レスター戦大敗のユナイテッド、今もスールシャールを変わらず信頼か

2021.10.17 19:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
改めてマンチェスター・ユナイテッドを率いる指揮官としての資質が問われ始めているオーレ・グンナー・スールシャール監督(48)だが、現段階で追われることはないようだ。

2018年12月にユナイテッドを率い始めてから今季で4年目になるスールシャール監督。今夏にDFラファエル・ヴァラン、FWジェイドン・サンチョの獲得やクラブのレジェンドであるFWクリスティアーノ・ロナウドの復帰など、クラブから手厚いバックアップを受けてのシーズンとだけあって、現体制初のタイトルがより求められるが、安定感を欠く。

16日に敵地で行われたプレミアリーグ第8節のレスター・シティ戦でもFWメイソン・グリーンウッドの強烈な左足ミドルで先制に成功したが、守りが大崩れして、2-4の逆転負け。開幕から5試合で4勝1分け無敗と上々のスタートを切ったリーグ戦だが、ここ3試合は1分け2敗と失速ぶりが目立ち、直近の公式戦5試合でも3敗目と思わしくない。

しかし、イギリス『The Athletic』によれば、今年7月にノルウェー人指揮官と1年延長オプションが付随した2024年6月末までの新契約を締結したユナイテッド首脳陣の信頼は今も変わらず、揺るぎない模様。ここまでを鑑みると、今夏の大型補強に見合った成績とは言わざるを得ないが、クラブは現時点で解任するつもりがないという。

そんなユナイテッドは11月の代表ウィークに入るまでのリーグ戦だけでリバプールやトッテナム、マンチェスター・シティとの連戦が続き、その間のチャンピオンズリーグ(CL)でもグループ首位を走るアタランタとの2試合も予定。現体制初のメジャータイトルを目指すユナイテッドにとって、今季を占う山場のひとつと言っても過言ではない。

リーグ戦で優勝争いを繰り広げるチェルシーのトーマス・トゥヘル監督やリバプールのユルゲン・クロップ監督、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督と比べても、手腕で見劣りして、希望よりも不安な思いが駆り立てがちなスールシャール監督だが、ここから軌道修正できるか。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドがレアルMFカゼミロ獲得に81.6億円を提示か? ラビオ獲得失敗もハードル上がるバックアッププラン

ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の獲得が難しくなったマンチェスター・ユナイテッドだが、レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロ(30)の獲得に切り替えた可能性があるようだ。 イギリス『テレグラフ』によると、中盤を補強したいユナイテッドは予てから獲得に動いていたラビオと条件面で合意ができなかったとのこと。振り出しに戻ってしまったとしている。 その代役として検討されているのがカゼミロ。5000万ポンド(約81億6500万円)の移籍金を支払うつもりのようだ。 カゼミロは2013年7月にサンパウロからマドリーに完全移籍。2014年7月にはポルトへ1年間のレンタル移籍に出されたが、復帰後はチムに欠かせない中盤の要としてプレーしている。 これまでマドリーでは公式戦336試合に出場し31ゴール29アシストを記録。アンカーとして中盤を支え、5度のチャンピオンズリーグ優勝や3度のラ・リーガ優勝など数々のタイトル獲得に貢献してきた。 カゼミロはマドリーと契約を3年間残しており、チームの要でもあるためラビオ以上に困難な案件になる可能性が高い。 しかし、フェデリコ・バルベルデ、エドゥアルド・カマヴィンガ、そして今夏加入したオーレリアン・チュアメニと中盤の若手を着々と揃え、カゼミロをはじめとした、トニ・クロース、ルカ・モドリッチの中盤の世代交代を進めている状況でもある。 そのため、マドリーが条件次第では手放す可能性があると考えられ、その額が5000万ポンドと見られている。 ユナイテッドは、ラビオの他にも、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリコンビッチ=サビッチにも興味を持っていたが移籍が叶わず。バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングも難しい状況となってしまった。 今まで名前に挙がった選手の中でも、最もハードルが高そうだが、ユナイテッドの希望は叶うのだろうか。 2022.08.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがユナイテッドDFリンデロフに興味? モウリーニョ監督が望み買取OP付レンタルで検討か

センターバックの補強に動いているローマだが、ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣であるマンチェスター・ユナイテッドから選手を引き抜くつもりがあるようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、モウリーニョ監督は、かつてユナイテッドで指導したスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(28)に関心を寄せているとのことだ。 ユナイテッド時代に良い印象を持っているとのこと。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)であるチアゴ・ピント氏が、すでにリンデロフの代理人と連絡を取っているともされている。 ローマはリンデロフに対して1500万ユーロ(約20億6000万円)の買い取りオプションが付くレンタル移籍で獲得するつもりがあると言われている。 2017年7月にベンフィカからユナイテッド入りしたリンデロフ。これまで公式戦196試合に出場し3ゴール7アシストを記録している。 昨シーズンもプレミアリーグで28試合に出場するなど、チームを支えていたが、今シーズンはここまで出番なし。エリク・テン・ハグ監督の下では序列も下がり、2024年夏までの契約ということもあって今夏の退団の可能性がある選手だ。 2022.08.17 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、サールへの約34億円オファーを拒否…要求額は約48億円か

ワトフォードがセネガル代表FWイスマイラ・サール(24)に対するオファーを拒否したようだ。 サールは2019年夏にスタッド・レンヌからワトフォードへと加入。昨季はプレミアリーグで22試合5得点を記録するなど主力として活躍したが、チームは今季からチャンピオンシップ(英国2部)に降格となっていた。 今夏はマンチェスター・ユナイテッドからの関心のほか、リーズ・ユナイテッドは獲得に本腰とも伝えられている。そんななか、クリスタル・パレスも本格参戦したことが明らかになった。 フランス『フットメルカート』によると、クリスタル・パレスは移籍金2500万ユーロ(約34億3000万円)を提示。だが、3500万ユーロ(約47億9000万円)を要求しているとされるワトフォードは、この申し出を即座に拒否したとのことだ。 サールは今季、チャンピオンシップの開幕3試合にいずれもスタメン出場し、1得点1アシストをマーク。引き続き、重要な戦力として存在感を放っている。 2022.08.17 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

起業家マスク氏が「ユナイテッドを買う」ツイート、後に冗談と釈明も「子供の頃に好きだったチーム」

アメリカ電気自動車大手メーカー『テスラ』の最高経営責任者(CEO)を務めるイーロン・マスク氏がマンチェスター・ユナイテッドのサポーターに束の間の希望をもたらすSNSでの投稿が話題を呼んでいる。イギリス『ガーディアン』が報じた。 2005年からユナイテッドの実権を握るグレイザー家だが、近年のチームはサー・アレックス・ファーガソン元監督が勇退して以降、長らく過渡期に。エリク・テン・ハグ新体制で再出発を期す今季もプレミアリーグで開幕2連敗と先が思いやられるスタートとなり、一部サポーターによる反グレイザー家の動きがさらに加熱している。 元々、チームを二の次にしたビジネス先行の経営方針で快く思われておらず、サポーターから新たなオーナーの到着を待ち望む声も少なくないなか、今をときめく起業家にして億万長者と知られるマスク氏は16日に「マンチェスター・ユナイテッドを買う。ウェルカムだ」とツイート。ユナイテッドの一部サポーターをざわつかせた。 本当なら夢ある話だが、その数時間後に「マジか?」との問いが…。すると、マスク氏は「いや、これはツイッターにおける長年のジョークだ。私はいかなるスポーツチームも買わない」と釈明。だが、続けて「でも、チームを買うなら、マンチェスター・ユナイテッドだね。子供の頃に好きだったチームだから」と綴っている。 なお、現在のユナイテッドを買収するとなれば、時価総額で20億ポンド(約3256億円)。グレイザー一家が買収時は7億9000万ポンド(現レートで約1286億1000万円)だったという。 2022.08.17 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「チームに欠けているもの全てを満たしている」 マーソン氏がチェルシーにC・ロナウド獲得を推薦

アーセナルのレジェンドであるポール・マーソン氏がチェルシーに対して、マンチェスター・ユナイテッドで移籍を希望するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)の獲得を薦めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨夏にユベントスを退団し、電撃的に古巣であるユナイテッドに復帰したC・ロナウド。チームはプレミアリーグで6位と不振に陥り、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したが、自身は公式戦39試合で24ゴール3アシストを記録するなど力を見せつけた。 ユナイテッドは新シーズンからエリク・テン・ハグ監督を迎え、心機一転を目論むが、CL出場を熱望するC・ロナウドは移籍を希望。チームはプレミアリーグ開幕から2連敗と散々な状態に陥っていることも、移籍の考えに拍車をかけている。 クラブも当初こそエースを引き止める考えを示していたが、チームの士気が落ちる懸念から方針を転換。オファー次第では売却に踏み切る可能性があると報じられるが、現在までC・ロナウド獲得に具体的な関心を示すクラブは現れていない。 ここまでバイエルンやチェルシー、アトレティコ・マドリーなどが移籍先として浮上したが、いずれのクラブも現段階で獲得の可能性は低いとみられている。 これに対して、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したマーソン氏はチェルシーこそC・ロナウドを獲得すべきだと主張。ベルギー代表FWロメル・ルカクが今夏インテルにレンタル移籍し、ストライカーがいないクラブにC・ロナウドが加入すれば、大きな脅威になるだろうと語った。 「チェルシーがC・ロナウドを獲得しなかった、あるいは今後も獲得しないと考えているのだとしたら、それは信じられないね。彼は今のチェルシーに欠けているもの全てを満たしているのだから」 「チェルシーでプレーすることは、ピッチ中央から仕事をする必要があるマンチェスター・ユナイテッドとは違う。チェルシーはボックスの端に相手を押し込み、試合を支配するチームだ」 「チェルシーには信じられないようなウイングバックがいて、フットボールの試合を支配する。だから、もし彼らがボックス内にいるC・ロナウドにボールを入れれば、どれだけのゴールが生まれるだろう。それは考えるのも恐ろしいほどだね」 2022.08.17 15:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly