三笘薫がポスト直撃シュートも…森岡亮太との日本人対決で4発快勝、5連勝で首位快走《ジュピラー・プロ・リーグ》

2021.11.07 13:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
6日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第14節のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズvsシャルルロワの一戦が行われ、4-0でサン=ジロワーズが勝利を収めた。サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫は3試合連続先発出場で87分までプレー。シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場を果たした。

首位のサン=ジロワーズはリーグ戦4連勝中と絶好調。シャルルロワも3連勝中と好調の両チームの対戦となった。
[3-5-2]の左ウイングバックとして起用されている三笘は、この試合でも粘り強い守備を見せる。好調のサン=ジロワーズは選手たちのプレーも思い切りがよく、24分には敵陣でボールを奪ったカスパー・ニールセンが遠目からミドルシュートを放つなど積極的なプレーを見せる。

シャルルロワも攻勢に出ると、25分には相手のクリアボールをボックス手前で森岡がダイレクトボレー。しかし、これは枠を大きく外す。

すると29分、ハーフウェイライン付近の敵陣で三笘とダミアン・マルクがワンツー。マルクのスルーパスにテディ・テウマが抜け出すと、ボックス左からグラウンダーのクロス。これをダンテ・ヴァンゼイルがスルーすると、最後は走り込んだデニス・ウンダブがボレーで叩き込み、サン=ジロワーズが先制する。

さらに34分には右サイドで縦パスを送ると、バルト・ニューコープが受けようとするが、ニールセンがスペースに出てきたために中へとコースを変える。するとニールセンのパスを受けたニューコープがフリーでボックス内右からシュートこれが決まり、サン=ジロワーズが連続ゴールでリードを広げる。

リードを2点に広げ勢いが止まらないサン=ジロワーズは39分、左CKからショートコーナーとするとテウマがクロス。これをボックス内でヘッドで合わせるも右ポストに嫌われ相手GKが触ると、こぼれ球をウンダブ押し込みゴール。VARの介入があったものの、認められ、3-0で前半を終えた。

後半に入り三笘も積極的に攻撃参加。54分には浮き球のパスを受けるとドリブルで持ち込み、ボックス内左からファーサイドを狙ってシュート。丁寧にシュートする得意の形だったが、シュートは右ポストに嫌われてしまう。

60分にも三笘はパスを受けると、ドリブルで持ち込みワンツーで抜け出そうとするが、相手に対応されてしまい決定機を作れない。

それでも78分、ボールを持ち出そうとした三笘が左のテウマを使うと、アーリークロスが相手オウンゴールを誘発。サン=ジロワーズは4点を奪い、そのまま勝利。5連勝を収めた。

サン=ジロワーズ 4-0 シャルルロワ
【サン=ジロワーズ】
デニス・ウンダブ(前29、前39)
バルト・ニューコープ(前34)
オウンゴール(後33)

1 2

関連ニュース
thumb

「まるで三笘薫ショー」元同僚DFが語る三笘薫の凄み、スピードの変化は「ただただ恐怖」、魅力は「みんな一生懸命やる人が好き」

「彼は完全に試合の主導権を握った。そして僕たちに勝利をもたらした。まるで三笘薫ショーを見ているようだった。誰にも止められないね」 そう語ったのは、ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズのイングランド人DFクリスチャン・バージェス。昨シーズンは今世界を驚かせているブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫の同僚としてプレーした。 バージェスはミドルズブラやハートプール、ピーターボロ、ポーツマスでプレー。2020年7月にサン=ジロワーズに加入し、センターバックの軸としてプレー。DF町田浩樹と3バックを形成している。 そのバージェスが、イギリス『BBC』のインタビューに応じ、プレミアリーグで躍動し、衝撃を与え続けている三笘について語った。 バージェスが語った冒頭の試合は2021年10月16日に行われたジュピラー・プロ・リーグのスラン戦。ヨーロッパでの三笘の躍進がスタートした試合と言っても良い。 この試合、三笘はベンチスタート。スランが前半に連続ゴールを決め0-2とリードして後半へ。昇格組ながら好調を維持していたサン=ジロワーズ。三笘は途中出場が続いていた中、この試合で後半だけでハットトリックを達成。チームを4-2の逆転勝利に導いていた。 三笘はこの試合を境にスタメンの座を奪い取ることとなったが、チームメイトだったバージェスも驚いたと語った。 「深い位置でボールをもらい、ピッチを縦横無尽に駆け回り、4点目を決めた。あの時は『すごい、特別だ』と思ったのを覚えている。彼は本当に能力のある選手だと示していた」 異国から来た無名選手。日本でもプロとして1年半しかプレーしていなかった三笘は、当然ヨーロッパで知られている訳もない。バージェスは入団当初の三笘の様子を語る中、良いサポートを受ける体制を作っていたと明かした。 「彼はとても物静かだった。ナイスガイで、謙虚だったが、あまり話はしなかった。少し内気な性格だと思う」 「彼は日本から良いサポート部隊を連れてきたようだ。奥さんとフィジオ(理学療法士)が来てくれていた。家でのサポートを受け、親しみやすさがあったと思う。彼はただただ、ピッチの上で自分を表現していた」 ピッチ内のパフォーマンスに集中するために環境を整えていた三笘。実際にトレーニングなどで対峙していたバージェスは、三笘とのマッチアップは難しいと明かした。 「彼が走ってきて一対一になった時、正直どうして良いかわからなくなる。彼は外に出されてもそのスピードのまま回り込むし、右足にボールを持ってきてフィニッシュもできる。カバーすれば、中に切り込んでファーにパスを出すだろう」 「彼を止めた時はとても良い選手だと感じた。でも、それは僕が望んでいたほどにはいかなかった。彼が多くの能力を持ち、トップレベルでプレーできることは明らかだった」 そして特に危険だというのがスピードの変化。緩急をつけ、相手との間合いを生かす三笘のドリブルは恐怖だという。 「彼のスピードの変化はただただ恐怖だ。インサイドに切り込む時も、もう一度切り込んでアウトサイドに出る時も、動きと最初の数ステップの加速が速すぎる。致命的だ。最近、トレント・アレクサンダー=アーノルドに対してやっているのを見たけど、簡単にやっているように見えた」 ブライトンでその凄みが増している三笘。バージェスも最近のプレーには驚いているようだが、サン=ジロワーズでは大きな恩恵を受けていたと告白した。 「たまにチームがピンチに立たされている時、ただ考えるだけだった。『よし、ボールを取り戻せば、カオルに預けて、彼に仕事をさせよう』と思うはずだ」 「彼がボールを持ったらすぐに、他のチームは2人で対応したり、彼のスピードに負けて下がってしまう。彼のスピードは凄まじかった。おかげで、後ろは一息つけたけどね」 三笘に助けられていたサン=ジロワーズはレギュラーシーズンを首位で終了。プレーオフで優勝を逃したが、三笘はブライトンへとレンタルバック。そして今の活躍がある。 バージェスは三笘が見せる魅力はスピードやドリブルだけではないとコメント。異国の地でプレーを選択したこと、そこで直向きにプレーする姿勢がファンを掴むのだと見解を語った。 「みんな、良い人間や一生懸命やる人を見るのが好きだ。もし誰かが値するとしたら、それはカオルだ。日本からベルギーを経由してイングランドに行き、言葉も通じず、家族や友人と離れ離れになるということは簡単ではない」 「彼はそれを全て受け入れ、どんどん良くなっていった。その甲斐あって恩恵を受けている。彼の活躍を心から嬉しく思うよ」 <span class="paragraph-title">【動画】「ただただ恐怖」と語られる三笘薫の緩急をつけたドリブル突破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pU2tgZrtDdg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】“三笘薫ショー”欧州での初ハットトリックは0-2からの逆転に繋がる</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="oj4s_etJWS8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.03 22:37 Fri
twitterfacebook
thumb

「胸熱です」「激エモです」鹿島からベルギーへ旅立った町田浩樹、上田綺世との2ショットにファン興奮「ツーショット嬉しい」

鹿島アントラーズで共に戦った者同士がベルギーの地でマッチアップした。 18日、ジュピラー・プロ・リーグ第21節でセルクル・ブルージュとロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズが対戦した。 今シーズンも2位につけるサン=ジロワーズとプレーオフ圏入りを争うセルクル・ブルージュの一戦。セルクル・ブルージュのFW上田綺世、サン=ジロワーズのDF町田浩樹は共に先発フル出場を果たした。 試合は1-1のドローに終わった中、町田が自身のインスタグラムを更新。上田との2ショットを投稿し「もっと良くする必要がある!土曜日、マリエンでお会いしましょう」とコメント。また上田にも触れ「懐かしい顔に会えて嬉しいです」と綴った。 上田と競り合う写真、そして試合後に並んでいる写真を投稿した町田。鹿島で同じユニフォームを着た2人の対戦にファンは「胸熱です」、「激エモです」、「素敵な2shot」、「ツーショット嬉しい」とコメント。ファンは沸いていた。 年齢的には町田は1つ上。2021年の東京オリンピックでも共にメンバーに選ばれピッチに立っていた。今後も切磋琢磨していくことになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】鹿島からベルギーへ旅立った2人がピッチ上でマッチアップ&試合後の2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnmdXV4v2ze/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnmdXV4v2ze/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnmdXV4v2ze/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">町田浩樹(@koki.machida_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.20 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

町田浩樹がブライトンの試合を観戦、元チームメイト・三笘薫とのツーショットも披露「エキサイティングなゲーム!でも…」

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ時代のチームメイトが、日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)を訪ねたようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)を終えてチームに合流後、三笘は12月31日のプレミアリーグ第18節アーセナル戦、3日の第19節エバートン戦と連続ゴール。さらなる進化を遂げ、期待以上の活躍を見せている。 ホームでのアーセナル戦にはサン=ジロワーズのDF町田浩樹が往訪。1日には新年の挨拶とともに、アメリカン・エクスプレス・スタジアムで試合を観戦する姿や、三笘とのツーショットを公開した。 「明けましておめでとうございます。怪我をしていた半年間は特に、たくさんの方々に支えられた一年でした。今年もたくさん周りを頼りながら、自分にできることで恩返ししていきます」 2022年1月に鹿島アントラーズから期限付き移籍でサン=ジロワーズへ加入した町田。2021-22シーズン終了まで、三笘とともにプレーした。 昨季は途中加入ながらも信頼を勝ち取り、リーグ戦・プレーオフを合わせて11試合に出場。ただ、今季は開幕から臀部の負傷による欠場が続き、ここまで出場なしに。W杯の中断明け後、ようやくベンチ入りを果たすまでに回復した。 将来の日本代表入りを期待されるセンターバックは、プレミアの試合を見て「エキサイティングなゲーム!でも、見るよりプレーする方が好き…試合が待ちきれない」と、元チームメイトの活躍に触発され、出場に意欲を燃やしている。 ベルギーのジュピラー・プロ・リーグで2位につけるサン=ジロワーズは、8日に11位のアンデルレヒトと対戦。町田の今季初出場はなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトン戦を観戦し、三笘とツーショットを撮る町田</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cm2kgtUM6I9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cm2kgtUM6I9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cm2kgtUM6I9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">町田浩樹(@koki.machida_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.04 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

久保、冨安、堂安ら4選手が決勝トーナメント進出!原口、南野はプレーオフへ【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ最終節が3日に欧州各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の最終節では、原口が先発出場、冨安、田中が途中出場した。 すでに決勝トーナメント進出を決めている堂安律の所属するフライブルクは、アウェイでカラバフと対戦し1-1の引き分けに終わった。 堂安がベンチスタートとなった一戦は、24分にフライブルクが決定機。ヴァイスハウプトのロングパスに反応したシャーデがボックスライン際でムスタファザドに倒されるとVARの末にがPKを獲得。これをペテルゼンがゴール右隅に決めた。 1点リードで後半を迎えたフライブルクだったが、立ち上がりにピンチ。50分、ロングパスでボックス右に抜け出したヴェショビッチをシケが後ろから倒してしまいPKを献上。しかし、VAR検証の結果、ヴェショビッチがオフサイドと判定されPKは取り消された。 さらにフライブルクは、54分にもボックス内の混戦からヴェショビッチにネットを揺らされたが、これもVARでオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 62分にメディナが退場し数的優位となったフライブルクだったが、試合終了間際の92分にオウスにゴールネットを揺らされ、1-1の引き分けで試合を終えた。なお、堂安はベンチ入りするも出場機会はなかった。 また、グループDでは首位通過の決まっているユニオン・サン=ジロワーズと2位のウニオン・ベルリンは、開始早々のミヒャエルのゴールが決勝点となり0-1でウニオンが勝利。 なお、サン=ジロワーズのDF町田浩樹はベンチ外、ウニオンのMF原口元気は62分までプレーしている。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽11/3 アーセナル 1-0 チューリッヒ ◆73分からプレーし、88分に負傷交代 ★久保建英[ソシエダ] ▽11/3 ソシエダ 0-1 マンチェスター・ユナイテッド ◆ケガのためベンチ外 ★堂安律[フライブルク] ▽11/3 カラバフ 1-1 フライブルク ◆ベンチ入りも出場せず ★南野拓実[モナコ] ▽11/3 モナコ 4-1 ツルヴェナ・ズヴェズダ ◆ベンチ入りも出場せず ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽11/3 サン=ジロワーズ 0-1 ウニオン・ベルリン ◆62分までプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽11/3 サン=ジロワーズ 0-1 ウニオン・ベルリン ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽11/3 ベティス 3-0 ヘルシンキ ◆80分からプレー 2022.11.04 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第5節まとめ】ベティスら3チームが首位通過! その他強豪は最終節でのラウンド16行き目指す

ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節が27日に欧州各地で行われた。 グループリーグも佳境を迎える中、ラウンド16へのストレートインの権利が与えられる首位通過を決めたのは、ベティス、ユニオン・サン=ジロワーズ、フライブルクの3チーム。 レアル・ソシエダは唯一の5連勝を達成したが、2位のマンチェスター・ユナイテッドが4連勝で追走しており、最終節にラウンド16進出を懸けた直接対決に臨む。 それ以外では前述のユナイテッドに、今節初黒星を喫したアーセナル、混戦グループのラツィオやモナコ、フェネルバフチェに首位通過の可能性が残されている。 なお、7選手が参戦している日本人選手ではDF冨安健洋、MF久保建英、MF堂安律が先発出場。MF原口元気が途中出場となった。 ◆グループA PSV(オランダ) 2-0 アーセナル(イングランド) チューリヒ(スイス) 2-1 ボデ/グリムト(ノルウェー) ◆グループB AEKラルナカ(キプロス) 3-3 ディナモ・キーウ(ウクライナ) フェネルバフチェ(トルコ) 3-3 スタッド・レンヌ(フランス) ◆グループC ヘルシンキ(フィンランド) 1-2 ローマ(イタリア) ルドゴレツ(ブルガリア) 0-1 レアル・ベティス(スペイン) ◆グループD ウニオン・ベルリン(ドイツ) 1-0 ブラガ(ポルトガル) マルメ(スウェーデン) 0-2 ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) ◆グループE マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) 3-0 シェリフ(モルドバ) オモニア(キプロス) 0-2 レアル・ソシエダ(スペイン) ◆グループF シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 1-0 フェイエノールト(オランダ) ラツィオ(イタリア) 2-1 ミッティラン(デンマーク) ◆グループG ナント(フランス) 2-1 カラバフ(アゼルバイジャン) フライブルク(ドイツ) 1-1 オリンピアコス(ギリシャ) ◆グループH ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 2-1 トラブゾンスポル(トルコ) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) 1-1 モナコ(フランス) 2022.10.28 06:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly