ピッチ内で冷遇もプライベートで幸せに! ファン・デ・ベークがパートナーであるベルカンプ氏の娘の妊娠を発表

2021.11.04 21:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(24)がパートナーの妊娠を発表した。

2020年夏にアヤックスから3500万ポンド(約54億8000万円)の移籍金で加入したファン・デ・ベーク。1年目の昨シーズンはなかなかフィットできず、公式戦36試合に出場し1ゴール2アシストと期待外れの結果に。今シーズンは本領発揮が期待された。

しかし、チームが攻撃陣に大型補強を敢行すると、これまでの全試合でメンバー入りを果たすも、試合に出場したのはたったの4試合。プレミアリーグに至っては、ニューカッスル戦で6分間ピッチに立っただけで終わっている。

ピッチ内では幸せな時間を過ごしていないファン・デ・ベークだが、プライベートでは幸せが訪れた。

パートナーであり、かつてアヤックスやアーセナルで活躍したデニス・ベルカンプ氏の娘であるエステル・ベルカンプさんが妊娠。ファン・デ・ベークがインスタグラムで伝えた。

ファン・デ・ベークは「嬉しいことに、僕たちは小さな子供を授かりました」とコメント。エステルさんとの2ショットで、エコー写真を手に取り祝福した。

この投稿には、ユナイテッドでチームメイトも祝福。ジェシー・リンガードは「おめでとう」、ジオゴ・ダロトアレックス・テジェスらも絵文字で祝福した。

また、ユナイテッドも「ドニーが小さな子供を授かりました。みんなでお祝いしましょう」と報告している。

1 2

関連ニュース
thumb

オランダ代表DFマラシアがユナイテッド移籍を明言「昔言ったことが現実になった」

マンチェスター・ユナイテッド加入が迫るフェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)が、オランダ『テレグラフ』のインタビューで新天地について言及している。 すでにマンチェスター入りし、メディカルチェックを受けていると報じられているマラシア。エールディビジで最高の左サイドバックと称された逸材に、ユナイテッドは1300万ポンド(約21億3000万円)にアドオンを加えたオファーを提示し、獲得に漕ぎ着けた模様だ。 加入発表まで秒読み段階となる中、取材を受けた22歳は、母国のレジェンドであるロビン・ファン・ペルシの存在を引き合いにし、以前からユナイテッドに関心を持っていたとコメント。そして、ユナイテッド入りを明言した。 「ロビン・ファン・ペルシがフェイエノールトの選手だったから、マンチェスター・ユナイテッドはいつも気にしていたんだ。ユナイテッドに特別な感情があるのはそのためさ」 「フェイエノールトのユースにいた頃、ユナイテッドでトーナメントに出たことがあるんだ。その時に『いつか戻ってくるよ』って言っていて、実際にそうなるなんてすごいことだよね」 「テン・ハグさんはとても良い監督で、温かい人柄だ。とても話し合いができたし、とても良いフィーリングを持っているよ」 「うまくいけば、何年も一緒に仕事をするわけだからね。それは大切なことなんだ」 「彼からは多くのことを学べると思うし、努力したいと思う選手の手助けをしてくれる。とても楽しみだよ」 2022.07.05 19:03 Tue
twitterfacebook
thumb

「すべき契約ではない」エリクセン獲得目前のユナイテッドをマーフィー氏が批判

マンチェスター・ユナイテッド加入が目前に迫るデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(30)だが、元イングランド代表MFのダニー・マーフィー氏はそれほど評価していないようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 昨年のユーロ2020の試合中に心停止で倒れ、一命こそ取り留めたものの所属していたインテルとは契約解除になったエリクセン。しかし、それから約半年後の今年1月にブレントフォードへ加入すると、プレミアリーグ11試合に出場して1ゴール4アシストを記録するなど、見事な復活を遂げた。 輝きを取り戻した司令塔に対しては多くのクラブが関心を寄せていたが、ユナイテッド加入で合意したと複数メディアが報道。メディカルチェックを無事通過すれば、今週中にも移籍が正式発表される予定だ。 昨シーズンのプレミアリーグを6位で終え、エリク・テン・ハグ新監督の下で立て直しを図るユナイテッドにとって経験豊富なエリクセンは頼もしい存在となるが、イギリス『talkSPORT』に出演したマーフィー氏は同選手獲得に動いたクラブを批判。エリクセンは好選手ではあるものの、ユナイテッドを復活させるほどの力は持っていないと断じた。 「私はずっとエリクセンが好きだった。彼の創造性、プレースタイル、自由で挑戦的な姿勢、そして両足が使えるところがね。だが、もし私がユナイテッドのファンだとしたら、エリクセンのプレーに興奮はしないと思う。トップ選手ではなく、ブルーノ・フェルナンデスより優先されることもないだろう」 「彼はワールドクラスの選手ではないと思う。もちろん、経験豊富でクオリティは高く、どのチームにも歓迎される選手ではあるだろう。だが、ユナイテッドがリバプールやマンチェスター・シティ、チェルシーと対戦する試合で、彼は先発するだろうか? それはない」 「エリクセンがこれまで経験してきたことを考えれば、ビッグクラブで再びプレーできる大きなチャンスであり、そこに行く決断は理解できる。一方で、もしユナイテッドが再び競争力を身につけたいなら、すべき契約はそこではないだろう。彼はベンチから出てきて試合を変えることはできても、ユナイテッドをリバプールやシティに近づけてくれる選手ではない」 2022.07.05 17:46 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミアで立見席が復活、過去の悲劇乗り越え厳格な規制のもとに順次導入

プレミアリーグとチャンピオンシップ(イングランド2部)で、立見席が復活することが許可されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 プレミアリーグのクラブでは、1990年代初頭に全てが座席になるスタジアムができ始め、現在のプレミアリーグのスタジアムでは立見席は存在しない。 これは過去にスタジアムで起きた「ヒルズボロの悲劇」と呼ばれる事故の影響もあり、立見席が禁じられていたことも影響。ただ、観客は着席するはずのエリアで立ち見を続けており、特にゴール裏ではどのスタジアムでも立ち見が行われている状況だ。 そんな中、2022-23シーズンからの導入を前に、2021-22シーズンの後半戦で、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、カーディフ・シティの5クラブは、政府の委託を受けて「早期導入者」としての試験に参加していた。 また、2022-23シーズンはブレントフォード、QPR、ウォルバーハンプトンが、ホームとアウェイで指定した座席エリアでの立ち見を行うこととなる状況。他クラブもシーズン中に参加する可能性がある。 さらにウェンブリー・スタジアムでは、シーズン後半に行われる国内での試合において、ファンに向けて小規模な指定立見席を用意するという。 なお、立見席を設けるためには、CCTV(防犯カメラ)の強化、スチュワードのトレーニング、ファンが個人のスペースを厳格に守ることなどの厳しい条件が設けられるという。 イギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣であるナディン・ドリーズ氏は、立見席の復活についてコメントした。 「しっかりとした試験、徹底的な検証、近代的な技術のおかげで、我々のグラウンドで再び立ち見を許可する準備が整った」 「我々はテラス席を復活させるのではなく、厳しい安全基準を満たしたクラブにのみ許可される」 2022.07.05 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの代理人がバルサ会長と会談、移籍話が議題にあがる

マンチェスター・ユナイテッドからの退団を希望していると報じられているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、代理人であるジョルジュ・メンデス氏が意外な人物と会っていたという。 スペイン『アス』によれば、メンデス氏はバルセロナのジョアン・ラポルタ会長と4日にバルセロナで会談を行っていたという。 主な目的はメンデス氏の顧客であるMFルベン・ネヴェス(25/ウォルバーハンプトン)やMFベルナルド・シウバ(27/マンチェスター・シティ)、MFラファエル・レオン(23/ミラン)など、今夏の移籍が噂される選手についての話し合いだったが、その中にC・ロナウドの名前もあがったという。 ラポルタ会長とメンデス氏は、今夏のバルセロナ移籍について話し合ったとのこと。夕食をとりながら、その可能性を探ったとされ、どの程度のレベルの話だったかは不明だが、話題にはあがったようだ。 ラポルタ会長は、昨夏にもユベントスを退団するとなったC・ロナウドの獲得を画策したが、クラブの破綻した財政問題が理由で不可能に。結果として、ユナイテッドへと復帰を果たしていた。 この話し合いは、バルセロナへの移籍を希望するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)に対し、交渉に応じないバイエルンへのプレッシャーになるとされ、バイエルンが動くキッカケになるとも見られている。 C・ロナウド以外の3人は、バルセロナが今夏、または将来的に獲得したいと考えている選手であり、その中でもベルナルド・シウバが一番のターゲットに。ただ、シティに1億ユーロ()程度を支払う必要が出てくるため、レヴァンドフスキを獲得するためには捻出することは不可能な金額でもある。 C・ロナウドのバルセロナ行きの可能性は高いとは言えないが、話にあがったことは事実とのこと。電撃的にユベントスを退団してユナイテッドに戻ってから1年、今夏も突然何かが起こる可能性はゼロではない。 <span class="paragraph-title">【写真】オフでも完璧に仕上がっているクリロナの肉体</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ce3p8WDrR7n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ce3p8WDrR7n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ce3p8WDrR7n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.05 10:03 Tue
twitterfacebook
thumb

退団希望が報じられるC・ロナウド、合流日のトレーニングを欠席…理由は?

マンチェスター・ユナイテッドからの退団を希望しているとされるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、トレーニングに姿を表さなかった。 エリク・テン・ハグ監督を新たに迎えたユナイテッド。新シーズンの巻き返しに向けて、すでにチームは始動。6月の代表活動に参加していない選手たちは先週からトレーニングを始めた。 一方で代表活動に参加していた選手たちは4日からトレーニングに参加する予定だったが、その中にC・ロナウドの姿はなかった。 クラブからの退団を希望している理由は、プレミアリーグで競争力を保てないということ。今夏の移籍市場では余剰戦力を整理し、13名が退団。一方で、チームが始動するタイミングながら誰1人として補強できていないことに不安を感じているという。 また、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃していることもあり、残り少ないキャリアを無駄にしたくないという思いがあるという。 そんな状況で合流するタイミングに不在だったことが拍車をかけそうだが、どうやら理由は家族にあるという。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、チームともしっかりと話し合い、許可を出したとのことだ。 ただ、C・ロナウドがチームを去りたいと考えていることは変わらない一方で、契約が残り1年あり、クラブは売りに出す気はないとしている。 ここにきて、フェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)の獲得が近づいており、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(30)の獲得も確実なものとなっている様子。あとは、バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)など、複数選手の獲得が決まれば、C・ロナウドも翻意してくれるかもしれない。 2022.07.04 22:21 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly