シュミット・ダニエルが今季初出場でクリーンシート貢献、上位スタンダール・リエージュに勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

2020.10.26 10:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロ・リーグ第10節でスタンダール・リエージュと対戦し、2-0で勝利を収めた。この試合には日本代表GKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発出場。鈴木に代わって70分にMF伊藤達哉が途中出場した。DF松原后、FW中村敬斗はメンバー外となっている。

◆シュミット・ダニエルが初出場でクリーンシートに貢献!

今シーズンのリーグ戦初出場となったシュミット・ダニエルは、セーブ、ビルドアップでしっかりとしたプレーを披露。チームのクリーンシートに貢献した。

またスタメン出場の鈴木はゴールこそなかったものの、前線で身体を張ったプレーを見せて勝利に貢献した。

試合は38分にはシュミット・ダニエルから繋ぐと、縦パスを受けたオレクサンドル・フィリーポフがドリブルで運びながらスルーパス。最後はデュカン・ナゾンが落ち着いて沈めて、シント=トロイデンが先制する。

さらに73分にはボックス手前でパスを受けたスティーブ・デ・リッダーが豪快に右足一閃。これが左隅に決まり、2-0でシント=トロイデンが勝利を収めた。

なお、シント=トロイデンは開幕戦以来の今シーズン2勝目。9試合ぶりの勝利を挙げた。

シント=トロイデン 2-0 スタンダール・リエージュ

37分 1-0:デュカン・ナゾン(シント=トロイデン
73分 2-0:スティーブ・デ・リッダー(シント=トロイデン)
コメント
関連ニュース
thumb

ビルドアップに長けるGKシュミット・ダニエル、メキシコ代表戦に向けて「価値を示せるチャンス」

パナマ代表戦を終え、一夜明けた14日に日本代表のメンバーが取材に応じた。 日本は13日、パナマと国際親善試合を戦い、南野拓実のPKで1-0と勝利を収めた。 この試合では、前半は[3-4-2-1]のシステムと、出場機会の少ない選手が多く起用されたことでなかなか機能しなかったが、後半に大きく流れを掴みチャンスを演出。主導権を握って試合を進めていた。 一夜明け、GKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)が取材対応。10月のコートジボワール戦について改めて振り返ると「守備機会もあまりなくてシュートも少なかったので、良いパフォーマンスだったかどうかは判断しづらいですが、ボールを受けてさばくというところは多少はチームの助けになれたと思っています」とビルドアップの部分でチームに貢献できたと感じているようだ。 ケガもあり前回の合流時にはまだクラブでプレーしていなかったシュミット・ダニエル。しかし、10月の代表戦後はクラブでも出場機会を得たが「代表で試合に出させてもらって、10カ月ぐらい遠ざかっていた中でプレーして、またちゃんとパフォーマンスできるというのは自信を得られました」と代表戦でピッチに立てたことがプラスだったとコメント。「コートジボワール戦があったことで、そのあとのチームの試合出場につながったというのがあると思います」と、試合に出られるようになったのもコートジボワール戦があったからだとした。 シント=トロイデンに移籍してからは、持ち味でもあるビルドアップでの成長が図れているシュミット・ダニエル。「シント=トロイデンに来た時の監督がビルドアップの面ではかなり高い要求をしてくる監督で、その要求に応えられるように考えてプレーした結果、自分の新しいビルドアップの選択肢を得られたのは成長だと思います」とコメント。自身でも手応えがあるといい、「フィールドのどこに空いているスペースがあって、そこに仲間が入ってきたら出せる。人を探すというよりは、スペースを見つけておいて、人が入ってきたら出すというイメージです」と、やり方も少し変わったと明かした。 また、大きな変化としては「セービングの面では止めるべき範囲のボールはちゃんと止めよう。日本では全部止めたいと思っていたけど、止めるべき範囲のボールをしっかり止めるということを意識しています」とし、セービング面での意識の変化があったようだ。 ビルドアップという点では、13日に行われたパナマ戦では前半は特に上手く機能させられていなかった。スタンドから試合を観たシュミット・ダニエルにとって3バックでのイメージは「GKがボールを持った時に、中央のマヤくん(吉田麻也)が真ん中にいると被ってもったいないので、どっちかのサイドに行って、そっちのCBが高く出るようになって、4バックのようになる感じ」とコメント。「そこへの関わり方は3バックと4バックとあまり変わらないなと思っていました」と語った。 ただ、「ビルドアップがうまくいかない感じも前半は特にあったんですが、GKが何かできるかと考えたら、昨日の試合はできないかなと思います」とし、GKの関わり方以前の問題が生まれていたと感じたようだ。 前回も2試合目のコートジボワール戦に出場したシュミット・ダニエル。同じ流れでいけば、17日のメキシコ代表戦での出場が考えられるが、「試合に出た場合は、かなり厳しい試合になると思っています。その中で自分がどれだけチームを助けられるかは、自分の価値を示せるチャンスだと思います。頑張りたいです」と強い意気込みを示した。 現在の日本代表では、GK川島永嗣(ストラスブール)、GK権田修一(ポルティモネンセ)とともにポジションを争っている状況。正守護神になることについては「結果を出し続けることしかないと思います。チームの勝利に貢献することが一番大切だと思います」とコメント。「それをするには試合に出なくてはいけないですが、試合に出るためには練習でたくさんシュートを止めて、GKとして当たり前のことをやっていくしかないかなと思います」と、日頃から高いパフォーマンスを出し続けていくしかないと考えているようだ。 そこに向けた心構えについては「まず一番大切なのは常に良い準備をして良い状態にいること。チャンスが与えられた時に自分のプレーを出すことでしかアピールできないです」とし、「とにかく準備し続けることが大事です」と、良い状態を保ち続けておくことが大事だと語った。 2020.11.14 21:27 Sat
twitterfacebook
thumb

日本人対決は伊東純也に軍配! 鈴木優磨が豪快弾も、伊東が絶妙アシストの活躍でヘンクが勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

7日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグの第12節が行われ、シント=トロイデンvsヘンクの一戦は、1-2でヘンクが勝利した。 この試合では日本人対決が実現。シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルが先発出場。また、FW鈴木優磨も先発フル出場し1ゴールを記録。MF伊藤達哉も68分から途中出場を果たした。 <div id="cws_ad">◆日本人対決は伊東純也のヘンクに軍配<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ufz5mu984eek1wkjfgoxr0mbc" async></script></div> 一方、ヘンクの日本代表MF伊東純也も先発フル出場。先制ゴールをアシストした。 立ち上がりからヘンクのペースで進んだ試合は、4分にスローインから伊東がボックス内右でヒールパス。これをボンゴンダがしっかり蹴り込み、ヘンクが先制する。 23分にもヘンクがチャンス。相手のビルドアップをカットするとメーレがボックス内に侵入しシュート。しかし、前に出たGKシュミット・ダニエルが体に当ててセーブする。 1点ビハインドのシント=トロイデンは28分、右CKから低いクロスが上がると、ボックス中央で待ち構えた鈴木がダイレクトシュート。これが右隅に決まり同点に。鈴木はシーズン4点目を記録した。 同点に追いついて勢いに乗りたいシント=トロイデンだったが、31分に失点。味方のクリアボールに伊東が競りに行くも触れずにルーズボールとなるご、これをボンゴンダがロングシュート。前にポジションを取っていたシュミット・ダニエルの頭上を越えたシュートがネットを揺らし。 後半はシント=トロイデンも盛り返したものの、最後までゴールは奪えず。そのまま1-2でヘンクが勝利を収めた。 シント=トロイデン 1-2 ヘンク 04分 0-1:テオ・ボンゴンダ(ヘンク) 28分 1-1:鈴木優磨(シント=トロイデン) 31分 1-2:テオ・ボンゴンダ(ヘンク) 2020.11.08 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨が今季3ゴール目 前半5失点のシント=トロイデンは鈴木武蔵欠場のベールスホットに敗北《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンの鈴木優磨が今季リーグ戦3得点目をマークした。 16位シント=トロイデンは17日に敵地で行われたジュピラー・プロ・リーグ第9節で4位ベールスホットと対戦。今月の代表ウィークで日本代表の活動に参加したシュミット・ダニエルがベンチスタートのなか、鈴木優磨は2トップの一角で9試合連続の先発出場を果たした。 ベールスホットの鈴木武蔵が欠場となり、日本人対決の実現とはならなかった試合はシント=トロイデンが開始2分の先制点献上を皮切りに前半だけで大量5失点。それでも、44分にフィリポフのゴールで1点を返して、試合を折り返す。 すると、49分には敵陣左サイドから相手DFがGKに出したバックパスをボックス左でカットした鈴木優磨が左足シュートを決めて、5試合ぶりの今季3点目で3点差に。しかし、57分に6失点目を喫してしまい、再び4点のビハインドを追う。 その後、74分にチーム3点目が生まれたシント=トロイデンだったが、反撃は続かず、3-6の敗北を喫した。シント=トロイデンはこれで1勝3分け5敗の16位。ベールスホットは6勝3敗の4位となっている。 ベールスホット 6-3 シント=トロイデン 【ベールスホット】 ホルツハウザー(前2、前25) ティッソウダリ(前17、前35) ブローニョ(前40) クリバリ(後12) 【シント=トロイデン】 フィリポフ(前44) 鈴木優磨(後4) ナゾン(後29) 2020.10.18 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

苦しい時期を過ごしたGKシュミット・ダニエルが感じたノイアーの凄さ「チームから頼られるセーブをちゃんと見せる」

日本代表は10日、オランダのユトレヒトで6日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前にGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)がメディアの取材に臨んだ。 9日に行われたカメルーン代表戦では出場機会がなかったシュミット・ダニエル。今シーズンはシント=トロイデンでも出場機会が得られていない状況だ。 シュミット・ダニエルは「ウィンターブレイク明けに怪我をして、半年ぐらい治らなくて、7月終わりぐらいに復帰しました。徐々にコンディションをあげようとしているという段階です。半年の離脱は結構長かったです」とコメント。苦しい時期を過ごしていたことを明かした。 今回は全員がヨーロッパでプレーする選手が招集されている日本代表。GK陣も海外組が揃ったことになるが、海外でGKとしてプレーする難しさについては「競っているGKとたとえ実力が拮抗していても、より深いコミュニケーションができるかできないか、日本人GKということでヨーロッパ圏外から来ているからには、拮抗していてはダメ」とコメント。「突き抜けないといけないし、ライバルにどう見ても優っていないと使ってもらえないということを今は感じています。いかにしてそういう存在になるかが大事だと思います」と語り、ライバルよりも分かりやすく優れている必要があると認識しているようだ。 その上で、海外でプレーすることでの大切な部分は「コミュニケーションの部分、試合中にとっさに出る声が伝わっているかどうかは難しいところの1つです」とコメント。「サッカー以外の面でのストレス、日本との生活の環境の差というか、そういった部分も最初は慣れるのに時間がかか理ました。常に感じる部分はあるので、海外の難しいところです」と環境に適応し続けることが難しいと明かした。 ヨーロッパでは世界で最高クラスのGKも多く存在するが、彼らについては「ここ止めて欲しいとか、ここ止めてるからノイアーなんだなという場面。2-0で勝っていて、2-0から2-1になると嫌なムードになりますが、そこをしっかり止めることです」と、チャンピオンズリーグ(CL)で優勝したバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーについてコメント。「試合によってそういうセーブをする選手はいますが、ノイアーとかそのクラスだと、重圧がすごい試合でもしっかりチームから頼られるセーブをちゃんと見せる、そういうGKにならないといけないと思います」とチームを支えること、結果を変えることができるGKになりたいと語った。 日本代表に招集された3人のGKの中で、シュミット・ダニエルのビルドアップは特徴がある。その点については「どの味方がフリーかを常に探しながら、そこにボールを届けるには誰を通したらいいとか、事前に情報収集して、パスコースを見つけることが大事だと思います」と、ビルドアップ時に意識していることを語った。 2020.10.10 19:50 Sat
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンFW鈴木優磨が同点PK弾で今季2点目!ドローには「全然満足できない」《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは29日、ジュピラー・プロ・リーグ第4節でオイペンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 シント=トロイデンのFW鈴木優磨とDF松原后がスタメン出場。MF伊藤達哉とGKシュミット・ダニエルがベンチ入りし、伊藤は66分から途中出場。MF中村敬斗はベンチ外となった。 ここまでリーグ戦1勝1分け1敗のシント=トロイデンがアウェイへ乗り込んだ一戦。しかし、13分に先制を許す。 <div id="cws_ad">◆鈴木優磨が今季2点目! オイペンvsシント=トロイデン<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=18ky2wi8oz1j71ht4db0b9tgq0" async></script></div> 右サイドに大きく展開されると、エンドリがドリブルを仕掛ける。松原が対応すると、ボックス内でドリブルが大きくなったところをクリア。しかし、この競り合いをエンドリが制すると、そのままクロス。最後はエンゴイがボックス中央で合わせて、オイペンが先制する。 先制したオイペンだったが23分、コロンバットにチャージを受けたエリスが倒れ込みながら顔面を蹴るそぶりを見せると、VARが介入。報復行為とみなされ一発退場となる。 数的優位となったシント=トロイデンだが、なかなかオイペンの守備陣を崩すことができない。 28分には左サイドへ展開すると、ボックス左から松原がグラウンダーの速いクロス。これをニアサイドで鈴木が合わせるが、枠に飛ばない。 1点ビハインドで迎えた52分には、右サイドからコロンバットがFKからクロス。ゴール前に上がったボールをムマエがボックス中央でヘディングも、GKがセーブ。53分にはショートコーナーからコリーディオがミドルシュートもGKがセーブする。 73分にはショートコーナーから途中出場の伊藤が相手をかわし左サイドからクロス。高く上がってボールをファーサイドで鈴木が合わせに行くが、タイミングが合わずにヘディングはミートしない。 83分には中央をイ・スンウがドリブルで仕掛けると、伊藤へパス。伊藤が前に送り鈴木がボックス内で受けようとしたところ、相手に倒されPKを獲得。これを鈴木自ら相手GKのタイミングを外して決め、1-1の同点に。その後はゴールを奪えず、引き分けに終わった。 同点ゴールを決めた鈴木は試合を振り返り「非常に崩す形がなさすぎて、この結果は全然満足できないですし、納得いっていません」と結果に不満があるとコメント。一方で、PKのシーンに関しては「PKの場面も(伊藤)達哉が出してくれると思っていましたし、達哉は頭の良い選手なので、達哉が流れを変えた試合かなと思います」と、途中出場となった伊藤が引き分けを呼び込んだと語った。 これで4試合を終え1勝2分け1敗となったシント=トロイデン。鈴木は「負けてないことは非常に良いことですけど、勝ちきれていないというのは、攻撃の面だったり、良い守備ができていない証拠だと思うので、この1週間はより結果を求めて詰めていきたいと思います」と次節の勝利に向けて準備すると語った。 次節は9月13日(日)にホームでMF三好康児が所属するアントワープと対戦する。 オイペン 1-1 シント=トロイデン 1-0 13分:エンゴイ(オイペン) 1-1 85分:鈴木優磨(シント=トロイデン) 2020.08.30 08:15 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly