも以前から関心を示しており、ロマーノ氏によれば、移籍金6000万ユーロ(約86億円)+税金の総額7200万ユーロ(約104億円)でパウメイラスと口頭合意、個人間交渉も最終局面を迎えており、マドリーは12月中に全ての書類に署名を済ませる予定だという。 なお、エンドリックの移籍は同選手が国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を迎えた後の2024年7月となる。 2022.12.09 00:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジル国内屈指の司令塔スカルパがフォレスト移籍へ

ノッティンガム・フォレストがパウメイラスの元ブラジル代表MFグスタボ・スカルパ(28)の獲得を決定的なものとした。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今シーズン限りでパウメイラスとの契約が終了する28歳はすでにフォレスト移籍のためイングランドに向かっており、今週末にメディカルチェックを受診。その後、2026年までの3年半契約にサインする予定だ。 ブラジル屈指の名門フルミネンセでプロキャリアをスタートしたスカルパは、2018年にパウメイラスに完全移籍。加入2年目から主力に定着すると、2度のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA、コパ・リベルタドーレス優勝に貢献した。 過去にブラジル代表歴もある左利きの攻撃的MFは、177cmのサイズを含めてアスリート能力に特筆すべきものはないが、テクニックと戦術眼、駆け引きの巧さが光るクラック。今シーズンはリーグ戦で35試合7ゴール12アシスト、コパ・リベルタドーレスで8試合4ゴール2アシストと、チャンスメークに加えてフィニッシュにも絡める司令塔だ。 2022.12.03 00:57 Sat
twitterfacebook
thumb

引く手数多の超新星エンドリック、チャビ監督が接触認める「我々が必要としている選手」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、パウメイラスのU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)への接触を認めた。 ブラジル屈指の名門であるパウメイラスに所属し、U-17ブラジル代表としてもプレーするエンドリック。爆発的なスピードと、類まれな創造性、ゴール前での冷静さを兼ね備えたメガクラック候補だ。 先日にはクラブ記録を106年ぶりに更新する16歳と3カ月4日での最年少ゴール記録を更新。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制したチームで6試合に出場して、3ゴール1アシストのスタッツを残しており、すでにレアル・マドリーやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)といったメガクラブが熱視線を送っているとされている。 そんなブラジルの超新星に向けてはバルセロナからの関心の噂も。『ESPN』のインタビューに応えたチャビ監督はエンドリックとその父親への接触を明かしつつ、将来的にクラブに必要な選手になると力強く語った。 「我々は彼の父親とも話しており、選手とも直接コミュニケーションを取っている状況だ。バルセロナでのプロジェクトについて説明した」 「我々は才能豊かな選手を求めている。彼は才能があり、違いを生み出すことができる。素晴らしいフィニッシュ、ドリブル、そしてピッチ上で躍動する能力も持っている。彼はすでにブラジルリーグでプレーしている現在の選手であり、それと同時に未来に可能性を持つ選手でもある」 「彼は我々が必要としている選手だ。すでにバルセロナでのプロジェクトを知っているし、話をしている。彼が僕らの選手になってくれることを願っている」 「しかし、結局は彼次第だ。こういうことはいつも選手次第で決まる。通常の場合、選手は自分がプレーしたい場所でプレーすることになる」 クラブと結んだプロ契約の影響で18歳になるまでは国際移籍ができないため、少なくとも2024年まではパウメイラスに残留するエンドリック。ネイマールやロナウジーニョといった同胞の偉大なる先達のようにバルセロナへと加入し、カンプ・ノウを沸かせる選手となるのだろうか。 2022.11.27 18:14 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルがパウメイラスMFダニーロ獲得の動きを本格化?

アーセナルがパウメイラスのブラジル代表MFダニーロ(21)獲得の動きを本格化させているようだ。『ESPN』が報じている。 プレミアリーグ首位でカタール・ワールドカップ中断期間に入り、2003-04シーズン以来遠ざかるリーグ制覇が現実味を帯びてきたアーセナル。 その悲願達成に向け、今冬の移籍市場ではFWブカヨ・サカ、FWガブリエウ・マルティネッリとポジションを争うウイングと、手薄な守備的MFの獲得を目指している。 そういった中、後者のポジションで以前から獲得候補として名前が挙がっているのが、パウメイラスの逸材MFだ。 アーセナルは今夏の段階で獲得に動いたものの、パウメイラスサイドに売却の意思がなく交渉は進展せず。しかし、ここに来てクラブは態度を軟化しており、2400万ユーロ(約34億8000万円)程度のオファーが届いた場合、受け入れる意向を示しているという。 ただ、同選手に対してはモナコとアヤックスも獲得に動いており、獲得レースを制する必要がある。 177㎝の左利きMFのダニーロは、ECバイーア、ECジャクイペンシ、PFCカジャゼイラスを経て、2018年にブラジル屈指の名門パウメイラスへ加入。ここまでトップチームで141試合12ゴール9アシストの数字を残し、コパ・リベルタドーレス連覇や今季のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝に貢献。また、デビューは果たしていないものの、今年6月に行われた日本代表戦ではセレソンに初選出されている。 豊富な運動量とアスリート能力、若さに似つかわしくないプレーリードを生かしたボール奪取能力、カバー範囲の広い守備が特長だが、攻撃面でもトリッキーな仕掛け、正確な左足のパスでチャンスを演出する万能型だ。 2022.11.23 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「インスピレーションを得られる」、怪物エンドリックはPSGをフォロー

メガクラブが注目するパウメイラスのU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)は、移籍先の候補のひとつであるパリ・サンジェルマン(PSG)に好印象を抱いているようだ。 ブラジル屈指の名門、パウメイラスに所属し、U-17ブラジル代表としてもプレーするエンドリック。173cmのレフティーは、爆発的なスピードと、ペレやロナウジーニョ、ネイマールら偉大なる先達を想起させる創造性、超絶技巧を兼備したメガクラック候補だ。 先日にはクラブ記録を106年ぶりに更新する16歳と3カ月4日での最年少ゴール記録を更新し、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制したチームで6試合3ゴール1アシストの数字を残している。 すでにレアル・マドリーやチェルシー、バルセロナといったメガクラブが獲得に関心を示す16歳逸材は、フランス『So Foot』で移籍先候補に挙がるPSGに言及。同胞の先達やFWリオネル・メッシ、FWキリアン・ムバッペといったワールドクラスの選手からインスピレーションを受けていることを明かした。 「ネイマールは大好きなプレーヤーさ。だから、PSGを見るのが好きなんだ」 「キリアン・ムバッペはとても強く、マルキーニョスとリオネル・メッシはどちらもワールドクラスのプレーヤーだ。彼らからインスピレーションを得られるから、PSGの試合を見るのが好きなんだ」 先日のプロ契約によって6000万ユーロ(約86億5000万円)の契約解除金が設定されたエンドリックだが、18歳になるまで国際移籍ができないため少なくとも2024年まではパウメイラスに残留する。 そのころには前述のコメントの主力の多くはクラブを去っている可能性は高いが、同選手がパリの巨人の新たなアイコンとなるのか…。 2022.11.11 00:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly