秋田DF山田尚幸、久富賢に続き今季退団 「9年間は僕の財産であり、誇り」

2021.11.23 18:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラウブリッツ秋田は23日、DF山田尚幸(33)との契約非更新を発表した。

山田はびわこ成蹊スポーツ大学、MIOびわこ草津(現・MIOびわこ滋賀)を経て、2013年から当時日本フットボールリーグ(JFL)だった秋田でプレー。翌年からチームとともに明治安田生命J3リーグに参入すると、通算197試合に出場した。

そして、昨季にはクラブ初のJ2昇格に貢献。自身にとっても初挑戦のJ2でここまで8試合に出場しているが、今年9月に右ヒザ前十字じん帯断裂で手術。それ以来、戦線離脱中だった。そんな山田は先日のMF久富賢(31)に続く秋田退団者となる。

今季限りで9年間を過ごした秋田を去る山田はクラブを通じて、ファンに感謝の言葉を送った。

「ブラウブリッツ秋田で過ごした9年間は、人に恵まれ、支えていただいた9年間でした。故外山会長を始め、これまで共に戦ってきた監督、チームメイト、社長、スタッフ、スポンサー、サポーター、ボランティア、全ての皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」

「秋田で過ごした9年間は、僕の財産であり、誇りです。こんな状態で、どこまでやれるか分かりませんが、これからも僕らしく、家族と共に、笑顔で前に進んでいこうと思います。伝えたい言葉は、尽きませんが、9年間、素晴らしい光景と応援をありがとうございました」

関連ニュース
thumb

台風11号の影響、琉球vs秋田が18時半から13時キックオフに変更…3日開催予定も台風接近の予報

Jリーグは2日、3日に開催が予定されている明治安田生命J2リーグ第34節のFC琉球vsブラウブリッツ秋田に関して、キックオフ時間の変更を発表した。 琉球の本拠地であるタピック県総ひやごんスタジアムで行われるこの試合は、当初は9月3日(土)の18時30分キックオフだった。 しかし、沖縄県に台風11号が接近している関係で、その影響によりキックオフ時間を変更。13時に変更することとなった。 なお、当日の天候状況によっては、更なるキックオフ時刻の変更や試合中止の可能性もあるという。 台風11号は非常に勢力が強く、猛烈な台風へ発達。現在は沖縄県の南の海上で停滞しており、3日には先島諸島に接近すると見られている。 2022.09.02 11:19 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田が選手1名の新型コロナ陽性を報告 濃厚接触疑い者なし

ブラウブリッツ秋田は19日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は18日にJリーグのガイドラインに定める抗原定性検査を受検した結果、陽性判定。症状は無症状だが、保健所の指示に従い、隔離措置に努めている。 Jリーグのガイドラインに基づく「濃厚接触疑い者」に該当する選手、スタッフはなし。20日に行われる明治安田生命J2リーグ第32節の栃木SC戦は陰性の選手、スタッフで臨むという。 2022.08.19 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田の選手1名が新型コロナ陽性判定…濃厚接触疑い者はなし

ブラウブリッツ秋田は15日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は14日に体調不良を訴えたとのこと。抗原検査を実施し、陽性判定を受けた。 なお、チーム内には濃厚接触疑い者はいないとのことだ。 2022.08.15 10:27 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田、吉田謙監督ら4名の新型コロナウイルス陽性を発表…13日の岩手戦は開催予定

ブラウブリッツ秋田は11日、吉田謙監督とトップチーム選手2名、スタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたと発表した。 当該選手の1人が10日に体調不良を訴え、医療機関でPCR検査を受けたところ、陽性判定に。これを受け、全選手・スタッフを対象とした臨時のPCR検査を行った結果、新たに吉田謙監督、選手1名、スタッフ1名の陽性を確認した。 なお、濃厚接触者に該当する選手、スタッフはなし。13日に開催される明治安田生命J2リーグ第31節のいわてグルージャ盛岡戦は抗原検査にて陰性が確認された選手、スタッフのみで試合を行う予定だという。 2022.08.11 17:34 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山が秋田の主力、輪笠祐士を完全移籍で獲得 「今いただいたチャンスにチャレンジしたい」

ファジアーノ岡山は8日、ブラウブリッツ秋田からMF輪笠祐士(26)の完全移籍加入を発表した。背番号「34」をつける。 輪笠はFC東京のアカデミー育ちで、2018年に日本体育大学から福島ユナイテッドFCに入団。2020年から秋田に加わった。 今季もここまで明治安田生命J2リーグ29試合に出場して1得点と主力を担ったが、この夏からの岡山入りを決断している。 10日から合流する岡山を通じて「ブラウブリッツ秋田から加入することになりました輪笠祐士です。ファジアーノ岡山のために全身全霊を尽くして戦います。よろしくお願いします!」とコメントした。 一方で、秋田を通じては「このような形での急なご報告となってしまい申し訳ありません。この度、ファジアーノ岡山へ移籍することとなりました」と別れと感謝の言葉を述べた。 「今のチーム状況や、昨年J2に昇格し、ブラウブリッツ秋田というクラブが今後大きくなっていく上で、とても大事な時期であるということは重々承知しています。ですが、今後の自分のサッカー人生を考えたとき、今いただいたチャンスにチャレンジしたいというのが素直な気持ちであったため、このような決断をしました」 「約2年半前に吉田監督から熱いオファーをいただき、ブラウブリッツ秋田での僕の挑戦が始まりました。1年目は開幕28戦無敗など、記録ずくめのJ3最速優勝。2年目はJ2経験のある選手が少ない中挑んだ、秋田としても、僕としても初めてのJ2の舞台」 「そして今年は12試合勝ちなしと苦しい時期を過ごしましたが、その中でも選手・監督・スタッフで試行錯誤し、細かいところまで突き詰めながら過ごした濃い日々。本当にどれも自分にとっては大きくてかけがえのない経験となっております。秋田での経験を必ず今後のサッカー人生に活かして、変わらず精進していきたいと思います」 「どんなときでもあたたかく応援していただいたファン・サポーターの皆様、スポンサー様、監督、スタッフ、選手、ブラウブリッツ秋田に関わるすべての皆様に本当に感謝しています。今後は別のチームとはなりますが、同じサッカー仲間としてこれからも切磋琢磨していければと思います。今まで本当にありがとうございました」 2022.08.08 10:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly