インテルにまた負傷者? 首位ナポリ戦を前に代表活動で多くの負傷者が…

2021.11.17 23:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルがインターナショナル・マッチウィークで新たに選手を欠くことになるようだ。カタール・ワールドカップ(W杯)予選を各国の選手たちが戦っていたが、11月の活動も終了。週末からは再びリーグ戦が再開する。

セリエAで3位につけるインテルだが、すでにオランダ代表DFステファン・デ・フライが右ハムストリングを負傷。FWエディン・ジェコも負傷し、早期にチームへと復帰していた。

そんな中、新たに2選手がケガをしたと見られている。

イタリア『Tuttomercatoweb』によると、チリ代表FWアレクシス・サンチェスはベネズエラ代表とのカタールW杯南米予選で負傷。36分で途中交代している。なお、筋肉系の負傷とのことだ。

また、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスもブラジル代表戦で負傷したとのこと。ハーフタイムで交代していた。

ケガの程度はそれぞれ重傷ではないと見られているが、チームのメディカルによる確認を経て、週末の試合で起用可能かどうかを見極めるようだ。

インテルは21日に、セリエA第13節で首位のナポリと対戦する。上位対決の大一番となるだけに、ケガ人の具合が気になるところだ。

関連ニュース
thumb

【セリエA第22節プレビュー】アタランタvsインテルの上位対決開催

前節はインテルがラツィオを下して首位をキープ。ユベントスがローマとの打ち合いを制した。迎える第22節、インテルはアタランタとの上位対決に臨む。 今季唯一黒星を付けられたラツィオ相手にDFバストーニの1ゴール1アシストの活躍でリベンジを果たしたインテル(勝ち点49)。消化試合が2位ミランより1試合少ない中、8連勝として首位をキープしたネラッズーリは、水曜に行われたスーペル・コッパではユベントス相手にFWサンチェスの延長後半追加タイム弾で劇的勝利を飾った。好調が続くチームは勢いそのままにアタランタ撃破となるか。 一方のアタランタ(勝ち点41)も新年初戦となった前節、ウディネーゼに6発圧勝として4位をキープ。そして水曜に行われたコッパ・イタリアではヴェネツィアを退け、準々決勝進出を決めた。FWサパタが負傷により引き続き欠場となるが、代わって先発のFWムリエルがここ2試合連続ゴールと好調。インテル相手にもゴールを決め、王者の連勝を止められるか。 DFテオ・エルナンデスの活躍でヴェネツィアに快勝とした2位ミラン(勝ち点48)は、木曜に行われたコッパ・イタリアではジェノア相手に延長戦まで持ち込まれた中、3-1で勝利。そのミランは月曜に16位スペツィア(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。MFトナーリが出場停止で、ケシエがアフリカネーションズカップ参戦中でレギュラーの中盤センター2枚を欠くが、代役を務めるであろうMFバカヨコ、MFクルニッチらの活躍が求められる。 ローマとの打ち合いを制した5位ユベントス(勝ち点38)は、14位ウディネーゼ(勝ち点20)とのホーム戦に臨む。ローマ戦ではFWキエーザが重傷を負い、1-3と追い込まれた状況から、後半半ば以降の3ゴールで4-3と逆転勝利を飾ったユベントス。ただ、水曜に行われたスーペル・コッパではインテル相手に延長後半追加タイム被弾で敗戦。勢いを削がれてしまったが、切り替えてウディネーゼ撃破となるか。 勝ち点32で並ぶローマ勢では、7位ローマが18位カリアリ(勝ち点16)とのホーム戦を、8位ラツィオが最下位サレルターナ(勝ち点11)とのアウェイ戦に臨む。前節負傷欠場のサンプドリアDF吉田は今節トリノ戦も欠場予想となっている。 ◆セリエA第22節 ▽1/15(土) 《23:00》 サンプドリアvsトリノ 《26:00》 サレルニターナvsラツィオ 《28:45》 ユベントスvsウディネーゼ ▽1/16(日) 《20:30》 サッスオーロvsヴェローナ 《23:00》 ヴェネツィアvsエンポリ 《26:00》 ローマvsカリアリ 《28:45》 アタランタvsインテル ▽1/17(月) 《26:30》 ボローニャvsナポリ ミランvsスペツィア 《28:45》 フィオレンティーナvsジェノア 2022.01.15 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

スーペル・コッパ敗戦のユベントス、アッレグリ「正しい怒りを持たなければならない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、敗れたスーペルコッパ・イタリアーナを振り返った。 ユベントスは12日、昨季のコッパ・イタリア王者としてセリエA王者インテルとのスーペルコッパに臨んだ。試合は25分にFWアルバロ・モラタのクロスをFWウェストン・マッケーニーが頭で合わせて先制する展開に。 しかし、34分にPKから同点に追いつかれると、1-1のまま迎えた延長後半の追加タイムに、DFアレックス・サンドロの不用意なクロス対応を突かれる形で失点。1-2で敗れる結果となった。 リーグ戦でも今一つな成績となっているユベントス。アッレグリ監督は、試合を振り返りつつ、この敗戦を今後の糧にしたいとコメントした。 「我々にとっては良いテストだった。良い試合をしたと思う。チームは好調で成長を続けており、今夜の試合からポジティブな面を見つける必要がある」 「この試合では目的に向けた意思統一が見て取れた。アレックス・サンドロも良いパフォーマンスだったよ。最後にミスをしてしまったがね」 「ただ、この敗戦は痛手だ。正しい怒りを持たなければならない。他の選手が喜ぶ姿を見ることは、残りのシーズンへの刺激になるはずだ」 2022.01.13 15:44 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルが6度目のスーペルコッパ優勝! インザーギ監督も満足感「ファンにとっては長すぎる12年だった」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、12日に行われたスーペルコッパ・イタリアーナ制覇に喜びを露わにした。『フットボール・イタリア』がコメントを伝えている。 昨季のセリエA王者として、コッパ・イタリア王者ユベントスとのスーペルコッパに臨んだインテル。試合は25分に先制を許すものの、34分にFWエディン・ジェコが得たPKをFWラウタロ・マルティネスが決めて同点に追いつく。 後半はインテルの攻勢が続いたが、90分では決着が付かず延長戦へ。延長戦もインテルが攻めあぐね、なかなか得点が生まれなかったが、迎えた延長後半のアディショナルタイム、インテルが左サイドからクロスを上げたところ、ユベントスDFアレックス・サンドロが不用意に胸でダイレクトパス。これを背後から忍び寄ったDFマッテオ・ダルミアンが奪い取り、最後はFWアレクシス・サンチェスがゴールを決めた。 これが決勝点となり、2010年以来6度目のスーペルコッパ優勝を果たしたインテル。就任後初タイトルとなったシモーネ・インザーギ監督も、この勝利に大きな満足感を得たようだ。 「我々はユーベのような強力なチームと相まみえた。この勝利は、素晴らしい相手であるからこそ価値があるのだ」 「彼らは我々にポゼッションを許していたが、常に試合に集中し、我々にとっても決して簡単な試合ではなかった」 「私が以前、スーペルコッパで彼らと対戦したのは幸運な経験だった。これはファンの目の前で掲げた初めてのトロフィーだ。私もとても嬉しいよ」 「インテルは2010年以来スーペルコッパを制覇しておらず、ファンにとっては長すぎる12年だった。だから我々は何としてでも勝ちたかったのだ」 2022.01.13 15:10 Thu
twitterfacebook
thumb

延長後半追加タイムのサンチェス弾でインテルがユベントス撃破《スーペル・コッパ》

スーペル・コッパ、インテルvsユベントスが12日に行われ、延長戦の末に2-1でインテルが勝利した。 昨季セリエA王者インテルとコッパ・イタリア王者ユベントスによるスーペル・コッパ。 インテルはベストメンバーで臨み、ラウタロ・マルティネスとジェコが2トップを形成した。 一方のユベントスはキエーザが長期離脱となった中、ディバラ、GKシュチェスニー、負傷明けのボヌッチがベンチスタート。[4-2-3-1]で臨み、最前線にモラタ、2列目に右からベルナルデスキ、クルゼフスキ、マッケニーと並べた。 立ち上がりからハイプレスをかけたユベントスに対し、インテルは6分、CKからデ・フライが際どいヘディングシュートを浴びせると、8分にもラウタロがボックス内から決定的なシュートを浴びせた。 インテルの攻勢が続いた中、徐々に盛り返したユベントスは25分に先制した。サイド攻撃の流れからモラタの左クロスをマッケニーがヘディングシュートを流し込んだ。 それでも34分、インテルはPKを獲得する。ジェコがボックス内でデ・シリオに倒され、このPKをラウタロが決めてすかさず試合を振り出しに戻した。 1-1で迎えた後半開始3分、ベルナルデスキが決定的なシュートを浴びせたユベントスだったが、インテルの攻勢が続く。 まずは59分、ダンフリースがゴール至近距離からヘディングシュート。枠を捉えていたが、GKペリンの好守に阻まれた。さらに69分、ペリシッチの左クロスからラウタロのヘディングシュートも枠を捉えたが、ここもGKペリンに阻止される。 75分にはラウタロとジェコに代えてホアキン・コレアとサンチェスを投入し、さらに圧力をかけにかかったインテルだったが、守勢のユベントスを崩しきれず1-1のまま90分を終えた。 迎えた延長前半5分、CKからサンチェスが際どいヘディングシュートを放ったインテルが引き続き押し込む展開が続いたものの、やはりユベントス守備陣からゴールをこじ開けることができない。 しかし、このままPK戦突入かと思われた延長後半追加タイム1分にインテルが勝ち越す。アレックス・サンドロの不用意な自陣ボックス内でのチェストパスをダルミアンがカット。ルーズボールを拾ったサンチェスがシュートを決め切った。 直後にタイムアップとなり、インテルが6度目のスーペル・コッパを勝ち取っている。 2022.01.13 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ワクチン接種遅れで試合直前合流となりスーペル・コッパでベンチ確定、ユーベ正守護神の選択が裏目に

ユベントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーだが、思わぬ理由で大一番でベンチに座ることになってしまった。 ユベントスは12日、スーペル・コッパでインテルと対戦する。 昨シーズンのセリエA王者のインテルと、コッパ・イタリア王者のユベントスとの一戦。今シーズンなかなか調子が上がらないユベントスとしては、ここでしっかりと勝利しておきたいところだ。 しかし、この試合でユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は1つの決断を下すことに。シュチェスニーをベンチに座らせることを決めた。 アッレグリ監督は試合に向けた記者会見で選手の状況についてコメント。「シュチェスニーはワクチン接種を受けた。最終的な段階でスタジアムに到着するため、ペリンがゴールを守る」と語り、控えGKのマッティア・ペリンの起用を口にしていた。 シュチェスニーはここまで新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンを接種してこなかった。しかし、その決断が仇となり、今回はベンチに座ることになったのだ。 シュチェスニーはPCR検査で陰性となっていたために基本的な試合参加の許可は得られている状況。しかし、最終的にシュチェスニーはワクチンを接種したものの、それは最近まで実施されていなかったため、チームと活動を共にすることができず、移動や宿泊は別で行わざるを得なくなっていた。 選手にワクチン接種が義務付けられてからシュチェスニーは接種したため、2回目のワクチンはまだできておらず、それまでは暫定的な許可しか得られない状況となってしまうこととなった。 世界中で感染が爆発しているオミクロン株。日本でも一気に感染者が爆発しており、ワクチンの接種や検査での陰性証明など、様々な面で規制がかかる日が来るかもしれない。 2022.01.12 18:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly