元イングランド代表のジャック・ロドウェルがウェスタン・シドニー・ワンダラーズに加入!

2021.11.11 14:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFジャック・ロドウェル(30)が、オーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズに加入することになったようだ。イギリス『サン』が報じている。かつてエバートンやマンチェスター・シティに在籍していたロドウェル。2012年夏に加入したシティでは、シーズン序盤にハムストリングのケガで長期離脱を強いられると、復帰後もポジションを取り戻すことができず、2年後にサンダーランドへ移籍した。

当時プレミアリーグに所属していたサンダーランドでは準主力として一定の出場機会は得られていたものの、チャンピオンシップに降格した2017-18シーズンは完全に構想外に。その後はブラックバーン、シェフィールド・ユナイテッドと渡り歩いたが、2020年1月に加入したシェフィールド・ユナイテッドでは、出場は2019-20シーズンの2試合のみにとどまり、昨季は一度も出場機会を得られないまま、今夏に退団していた。

今季は移籍先が見つからず無所属の状態が続いていたが、この度ウェスタン・シドニー・ワンダラーズと2年契約。およそ16カ月プレーしていない中、20日に開幕するAリーグの新シーズンに向けて新天地へ飛び立った。

なお、AリーグではDF太田宏介の所属するパース・グローリーが、先月1日に元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(32)の加入を発表している。

関連ニュース
thumb

倒れるものはユニをも掴む、転倒を防ごうと思わず手にしたのは相手のシャツだった「そんなにシャツが欲しかったのか」

22日に行われたプレミアリーグ第23節、エバートンvsアストン・ビラでは、ユニフォームが想像以上に伸びることが判明した。 近年はユニフォームの性能も大幅に進化し、着心地に加えて軽さや通気性など機能面も向上。素材の面でも環境に配慮したリサイクル素材を採用するなど、各社がデザイン以外にもこだわりを見せている。 話題に上りやすいユニフォームだが、この試合ではユニフォームの伸縮性と強度の関係、購買意欲などに焦点が当たることとなった。 エバートンMFアブドゥライエ・ドゥクレとアストン・ビラMFジェイコブ・ラムジーはタッチライン際のルーズボールに対して競り合った。軽微な接触を経てドゥクレがスリップすると、この時に相手のシャツを掴む恰好に。 勢いのまま滑っていくドゥクレに対し、ラムジーが倒れずに踏ん張ったことで、当然ユニフォームは引っ張られて伸びることに。想像以上の耐久性を見せたが、結果的には敗れてしまった。 公開された動画には「これがジャージの品質」、「破れたシャツは貧弱な生地であるに違いありません」、「2人が地面に激しくぶつかるのを防いだ」となど、ファンから様々なコメントが寄せられた。 また、「罰金を科せられるべき」、「そんなに彼のシャツが欲しかったのか」など、呆れ気味の声も届いている。 進化を続けるユニフォームだが、成人男性を支えることは残念ながらできなかったようだ。なお、試合はアストン・ビラが1-0で勝利。5試合ぶりの白星を手にしている。 <span class="paragraph-title">【動画】どこまで伸びる?破れるまで選手に引っ張られたユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZCHI6touW0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZCHI6touW0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZCHI6touW0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.26 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

後半戦突入のプレミア、ファーディナンド氏が降格候補を予想「ニューカッスルは抜け出すと思うが…」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、今季プレミアリーグから降格するクラブを予想している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 プレミアリーグは新型コロナウイルスの感染拡大による試合延期が相次いだ影響で、各クラブの消化試合に差があるものの、現時点でいまだ勝ち点20に達していない16位エバートン(勝ち点19)、17位ノリッジ(勝ち点16)、18位ニューカッスル(勝ち点15)、19位ワトフォード(勝ち点14)、20位バーンリー(勝ち点12)は、残留争いに巻き込まれることが濃厚になっている。 ファーディナンド氏は自身のYouTubeチャンネル『Vibe with Five』で、今季降格する3クラブはこの5チームのいずれかになるだろうと予測。そのうえで、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収されたニューカッスルは残留するだろうとし、ノリッジ、ワトフォード、バーンリーの降格を予想した。 「ニューカッスルは残留して夏に大きな仕事をすると思う。彼らは大金を手にした他のチームと比べても、より綿密で戦略的だ。あまりガツガツとはしていないように見える」 「ノリッジがリーグで連勝する前、私は彼らが降格するのはほぼ確実だろうと考えていた。その後、彼らは突如として存在感を示したが、このインターナショナルマッチウィークによる中断で勢いを失うだろう」 「今のところ下位5チームとそれ以外では大きく差があると思う。私はバーンリー、ワトフォード、そしてノリッジが降格に巻き込まれると思っているよ」 「ニューカッスルは残留争いから抜け出すはずだ。この移籍市場でもう1人か2人、インパクトのある選手が加わるだろうしね」 2022.01.25 15:18 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコがキャルバート=ルーウィンに関心か

アトレティコ・マドリーが、エバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(24)の獲得に動き始めているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 2016年夏にシェフィールド・ユナイテッドから加入し、徐々に存在感を高めてきたキャルバート=ルーウィン。昨季はプレミアリーグ開幕5試合で7ゴールを挙げるなど、キャリアハイの16ゴールを記録。今季も開幕3試合連続ゴールを挙げていた中、つま先の骨折で長らく離脱を強いられていた。 ただ、24歳とまだまだ伸び代のあるキャルバート=ルーウィンには、多くのクラブが注目。国内ではアーセナルやウェストハムからの関心が伝えられているが、アトレティコも来夏の獲得に向けて、エバートンと接触を試みたという。 ただ、2020年3月に2025年までの契約を結んだキャルバート=ルーウィンには、4000万ポンド(61億6000万円)から6000万ポンド(92億4000万円)の移籍金が必要になると見込まれており、どのクラブも簡単にはオファーが出せない状況となっている。 2022.01.23 16:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ビラ選手に物を投げつけたサポーターが御用に…エバートンが発表

アストン・ビラの選手を物を投げつけ、危険な目に遭わせたサポーターが逮捕された。 22日のプレミアリーグ第23節でエバートンのホームに乗り込んだビラは前半アディショナルタイム、アルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアが右CKのキックから技ありのヘディングシュートを決め、先制に成功。その1点のリードを守り抜いて、2試合ぶりの勝利を手にした。 だが、相手サポーターが陣取るスタンドに向かって走ったブエンディアの周りにビラの選手も集まって喜び合った場面で、スタンドのサポーターからプラスチックのペットボトルなどが投げ込まれ、フランス代表DFリュカ・ディーニュとポーランド代表DFマティ・キャッシュに直撃した。 幸いにも両選手ともにフル出場したが、物が選手の頭部にヒットするなど、間違えば大ケガに至りかねない蛮行といえるが、エバートンは試合後、当該サポーターが警察に逮捕されたとの声明を発表した。 「警察は本日にグディソン・パークで行われたプレミアリーグのアストン・ビラ戦で発射体を投げ込んだサポーターを逮捕しました。エバートンのセキュリティスタッフとマージーサイド警察は監視カメラの映像でサポーターを特定しました」 「ビラのゴール後にいくつかの物体がピッチに投げ込まれ、そのひとつの発射体が2選手に当たった模様です。警察と連携した捜査はまだ続いており、クラブは物の投げ込みを確認したすべてのファンをスタジアム出入り禁止に処す予定です」 2022.01.23 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェラード、恩師ベニテスの宿敵エバートン行きに「ショックを受けた」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、恩師のエバートン就任にショックを受けていたようだ。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えている。 現役時代はアカデミーからリバプール一筋だったジェラード監督。そのキャリアの中で様々な指揮官の指導を受けてきたが、中でも2004-2005シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)を共に制覇したラファエル・ベニテス監督は特別な存在と言える。 ビッグイヤーを掲げ、リバプールのレジェンド的指揮官となったベニテス監督はその後、レアル・マドリーや、ナポリといったクラブを歴任。そして、今季から新天地に選んだのは、まさかのエバートンだった。 ジェラード監督は22日にプレミアリーグ第23節でエバートンと対戦するが、ベニテス監督はすでに今月16日に成績不振で解任されているため師弟対決は実現せず。ただ、やはり恩師のライバルクラブ就任はショックだったようだ。 「ラファとは親交があり、非常に尊敬しているだけに残念だった。当時はユニークな人事だとも正直思ったがね」 「彼がリバプールに残したものやその関係を考えると、エバートンでその職に就いたことには驚いたし、ショックを受けた」 2022.01.22 20:28 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly