ローマ戦で大活躍の若手ノルウェー人FW、過去にハーランドらとラップグループを結成していた

2021.10.23 22:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマを粉砕したボデ/グリムトのU-21ノルウェー代表FWエリック・ボッタイムの意外な過去が明らかになった。

21日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループC第3節で、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマをホームに迎えたボデ/グリムト。先発フル出場したボッタイムは2ゴール3アシストの大活躍を見せ、6-1という歴史的大勝の立役者となった。

そのボッタイムの過去が大きな反響を呼んでいる。2016年に、同世代の親友アーリング・ハーランドエリック・トビアス・サンドベリを加えた3名で“Flow Kingz”という音楽グループを結成していた模様。当時の映像に改めて脚光が当たり、現在、動画の再生回数は800万回を突破している。

ハーランドと同じようにストライカーとして輝かしい道程を歩みたいと考えているノルウェーの新星。この日の活躍と歌唱力が、ビッグクラブのスカウトの目に留まる日も近いかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

ノルウェー代表FWボッタイムがクラスノダール加入! ローマ撃破で注目集めたボデ/グリムトの主砲

FKクラスノダールは22日、ボデ/グリムトからノルウェー代表FWエリック・ボッタイム(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年半となる。 2021年にローゼンボリからボデ/グリムトに加入したボッタイムは、今シーズンここまでの公式戦46試合に出場し、22ゴール10アシストを記録。とりわけ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではローマ相手の2試合で、3ゴール3アシストの圧巻の活躍を披露し、大きな注目を集めていた。 恵まれた体躯を生かしたターゲットマンとしての力強さに加え、機動力にも優れており、最大の持ち味であるフィニッシュの精度を含め総合力が高いストライカーだ。 今冬の移籍市場においてはラツィオの有力な獲得候補に挙がっていたが、新天地はロシアとなった。 2021.12.24 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ行き噂のノルウェー代表FWボッタイムがロシア移籍へ

ラツィオ行きが噂されたボデ/グリムトのノルウェー代表FWエリック・ボッタイム(21)だが、新天地はロシアになるようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今冬の移籍市場においてラツィオの有力な獲得候補に挙がっていた187cmの若手ストライカーだが、現在FKクラスノダール移籍に迫っているという。 すでに個人間で合意に至ったボッタイムは、ドイツでメディカルチェックを行い、問題がなければ来年1月のクラスノダール行きが決定する見込みだ。 2021年にローゼンボリからボデ/グリムトに加入したボッタイムは、今シーズンここまでの公式戦46試合に出場し、22ゴール10アシストを記録。とりわけ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではラツィオの宿敵であるローマ相手の2試合で、3ゴール3アシストの圧巻の活躍を披露し、大きな注目を集めていた。 恵まれた体躯を生かしたターゲットマンとしての力強さに加え、機動力にも優れており、最大の持ち味であるフィニッシュの精度を含め総合力が高いストライカーだ。 2021.12.22 23:58 Wed
twitterfacebook
thumb

RCランス、ノルウェー代表MFベルグを獲得! 三代ボデ/グリムト&代表で活躍のエリート

RCランスは20日、ノルウェーのボデ/グリムトからノルウェー代表MFパトリック・ベルグ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。2022年1月1日付けで正式加入となるベルグは2026年6月30日までの4年半契約にサインしている。 いずれもボデ/グリムトとノルウェー代表で活躍した祖父ヘラルド、父エルヤン、叔父ルナールというフットボール一家で生まれ育ったベルグは、2014年に同じくボデ/グリムトでトップチームデビュー。 機動力とダイナミズム、戦術眼に長けた178cmの守備的MFは、ここまでボデ/グリムトで公式戦168試合に出場し、17ゴール17アシストを記録。今シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグでは強豪ローマに歴史的な6-1の大勝を飾った一戦でゲームキャプテンを務め、自身も1ゴールを挙げる活躍を見せていた。 また、ノルウェーの世代別代表の常連だったエリートは、今年3月に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選のジブラルタル代表戦でフル代表デビュー。以降は主力として起用され、ここまで9試合に出場している。 2021.12.21 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリンがノルウェー代表DFビェルカンの獲得を発表! 来冬1人目の補強

ヘルタ・ベルリンは1日、ボデ/グリムトに所属するノルウェー代表DFフレドリク・ビェルカン(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号は3を着用する。 左サイドバックを主戦場とするビェルカンは、ボデ/グリムトの下部組織出身で2015年8月にトップチームへ昇格。2016年4月に17歳でトップチームデビューを飾ると、これまで公式戦135試合に出場し7ゴール16アシストを記録。 今シーズンも左サイドバックの絶対的レギュラーとして、リーグ戦27試合やUEFAヨーロッパカンファレンスリーグ4試合など公式戦38試合に出場している。 なお、ビェルカンの加入は冬の移籍市場が開幕する来年1月以降となる。 2021.12.02 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、宿敵ローマ相手に大暴れのノルウェー代表FW獲得に動く!

ラツィオが今冬の移籍市場で、ボデ/グリムトに所属するノルウェー代表FWエリック・ボッタイム(21)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 イタリア代表FWチーロ・インモービレという絶対的エースを擁するラツィオだが、コソボ代表FWヴェダト・ムリキ(27)の低調なパフォーマンスもあり、エース不在時の戦いに課題を残している。 そういった状況の中、新たなバックアップ候補としてリストアップしているのが、ノルウェーの強豪で活躍する187cmの若手ストライカーだ。 2021年にローゼンボリからボデ/グリムトに加入したボッタイムは、今シーズンここまでの公式戦41試合に出場し、20ゴール9アシストを記録。とりわけ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではラツィオの宿敵であるローマ相手の2試合で、3ゴール3アシストの圧巻の活躍を披露し、大きな注目を集めていた。 恵まれた体躯を生かしたターゲットマンとしての力強さに加え、機動力にも優れており、最大の持ち味であるフィニッシュの精度を含め総合力が高いストライカーだ。 『カルチョメルカート』によると、ボッタイム獲得には1000万ユーロ(約12億9000万円)程度の移籍金が必要となるが、ラツィオはその資金を捻出するため、前述のムリキを古巣フェネルバフチェら幾つかの移籍先候補に売却する構えだという。 2021.11.23 23:22 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly