ハリウッド女優から移籍の誘い!? メキシコの至宝MFエドソン・アルバレスが今夏の出来事を明かす「彼女は僕に電話をかけた」

2021.10.23 20:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスに所属するメキシコ代表MFエドソン・アルバレス(23)だが、思わぬ誘いを今夏受けていたことを明かした。

2019年7月にメキシコの名門であるクラブ・アメリカからアヤックスへと加入したアルバレス。これまで公式戦73試合に出場し6ゴール2アシストを記録。2020-21シーズンはエールディビジとKNVBカップの2冠達成に大きく貢献していた。

23歳ながら、すでにメキシコ代表として50試合に出場し2ゴールを記録しているアルバレス。今夏の移籍市場ではリーグ・アンのスタッド・レンヌからオファーをもらっていたが、最終的には残留を決めていた。

しかし、そのスタッド・レンヌからのオファーの際、思わぬ誘いがあったという。

アルバレスとの契約を結びたかったスタッド・レンヌは、メキシコ出身のハリウッド女優のサルマ・ハエックさんを交渉の場に連れ出したとのこと。アルバレスがオランダ『テレグラーフ』で明かした。

「有名なメキシコの同胞として、彼女は僕に電話をかけてきて、フランスに来るように僕を説得しようとした。もちろん僕は驚いたし、嬉しいことだった。でも、アヤックスを選ぶことは僕にとって確かであり、僕はそれを彼女に説明した」

「彼女はハリウッド映画ののおかげで、世界中でも素晴らしく有名な女優であり、大スターだ。僕は彼女をとても高く評価している」

「彼女はメキシコ人として、今の自分の地位を目指して戦ってきた人の一例だ」

実は、ハエックさんは、スタッド・レンヌのオーナーであるフランソワ・アンリ・ピノー氏の妻。同胞であるアルバレスの説得として、一肌脱いだものの、不発に終わってしまったようだ。

ハエックさんは、アントニオ・バンデラスが主演の映画『デスペラード』のヒロイン役に抜擢され大ヒット。今秋公開のマーベル超大作『エターナルズ』にも出演。リーダーであるエイジャックを演じることでも話題となっている。



1 2

関連ニュース
thumb

アディダスがドイツW杯公式球「チームガイスト」をリメイクし、レアルやユナイテッドなど9クラブのアパレルに展開!

アディダスは2日、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)の公式試合球である「TEAMGEIST(チームガイスト)」を現代版にリメイクし、9クラブのアパレルとして展開することを発表した。 「TEAMGEIST」は、ボールのデザインとしても有名であり、当時もアパレルコレクションを展開。今回は9クラブで展開される。 その9クラブは、レアル・マドリー、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、アヤックス、バイエルン、アーセナル、セルティック、フラメンゴ、ボカ・ジュニアーズ。特別コレクションとなっている。(セルティック、フラメンゴ、ボカは日本展開なし) 商品は、ジャージー、スウェットシャツ、Tシャツ、ウーブンジャケット、ウーブンパンツなどで展開されている。 ジャージーは8490円、スウェットシャツは7690円、Tシャツは6490円、ウーブンジャケットは1万1000円、ウーブンパンツ は8990円で販売される。なお、12月2日18時から順次発売開始となる。 <span class="paragraph-title">【写真】9クラブのアパレルデザインをチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> 【発売場所】 <a href="https://shop.adidas.jp/item/?collection=teamgeist" target="_blank">アディダス オンラインショップ</a> 【レアル・マドリー】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【ユベントス】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【マンチェスター・ユナイテッド】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【アーセナル】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmZjk2Zjc3UiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 【バイエルン】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【アヤックス】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw16.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw17.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw18.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【セルティック】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw19.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw20.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw21.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【フラメンゴ】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw22.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw23.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw24.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【ボカ・ジュニアーズ】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw25.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw26.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw27.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.02 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールでも活躍したオランダ代表FWが“自伝ヒップホップ”をリリース、ベニテス監督との関係も歌に乗せる

ガラタサライのオランダ代表FWライアン・バベルが自伝CDをリリースした。 サッカー選手として活躍する一方で、音楽にも興味を持っていたというバベル。ただ、サッカーに時間を取られることが多かったため、代わりに22歳の時にレーベルを立ち上げ、他のアーティスト作品に参加するなどしていた。 新型コロナウイルス(COVID-19)による最初のロックダウン中に持て余していたバベルは、この時に斬新な計画を思いついたという。ヒップホップで自身のライフストーリーを語るという方法を思いついたバベルは、音楽業界の仲間と連絡を取り合い、この度リリースにまで至った。 曲のタイトルは『Open Letter』。リリースに際し、バベルはイギリス『ガーディアン』に「真に成功したいのならば、普段は言いにくいことも共有すべきだって分かっていた」と語っている。 曲中ではリバプール時代のラファエル・ベニテス監督(現:エバートン監督)との関係性や、オランダ代表ルイス・ファン・ハール監督についてなども、メロディに乗せて赤裸々に歌っているとのことだ。 「けど、同時にそれをする心の準備もできていたね。関係者と執筆をしている間は刺激的だったよ。できた作品や(音楽で)こういう伝え方ができて、本当に誇りに思っている」 「曲中ではリバプールでのラファエル・ベニテスとの小さな関係について、後半ではオランダのジャーナリズムについても語っているよ」 「作り話を語るのは簡単だけど、面白いとは思わなかったし、やりたいとも思わなかった。僕の真実をできるだけありのまま共有したかったんだ」 ヒップホップという斬新な方法で自伝を作り上げたバベル。スポーツ選手にとって自身の考えを伝える新しい形となるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】バベルが作成した自伝ヒップホップのMV</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/GUTfJxlwwpg" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.12.01 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ドーピング抵触のオナナが10カ月ぶりの公式戦!「緊張した」

アヤックスのカメルーン代表GKアンドレ・オナナが、今季初出場を果たした。 24日にチャンピオンズリーグのベシクタシュ戦に臨んだアヤックス。この一戦で久しぶりにオナナがゴールマウスに立った。 同選手は、昨年10月に誤って服用した薬がドーピング禁止法に抵触。今年2月に9カ月の出場停止処分を課され、ようやく今月からチームに復帰したばかりだった。 リーグ戦では直近2試合でベンチ入りも出場機会がなかったオナナだが、今回のベシクタシュ戦で今季初出場。先制点を許してしまったものの、後半から出場したFWセバスティアン・アラーの2ゴールで逆転勝利を収め、アヤックスは開幕から無傷の5連勝でグループ首位通過を決めた。 オランダ『テレグラフ』のインタビューで試合を振り返ったオナナは「緊張していた」と告白。同時に約10カ月ぶりの公式戦出場に喜びを爆発させた。 「いつもとは全く異なる感覚だった。長い間離れていたからね。でも、このチームで再び目標に向けて走り出すことができて最高だよ」 「スタジアムに向かうバスの中でその特別さを感じた。今更だけど、今夜は簡単なものではなかった。だけど、やっとこのレベルでプレーを再開できるようになって本当に嬉しいよ」 2021.11.25 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの新監督探しは難航か…候補に挙げられる監督が軒並み無関心「気を散らすものではない」

マンチェスター・ユナイテッドの新監督候補にあがっている監督たちだが、軒並み興味を持ってはいないようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ユナイテッドは、21日に正式不振によりオーレ・グンナー・スールシャール監督を解任。当面はアシスタントコーチのマイケル・キャリック氏が指揮を執ることとなった。 そのキャリック暫定体制だが、チャンピオンズリーグ(CL)のビジャレアル戦では0-2で勝利。初陣を飾ったが、新監督探しは続いている。 ただ、新監督招へいは簡単にはいかないようだ。 候補としてあがっているパリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督はCLのマンチェスター・シティ戦に向けた23日の会見ではこの件について言及。ユナイテッドの興味に関して、気を取られることはないとした。 「噂はあるが、そんなことで私の気が散るわけにはいかない。私はパリ・サンジェルマンでとても幸せだ」 「私の契約は2023年までで、今シーズンともう1シーズンある。PSGで本当に幸せだ」 また、同じく候補にあがっているアヤックスのエリク・テン・ハグ監督もこの件について言及し、気は散らないと語った。 「興味を持たれているということは何も聞いていない」 「我々は今シーズン。アヤックスでタイトルを獲得したいと思っているし、PSVやフェイエノールトとの厳しい競争もある。しかし、私の気を散らすものではない」 2021.11.24 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

蘭代表プロメスが過失致死傷罪で訴追…身内を刺して重傷を負わす

スパルタク・モスクワのオランダ代表FWクインシー・プロメス(29)が過失致死傷罪で起訴されたようだ。 イギリス『BBC』によると、事件は昨年7月にアムステルダム郊外の町アブクードで開いた家族パーティーで起き、プロメスは口論から乱闘に発展した親戚のヒザを刺して、重傷を負わせたという。 そんなプロメスは昨年11月に告訴され、同12月の逮捕を経て釈放。プロメスは容疑を否認しているが、オランダ検察当局が18日に過失致死傷および暴行未遂の容疑で訴追の決定を発表したようだ。 こうした事情もあり、ユーロ2020を最後にオランダ代表から遠ざかっているが、通算50キャップ(7得点)を誇るプロメス。今年2月にアヤックスを離れ、古巣のスパルタク・モスクワに移籍した。 2021.11.19 12:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly