日本人4人が先発のシント=トロイデン、5試合ぶりのリーグ戦白星《ジュピラー・プロ・リーグ》

2021.11.07 17:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンは6日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第14節でメヘレンと対戦し、0-1で勝利を収めた。

この試合では、GKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨、FW原大智が先発出場した。

4試合ぶりにケガから復帰した鈴木と原がコンビを組んだ。
開始2分、右サイドからスティーブ・デ・リッダーのクロスを、ボックス内で原がダイレクトシュート。しかし、これはわずかに右に外れる。

12分にはロングボールを原が競り勝つと、鈴木が拾い上がってきた橋岡へパス。橋岡のクロスを原が飛び込んで合わせるが、シュートは枠に飛ばない。

しかし34分、FKからのクロスに対し、ボックス内で原が競り勝つと相手DFがブロック。これに対して鈴木が競りに行くと、最後は相手のオウンゴールとなり先制する。

先制したシント=トロイデンだが、右サイドの橋岡の裏を攻められる。45分、ボールを奪いに行った橋岡の裏を取ると、ボックス内左からシュート。しかし、GKシュミット・ダニエルがセーブする。

1点リードで迎えた後半もシント=トロイデンが攻め立てる。52分にはスローインから鈴木が受けると原がボックス内でキープ。原のパスを受けたクリスティアン・ブルースがクロス。これに鈴木が飛び込むが、相手GKがセーブする。

60分にも鈴木のスルーパスに抜け出した原が、ボックスないから強烈なシュート。しかし、これは枠を捉えられず。65分には鈴木がボックス内で切り返してシュートも打てず、こぼれ球を拾った原がシュートも枠を外す。

その後はメヘレンが猛攻を仕掛けるが、シント=トロイデンは退場者を出しながらもなんとか守りタイムアップ。0-1で勝利しリーグ戦5試合ぶりの白星となった。

メヘレン 0-1 シント=トロイデン
【シント=トロイデン】
オウンゴール(前34)

関連ニュース
thumb

「またJリーグでみれるの嬉しいよ」C大阪電撃復帰の香川真司は輝きを取り戻せるか!? 期待の一方でフィジカルを疑問視する声も「展開力はさすが」「運動量は減ったけど」

セレッソ大阪への復帰が決まった元日本代表MF香川真司。公開されたプレー集には期待と不安の入り混じった声が寄せられている。 1日、C大阪はシント=トロイデンから元日本代表MF香川真司の完全移籍加入を発表。12年半ぶりの古巣、そしてJリーグ復帰となる。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムントへ移籍。以降はマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキ、シント=トロイデンと、欧州計6カ国でプレーしてきた。 ドイツやイングランドではタイトルを獲得してきた香川だったが、近年はパフォーマンスを上げることができず。ベルギーでも2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグで12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月には慢性的な痛みに悩まされる足の手術をし、カタール・ワールドカップ(W杯)明け後は出場がない。 『DAZN』はシント=トロイデン在籍時のプレー集を公開。種々の多数の声が寄せられた。 「またJリーグでみれるの嬉しいよ」 「シャドーのような動きは厳しくなったかもしれないけど創造性溢れるプレーで司令塔として洗練されてますね。3月で34歳。まだまだこれから」 「昔から定評があった展開力はさすがの世界水準」 「ターンや味方へのロングパスの精度の高さが健在で、かつてのワクワク感が感じ取れました」 「普通に上手い、運動量は減ったけどセンスは抜群」 「キレはなくなったけど、相変わらずうまいよね」 「期待しすぎないのが、一番だと思う。確実に今いるセレッソの中盤のほうが躍動感があって、見ていて楽しい」 Jリーグ復帰を喜ぶ声はもちろんのこと、視野に広さやキック精度といったゲームを作る部分には多数の賛辞が。一方で、フィジカルベースは逆説で結び、疑問視する声も聞こえてくる。 一大決心の下で日本復帰を決意した香川。大きな注目を集めるなか、観衆を魅了するプレーを披露することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】12年半ぶりにJ復帰を決めた香川真司のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iOd9Ks3qMys";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司が古巣C大阪へ! 欧州5カ国を渡り歩いて12年半ぶりの復帰

セレッソ大阪は1日、ジュピラー・プロ・リーグのシント・トロイデンから元日本代表MF香川真司(33)の完全移籍加入を発表した。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムント移籍から、マンチェスター・ユナイテッドなど6カ国でプレー。ドルトムント、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキでキャリアを紡いだ後、2022年1月からシント・トロイデンに活躍の場を移した。 ベルギー挑戦2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグ12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月に慢性的な痛みに悩まされる足の手術を決断。カタール・ワールドカップ(W杯)が終わって少ししてベンチに戻ったが、この冬に12年半ぶりのC大阪復帰を決めた。 通算97キャップ(31得点)の日本代表では長きにわたって背番号「10」をつけ、2014年と2018年のワールドカップ(W杯)にも出場した香川。5日にC大阪加入記者会見が予定され、その模様はクラブ公式のYouTubeチャンネルでライブ配信される。 2023.02.01 11:42 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司の巧みなパスから橋岡大樹クロスに林大地! 今季7点目に「よく合わせた」、橋岡には「いいとこ通した」…チームはドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンの日本人コンビが躍動した。 28日、ジュピラー・プロ・リーグ第23節でシント=トロイデンはアウェイでOHルーヴェンと対戦した。 試合にはGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW岡崎慎司、FW林大地が先発出場。アラベスから加入したばかりのFW原大智は71分から途中出場した。 MF香川真司のJリーグ復帰が話題となる中、プレーオフ進出を争う両者の対戦。試合は早い段階でシント=トロイデンが動かす。 9分、縦パスを岡崎がダイレクトプレーで流すと、右サイドで動き出していた橋岡が反応。そのまま拾って持ち出すと、ボックス右からグラウンダーのパス。これを中央で林がダイレクトシュートを蹴り込み、日本人の連係でシント=トロイデンが先制に成功する。林は今季7ゴール目となった。 立ち上がりから押し込み続け、先制に成功したシント=トロイデン。前半の終盤にかけてはOHルーヴェンに何度も崩されあわやゴールという決定的なピンチの連続を迎えるが、GKシュミット・ダニエルのスーパーセーブもあり、なんとか凌いで後半に入る。 1点リードで迎えた後半だったが50分にボックス内でファウル。PKを決められて追いつかれると、その後はオープンな展開に。OHルーヴェンが押し込む時間が続くが最後まで守り切り、1-1の引き分けに終わった。 ファンは林のゴールに「よく合わせた」、「二桁取って欲しい」、「スペース作れるようになった」とコメント。またアシストの橋岡にも「クロスいいとこ通した」、「正確で早い」とコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】岡崎の技ありダイレクトパスから橋岡がクロス、最後は林!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="lBIzIHEws1I";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:28 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司が13年ぶりにJリーグ復帰へ? シント=トロイデンを1年で退団と地元紙が報道

シント=トロイデンに所属する元日本代表MF香川真司(33)がJリーグへ復帰する可能性があるようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えた。 セレッソ大阪でプレーした香川は、2010年7月にドルトムントへと完全移籍。その後、マンチェスター・ユナイテッドやベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキでプレー。2022年1月にシント=トロイデンに加入した。 ドルトムント時代はブンデスリーガ優勝、ユナイテッド時代もプレミアリーグ優勝と栄光を味わった一方で、近年はパフォーマンスを上げることができず、ケガなどの影響もあり厳しい戦いが続いていた。 昨年11月には慢性的な痛みを抱えていた足の手術を実施。トレーニングには復帰している状況だが、今シーズンも厳しいシーズンとなっている。 その香川だが、Jリーグへの復帰の可能性があるとのこと。今週末も背中の痛みがあり、OHルーヴェン戦は欠場するという。 そんな中、地元メディアの『Het Belang van Limburg』がJリーグ復帰を報道。クラブ名こそ明かされていないが、近日中にも発表されるとのこと。シント=トロイデンは移籍金を手にすることになるようだ。 入団から1年での退団に。決定となれば、C大阪を退団してから13年ぶりの日本復帰となるが、果たしてどのクラブに戻ることになるのだろうか。 なお、シント=トロイデンでは公式戦18試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】香川真司がCKから直接ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> <a href="https://t.co/pt35a5mvhH">pic.twitter.com/pt35a5mvhH</a></p>&mdash; Eleven Sports (NL) (@ElevenSportsBEn) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEn/status/1581404801115443200?ref_src=twsrc%5Etfw">October 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.28 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

FW原大智がシント=トロイデンへレンタル移籍、アラベスとは2年の契約延長…今季はスペイン2部で15試合1ゴール

アラベスは23日、FW原大智(23)がシント=トロイデンにレンタル移籍することを発表した。 なお、レンタル期間は今シーズン終了まで。また、アラベスは今夏で満了となる原との契約を2シーズン延長するオプションを行使することも発表している。 原はFC東京の下部組織で育ち2018年2月にトップチーム昇格。2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍した。 初の海外挑戦となった中、半年で結果を残すと、オーナーが同じアラベスに2021年7月に完全移籍。2021-22シーズンはシント=トロイデンへとレンタル移籍していた。 シント=トロイデンでは、ジュピラー・プロ・リーグで28試合に出場し8ゴール3アシスト。鹿島アントラーズへと移籍したFW鈴木優磨の穴を埋める活躍を見せていた。 レンタル期間が終了しアラベスに戻った原は、昨年夏の時点でも移籍の噂があがったが残留。今シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で15試合に出場し1ゴール、コパ・デル・レイで1試合に出場し1ゴールを記録していた。 予てから噂のあったシント=トロイデンへ2年連続で移籍する原。今シーズンはGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、MF香川真司、FW林大地、FW岡崎慎司が所属しており、6人目の日本人選手となる。 2023.01.23 19:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly