「マッドボレー」UNL3決でのゴラッソに脚光、一方で試合開催には疑問符「誰がこのゲームを気にしてた?」

2021.10.11 20:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
疑問符が投げかけられたゲームで、インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラが鮮やかなボレーを叩き込んだ。

6日に行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ準決勝でスペイン代表と対戦し、38試合ぶりの黒星を喫して3位決定戦に回ることになったイタリア。10日にトリノのユベントス・スタジアムでFIFAランキング1位のベルギー代表と対戦した。

試合を動かしたのはユーロ2020王者だ。ゴールレスで迎えた後半の立ち上がりに、右CKの場面でドメニコ・ベラルディが左足インスウィングで低いボールをニアへ入れると、クリアされた浮き球に反応したバレッラが抑えの利いた右足のボレー。ゴール左下隅に突き刺し、先手を取った。

大きくふかしがちなボレーだが、バレッラは見事なコントロール。ファンからは「マッドボレー」、「過小評価されている」、「バロンドールのトップ30に入っていないのは犯罪」といった賛辞が上がった。

一方で、「誰がこのゲームを気にしてた?」、「ベルギーはプレーしたくなさそうだった…非難しないけど」など、3位決定戦の意味に疑問を投げかけるような声も存在。実際、ベルギー代表GKティボー・クルトワは「3決はマネーゲームでしかない」とコメントするなど、この一戦を催すことに懐疑的だった。

なお、試合はベラルディのPKで加点したイタリアが終盤に1点を返されるも、逃げ切って2-1で3位フィニッシュ。この勝利の価値を高めるためにも、ここから再び無敗街道を突き進みたいところだ。



1 2

関連ニュース
thumb

3年半ぶりイタリア代表招集のバロテッリ、トルコでの充実語る

トルコのアダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリが、イタリア代表招集を受けてコメントを残している。イタリア『メディアセット』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選でグループ2位となり、プレーオフに回ることになったイタリア代表。そのプレーオフが3月末に控える中、イタリアサッカー協会(FIGC)は先日、26日から28日にかけて行われる強化合宿に向けた35名の選手を発表した。 その中で特に注目となったのが、2018年9月以来の代表入りを果たしたバロテッリだ。同選手は昨夏にアダナ・デミルスポルに加入し、ここまでリーグ戦19試合で8ゴール3アシストを記録。年始には新型コロナウイルスに感染しフィットネスが懸念されていたが、トルコで復調の兆しを見せる愛弟子にロベルト・マンチーニ監督がチャンスを与えた。 まだ代表候補という段階だが、それでもバロテッリはトルコでの成績が評価されたことに満足しているようだ。 「体調は問題ないし、トルコに行ったおかげで気分も良い。あそこでは気持ちよくプレーしているよ」 「イタリア代表にはW杯に行って欲しい。その資格がある。俺にはなぜ彼らがプレーオフに回ることになったのか理解できない」 「代表に呼ばれることは常に素晴らしいことだ。31歳だが俺はまだ若く、あの場所に戻りたいと思っていた」 「普通のことだ。代表入りしない方がアブノーマルだ」 2022.01.25 16:08 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州予選POを控えるイタリア代表がトレーニングキャンプメンバーが発表! バロテッリが約3年半ぶりの招集

イタリアサッカー協会(FIGC)は24日、フィレンツェで行われるトレーニングキャンプに向けたイタリア代表メンバーを発表した。 同トレーニングキャンプは26日から28日までの3日間で実施。カタール・ワールドカップ欧州予選プレーオフに向けた強化合宿となる。 注目の招集者では、アダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリが2018年9月以来の代表入りを果たした。 また、GKマルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ)、DFルイス・フェリペ(ラツィオ)、DFジョルジョ・スカルビニ(アタランタ)、MFニコロ・ファジョーリ(ユベントス)、MFダビデ・フラッテージ(サッスオーロ)、MFサムエレ・リッチ(エンポリ)、FWジョアン・ペドロ(カリアリ)の7名が初招集となった。 イタリアは、3月24日に行われる欧州予選プレーオフ準決勝で北マケドニア代表と対戦。勝利した場合には、決勝でポルトガル代表vsトルコ代表の勝者と対戦する。 ◆イタリア代表メンバー GK マルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ)※ アレッシオ・クラーニョ(カリアリ) サルバトーレ・シリグ(ジェノア) アレックス・メレト(ナポリ) DF アレッサンドロ・バストーニ(インテル) クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ) ダビデ・カラブリア(ミラン) アレッサンドロ・フロレンツィ(ミラン) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) マッティア・デ・シリオ (ユベントス) ルカ・ペッレグリーニ(ユベントス) ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ) ルイス・フェリペ(ラツィオ)※ ジャンルカ・マンチーニ(ローマ) ジョルジョ・スカルビニ(アタランタ)※ ラファエウ・トロイ(アタランタ) MF ニコロ・バレッラ(インテル) ステファノ・センシ(インテル) ブライアン・クリスタンテ(ローマ) ニコロ・ザニオーロ(ローマ) ニコロ・ファジョーリ(ユベントス)※ マヌエル・ロカテッリ(ユベントス) ダビデ・フラッテージ(サッスオーロ)※ マッテオ・ペッシーナ(アタランタ) サムエレ・リッチ(エンポリ)※ サンドロ・トナーリ(ミラン) マッティア・ザッカーニ(ラツィオ) FW マリオ・バロテッリ(アダナ・デミルスポル/トルコ) ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ) ジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ) ジャンルカ・スカマッカ(サッスオーロ) フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス) チーロ・インモービレ(ラツィオ) ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) ジョアン・ペドロ(カリアリ)※ ※は初招集メンバー 2022.01.25 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

31歳バロテッリ、約3年半ぶりのイタリア代表招集へ

アダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリ(31)が、イタリア代表に招集されるようだ。 今シーズンからトルコのアダナ・デミルスポルへと加入したバロテッリ。主力としてここまで公式戦20試合に出場し、8得点4アシストと好成績を残している。 そうした中、イタリア『スカイ』はトルコの地で復活の兆しを見せるバロテッリに、イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が接触したと報道。1月末のインターナショナルウィークに向けて2018年9月以来、約3年半ぶりの招集を受けることになるという。 若くしてインテルで華々しくキャリアをスタートしたバロテッリは、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールといった名立たるビッグクラブでプレー。イタリア代表としても36試合で14ゴールを記録し、21歳で臨んだユーロ2012では準決勝のドイツ代表戦で2ゴールを記録するなどの活躍でチームの準優勝に大きく貢献した。 しかし、以前から問題となっていた素行不良とともに、20代半ばに差し掛かったところで徐々にパフォーマンスが低下。近年は継続して結果を残せていない印象だが、インテルやシティでタッグを組んだマンチーニ監督のもと、アズーリで再び輝くことができるだろうか。 2022.01.22 22:09 Sat
twitterfacebook
thumb

これがバロテッリ流! ゴールを決めたチームメイトをハイキックで祝福「この男は本当にクレイジー」

トルコのアダナ・デミルスポルに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの行動が、またしても大きな話題を振り撒いている。 今シーズンからスュペル・リグに昇格したアダナ・デミルスポルへと加入したバロテッリ。トルコでも傍若無人ぶりを発揮しており、8月の試合では途中交代に不満を持ったのか、ベンチに戻った後にすね当てを投げ付け、となりの選手へ八つ当たりのパンチを見舞った。 9月21日のベシクタシュ戦ではゴールを決めた際、過去に「脳がない」と指摘された相手指揮官、セルゲン・ヤルチン監督に対して自分の頭を指差して挑発するようなジェスチャーを見せ、8年越しの復讐などと話題をさらっていた。 そんな中、21日に行われたガラタサライ戦では、ゴールを決めたチームメイトに対して手荒な祝福。MFユヌス・アクギュンにぬるぬると近づいていくと、左ハイキックを側頭部にお見舞いして見せた。 バロテッリ流の祝福方法にはファンも驚きだ。「この男は本当にクレイジー」、「アダナスタイル」、「ペナルティだと思います」など、賛否が分かれることとなった。 バロテッリ自身はここまでリーグ戦17試合に出場し、6ゴールを記録。この日は得点を奪えなかったものの、MFユヌス・アクギュンの2ゴールでチームは2-0で勝利を収めた。今後もゴール後のバロテッリから目が離せない。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを決めたチームメイトにハイキックを見舞うバロテッリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Mario Balotelli, Yunus Akgün&#39;ü tebrik ediyor! <a href="https://twitter.com/hashtag/Seviyoruz%C4%B0%C5%9Fte?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Seviyoruzİşte</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ADSvGS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ADSvGS</a> <a href="https://t.co/LMDIqhX5KP">pic.twitter.com/LMDIqhX5KP</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1473357714713718788?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.22 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

UEFAネーションズリーグ2022-23の組み合わせが決定! ユーロ王者イタリアはドイツ、イングランド、ハンガリーと対戦

欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、2022年6月にスタートするUEFAネーションズリーグ2022-23のグループリーグ分け抽選会を行った。 2022年11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)の影響で、例年より早い6月~9月に開催されるUEFAネイションズリーグ。既に、レギュレーションや出場する55カ国のリーグ分けが発表されており、今回はリーグ内でのグループ分けが決められた。 最上位のリーグAでは、前回王者フランスがデンマークやクロアチア、オーストリアと同じグループ1に入り、グループ2には初代王者のポルトガル、スペイン、スイス、チェコが同居。 また、グループ3に入ったユーロ2020王者イタリアは、ユーロ準優勝のイングランドやドイツ、ハンガリーと同居。FIFAランク首位のベルギーは、オランダ、ポーランド、ウェールズと同じグループ4に入った。 試合は2022年6月から9月の間にホーム&アウェイで試合が6試合が開催される。また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格。 リーグCについてはリーグDから昇格するチームが2チームのため、リーグC最下位4チームによるホーム&アウェイの降格プレーオフを行ない降格2チームを決定する。各リーグ内のグループ分けは以下のとおり。 【リーグA】 ◆グループ1 フランス、デンマーク、クロアチア、オーストリア ◆グループ2 スペイン、ポルトガル、スイス、チェコ ◆グループ3 イタリア、ドイツ、イングランド、ハンガリー ◆グループ4 ベルギー、オランダ、ポーランド、ウェールズ 【リーグB】 ◆グループ1 ウクライナ、スコットランド、アイルランド、アルメニア ◆グループ2 アイスランド、ロシア、イスラエル、アルバニア ◆グループ3 ボスニア・ヘルツェゴビナ、フィンランド、ルーマニア、モンテネグロ ◆グループ4 スウェーデン、ノルウェー、セルビア、スロベニア 【リーグC】 ◆グループ1 トルコ、ルクセンブルク、リトアニア、フェロー諸島 ◆グループ2 北アイルランド、ギリシャ、コソボ、キプロスorエストニア ◆グループ3 スロバキア、ベラルーシ、アゼルバイジャン、カザフスタンorモルドバ ◆グループ4 ブルガリア、北マケドニア、ジョージア、ジブラルタル 【リーグD】 ◆グループ1 リヒテンシュタインカザフスタンorモルドバ、アンドラ、ラトビア、リヒテンシュタイン ◆グループ2 マルタ、キプロスorエストニア、サンマリノ ※2020-21シーズンでリーグCの最下位となったカザフスタン、モルドバ、キプロス、エストニアについては2022年3月に行われる降格プレーアウトでリーグC残留かリーグD降格かが決定する。 2021.12.17 02:52 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly