ゴール?オフサイド?UNL決勝、ムバッペのゴールへの論争止まず

2021.10.11 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペのゴールに対する議論の熱が冷めない。

フランスは10日、UEFAネーションズリーグ・ファイナルズ決勝でスペイン代表とミラノのサン・シーロで対戦した。前半は睨み合いの状況が続き、均衡が保たれたままゴールレスに。64分に先制を許すも、2分後にカリム・ベンゼマの右足ですぐさま同点とする。

1-1で迎えた80分にはテオ・エルナンデスのスルーパスからムバッペがネットを揺らすと、これが決勝点となりフランスが優勝を決めた。だが、このゴールがオフサイドだったのではないかという議論は、いまだ熱を帯びているようだ。

確かに横からの映像で見ると、パス出しの瞬間はわずかにオフサイドラインから出ているように見える。ただ、パス後にスペインのエリック・ガルシアがボールに触れており、それが意図的なプレーと判断されたため、ゴールは認められることになった。

このシーンに関して試合後、スペインのセルヒオ・ブスケッツが『RTVE』にコメントを残している。「ムバッペはオフサイド(ポジション)だったが、審判はエリックがボールを狙い、これが新しいフェーズの開始だと言った」と語っており、腑に落ちない様子だ。

「しかし、それでは意味がない。彼(エリック)は、ムバッペがそこにいて、サイドに流れると思ったので、ボールを切ろうとした。ディフェンダーだったら誰でもそうするだろう」

エリック・ガルシアのプレーが意図的か否かと問われれば、イエスと考える人は多そうだ。ただ、ブスケッツの言葉通り、このタイミングでボールに関与しないDFはまずいない。ルールに即すればゴールなのであろうが、守備側にすれば頭では理解できても、納得するのは難しいだろう。



1 2

関連ニュース
thumb

ダフト・パンク再結成? バロンドールのトロフィーを届けた黒いヘルメット2人組の正体は…

バロンドールの授賞式はサプライズで盛り上がったようだ。 エレクトロニカの急先鋒として90年代から音楽シーンを牽引してきたフランスの人気テクノユニット、ダフト・パンク。ヘルメットと手袋を着用し、ロボットのような出で立ちでシンセサイザーなどの電子機器を操り、パフォーマンスでも絶大なインパクトを与えたダンス・ミュージック界のレジェンドだ。 今年2月に解散を発表していたが、11月29日のバロンドール授賞式に黒いヘルメットを身に着けた2人組がトロフィーを持って登場。復活かと会場をざわつかせた。 実はこの2人組の正体、かつてF1世界チャンピオンにも輝いたフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンだった。 フランスの自動車ブランド名を冠したF1チーム、アルピーヌ(前:ルノー)のドライバーを務める2人。どうやらフランスにゆかりのあるアーティストをイメージしての演出だったようだ。司会者のディディエ・ドログバとサンディー・ヘリベルトに促されて正体を明かすと、会場からは大きな拍手が上がった。 この演出には閲覧者も驚いた様子だ。「ダフト・パンク再結成かと思ったわ」、「ダフト・パンクのコスプレ」、「アロンソとオコンがダフト・パンクだったってことですね」など、衝撃を物語る声が多く寄せられている。 ダフト・パンクの再結成ではなかったが、F1王者の参戦というサプライズに沸いた授賞式。なお、男子はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表リオネル・メッシ(34)が7度目の、女子はバルセロナのスペイン代表MFアレクシア・プテジャス(27)が初めてのバロンドールを受賞している。 <span class="paragraph-title">【動画】バロンドールを届ける黒ヘルメット2人組</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Félicitations à l&#39;ensemble des lauréats de la cérémonie du <a href="https://twitter.com/hashtag/BallonDor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallonDor</a> ​<br>Revivez l’arrivée des trophées avec <a href="https://twitter.com/alo_oficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@alo_oficial</a> et <a href="https://twitter.com/OconEsteban?ref_src=twsrc%5Etfw">@OconEsteban</a> à bord de la nouvelle <a href="https://twitter.com/hashtag/AlpineA110?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlpineA110</a> S !​<a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://twitter.com/lequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lequipe</a> <a href="https://twitter.com/francefootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@francefootball</a> <a href="https://t.co/IafntvNzk6">pic.twitter.com/IafntvNzk6</a></p>&mdash; Alpine Cars FR (@alpinecarsFR) <a href="https://twitter.com/alpinecarsFR/status/1465462946784587785?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The Ballon d’Or trophees are brought by Fernando Alonso and Esteban Ocon from <a href="https://twitter.com/AlpineF1Team?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlpineF1Team</a>! <br><br> 48°51&#39;27.3&quot;N 2°20&#39;49.4&quot;E<br>Theatre du Châtelet<br><a href="https://twitter.com/alpinecarsFR?ref_src=twsrc%5Etfw">@alpinecarsFR</a> <a href="https://t.co/u7IPR0koi5">pic.twitter.com/u7IPR0koi5</a></p>&mdash; Ballon d&#39;Or #ballondor (@francefootball) <a href="https://twitter.com/francefootball/status/1465406733153714179?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">And yes, our <a href="https://twitter.com/AlpineF1Team?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlpineF1Team</a> drivers were the mystery guests who brought the <a href="https://twitter.com/hashtag/BallondOr?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallondOr</a> onto the stage! <a href="https://twitter.com/lequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lequipe</a> <a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://t.co/26233PqEoN">pic.twitter.com/26233PqEoN</a></p>&mdash; Alpine Cars (@alpinecars) <a href="https://twitter.com/alpinecars/status/1465444400423747585?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.01 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「Tシャツにしか目がいかない」フランス2大ストライカーの競演、ムバッペがアンリとのツーショットを公開「先生と生徒」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがレジェンドと対面を果たした。 フランス代表として母国にカタール・ワールドカップ(W杯)の出場権をもたらしたムバッペ。勝てば予選突破が決まるという大一番、11月13日の欧州予選グループD第9節カザフスタン戦では4ゴールと爆発するなど、勝負強さを見せつけていた。 PSGに戻ってからも公式戦3試合にフル出場して2得点と、攻撃陣を牽引している。そのムバッペがフランス代表OBのレジェンドとの対面を果たした。 相手はフランス代表として123試合に出場し、歴代最多の51ゴールを挙げているティエリ・アンリ氏(44)。ムバッペはアンリ氏とのツーショットを自身のツイッターで公開した。 フランスを代表するストライカーが競演する写真にはファンも大いに沸いた。「素晴らしい写真」、「先生と生徒」などのほか、「ムバッペのアーセナルへの移籍が確認された」など、アーセナルで活躍したアンリ氏がムバッペを引き入れてくれること期待するファンも。 さらに、アンリ氏の着ているTシャツも目を惹いたようだ。「小次郎T?」、「Tシャツにしか目がいかない…!」人気サッカー漫画『キャプテン翼』に登場するストライカー・日向小次郎と思われるキャラクターがプリントされた胸元に目が行くものも多かった。 PSGは代表ウィーク明けの11月20日から12月半ばまで連戦が続く。ムバッペはアンリ氏のようにクラブでも結果を残し続けられるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】Tシャツにも注目? ムバッペがアンリとのツーショットを公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">TT x KM <a href="https://t.co/OzRhhx77Gy">pic.twitter.com/OzRhhx77Gy</a></p>&mdash; Kylian Mbappé (@KMbappe) <a href="https://twitter.com/KMbappe/status/1465305899581546501?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.01 20:01 Wed
twitterfacebook
thumb

仏サッカー連盟会長、有罪判決のベンゼマに言及 「引き続き選択可能」

フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長が、“セックステープ恐喝未遂事件”を巡って有罪判決が下されたレアル・マドリーFWカリム・ベンゼマのフランス代表招集に関して語った。フランス『レキップ』が伝えている。 犯罪グループがMFマテュー・ヴァルブエナの携帯電話に残っていた性行為の動画を悪用し、金銭を要求した2015年の事件に関与した疑いがかけられるベンゼマ。自身は否認しているが、当時フランス代表のチームメイトだった関係を利用し、その集団との仲介役として事件に加担したとし、長らく裁判が続いていた。 事件から6年が経過したなか、先月の20日にベルサイユ裁判所で始まった再審理にて、裁判所はベンゼマに執行猶予付きの懲役10カ月と罰金7万5000ユーロ(約970万円)を求刑。それから約1カ月が経った今月24日、ベンゼマに恐喝未遂の共犯として有罪判決が下され、求刑通り執行猶予付きの1年の懲役と7万5000ユーロの罰金が科された。 これを受け、来年に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)に向けての代表招集を不適格と見る向きも出てきているが、ル・グラエ会長は現時点でベンゼマの招集が問題ないものだと考えているようだ。 「カリムと彼の弁護士がどのような判断を下すのか、今後控訴するのかもしれないが、我々の考えに変更はない」 「彼のこのような状況を残念に思うが、選択可能な状態にある。彼は数年間、フランス代表チームでプレーしていなかった。そして、今回の判決結果は私にとって何の変化もないものだ。彼は引き続き選択可能だ。たとえ彼が控訴しなくても、私にとっては何も変わらない。彼には仕事をする権利がある。ミスを犯しても刑罰を受けても、仕事に戻ることができる」 「私は彼に満足している。彼は良いパフォーマンスをしているし、自分自身を完璧に表現している。もし、ディディエ(・デシャン監督)が彼を選びたいと思えば、我々は反対しないだろう。彼がフランス代表チームでプレーし続けることを妨げるような障害はない」 2021.11.24 23:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ有罪の恐喝事件、ヴァルブエナ弁護士が代理コメント「ホッとしている」

数年に及んだ “ヴァルブエナ恐喝未遂事件”の裁判が終わりを迎え、被害者の元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナの弁護士が声明を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 2015年、ヴァルブエナの性行為の映像を入手し、それを脅し道具に4人組のグループが金銭要求の恐喝に及んだ事件が起きた。この事件に当時レ・ブルーでチームメイトだったFWカリム・ベンゼマが絡んでいたとして、その容疑を巡る裁判が行われていた。 その判決が24日に下され、ベンゼマには執行猶予付きの1年の懲役と7万5000ユーロの罰金が科された。また、残りの4人にも執行猶予付きで18カ月から2年6カ月までの懲役刑が下った。 この結果を受けて、ヴァルブエナの代理人を務めたディディエ・ドマット氏が、同選手を代弁する声明を発表。安堵と満足感を示した。 「マテュー・ヴァルブエナは、ここ数年は非常に厳しい状況が続いていたので、この手続きが終わってホッとしています」 「修復不可能なスポーツ傷害を負った彼は、この試練を勇気と思慮深さと誠実さをもって乗り越えてきました」 「今日、我々は議論の過程と裁判所の判決の両方で、彼の被害者としての地位が認められたことに満足しています」 「ディディエ・デシャン監督や連盟が何と言おうと、これが今回の事件の直接的な結果です」 ただ、まだ本当の決着はついておらず、ベンゼマ側の弁護士は上訴することを確認している。 2021.11.24 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

“ヴァルブエナ恐喝未遂事件”加担容疑のベンゼマに有罪判決...執行猶予付き1年の禁固刑と970万円の罰金

フットボール界を揺るがした“セックステープ恐喝未遂事件”を巡って、今月24日にレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマに有罪判決が下ったようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ある集団がMFマテュー・ヴァルブエナの携帯電話に残っていた性行為の動画を悪用し、金銭を要求した2015年の事件に関与した疑いがかけられるベンゼマ。自身は否認しているが、当時フランス代表のチームメイトだった関係を利用し、その集団との仲介役として事件に加担したとし、長らく裁判が続いていた。 事件から6年が経過したなか、先月の20日にベルサイユ裁判所で始まった再審理にて、裁判所はベンゼマに執行猶予付きの懲役10カ月と罰金7万5000ユーロ(約970万円)を求刑。それから約1カ月が経った今月24日、ベンゼマに恐喝未遂の共犯として有罪判決が下され、求刑通り執行猶予付きの1年の懲役と7万5000ユーロの罰金が科された。 また、事件の主犯である4人の被告に対しては、執行猶予付きで18カ月から2年6カ月までの懲役刑が下った。 なお、ベンゼマ側は、この判決を不服として控訴する構えだという。 2021.11.24 20:08 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly