「非常に多くの苦しみを味わってきたスタジアムだが…」 ビラ指揮官が12年ぶりのOT攻略を喜ぶ

2021.09.26 11:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのディーン・スミス監督が勝ち誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

25日に行われたプレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込んだビラは30本近くシュートを許したが、粘りの守りで最後のところで踏ん張り続け、88分に右CKのチャンスからこぼれ球をイングランド人DFコートニー・ホースが押し込み、先制。それが決勝点となり、今季初の連勝で勝ち点を「10」に伸ばした。

先制直後にホースのハンドでPKチャンスを献上したものの、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが外すという運にも恵まれ、大きな1勝を掴み取ったビラ。データ集計会社『Opta』によると、ビラがオールド・トラッフォードで勝利したのは2009年12月以来だという。スミス監督は試合後、妥当な結果だと振り返った。

「知っての通り、このスタジアムはビラファンも非常に多くの苦しみを味わう場所だが、ここ数年はもうちょっとのところまで迫った試合もあったと思う。周囲もそう思っていたはずだ。この試合での勝利を“大金星だ”とも言うだろうが、私からしたら、それ以上に見事なパフォーマンスぶりだった」

「勝利に値したと思う。大きなチャンスもあった。(クリスティアーノ・)ロナウド、(ポール・)ポグバ、フェルナンデス、(メイソン・)グリーンウッドを前線4枚を相手にアグレッシブに戦ったのだ。信念を持っても挑めたね」

「(今夏にマンチェスター・シティに移籍した)ジャック(・グリーリッシュ)がいなくなってしまったが、良い補強ができたと感じている。パフォーマンスレベルもそれなりだ。淡白なスタートを切ったが、それには理由があったのだ」


関連ニュース
thumb

4試合で3勝目、ジェラード監督がレスター戦後半のパフォーマンスを称賛「本当に完璧に近い」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アストン・ビラは5日、プレミアリーグ第15節でレスターと対戦。2-1で勝利を収めた。 11月11日に就任したジェラード監督が率いて4試合目となったアストン・ビラ。マンチェスター・シティに前節敗れたものの、その前のブライトン&ホーヴ・アルビオン、クリスタル・パレスには連勝しており、この勝利で4試合で3勝目を挙げた。 チームを浮上させているジェラード監督は、リバプール時代に指導を受けたブレンダン・ロジャーズ監督率いるチームとの再戦となったが、前後半で違う試合になったと語った。 「本当に嬉しい。ミッドウィークと同じように、2つのハーフで構成された試合であり、ハーフタイムに選手たちには少しずつ要求する必要があった」 「前半は少し受け身だったと感じた。セカンドボールを十分に拾えず、ボールを回し続け、トランジションでいくつか問題があった」 「後半に向けて、いくつかの状況に対応しなければならなかった。でも、選手たちは本当に素晴らしいプレーを見せてくれた。最終的には勝利に値した」 前半は1-1で終えたが、後半早々にエズリ・コンサのゴールで逆転し、その後はしっかりと守って勝利したアストン・ビラ。ジェラード監督は特に後半のパフォーマンスを評価した。 「後半のパフォーマンスは、本当に完璧に近いものだった。このまま逃げ切ることもできたが、2-1の時点でもっと得点できるチャンスが3、4回あった」 2021.12.06 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーリッシュの凱旋に古巣サポーターは拍手とブーイング、ペップは「人々は望むように表現できる」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュがビラ・パークに帰還した。 グリーリッシュは6歳の頃にアストン・ビラのアカデミーの門を叩き、16歳の2012年にトップチームデビューを果たした生え抜きのスター。昨季も絶対的主軸を担うシンボルプレーヤーとしてだけでなく、キャプテンとしてもチームをリードしたが、今夏イングランド史上最高額となる1億ポンド(現レートで約150億円)の移籍金でシティに加入した。 大きな期待通り加入後は左ウイングとしてすぐに定位置を掴み、公式戦15試合で2ゴール3アシストを記録。そのグリーリッシュは、1日に行われたプレミアリーグ第14節で、シティの一員として初めてビラ・パークを訪れた。 グリーリッシュは、試合終了間際の87分にFWガブリエウ・ジェズスとの交代で投入。その際にはビラ・パークの観衆たちから拍手とともに盛大なブーイングを受けた。さらに、試合中にグリーリッシュがボールを持つたびに、ブーイングの嵐となっていた。 それでも、試合後にグリーリッシュが観客たちへの挨拶を行うと、スタジアムに残っていたサポーターたちから大きな拍手が生まれる場面もあった。 シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、イギリス『BBC』の取材に対し、拍手もブーイングもどちらも起こったことに理解を示した。 「人々は望むことを表現することができる。もしブーイングがあったとしても、それは彼をとても愛しているからだ。多くの人が拍手をしていたように思う」 「温かい歓迎だった。彼は他の誰よりもこのクラブを愛している。彼は次のステップとして、ヨーロッパでプレーすることを決めたんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】グリーリッシュがピッチに出る瞬間、ビラサポーターの反応は?</span> <span data-other-div="photo"></span> <script>var video_id ="O3S7S9I-DqY";var video_start = 707;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.02 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「知らなかった」史上最速のPL150勝達成のグアルディオラ監督、自身の功績に「誇りに思っている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、メモリアルな勝利について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは1日、プレミアリーグ第14節でアストン・ビラと対戦。アウェイゲームとなったが、ルベン・ディアス、ベルナルド・シウバのゴールで1-2で勝利を収めた。 2016年7月にシティの監督に就任したグアルディオラ監督。プレミアリーグでは204試合を指揮し、150勝を達成。1試合あたりの獲得勝ち点は2.33と歴代1位となっている。なお、2位はマンチェスター・ユナイテッドを21シーズン率いたサー・アレックス・ファーガソン監督の2.16となっており、247試合で達成していた。 アストン・ビラ戦で150勝を記録したグアルディオラ監督だが、この記録を知らなかったとのこと。「誇りに思っている」と語った。 「とても誇りに思っている。我々はいくつかの試合に勝ってきた。私は知らなかったが、彼らはフラッシュインタビューで私に言ってきた」 「これは、プレミアリーグでは多くのことを成し遂げた。短期間で成し遂げた。ここ数年の成果を一挙に達成したことを示している」 「クラブ全体、会長への大いな賛辞があり、今後も期待できることだ。そして、我々は戦い、働き、より多くを勝ち取るために良い決断を下そうとしている」 <span class="paragraph-title">【動画】ペップのプレミアリーグ150勝目のメモリアルマッチハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wZzn271cC8w";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.02 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

就任後初黒星も前向きなジェラード「あと少しで何かを」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、敗戦を喫したものの良い試合をしていたと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 1日に行われたプレミアリーグ第14節でマンチェスター・シティと対戦したアストン・ビラ。ジェラード新体制2連勝中で迎えた試合は、序盤から攻め込まれる中GKエミリアーノ・マルティネスが好セーブを発揮しつつも前半の内に2失点を許す。その後、後半開始早々に1点を返して攻勢を緩めなかったものの、追加点は奪えず1-2の敗戦となった。 就任後初の敗戦となったジェラード監督。だが、結果を悔やむことはなく、最後までシティにプレッシャーをかけ続けたと、ポジティブな見解を語った。 「あと少しで何かを得られるとこだった。後半のパフォーマンスはとても良かったと思う。試合の序盤は相手を尊重しすぎて少し受け身になっていたと思う」 「我々の試合を展開するのに15分もかかってしまったんだ。このような状況の中で、我々は試合の軸を固めていくつかの流れを作ることができたが、実際はゴールを決められてしまったから残念だ」 「1-0ならまだ自分たちでリセットすることができる。しかし、2点目を奪われたのが痛かった。ハーフタイムで選手たちには、次のゴールが重要だと伝えた。我々は積極的だったし、自分たちを信じることができた。後半はとてもよかったと思うし、悪くない試合運びをしていたから、最後までシティを追い詰めることができた」 また、ジェラード監督は、シティのような質の高いチームとの対戦が自分たちにとってプラスになると語った。 「(就任から)2週間というこの時期にこのような試合を求めていた。私は、試合前に酸いも甘いも嚙み分ける試合になるだろうと言っていた」 「シティは時折レベルが上がったように見えたし、我々にとって勉強になる場面もあった。だが、私は選手たちにできるだけ難しい状況を作り、自分たちを信じて試合を有利に進めようと言った」 「その信念を発揮するまでに10分から15分はかかったが、それができてからは素晴らしいと感じる時もあった。彼らとは明らかにレベルの差があるが、これからも進化と成長を続け、その差を縮めていきたい」 2021.12.02 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

150勝目のペップ、復調ベルナルド・シウバのポテンシャルを称賛「特別な力を持っている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバが最高の状態にあると語った。クラブ公式サイトが伝えている。 1日に行われたプレミアリーグ第14節でアストン・ビラと対戦したシティ。MFケビン・デ・ブライネを新型コロナウイルス(COVID-19)の隔離で欠く中、1ポイント差で首位に位置するチェルシーを猛追するべくアウェイゲームに臨んだ。 序盤からGKエミリアーノ・マルティネスの堅守に苦戦したものの、27分にDFルベン・ディアスのミドルシュートで先制。43分には、自陣内からのロングカウンターをベルナルド・シウバが鮮やかなボレーでネットに突き刺して追加点を奪うと、後半開始早々に1点を失ったものの、アストン・ビラの猛攻を凌ぎ切って公式戦6連勝を達成した。 この試合でプレミアリーグ150勝目を飾ったグアルディオラ監督は、カウンターから1ゴールを奪ったベルナルド・シウバが2018-19シーズンのような輝きを放っていると称賛した。 「彼は今、最高の選手だ。3シーズン前に我々が98ポイントを獲得したときもそうだった」 「フェルナンジーニョからの絶妙なパスをガブリエウ(・ジェズス)が適切なタイミングでゴール前に入れ、受けたベルナルドはしっかりとゴールを決めた。良いGKを前にしても、何の問題も無く対処できる特別な力を持っているに違いない」 また、スペイン人指揮官は起用する選手によってゲームプランが変わることを示唆。その中でも今のチームは、プレミアリーグ最多勝ち点を記録した2018-19シーズンと同じようだと語った。 「ゴールは良かったし、素早かった。ケビン(・デ・ブライネ)やフィル(・フォーデン)がいればこのようなことができるが、彼らがいなければ違うタイプの試合をしなければならない。3シーズン前の98ポイントを獲得したときに遡ってみてほしい。試合の映像を確認すると、今の我々と同じようなチームが映っているはずだよ」 「アストン・ビラの実力には驚かされたし、彼らを倒すことができたのは我々にとって信じられないような飛躍だったよ」 2021.12.02 11:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly