「我慢が続く試合展開になる」オーストラリア戦を予想するMF遠藤航、ポイントは「どういうゲームプランを持っていくか」

2021.10.10 14:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表のMF遠藤航(シュツットガルト)が10日、12日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦を前にメディアの取材に応じた。

7日に行われたサウジアラビア代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3戦でサウジアラビアに1-0で敗れた日本。これで最終予選は1勝2敗となり、3連勝のサウジアラビア、オーストラリアとの勝ち点差が「6」へと広がった。

12日の試合は埼玉スタジアム2002での試合。ホームゲームであり、ファンもスタンドに集まる中で、日本としては勝ち点3を取らなければいけない試合となる。

改めてサウジアラビア戦を振り返った遠藤。チームを落ち着かせる必要があったと語った。

「最終的には1人1人の判断になりますが、自分はボランチで出ているので、サウジ戦は相手にボールを持たれて、自分がボールを受けるチャンスがないので縦をチョイスしていましたが、横パスやバックパスを入れて落ち着かせられるというところです」

「オーストラリアはどうなるかわからないですが、前にアグレッシブに行く時間なのか、落ち着かせてキープした方が良いのか、そこの空気感を読めるとは思うので、プレーの判断を間違えなければと思います」

そのサウジアラビア戦では、失点に繋がるバックパスをしてしまった柴崎岳(レガネス)のところに歩み寄っていた。「自然となりました。失点してしまったというのもありますし、岳がしゃがんでいたのは見えたので、切り替えるしかないし、時間もあったので、1点返す気持ちを見せる必要があったので、そのアクションになりました」とコメント。自然に声をかけに行っていたと語った。

オーストラリア戦に向けては、9日のトレーニングでは、ランニングの後にDF吉田麻也(サンプドリア)やMF南野拓実(リバプール)、DF長友佑都(FC東京)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF冨安健洋(アーセナル)と集まって話し合っていた。ビルドアップについて話したとしたが、迷いはないという。

「個人的には迷いはないです。大事なのは色々なオプションや考え方、1人1人のやり方がある中で、チームとしていかに共通意識を持ってやるか。同じタイミングで動けるかだと思います」

「ちょっとした立ち位置の話を攻撃面ではしたので、次の試合ではもう少し出せると思います。色々なオプションがある中で、しっかり決めるかどうか。オプションを持つことは悪くないので、色々な考え方をみんながアイデアを出しながら、どうやるかを選ぶ段階。どんどん良くなると思います」

勝たなければいけないオーストラリア戦だが、相手の印象については「すごく組織力があるチームですし、向こうも色々なオプションがあって、ブロックを敷いて守る強さもあると思います。厳しい戦いというか、我慢が続く試合展開になると思います」とコメント。「ただ、大事なのは自分たちがどういう戦い方ができるかどうか。相手の状況は頭に入れますが、自分たちがどういうゲームプランを持っていくかが大事だと思います」と、あくまでも自分たちにフォーカスすべきだと語った。

ただ、日本としては3試合で1得点とゴールが奪えていない。さらに生命線とされているFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)へのパスを警戒され、ほとんど攻撃が機能していない譲許が続いている。

その点について遠藤は「もちろん警戒されていると思いますし、一番厳しく来られるところなので、いかにどうサポートできるか。僕も迫くんにつけるタイミングが多いですが、タイミングが正しかったのか、プレッシャーきたから任せたでは大変だと思います」とコメント。「(鎌田)大地や(南野)拓実が良い距離感でいるところで刺せればいいです。周りの選手がどうサポートできるかが大事だと思います」と語り、良い状況になったタイミングでしっかりとパスを出したいと語った。

また「そこが縦に攻め急ぐところとリンクしていて、入れるタイミング、味方の距離感を見ながらやるのが大事です」とし、「全部が全部収められないので、後ろが持ったり、サイドに横パスを入れて考えた方が良いと思います」と、局面を見てしっかりと判断していきたいと語った。


関連ニュース
thumb

湘南GK谷晃生、連続の日本代表招集に「いい準備をして迎えたい」

湘南ベルマーレののGK谷晃生(21)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、11月に続いて招集を受けた谷。今季はJ1で34試合に出場し、チームのJ1残留に貢献していた 谷はクラブを通じてコメントしている。 ◆GK谷晃生 「2022年最初の日本代表での活動となりますので、いい準備をして迎えたいと思います。また、2022年は日本代表にとってさらに重要な年になると思いますので、良いスタートを切れればと思っています」 2021.12.07 22:18 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋から日本代表に3名招集! MF稲垣祥「3人の応援よろしくお願いします!」

名古屋グランパスのMF稲垣祥(28)、DF中谷進之介(25)、FW相馬勇紀(24)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、名古屋からは3人が招集された。 稲垣は初招集を受けた3月以来の招集。中谷は6月以来、相馬は2019年12月以来、2年ぶりの招集となった。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF稲垣祥 「グランパスファミリーの皆さん!シンと相馬と共に代表に選出していただきました!僕にとっては昨日のベストイレブンに続き今日の日本代表選出と、目まぐるしい日々に頭がなかなかついていかないですが、日本代表選手として強い覚悟と責任を持って闘ってきます!3人の応援よろしくお願いします!」 ◆DF中谷進之介 「日本代表に選出されて嬉しく思います。グランパスの代表として頑張ってきます」 ◆FW相馬勇紀 「日本代表に選出していただき素直に嬉しく思い、いつも支えてくださるファミリーの皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。自分の武器であるスピード、パワーを活かし、とにかく結果にこだわり頑張りたいと思います」 2021.12.07 22:13 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和から酒井宏樹&江坂任が日本代表招集! 浦和の選手として初招集の江坂「持っているものを100パーセント出したい」

浦和レッズのDF酒井宏樹(31)、MF江坂任(29)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、浦和からは2人が招集された。 酒井は11月に続いての招集。江坂は初招集を受けた3月以来の招集となり、浦和の選手としては初の招集となった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF酒井宏樹 「新年一発目の勝負を埼スタで迎えられることは自分にとっても大事なことだと思うので、しっかりと考えてチームのために全力でプレーで表現したいと思います」 ◆MF江坂任 「日本代表に選ばれたことは、大変光栄に思います。自分が持っているものを100パーセント出したいと思います」 2021.12.07 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

11月に続いての日本代表招集のFC東京DF長友佑都「みなさんに元気を届けられるように」

FC東京のDF長友佑都(35)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、11月に続いて招集を受けた長友。今季は夏に日本へ戻り、J1で10試合に出場した。 長友はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF長友佑都 「このたび日本代表に選ばれて大変光栄です。新しい年も最大のパワーを発揮し、みなさんに元気を届けられるように日々努力していきますので、引き続き応援よろしくお願いします」 2021.12.07 22:01 Tue
twitterfacebook
thumb

初招集のC大阪CBコンビ、DF瀬古歩夢「今後につながるよう頑張ります」、DF西尾隆矢「無駄のない充実した時間に」

セレッソ大阪のDF瀬古歩夢(21)、DF西尾隆矢(20)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、C大阪の2人は初招集となった。 瀬古は東京オリンピックのメンバー入りを果たしていたが、A代表は初招集。今季はJ1で27試合に出場した。 西尾はU-15からU-18までの世代別日本代表を経験。今季はJ1で31試合に出場し2得点を記録した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF瀬古歩夢 「SAMURAI BLUE(日本代表)に選出していただき光栄に思います。トレーニングから全力で取り組んでチームに貢献し、結果を出して今後につながるよう頑張ります」 ◆DF西尾隆矢 「今回ずっと夢見ていたSAMURAI BLUE(日本代表)に選出していただけて素直に本当に嬉しいです。短い期間ではありますが、自分の力を存分に出し、いろんな選手の方々の良いところを吸収できるチャンスでもあるので見て学んで無駄のない充実した時間にしたいと思います。また、その経験を自分の力にして成長した姿で戻ってこれるように頑張ります」 2021.12.07 21:58 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly